1月

 

―1月12日放送―

AAAからは、「和楽器とギターがマッチしてて、アクロバットも見どころです」。
美勇伝からは、「ノリノリの曲で、新しい事にチャレンジしてます」。
熊田曜子ちゃんからは、「寒い冬を包み込んでくれる曲です」。
テゴマスからは、「歌詞が温かくて、親と子の家族愛をテーマにしています」。
BY PHAR THE DOPESTからは、「メロディアスですごく良い曲です」。
SHOWTA.からは、「好きな人に捧げる決意の歌になってます」。
MCUからは、「大きなテーマは卒業で、いつでも突き進んで行けるという事を歌ってます」。
愛内里菜ちゃんからは、「強く願えば運命も変えられるっていう熱い歌です」。
Antique Toyからは、「恋人達が寄り添う感じを表してる、温かい曲です」。



―1月19日放送―

木村カエラちゃんは、「良い思い出も悲しい思い出も後で同じ事が起こると、
"また同じ事が起こったんだ"ってスタートラインに立ったと思える曲です」。
Crystal Kayは、「とても壮大で胸がキュンとなる切ない曲です」。
w-inds.は、「初のバラードで、卒業シーズンに良い別れを歌っています」。
おでんくんとエナポゥ(KABA.ちゃん)は、
「振り付けは小さい子からお父さんお母さんまで一緒に踊れる感じになってます」。
JAMIE CULLUMは、「ポップジャムに出演できて、とても嬉しいです」。
黒川芽以ちゃんは、「平松愛理さんが作ってくれた曲で、ポップで明るく仕上がりました」。
Kimeruは、「小さい頃からポップジャムを見てきて、憧れのステージです」。
奥華子さんは、「恋をすると淋しくもなるけど、強さと優しさもあることを歌った曲です」。



―1月26日放送―

デーモン小暮閣下は、「かつて浜田麻里嬢が歌っていた曲のカバーだ」。
YUIは、「前向きな歌詞で、背中を押してあげられる曲になったなと思います」。
鈴木雅之&島谷ひとみは、
「ロンリーチャップリンから20年、渋谷で5時から13年、今回のパートナーは島谷ひとみです」。
Hearts Growは、「大切な人に贈る曲で、皆さんも聴いて胸キュンしてください」。
コトリンゴは、「この曲は、言葉がポツポツと浮かんでる感じで書きました」。
梅星は、「"ここから目指してる場所へ"という事を書きました」。
寒椿は、「今日はNHKホールで歌えるので、楽しみに来ました」。
MAYは、「Every Little Thingの持田香織さんが歌詞を書いてくれました」。

アンジェラ・アキの武道館公演の様子から「HOME」を。
武道館公演には、「夢への第一歩が始まったっていう感じです」と。



2月

 

―2月2日放送―

モーニング娘。誕生10年記念隊に、桜塚やっくんがインタビュー。
モーニング娘。が誕生した10年前には、新垣ちゃんが8歳、久住ちゃんが4歳だったとのこと。
POP JAMに初出演した9年前のVTRには、「ホテルの一室に集まって、O.A.をメンバーで見てた」と。
紅白での思い出のシーンには、新垣「初出演の2001年」、久住「2006年」、
安倍「最後の出演の2003年」、飯田「最後の出演の2004年」、後藤「ソロで出た2003年」を。

YMOが再結成した、CMのメイキング映像を放送。

HIGH and MIGHTY COLORは、「マーキーが出てる映画"あなたを忘れない"の主題歌になってます」。
スネオヘアーは、「20歳の頃がテーマで、自分の20歳の頃と照らし合わせたりして作りました」。
ナイス橋本は、「SFチックではなく、明日・明後日っていう近未来を歌ってます」。

  

―2月9日放送―

Tommy heavenly6「失恋を認めたくない、諦めたくないという気持ちを歌ってます」。
AKB48「女の子の格好よさや大人っぽさを見せられたと思います」。
Gackt「これから卒業を迎える皆へ、夢を!そして希望を!」。
平原綾香「この曲を歌いに静岡の結婚式まで行ってきました」。
木村カエラ「宇宙ぽい曲なので、宇宙服っぽい格好してみました」。
175R「僕らには珍しく、結婚式でも歌えるような曲を作りました」。



