7月

 

―7月1日放送―

初登場のNO PLANとは「J-POP 大喜利」を開催。
お題「オレンジレンジ」では全員が暴走ぎみのスタート、
唯一キレイに締めたふかわさんがそのアオリを受けてしまい、
「何でちゃんとやったのにスベったみたいになってんの」と。。
お題「紅白」では、内村さんが「ポケビで1回出てから呼ばれない」と嘆き。。
お題「T.M.Revolution」では、レッドさんの暴走で全員がポイントを剥奪。。
最後のお題「Oh!サマー」でキレイにまとめた内村さんが優勝に。
優勝賞品での抽選会では、4等の「アンジャッシュDVD」が当選。。

Soweluは、曲のみでの登場。
今月にはこれまでのコラボ作品を集めた企画盤もリリースします。

PJ LIVE GOLD」には、平川地一丁目が登場。
今も佐渡から通ってるという2人、詞や曲にも佐渡の風景が反映される事もあるそう。
2人が組んだのは地元のイベントに龍之介くんが出演する事になり直次郎くんを誘ったのが最初で
当時は直次郎くんは手が痛くなるからギターは嫌だったそうです。
「ハマってる事」には、直次郎くんが格闘技で「自分でも微妙に筋トレしてます」、
龍之介くんの「犬と散歩するとホッとする」には西川さんが「アンタみたいな子が必要だよ」と。
佐渡の名物は柿のようで、西川さんが「広がんね〜、秋じゃん!」と。。

MAXは、曲のみでの登場。
10周年記念の新曲は原点に戻る「琉球」と「ユーロビート」による一曲。

倖田來未さんの新曲では、PVで女教師を演じていますが「結構、自己満です」とのこと。
「5年やってるといろいろやってしまってるんで次は何かな〜って考えます」と言うと、
児島さんが「是非、制服モノではナースをやっていただきたい」とお願い。
ライブではTシャツを脱いでお客さんへ投げた事があるそうで、
「飽きるライブは嫌なんで常に何かしていきたい」とのこと。
そして、思い出の一品ではスタジオに20歳の成人式で着た着物が登場。
母親が記念に用意してくれたそうで、倖田來未さんのデザインも入っているそう。
PVでも着た事があるようで、「結婚式でも着たい」とのこと。

ブレイクレーダー椿屋四重奏は、新しい艶ロックの音楽を披露。
支持率は60.0%で、歴代で80位という結果に。
西川さんもラジオで流したそうで、「まだ自分が知らない、良いバンドはたくさんいますよ」と。

  

―7月8日放送―

BACKSTREET BOYSが登場、まずはMC3人が自己紹介をしたところ、
渡部さんは「ボクは日本一の司会者です」、児島さんが「イチローを育てたのはオレ」と。。
恒例の「イラストトーク」では、「一番欲しいもの」を質問。
A.J.は、「ゴルフクラブのセット」で「いつか自分のブランドを持ちたい」。
ブライアンは、「ゴルフコース」で「作れちゃうんじゃないの?」と言われると「Mabe」と。。
ハウィー・Dは、「ビーチがたくさんある孤島にホテルやリゾート地を作りたい」、
ケヴィンは「ワールドピース」、ニックは「なし」で「ボクは与える側にいるからね」と。

nobody knows+は、曲のみでの登場。
TV初披露の新曲は、CMソングでもお馴染みとなっています。

D-51は、今も沖縄在住で通っているとのこと。
東京での生活では、「仕事が終わるといつも葛西でご飯食べてます」と言うと、
MC3人から「それ、事務所に騙されてない?(いいトコに連れてってもらってない?)」と。。
沖縄で撮ってきてくれた写真では、2人が出会ったスクール、
授業が終わると行った喫茶店、ストリートライブをやっていたタコスの屋台を。
ストリートでは4500人を集めたようで、MC3人は「お金取ってないの?取らないと〜」と。。

後藤真希ちゃんは、曲のみでの登場。
新曲は、つんくさんが作詞、KANさんが作曲を担当しています。

MINMIさんは、今回が音楽番組初出演。
年に2回は本場レゲエに触れるためにジャマイカに行っているそう。。
しかし、「向こうは音楽で盛り上がると、ガンショットをやって危ない」とのこと。。
地元の大阪とも「ファンキーなところが通じる」そうで、
西川さんも「天王洲の夜中にずっと歌ってるみたいな感じ」と。

