10月

 

―10月14日放送―

まえけん♂トランスPJ平原綾香さんが「告白トーク」を。
前田健さんの1つめの告白は、「あややに土下座しました」。
CM共演で初めて本物の松浦亜弥ちゃんに会った前田健さんは、
初対面でいきなり「すいませんでした!」と土下座したそうで、
亜弥ちゃんに「何でですか、いつも楽しく見てるんですよ」と言われたそうです。
亜弥ちゃんからライブに来てくださいと誘ってもらってるそうですが、
前田健さんが「ライブに行ったら熱狂的なファンにボコボコにされそう」と言うと、
亜弥ちゃんに「あ〜、それは保障できないですね〜」と言われたそう。。
前田健さんの2つめの告白は、「ブロードウェイで修行してました」。
20歳から4年間で歌と踊りを習っていたそうで、
当時の写真には後ろの席のギャル達から「今より髪の毛がある」と言われてました。。
平原さんの告白は、「西川さんのサインを持ってきました」。
西川さんのファンだった平原さんが
父親の平原まことさんが西川さんのレコーディングを手伝った際に貰ったサインを本日持参。
昔の西川さんの雑誌の切り抜きも入っていて、
平原さんが「昔は寝る前にチュッてやってました」と言うと、
児島さんがその切り抜きにチュッとしようとしてました。。
ここからは、トランスPJのギャル達に今流行ってるギャル語を習う事に。
平原さんが「私も1回こういう風にしてみたい」と言うと、
前田健さんは「なれますよ、34のオッサンがやってるんですから」と。

ALISA MIZUKI TO ASIAN2は、曲のみでの登場。
2年5ヶ月ぶりの新曲で久しぶりにPOP JAMに来てくれました。

イ・ジョンヒョンは、日本で住んでいる部屋を絵で公開。
部屋にバーがあるそうで、「お酒大好きで1回で焼酎1本飲む」そう。
日本の部屋でも自分でキムチを漬けているそうで、
アンジャッシュが「今度それ持ってきてください、こっちがお酒用意するんで一杯やりましょう」と。

PJ LIVE GOLD」には、orange pekoeが登場。
大学の軽音楽部で出会った事が結成のきっかけのようで、
Vo.のナガシマさんが自分に合う曲を作ってくれる人を探していて、
G.の藤本さんが自分で歌えるけどギターに専念したく歌ってくれる人を探していた事で結成へ。
orange pekoeの楽曲の特徴のキーが低いところから高いところへ幅が広い事には、
藤本さんが「失礼なんですけど、全然そこは考えないで作ってます」、
ナガシマさんが「彼はファルセットで歌うんでこっちは難しい」と。
今年にブラジル人のサポートkeybordの方とブラジルへ行ったそうですが、
「絶対に日焼けしてって言われて初めて日焼けサロンに行ったら肌がボコボコになった」そう。。

高橋名人は、1秒でボタンを16連射するゲーム界の達人。
ヒューマンビートボックス、ダンサーとの共演でステージを披露してくれました。

HYDEさんは、曲のみでの登場。
ソロでは1年11ヶ月ぶりの登場、新曲を披露してくれました。

  

―10月28日放送―

DEF.DIVAとは、トータライザーを開催。
「3年以内に結婚すると思う」には、7人中3人がボタンを。
アンジャッシュに聞いた「相方より格好いいと思う」には、2人ともボタンを。
「1人でいる方が好き」には7人中5人がボタンを押し、「4人で来といて・・・」と。。
「他の人には負けない特技がある」には7人中4人がボタンを押し、
亜弥ちゃんが鼻をピタッと内側に合わせる技を披露、なっちも速いまばたきを披露し、
真希ちゃんは「寝るときにCDかけて1曲の間に寝れる」と。
最後の「この中に気になる異性がいる」には7人中5人がボタンを押し、
西川さんは「社交辞令と分かっててもドキドキする」と。。