―2月16日放送―

小池徹平「卒業や新しい事を始める人達への応援ソングになってます」。
モーニング娘。「格好よく、セクシーでモーニング娘。らしい駆け引きがあります」。
いきものがかり「とても真っ直ぐで純粋でピュアなラブソングです」。
東方神起「明るくて、これからの春にピッタリです」。
諸星和己「どこか懐かしく、どこか未来的な曲です」。
安藤裕子「今までの自分の道のりを振り返るような面持ちの曲です」。
ストレイテナー「アルバムを出して全国ツアーを回るので、是非お会いしましょう」。
melody.「自分の進むべき道を探すというのがテーマになってます」。



―2月23日放送―

柴咲コウ「絆の温かさや人間関係など、いろいろ盛り込んだ曲になってます」。
中村中「聴いてくれた皆さん、一緒に風になりましょう」。
EXILE「卒業がテーマで、卒業じゃない人も当時を思い出しながら聴いてください」。
コリーヌ・ベイリー・レイ「愛は時に複雑でうまくいかないけど、それは価値のあるモノ」。
RIZE「ブラウン管の向こうの人にも聞こえるように歌うんで聴いてください」。
島谷ひとみ「いつか私にも止まってくれたらいい、男女間の妖しい感じを描いてます」。
SunSet Swish「人生模様をモザイクに例えて、その欠片をどう合わせていくかを書いてます」。



3月

 

―3月2日放送―

浜崎あゆみ「2004年春にリリースした曲で、久々に歌うので聴いてください」。
Chara「イメージすることと、微笑むことの大切さを歌ってます」。
mihimaru GT「名前の通り、かけがえのない人に贈る歌になってます」。
アンジェラ・アキ「青春時代を思い出し、今の自分はあの頃があったからということを歌ってます」。
山田優「恋してる男の子は、恋してる女の子がこういう気持ちなんだと思って聴いてください」。
Crystal Kay「かなり爽やかでアップテンポでグルーヴィな曲になってます」。

  

―3月9日放送―

倖田來未「愛とは素晴らしいものなので、好きな人がいる人は是非好きって言ってみてください」。
KREVA「アグレッシブを辞書で引くと攻撃的・積極的と出ますが、もちろん2番目の方です」。
安良城紅「私の初の王道のバラードで、ドラマチックでエモーショナルに仕上がりました」。
伊藤由奈「すごい強い女性を描いて、頑張っています」。
℃-ute「とても乙女チックで可愛らしい曲なので聴いてください」。
tetsu「これからの季節にピッタリの曲ができました、聴いてください」。
宇浦冴香「側にいる大切な人を守りたいというパワフルな曲です」。



―3月16日放送―

「POP JAM」は今回で最終回となります、14年間お疲れ様でした。

ラルク・アン・シエルは初めて出た番組がPOP JAMとのことで、
番組の思い出には「他の人のカメリハを見るのが楽しみ」と。

ゴスペラーズの過去の名場面を放送。
番組の思い出には、「新曲を初めて歌うことが多くて、お客さんの反応を見れる」。

GLAYの番組の思い出には、TERU「一度やり直ししたことがある」、
「初登場のときはホールツアーも経験してなかったから緊張した」。

モーニング娘。から、中澤裕子・飯田圭織・保田圭・後藤真希・吉澤ひとみの5人が登場。
過去の名場面を放送、番組の思い出には「新曲を初めて歌うことが多いから怖い」。

浜崎あゆみちゃんの番組の思い出には、
「1曲目に歌うことが多くて、お客さんの心を掴まないといけないって思う」。

安室奈美恵ちゃんの番組の思い出には、
「1回目からレギュラーで、全てが初めてで新鮮で毎週が楽しみな思い出です」。



「POP JAM・2007」ページへ