北出菜奈ちゃんは、曲のみでの登場。
ドラマ主題歌となった新曲は、これまでのロックより可愛らしい部分もあります。

ブレイクレーダーキンヤは、アニメソングの新曲を披露。
支持率は76.3%で、歴代42位となりました。
吉本興業に所属のようで、MC3人に「ノリがお笑い」と言われていました。。



―7月15日放送―

東方神起は、メンバーが自己紹介を。
「これから頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします」とコメントを。

ラルク・アン・シエルからkenさん、tetsuさんの2人がトークに出演。
kenさんは「占いで射手座が今日は口に注意って言ってた」、
tetsuさんは西川さんが「普段の方が喋る」と言うと「こういうところでは遠慮する」と返答。
今回は、巣鴨のおばあちゃんに聞いた質問コーナーを。
「初恋」には、tetsuさんが「中学生のときにバレー部の子」、
kenさんが「小3のときに交換日記をしました」と。
「悩みの解消法」には、tetsuさんが「一人で悩んで、一人で泣く」、
kenさんが「寝ると忘れます、こういうときに忘れっぽい性格はいいですね」と。
最後に「ラルク・アン・シエル vs アンジャッシュ、生まれ変わったら誰をお婿さんにする?」を。
巣鴨のおばあちゃんがラルクアンジャッシュの6人からお婿さんにしたい人を選択。
ここでは、なんと6 vs 5でアンジャッシュの勝利!
しかも、アンジャッシュを選んだ6人は全員渡部さん、ラルクを選んだ5人は全員tetsuさんを選択。
これには、選んでもらうときに使用した写真が渡部さんが笑顔だった事が大きく、
tetsuさんが「ウチも笑顔のにすれば」と言うと、kenさんが「ウチ、笑顔の無いじゃん」と。。

FLOWは、曲のみでの登場。
新作の中から初のTOP3入りとなるヒット曲「DAYS」を披露してくれました。

Kiroroがお久しぶりの登場。
今年に結婚が決まった2人にMC3人も「あやかりたい」と。
「環境の変化」には、金城さんが「自分の中に新しいジャンルが出来たみたい」と。
「結婚」には、玉城さんが「強くなれますね、自分自身も」と。
「お互いを見てて、これはウマクいくなって思いました?」には、金城さんは「思ってました」、
玉城さんが「初めはそうでもなかったですけど、ウマクのったなって感じです」と。
今回は、アンジャッシュが「胎教にいいモノ」を用意。
音楽では、「マツケンサンバU」「長い間」を流し、
「長い間待たせてごめんっていう、だらしない子に育つように」と。。
グッズでは、勝手に西川さんをプリントした赤ちゃんグッズを作成。。
新曲は、結婚が決まってから両親へと作った曲とのこと。

Leadは、曲のみでの登場。
新曲は、SMAPや藤木直人さんなども手掛けたシライシ紗トリさんが担当。

先代司会のつんくさんが登場。
西川さんへのダメ出し、まずは「何で女子と目を合わさへんの?」。
女性アーティストに囲まれると弱い西川さん、
これにはつんくさんが「もう10年知ってますけど、これは彼の技ですね」とのこと。
次の「くさい芝居すな」では、トーク中に次の進行内容を考えるときに出る芝居を注意。
次の「淋しがり屋」では、「声が良い、かわいい、細身、喋りも面白くてモテるはず」と。
これには、西川さんが「アンタに言われたない、働いた以上のお金を要求すんのに」と反論。。
最後の「ようがんばった」では、「BUCK-TICKとかラルクとかの普段見れないトークを出せた」と。



―7月22日放送―

モーニング娘。の新メンバー・久住小春ちゃんへ先輩方からのアドバイスを。
道重ちゃんからは、「メモは必ず取ろう」。
さゆみも最初は分からない事が多くて、そのとき先輩に言ってもらって取るようになった」と。
西川さんからは、「領収書は上様で」。
「これは大切です!服とかは衣装代で落とせますんで」と。
紺野ちゃんからは、「後悔しないようにしましょう」。
「仕事で時間が不規則でお弁当も1日1〜2回しかなくて、
好きなの選んでも他の人の食べてるのが美味しそうって思うから後悔しないようにして」には、
児島さんが「それって自分に言い聞かせてるんじゃない?」と。。
藤本美貴ちゃんからは、「怖くないです」。
「テレビとか見てると怖いイメージがあるけど本当はそんな事ない」と。
久住ちゃんはダンスで怒られたそうで、「なに間違えてんの?」と言われたそう。。
先輩方からのアドバイス、久住ちゃんが1番参考になったのは「メモは必ず取ろう」でした。