鈴木亜美ちゃんは、曲のみで登場。
新作のタイトル曲にもなってる新曲を披露、他の番組よりも歌のサイズが長かったですね。

黒沢薫さんはソロ活動について、「オレ、今までサボってたんだな〜って思った」
「今までインタビューで他の人が話してるときは雑誌読んでたりしたけど、
ソロではずっと喋ってるし、これだけ喋っても終わらないのかってぐらい」と。
芸能界きってのカレー通の黒沢さん、今回は誰よりも早くスタジオ入りしてカレーを作成。
野菜は炒めて入れる、インスタントコーヒー・ブラックペッパーなども入れて完成。
特製の「さつま芋カレー」はMC3人から絶賛、
黒沢さんも「歌もカレーも同じところがあって最初のインパクトがまず大事で、
そこからそれを最後まで持続させられるようにしないといけない」と。

DEPAPEPEは、前回「ブレイクレーダー」で歴代9位の87%を獲得。
DEPAPEPEのヴォーカル力を検証、三浦くんが歌声を披露しますが全員「歌わない方がいいよ」と。。
今回はギターを持参してくれて、西川さんの「HIGH PRESSURE」をギターで披露。
さらに、POP JAMの新しいジングルも作ってくれて、
西川さんは「これまでクッションにノゲイラとか出てたからね」と。。

雅-miyavi-は、曲のみで登場。
今回で3作連続のTOP10入りと、メジャーでも人気を見せています。

「ブレイクレーダー」福島在住の3人組の音速ラインが登場。
結果は67.6%で、歴代65位となりました。
福島在住については、「1回上京したんですけど、人ごみに負けて帰りました」と。
ヴォーカル・藤井敬之さんへは、MC3人が「すごいホッとする顔ですね」と。

THE イナズマ戦隊は、曲のみで登場。
1998年に北海道で結成、2002年に拠点を東京に移し、2003年にメジャーデビュー。



11月

 

―11月4日放送―

初登場の氣志團の皆さんには、いろいろと質問を。
「愛羅武勇など漢字を使うのが好きなのは何故?」には、
「昔は頭が悪くてアルファベットで書けなかったから漢字で書いてて、
普通にその流れで漢字で使ってたんですけど、最近は無いかな〜って思ってきた」と。。
「皆さん幼なじみだそうですが、ずっと一緒で飽きませんか?」には、
綾小路翔・早乙女光・白鳥雪之丞の3人、
星グランマニエ・白鳥松竹梅の2人がそれぞれ小さい頃からの付き合いのようです。
メジャーデビューの頃からのNHK出演のVTRでこれまでを振り返りますが、
紅白のVTRには「OPで派手な衣装で行ったのに誰も触れてくれなかった」
「歌のときに最後にカツラを取ったのに楽屋に帰っても誰も触れてくれなくて、
TOKIOの松岡さんが「やったね、氣志團」って言ってくれて、
そこで初めて皆も笑っていいんだって思ったみたいで」
「そのすぐ後に出番があって、6分でリーゼントを完成させたんですけど、
記録的なスピードだったのに誰も触れてくれなかった」と。。

SE7ENは、曲のみで登場。
新曲は、これまで同様にD・A・Iがプロデュースを担当。

海外からのお客様、トリスタン・プリティマン
カリフォルニア出身で12歳でギター・サーフィンを始めた逸材、
今回はMC3人がサーフィンを習う事になります。
アンジャッシュはぎこちない感じですが、西川さんは経験者なのでうまく乗り、
「こんなに静かに乗った人は始めてです」と言われてました。

D-51は、曲のみで登場。
新曲では映画主題歌に挑戦、年末に向けて活動が加速していきそうです。

笹川美和さんは、曲のみで登場。
新曲は、NHK「がんサポートキャンペーン」ソングになっています。

ブレイクレーダー」栃木・宇都宮の大学サークルで結成されたキャプテンストライダム
松本隆さんとの出会いがデビューのきっかけに。
支持率は70.6%で、歴代57位となりました。



―11月11日放送―

コブクロのデビュー前の路上ライブ時代のVTRを披露。
2人の出会いは、小渕さんが転勤で大阪・堺へ行き、黒田さんがたまたま堺へ帰ったときの事。
黒田さんは「元々、昔から堺でストリートをしてたんですけど、
凄い奴が来たっていうのを聞いて、見に行ったのが小渕のだった」と。
2人の最初のオリジナル曲「桜」でストリートを始めたところ、
一気に何十人という人が集まったそうで、「これって誰の歌ですかって聞かれて、
自分のっていうのが恥ずかしくて、よう言われへんかった」とのこと。
当時はサラリーマンをしていた小渕さん、20歳で何十人を部下にもつ主任だったそうで、
黒田さんが「2人でいるときに10人ぐらいの人が通って、「小渕主任!」って言ってた」と。
出会ってから相方の変わったところでは、黒田さんが「ダーツが上手くなった」。
小渕さんはスポーツ全般がダメで「右利きの人が左手でやったときみたいな感じ」とのこと。
小渕さんからは、「メールをちゃんと返すようになった」。
小渕さんがメールを送っても「OKって絵文字だけで返してきてた」そうですが、
ライブなどの感想のメールのやり取りに関して、
黒田さんは「2つに分けて送るぐらい多く書いてるから、そこにもう自分の答えも書いてる」と。

モーニング娘。は、曲のみで登場。
昨年のアルバム「愛の第6感」の収録曲を新たにレコーディングした新曲。

玉置成実ちゃんは、大学の学園祭ツアーに回っていますが、
自分の学校では特に行事といったものは無いそうです。
今回は、成実ちゃんの学園祭ライブへ密着したVTRを放送。
移動の新幹線での朝食・焼き肉丼には、
MC3人が「朝から焼き肉丼は重いよね」「オレらは無理だよ」と。。
大学に到着すると出店のメニューも食べていき、
テンションの高い成実ちゃんへMC3人は「若いな〜」と一言。。
ライブは1時間を超えるくらいの時間だったそうですが、
「スタッフが自分と同じぐらいの年なんで、他のライブとは違う気持ちで頑張れる」とのこと。
アンジャッシュも学園祭でネタを披露する事がありますが、
「若いから皆すごい頑張ってるから、いろいろ大丈夫ですか?大丈夫ですか?って聞いてくる」
「最終的には、ネタは大丈夫ですか?って聞かれた」そう。。

FictionJunction YUUKAは、曲のみでの登場。
「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」挿入歌の一曲でPOP JAMに初登場。

愛内里菜ちゃんは、曲のみでの登場。
新曲はキュートでポップな新しい感じの一曲になってます。

ブレイクレーダーアンジェラ・アキは、日本・アメリカのハーフ。
支持率は93.2%で、歴代3位の高記録を獲得しました。
「自分が日本人だなと思うとき」には、「田舎とかに行くと感じます」と。
80%以上に贈られる抽選会では、5等のティッシュとなりました。。

PJ LIVE GOLD」には、Every Little Thingが登場。
西川さんと同じく来年10周年を迎える皆さんのデビュー当時の出演映像VTRを放送。
モッチー西川さんは恥ずかしい中、いっくんは「ヴォーカルは映るけど、後ろの方なんで」と。。
デビュー当時から変わった事には、
モッチーが「いろんな人に曲を書いてもらって、そこ(楽曲)に呼ばれる事もありますね」、
いっくんが「いろんな曲をやってるから、多彩な感じがありますね」と。
これからについては、「いろいろな面でも穏やかにいきたいです」と。