Do As Infinityは、曲のみでの登場。
半年ぶりとなる新曲はゲームソフトのOPテーマとなっています。

クレイジーケンバンドからは、横山剣さんがトークに登場。
西川さんからは、「こういう大人になりたいのとならない方がいいっていうのがある」と。
2002年まではバンドをしながら普通に働いてたそうですが、
「変わった事」には「無いですね、ずっと時間も規則正しく」と。
さんはお酒が飲めないというイメージと違う部分もあり、
「打ち上げが困るんですけど、最初だけ付き合いで飲んで途中でスッと抜けます」とのこと。
街で聞いたさんへの質問、「イ〜ネ!の正しい言い方は?」。
「元々は親戚の人の口ぐせで、それを小学校で流行らせた」のが最初のようで、
言い方には「ポジティブシンキングでそれぞれの言い方で」と。
お次の質問は、「横浜と横須賀の良いところを教えてください」。
「初めは分からなかったけど、東京に行ったときにそこで良さに気付きました」と。
宮藤官九郎さんからのコメントも届いていました。

RAG FAIRは、曲のみでの登場。
CMソングとしてもお馴染みの新曲を歌ってくれました。

ブレイクレーダーDEPAPEPEは、「ビタミン系ギターデュオ」と呼ばれる新生。
支持率は87.8%で、歴代で9位となりました。
2人の爽やかな感じに西川さんは「あまりにも普通すぎる」と一言。。
EDでの抽選会では、3等の「EDテーマ権」が当選。

大塚愛ちゃんは、今ハマってる「お香」の写真を紹介。
「石鹸の匂いのが好きです」と言うと、西川さんが「じゃ、石鹸でいいんじゃ?」と。。
「イラストトーク」では、「素敵な夏の思い出」を。
渡部さんは「営業」で、「炎天下の営業で暑いし、お客さんも一緒だから全然ウケない」と。
児島さんは「昆虫」で、「父親がよくいっぱい取って来てくれたけど、全部カナブンだった」と。
ちゃんは「お化け屋敷」で、
「友達と行ったらお化けの人が友達の足を踏んで、友達がお化けに蹴り返してた」と。
西川さんは「ラジオ体操」で、「最初は行って、途中でなまけて、最後に取り返すために行く」と。

清春さんは、曲のみでの登場。
今までとはまた違う、清春さんの世界を表現してくれています。



―7月29日放送―

m-flo loves EMILY&YOSHIKAは、曲のみでの登場。
以前にもコラボ経験のある2人と再びタッグを組んだ新曲を披露してくれました。

上戸彩ちゃんは、現在は大河「義経」の撮影とツアーのリハをしているそう。
「密撮」のコーナーでは、そのツアーリハの様子の写真を披露。
「マネージャーさんのおばあちゃんが差し入れしてくれた」という豪華な食事には、
西川さんが「ウチにはこんなの全くないですよ!」、
渡部さんが「芸人の楽屋で15人ぐらいでペットボトル1本と紙コップ3つとかありました」と。。
新曲のPV撮影の写真では、ライブ風に撮影されたPVの撮影風景を。
空き時間にスタッフさんの髪型をいじってる写真も披露。

CHEMISTRYは普段から鍛えている川畑さんが健康グッズで運動を教えてくれる事に。
バランスボールを使った運動では、素晴らしい肉体を持つ西川さんが上手。
バランスボールで腹筋や腕立て伏せにも挑戦、
普段鍛えている児島さんが苦戦する中、堂珍さんは涼しげな顔でこなしていました。。

UVERworldは、曲のみでの登場。
現在シングルチャートで3週連続TOP10入りと好調、貴重なステージとなりました。

スキマスイッチは、曲のみでの登場。
オリコン1位に輝いた新作にも収録されている最新シングル。

ブレイクレーダーカミタミカさんは、銀座に集まるOLを意識したイメージ。
支持率は71.0%で、歴代55位となりました。
MC3人は「メガネで何でこうも変わるんですかね」「明らかに全員ニヤけてますよね」と。。