―11月18日放送―

BoAちゃんは、曲のみで登場。
新曲は、音楽番組では初公開となります。

WaTには、アンジャッシュが「小池徹平くんは初めまして、ウエンツには何の新鮮味もない」と。。
今回は、WaTの2人の足跡をVTRなどで追っていきます。
まずは、3年前のストリートライブを始めたときのVTRを。
「事務所に同年代が2人だけだったんで仲良くなって、
共通の趣味が音楽だったから調子に乗ってストリートでやったらお客さんが全然来なかった」と。
次は、昨年にPOP JAM「ブレイクレーダー」に出演したときのVTRを。
当時はインディーズとして曲をリリース、
アンジャッシュの「一気に人気になった印象が強いけどね〜」と。
次は、「天才てれびくん」に9歳で出演していたウエンツくんのVTRを。
当時から英語が喋れないのをネタにしていました。
最後は、徹平くんのジュノン・スーパーボーイオーディションの雑誌を。
グランプリを決めるオーディションでギターの弦が切れてそのまま弾いたそうで、
これにはウエンツくんが「わざとですね」と。。
これからの目標には、「原点がストリートなんで、全国でお客さんと近い位置で歌いたい」と。
「もし、WaTが忙しくなったら?」には、
徹平くんが「芝居とうまいコトやってきます」、ウエンツくんが「WaTを切ります」と。。

nobody knows+は、曲のみでの登場。
新曲「どうよ?」を収録した新作も発売中です。

東方神起は、最初にアカペラで曲を披露してくれます。
「難しい日本語」では、「つ」の発音が難しいとのこと。
フリップトークでは、「日本の好きなもの」を質問。
チャンミンの「納豆」は味が好きなようで、MC3人は「日本人でも嫌いな人が多いのに珍しい」と。
ユチョンの「カツ丼」は、「日本に来て、初めて食べてものがカツ丼だった」と。
ユンホの「富士山」は、「撮影で行って、雪が積もってたのがキレイだった」と。
ジュンスの「温泉」は、「疲れが取れて気持ちいい」と。
ジェジュンの「横浜」は、「夜景がキレイでプレイベートでも行く」と。

PJ LIVE GOLD」には、西川さんとDA PUMP・ISSAくんが1対1でのトークを。
2人はDA PUMPのデビュー当時にスタジオが隣同士になり、
スタッフが一緒だった事もあって仲良くなったそうです。
ISSAくんが憧れの仮面ライダーに出演したVTRを放送。
「変わった衣装を着せてもらえると思って衣装合わせに行ったら、
監督が私服を見て「それ、いいね」って言って、私服で出る事になった」そう。
ISSAくんのプライベートを心配する西川さん、
「そういう子じゃないはずなんだけど誤解されやすい」と。
ISSAくんが「信じてくれる人のために、もうしないようにします」と言うと、
西川さんは「やっと、気付いたのか!?」と一言。。

平川地一丁目は、曲のみでの登場。
新曲は、「みんなのうた」の10月・11月のうたになってます。

ブレイクレーダーD.D.Dは、美少女コンテスト出身の4人組。
支持率は37.0%となりました。
17歳・16歳・15歳・14歳のメンバー、最年少14歳の子の「お父さんが45歳でお母さんが40歳」には、
児島さんが渡部さんへ「お前と同い年じゃん」と。。



―11月25日放送―




12月

 

―12月2日放送―

浜崎あゆみちゃんは、曲のみで登場。
CMソングでも流れてる「Bold&Delicious」を披露してくれました。

相川七瀬ちゃんは、バンドメンバーの皆さんと登場。
(マーティ・フリードマン、真矢、D.I.E.、"CRAZY"COOL-JOE、PATA)
PATAさん以外のメンバーとは長い付き合いのようで、
児島さんは「どうりで、PATAさんとはギクシャクしてる感じなんだ」と。。
バンマスのD.I.E.さんは、「このメンバーは、まとまらないよね」と。
デビュー当時からの付き合いの真矢さんからは、七瀬ちゃんが「変わらない」と。
これには、デビュー前から真矢さんと知り合いの西川さんが「真矢くんの方が変わったもんね」
「出会ったときの刺々しさから、今の良い感じの真矢くんは想像できなかった」と。
ただ、最後には「性根は腐ってるんで大丈夫です」と一言も。。