PJ LIVE GOLD」では、ついにT.M.Revolutionがゲストとして登場。
まず、PJ初出演から10年間の記録をVTRで振り返ります。
1995年の「BLACK or WHITE」の初登場では、「本当に緊張しましたね」と。
「タイミング的に1番最初に新曲を歌う事になるのが大抵POP JAMだから毎回緊張する」そう。
紅白出演のVTRには、「恐れ多くて見てなくて、これ初めて見る」とのこと。
10年目を迎える西川さん、「ボクは他の人とは変わった形で出てきて、
いろいろ挑戦してきたけどそれが本当に正しいのかはやってみないと分からないし、
そういうふうにしてここまで来ましたからね」と。



8月

 

―8月26日放送―

今週の放送&前回の放送(7月29日分)&来週の放送分の公開収録を見に行ってきました。

今週のトップバッターは、T.M.Revolution
新曲「vestige」にも収録されているナンバーを披露してくれました。

サスケは、曲のみでの登場。
夏の恋の思い出を描いた切なくキレイなラブソングとなっています。

鈴木亜美ちゃんは、曲のみでの登場。
直球のラブバラードの新曲は「恋するハニカミ」テーマソング。

田原俊彦さん、南野陽子さんには、80年代のお2人の輝かしい軌跡のVTRを放送。
田原さんの初紅白のVTRでは
「緊張したけどレッツゴーヤングで毎回このステージに立ってたからステージには慣れてた」、
南野さんの初歌番組のVTRでは「初めて歌ったのがNHKホールですごい緊張した」とのこと。
お互いの最初の頃の印象には、(南野田原)には「本物だ〜って感じでしたよ」、
田原南野)には「良い意味で浮いてて、アイドルって感じだった」と。
当時の携帯もない時代のアイドルの恋愛では、
「いつもマネージャーが付いてるから連絡先も間を縫って渡してる人が多かった」とのこと。
今のアイドルの恋愛には、「すごいフランクに前の彼氏の話とかしててすごいなって思った」と。
「アイドル」については、田原さんが「アイドルになりたい人ってたくさんいるわけで、
ボクらはたまたまタイミングとかが合ってこうなったわけだからそれを遂行しないといけない」と。

PJ LIVE GOLD」には、THE ALFEEが登場。
ツアーで全国を回っている皆さんですが、
「毎回2ヶ所ぐらい初めて行くところを入れてて、そこで新鮮な気持ちにまたなれる」とのこと。
皆さんの印象に残ってる土地には、坂崎さんが徳島、桜井さんが仙台、高見沢さんが名古屋を。
坂崎さんは仲良しの方が徳島で水族館を開き、そこの館長を坂崎さんがやっているとのこと。
坂崎さんの飼っていた動物もそこに提供したりしてるそうです)
桜井さんは仙台でラジオのレギュラー番組を持ってるそうで、
「他の2人はレギュラー持ってるけど1人長続きしなくて、そこに手を差し伸べてくれた」と。
高見沢さんは「名古屋はツアーのファイナルで行ってていつも盛り上がる」そうで、
「金のしゃちほこに触れるときに名古屋まで行って触ってきた」そう。
金のしゃちほこギターまで制作したようですが、
2つないといけないので桜井さんに金のしゃちほこベースの制作をお願いしたそう。。



9月

 

―9月2日放送―

今週は、上半期の総集編とともにお送りする「PJ 2005 上半期アワード」を。
MC4人も正装で登場、各部門での大賞を決めた番組チーフPもご意見番として登場。
「最優秀セクシー大賞」では、順当といえる倖田來未さんが受賞。
「男の人も女の人もそうでない人も倖田來未愛してください」と本人からのコメントも。
「最優秀告白大賞」では、トーク中の西川さんへのアプローチで華原朋美ちゃんが受賞。
西川くん、今も大好きです!」と本人からのコメントも。
「最優秀名場面大賞」では、曲披露でカメラ目線を全て外し続けた小倉優子ちゃんが受賞。
「あれから成長したので次はちゃんと見れるようにします」と本人からのコメントも。
「最優秀絵画作品賞」では、「愛犬」で独特な絵を披露した小川直也さんが受賞。
「ベストダンディズム大賞」では、西川さんとの不仲説が出ていたGacktさんが受賞。
番組にも2人のトークを心配するメールも届いたそうで、
お互いのスタッフが収録を見張った中での行われたそうです。
児島さんは、「ケンカになると思ったんですけど、残念ながら盛り上がってた」と。。
「お互いのスタッフが本当に仲が悪いと思って心配してて、
ボクが暴れると思ったそうですけど暴れるのはボクじゃなくて西川くん」と本人からのコメントも。
輝く「上半期大賞」では、3回も出演してくれたラルク・アン・シエル
初回のトークから出演するごとに打ち解けていった様子がみれました。



―9月9日放送―

今週の放送&来週の放送分の公開収録を見に行ってきました。

PJ LIVE GOLD」には、BoAちゃんが登場。
まず、デビューから約5年間のPOP JAMに出演したVTRを放送。
デビュー曲「ID;Peace B」の金髪は「社長に言われて」やったそうです。
「VALENTI」の頃は1番太っていたようで
「お菓子とか食べてると周りのスタッフが何も言わないけどチラ見する」と。。
「QUINCY」では逆にしまった体になり、西川さんも「すごい痩せたよね」と。
韓国でのプライベートの話では、「映画観に行ったり、免許あるんでドライブしたり」と。
ただ、「ソウルから出ると道が分からないからソウルの中をぐるぐる回ってる」とのこと。。
西川さんが「もし韓国でPOP JAMをやるときがあったら是非来てくださいね」
「韓国のアーティストとも仲良くなりたいんで」と言うと、
BoAちゃんは「私と韓国でシングル一緒に出すのが1番早くないですか?」とコラボ話を。
ただ、西川さんは「それ良い!ただ、そうなると超えなきゃいけないハードルがある」
「オレがavexに行かないといけない・・・今結構危ない話をしてますよ」と。。
しかし、BoAちゃんは「今日は距離が近くなった感じがします」、
西川さんも「踏み込んだ話が出来るようになった、中々移籍の話なんか出来ないし・・・」と、
以前よりも仲良くなれたようです。。

今年の夏はフェスを13本回ったというORANGE RANGEに思い出をイラストにしてもらいます。
RYOくんは1番印象だった場所に北海道を挙げ、「涼しかった」と。
YAMATOくんは野球好きで「CHEMISTRYの堂珍さんとキャッチボールしたいと思って、
誘おうと行ったらたまたま会って一緒にやった」そうです。
しかし、YAMATOくん曰く「オレの方が上手です」と。。
さらに、「ポルノさんとも試合したけどオレの方が上手です」と。。
HIROKIくんは時間の出来た合間に行ったという動物園の絵を。
YOHくんはビールを飲んでる絵で「この夏で大分飲めるようになった」そう。
NAOTOくんはカレーの絵で「食事でカレーが多かったんでいろんな種類のを食べ比べした」そう。
NAOTOくん的1位は、岩手で食べたグリーンカレーとのこと。

島谷ひとみさんは、曲のみでの登場。
ドラマ「新・科捜研の女」主題歌でも流れています。

w-inds.には、プライベートを披露してもらう「密撮」のコーナーを。
RYUICHIくんがKEITAくんへギターを教えてる写真では、
「最近ギターを始めて、自分の曲も人の曲もやってます」と。
RYOHEIくんがライブ前にキャッチボールをしている写真では、
「高校野球を見てて、いつも見てるだけなんですけど今年はやってみようと思って」と。
「今日も(RYOHEI・KEITA)2人で合間にバッティングセンターに行ってきた」そう。
ライブの打ち上げの写真では、成人してるRYOHEIくんも他の2人と一緒にオレンジジュースを。
全国で美味しいものを食べさせてもらってるそうで、
MC3人は「これでお酒飲めたらもっと楽しくなるよ」と。

KREVAさんは、曲のみでの登場。
「スタート」は失恋後に新たなスタートを切るというものなんだそう。

ブレイクレーダーハレンチ☆パンチは、本格派の音楽を目指す女性3人組。
43.6%の支持率で歴代128位の記録に。
強力な3人のキャラクターに西川さんは「もうダメ・・・」と諦め気味でした。。

ブレイクレーダーAAAは、ヴォーカル&ダンスで魅せる男女8人組。
72.2%の支持率で歴代53位の記録に。
高いクオリティに西川さんも「男女混合のこういうグループは珍しいから新鮮」と。