奥村愛子さんは、POP JAMをきっかけにつんくさんプロデュースで新曲をリリース。
「ブレイクレーダー」出演時につんくさんが「エロい」と絶賛。
「最初は良い意味に思わなかったんですけど、
つんくさん曰く、大人になりきれてない感じがグッときたって言われた」と。
つんくさんとのレコーディングには、「歌い方を注意されると思ってたんですけど、
この歌詞のところはこういう気持ちで歌うんだって事を言われました」と。
西川さんの「最初会ったときは普通の感じかなと思ったんだけど、
話してるとそこはかとない未完成さがある」には、
奥村さんが「つんくさんもそんなような事を言ってました」と言い、
児島さんが「やっぱ、エロい人間の考える事は一緒ですね」と。。

AAAは、曲のみで登場。
4ヶ月連続リリースとなる新曲、元日には1stアルバムもリリース。

聖飢魔Uが6年ぶりの再結成、まずは昔のVTRを放送。
「今年で地球デビュー20周年で未だに応援してくれる信者がいるので一緒に祝おうと思って、
きっと30周年には体力的にもう出来ないから20周年でやろうかとなった」と。
聖飢魔Uの伝説」の1つ目、「スキューバダイビングの免許を持ってる」には「YES」を。
「20社以上のCMに出演」も「YES」で1998年の地域活性化による無料CM出演の事を。
その面白CMの数々も流され、「やってて楽しかったよ」と。
「健康に気を使ってる」にも「YES」で、「人間には不幸を与えるけど、自分には健康で」と。。



―12月9日放送―

今週は「ROCK JAM」と題して、ロックバンドばかりを集めた回に。

グループ魂は、楽曲「AKIRARETE」とともにグループの10年間を振り返ります。
1995年の結成当初は3人でコントをしていて、「全国ツアーなのに1ヶ所で3daysだけやった」と。
1996年には笑点に出演、「笑点向けのネタをやったけど、全くウケませんでした」とのこと。
1997年に「ネタで煮詰まって音楽やろうって事になって」と音楽を始めた皆さん、
「竹内力が3万枚売れたらしいって噂で聞いたけど、年齢的に失速した」と。。
「POP JAM出演がブレイク出来なかった理由」には、MC3人も「言いがかりも甚だしい」と反論。
「100人ファンが増えるよりも1人減っちゃう方が大きいから、
あいつらテレビ出やがったみたいに離れていくのを何とか繋ぎとめるっていう歌なんです」とのこと。

倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンスは、曲のみで登場。
神戸からやってきた、キャッチーでストレートな音楽を奏でる10人組。

PJ LIVE GOLD」には、ZAZEN BOYSから向井秀徳さんがトークに登場。
NUMBER GIRLを解散した後、すぐにZAZEN BOYSを結成した事には、
「最初から次のバンドを組むと決めて解散したんで」と。
西川さんは、「ボクはバンド解散してから、次のバンド組むまで10年かかりましたよ」と。
普段は「祭スタジオで1人で酒飲みながら音楽を聞いてる」そうで、
西川さんは「それって、アーティストの人の憧れですよね」と。
TV出演には「TVは好きだけど、恥ずかしいから出ない」ようで、
西川さんが「POP JAMには出てくださいよ」と言うと、「いいですよ」と。

中ノ森BANDには、「イラストトーク」で「ロックとは?」をお題に。
中ノ森文子ちゃんは「自由」、YUCCOちゃんは「のむヨーグルト」、
SHINAMONちゃんは自分のテンションをグラフで表現、CHEETAちゃんは「岩」、
児嶋さんは「アンプに足かけて楽器を弾いてる感じ」、
西川さんは「首を振って楽器を弾いてる感じ」と。