―9月16日放送―

melody.は、曲のみでの登場。
ドラマ「ドラゴン桜」主題歌でヒット中の「realize」を歌ってくれました。

ユンナは、前回「ブレイクレーダー」で89.0%を獲得しての再登場。
ユンナが「ありがとうございます」と言うと、児島さんは「ボクらのおかげだからね」と。。
今回は、ユンナのハマっているものの写真を披露。
「冷麺」の写真では「インスタントを自分で作りました」と。
「日本と韓国の焼肉は違う?」には、「食べ物は分からない」と。。
「本」の写真ではMC3人がユンナの出題する韓国の四文字熟語に挑戦。
「作心三日」には、「三日坊主」を正解。
「喜色満面」には、「笑顔でいっぱいの状態」を正解。
続いて「関西弁が好きで覚えたい」というユンナにMC3人が
「おおきに」「いてまうど」「まいど」「なんでやねん」を伝授していました。

芸能活動5年の松浦亜弥ちゃん、デビュー5年のWの2組にPOP JAM初登場のVTRを放送。
スタジオにはWが初登場で歌った「ハッピーサマーウエディング」の衣装が登場。
「次の新曲でこの衣装が出てきたら?」には、「そのときを思い出すからいい」とのこと。
「当時怖かった人」には中澤裕子さんを即答、「仲良いけど、レッスンとかは厳しい」そう。
亜弥ちゃんは5年間の間に成長期で顔も変わりましたが、
そのために整形疑惑も出ていたようで児島さんが「で、どこを整形したの?」と。。
「5年間で変わった事」には、
Wが「1人で寝れるようになった」、亜弥ちゃんは「周りが見れるようになった」を。
当時はホテルで1人で寝れずに電気とTVを付けて寝て、お風呂も2人で入っていたそう。
「5年後の自分へのメッセージ」には、
亜弥ちゃんが「経営者の勉強してますか?」(占いで40歳で女社長になると言われたそう)、
加護ちゃんが「身長160cmになってますか?」(現在は152cmで今から伸びたいそう)、
ちゃんが「がに股は直ってますか?」(「23歳でがに股はちょっと・・・」と)。

ケイタクは、「熱唱オンエアバトル」からデビューを勝ち取った2人組。
そこで、「熱唱オンエアバトル」司会のハリガネロックも登場。
ケイタクについては、「出てた中でも1番うまかった」と。
プラス、「彼らのおかげでココに来れたんで、紅白もお願いしますって言っておきます」と。。

PJ LIVE GOLD」には、西川さんも敬愛しているLOUDNESSが登場。
1981年にメジャーデビュー、世界をフィールドにした活躍をしていきます。
今までにメンバー交代を繰り返しますが、2000年に再びオリジナルメンバーで再始動。
そんな皆さんの伝説話、まずは「日比谷野音が使用禁止」。
メタルなので爆音を鳴らすため、公演前のリハの状態で近隣から苦情が出て中止になったそう。
次の「メタリカに誘われた」では、まだメタリカがメジャーでなくローカルだったとき、
「一緒にやらないか?って言われたけど、LOUDNESSに命かけてたんで」と。
次の「この夏、ドイツで20000人を熱狂させる」では、
夏に行われたドイツでのフェスに参加した様子を写真で披露してくれました。
現在も「いろいろオファーは来てる」と、海外で公演を行ってるようで、
「昔来ていたオールドファンも10代でオレらの事は知らないだろうってのもいる」と。
25周年を迎えるLOUDNESS、これからの活動には「T.M.のバックでもやる?」と一言を。



―9月23日放送―

浜崎あゆみちゃんと西川さんは、今夏のa-nationで共演。
ただ、「ステージ前だと準備してるし、終わった後だと片付けとかあるしで話せなかった」そう。
西川さんが「ボクのイメージだと終わった後にパーティーしてワインをかぶってる」と言うと、
あゆは「私、パーティー好きじゃないです」とのこと。
外に出掛けるのが好きじゃないようで、家で料理したりしているそうで、
西川さんは「キャベツをここからそこまで全部ちょうだいとか
ハイヒールで男のこめかみを貫くとかTHE 浜崎あゆみってイメージがある」と。。