POLYSICSは、曲のみで登場。
その見事なテクノサウンドでアジアやヨーロッパでも人気を博しています。

POSSIBILITYは、曲のみで登場。
爽やかなギターサウンドで新曲「ヒマワリ」を披露してくれました。

モーサム・トーンベンダーは、曲のみで登場。
叩きつけるギターサウンドは、迫力たっぷりです。



―12月16日放送―

w-inds.は、曲のみで登場。
新曲は初めてとなるクリスマスソングに挑戦。

PJ LIVE GOLD」には、Tommy february6が登場。
毎回可愛い演出を見せてくれるTommy
その演出のビジョンについては「常にこれやりたいなっていうのは持ってる」そうで、
西川さんは「持ってても中々出来ないし、それが出来てるのはすごいと思う」と。
最近は藤井隆さんのプロデュースなどにも挑戦、
ここからはTommy西川さんをプロデュースしたいという話に。
藤井隆さんとのコンビで出したいというTommy
西川さんは「Tommyも一緒に3人で出そう」「これまで女性とやった事がないから」と言いますが、
Tommyは「私はそれには興味がないから」「一歩引いて演出したいんで」と。
西川さん、Tommy、藤井隆さんの3人とも頭文字が「T」なので、
「これからどんどんTの人を増やしていこう」との提案も。

一青窈さんは、曲のみで登場。
新曲は小林武史プロデュース、新しい魅力を引き出しています。

今回で年内最後の放送という事で視聴者の皆さんからの質問メールに答える事に。
POP JAMは100の国と地域で放送してるため、海外からのメールを主に紹介。
「これまで番組をやってきての反省点」には、
児嶋さんが「聖飢魔Uが来たときにデーモンさんと「初めまして」って挨拶したら、
渡部が来て「この前のBSの番組ありがとうございました」って挨拶して、
オレもデーモンさんも共演してた事を忘れて挨拶してた」と。。
西川さんは、「まだ自分の殻を破れないでいる」と。
渡部さんの「最初の頃はひどかった」「最近は結構できるようになってきた」には、
西川さんが「本当に最初の頃のやつは見れないからね」「ゲストに失礼」と。

CHEMISTRYは、曲のみで登場。
新作の中から「トヨタカップ」テーマソングになってる「伝説の草原」を披露。

mihimaru GTは、これまで面白い斬新な企画を提案してきています。
2nd single「帰ろう歌」は、史上初の下校ソング。
応募があった1000校へ校名を入れたオリジナルCDをプレゼントする企画もして、
その中の1校へ実際にライブをしに行ったVTRも放送。
「よく学校側がOKしましたね?」には、「今の学校は結構自由ですね」と。
4th single「H.P.S.J.」では、オリジナルゲーム「ミヒマルボール」を考案。
そのゲームの紹介VTRでは、あまりのオリジナルぶりに渡部さんが「流行るか!」と一言。。
新曲の収録曲「YES」では、ウエディングソングを書き下ろし。
実際の結婚式に行って披露したVTRも放送。
次の企画に「来年はオリンピックですからね」と言うと、
渡部さんが「また、変なゲーム考えないでくださいね」と。。

hitomiさんは、曲のみで登場。
新曲は記念すべき30枚目のシングル、ファッションにも注目です。

ブレイクレーダートラビットは、あどけないルックスのHIPHOPユニット。
支持率は58.4%で、歴代95位の結果となりました。
3000人の前で歌った感想に「皆が手上げてくれて嬉しかったです」と言うと、
児嶋さんが「中には上げてない人もいたよ」と。。

今年の「POP JAM」は、今日で最後となります。
西川さん、アンジャッシュ村上アナ、お疲れ様でした!



「POP JAM・2005」ページへ