一青窈さんは、収録日(9/19)が誕生日だった西川さんへプレゼントを。
女性のひざまくらをプレゼントされ、早速体験した西川さんは「満更でもない・・」と。
収録日の翌日(9/20)が誕生日の一青さんへは、西川さんが花束をプレゼントしていました。
新曲「かざぐるま」のPV撮影風景をVTRで紹介、「朝3時からメイクしてた」そう。
着物姿が多く、MC3人は「こういう世界観が似合う」と感想を。
テーマである「無償の愛」について、
愛する人と何の連絡もなくどれだけの時間待っていられるかでは、
一青さんは「相手が自分を好きだって事が確かであれば3年は待てる」と。

REIRA starring YUNA ITOは、曲のみで登場。
一青窈さんと同じく9月20日生まれの伊藤由奈さん、22歳になりました。

はなわさんからは、西川さんへ「Happy Birthday♪」をプレゼント。
はなわさんとアンジャッシュは仲良しで「爆笑オンエアバトルの匂いがする」と。
これまでのPOP JAMなどの出演シーンをVTRで振り返りましたが、
紅白出場には「テツ and トモと一緒に挨拶に回ってたら、
北島三郎さんに「テツ and トモ、今日は3人でがんばれよ」って言われた」と。。

175Rは、曲のみで登場。
新曲ではこれまでの佐久間正英さんから変わり、亀田誠治さんとアレンジを共作。

ブレイクレーダー」では、男性2人・女性1人によるMALCOが登場。
支持率は61.9%で歴代82位となりました。
漫談口調の饒舌なヴォーカルの方にMC3人は「勉強になります」と。。
西川さんからは、「切々と歌う感じがフォークみたいで懐かしかった」と。

hiroちゃんは、曲のみで登場。
新曲はアニメ「ブラックジャック」テーマソングとなっています。



―9月30日放送―

大塚愛ちゃんは、曲のみでの登場。
新曲はドラマのイメージソング&CMソングのWタイアップ。

木村カエラちゃんは、主演映画「カスタムメイド10.30」についての話。
VTRで映画の様子も流れましたが、初主演については「大変じゃなかったです」と。
役柄で広島弁を使用、面白い広島弁では「う〜じゃ〜ぱ〜=あーだこーだ」を。
キスシーンには、「最初はどうしようって思ったけど、出来てラッキーかなって」と。
「オフがない」というカエラちゃん、前回MC3人と新宿御苑に行く約束をしましたが、
カエラちゃんが行きたいという水族館や動物園も含めてロケ企画で実現する展開の話に。

PJ LIVE GOLD」には、ZEEBRAが登場。
HIP HOPに目覚めた経緯には、
「俺らの頃はメタルが流行っててギター練習したけど指が痛くてやめて、
軽音楽部に入ったけどやりたかったドラムがじゃんけんでダメになって、
その後にやったチューバも重くてやめて、結局マイク一本に落ち着いた」と。
ZEEBRAの伝説話、まずは「10代でHIP HOPをマスター」。
「N.Y.に憧れてて、行かないと始まらないと思って17歳のときに1ヶ月半行った」。
次の「昔は渋谷を仕切ってた」には、「俺はチーマーとか出た頃にはもう卒業してて、
昔は自分でラジカセ持ってってHIP HOPをかけてた」。
次の「いつもシェフが同行」には、「肉を食べないで野菜を食べてるんでPVのときだけ来る」
「7〜8年前からそうなって、血の気の多いやつは肉を控えた方がいいから」と。

マツリルカ&アリスには、グループ名「マツリルカ」の由来を。
「最初は祭りするかだったんだけど、酔って呂律が回らなくて祭りるかって言った」とのこと。
「イラストトーク」では、皆さんのハマってるものをイラストで書いてもらいます。
アリスは「夜テニス」で「仕事が終わってからテニスして、すごい疲れるけどそれがいい」と。
MCUは「筋トレ」で「お酒飲むと太るんでやってます」。
浜崎さんは「何かやってるときに気付いたら眠ってたってのが羨ましくて、
自分も眠ってる間に気付いてたら掃除や洗濯とか終わっててほしい」と。

ブレイクレーダー」には、名取香りさんが登場。
楽曲のセクシーな感じとは違い、錦糸町出身を全面に押し出していました。
支持率は70.3%で歴代58位となりました。

つばきは、曲のみでの登場。
男性2人+女性1人による3ピースバンドの4thシングル。

エイジアエンジニアは、曲のみでの登場。
今年デビューで早くも4thシングル、1stアルバムも発売中。



「POP JAM・2005」ページへ