1月

 

―1月11日放送―

今回は、「ブライテスト・ホープ SP」と題して、
これまで番組の「ブレイクレーダー」に出演してくれた56組の中から、
今年のブレイクが期待されます9組がゲストに来てくれました。。
(今週&来週分の収録の観覧を見てきました。。)

今回のトップは、Psycho le C’emu
「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「個性や歌が良いけど、強烈すぎる」とのコメントも。新曲は、格好いいサウンドに仕上がってますね!

ワカバLeadが登場。ワカバの「ブレイクレーダー」出演の時の会場のお客さんからの感想では、
「歌やメロディが良いけど、衣装に特徴がない」というコメントも。
今回は、「CHACOAL FILTER大塚さんが貸してくれた」という衣装での登場。。
Leadの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「かわいい&格好いい&ダンスが上手だけど、個性をもっと見たい」とのコメントが。
そこで、今回はリレー方式でのメンバー紹介を。
KeitaShinya)は、「ファッションセンスがある」。(AkiraKeita)は、「度胸や集中力がある」。
HirokiAkira)は、「ムードメーカー」。(ShinyaHiroki)は、「リーダーで、まとめ役」と。。

Herman H.&The PacemakersCHACOAL FILTERが登場です。
Herman H.&The Pacemakersの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「面白いし、曲も良いけど、ジャージの人に気を取られて、よく聴けなかった」というコメントが。
若井さん、確かに気になる。曲披露では、照明がカラフルでした。。
CHACOAL FILTERの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「ノリが良かったけど、ノリが良すぎて付いていけなかった」とのコメントも。
しかし、これは「褒め言葉ですよ!」と納得。。曲披露では、スモークの演出も。。

BOYSTYLECORE OF SOULの登場。
BOYSTYLEの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「歌もダンスも良いけど、個性が感じられない」というコメントが。そこで、今回は自己紹介を。
上原ちゃんが「リーダー。肉好き」、田野ちゃんが「こんな3千人の人に会えて嬉しいです」、
川田ちゃんが「里豆、ゲームが好きです」、村川ちゃんが「ダンスと餃子が好きです」と。。
曲披露では、シングルでは初のバラードを。。
CORE OF SOULの「ブレイクレーダー」出演の時の会場のお客さんからの感想では、
「曲が良かったけど、ユニットとしての特徴が分からなかった」とのコメントも。
曲披露では、まさにCORE OF SOULらしい一曲を!

THE PAN柴田淳さんが登場。
THE PANの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「パワフルだけど、もう一つ工夫が欲しい」というコメントが。。
ここは、「もう、ステージを最初から突っ走るだけです!」と意気込みを。。
柴田淳さんは、なんと昨年の「ブレイクレーダー」の支持率NO.1でした!
しばじゅんの「ブレイクレーダー」出演時の会場のお客さんからの感想では、
「曲は良いけど、少し暗いかな」とのコメントも。(あれがしばじゅんワールドですからね。。)
今回も素晴らしい一曲を聴かせてくれました!

今回のラストを飾るのは、これがPJのラストステージとなるΛucifer
3年半という短い活動期間でしたが、今回は初登場シーンのVTRも。
(「POP JAMは、いつも緊張する」とのこと。。)
皆さんからは、「あっという間だった」「かけがえのない思い出」とコメントが。。
曲披露では、全員スーツの中で見事なステージを見せてくれました。
このまま、ラストライブまで頑張ってくださいね!



―1月18日放送―

先週&今週分の収録に行ってまいりました。生で見れるのは、迫力が違いますね。。

今週のトップは、RAG FAIR
今月発売のアルバムのレコーディングで2ヶ月間、朝10時〜夜9時までスタジオに入っていたそう。
しかし、「ヨースケがパチンコで遅刻してくる」との暴露も。。(ラストの一言が面白かったですね。。)

Every Little Thingは、曲のみの登場。
モッチーの作詞法は、「曲をもらって、家で筆ペンで書く」そうです。。
(あの字体が好きなようです。)曲披露では、照明がキレイでしたね。。

優香のBack Stage Jam」、ロードオブメジャーの皆さんの共同生活の話を。
近藤さんと北川さんが料理担当のようですが、「肉がない」とのこと。。
「共同生活に満足してますか?」の質問には、上原さんが「自分だけ部屋がない」と不満の様子でした。。
ラストの「10年後も同じメンバーでやってますか?」では、上原さんと北川さんが難色の感じに。。
上原さんは「誰か結婚して、いないかも」、北川さんはソロ狙い(?)とのこと。。(^^;)

DA PUMPは、曲のみでの登場。今回は、「PJ限定 SPメドレー」を披露してくれました。
「Higher and Higher」と「Dragon Screamer」「Mo'Fight!Mo'Bright!」の3曲でしたが、
特に「Dragon Screamer」のアクションやダンスが格好よかったです。。
今年の皆さんの目標は、「歌もダンスも両方とも同じように高めていくこと」とのこと。。

一青窈さんは、今注目のアーティスト。この一青窈という名前は、本名のようですね。
一青窈さんも裸足で歌う方なんですね。私もアレンジとか、すごい好きです。。

PJエクスプレス」、今回は(松任谷由美・栃東関に化粧まわしをプレゼント)
(中島みゆき・130週目での1位の新記録)(宇多田ヒカル・新成人で振り袖姿をHPで披露)でした。。

ブレイクレーダー」まずは、Sound Schedule
「欲望も音楽に注ぎ込む」「POP JAMに出れて、親孝行になる」との皆さん、良い感じのノリでしたね。。

ブレイクレーダー」2組目は、Strawberry Jam。皆さんのキーワードは、「大和撫子ロック」!
芯の強さ、女性の美しさ、夢に向かっていく気持ちを詞に込めたという新曲を披露。
声がキャッチーで可愛かったですね。。

ラストを飾ってくれたのは、Kiroro
Kiroroの2003年の抱負は、玉城さんが「これまで通りで」、金城さんが「久しぶりのツアーが楽しみ」と。



―1月25日放送―

今回は、4ヶ月ぶりのスタジオからの放送。
70年代、80年代、90年代、新曲を織り交ぜた放送。優香ちゃんのオレンジの衣装が可愛かったです。。

今週のトップバッターは、後藤真希ちゃん。
1975年のユーミンの「卒業写真」を。「歌うと、また新しい感じが出る」とのこと。
衣装が可愛かったですね!さらに、新曲をミュージカル・バージョンで披露。
演出の風船、爽やかなセット、カワイイ衣装が良かったです。。

キンモクセイ堂島孝平さんによる、今夜限りのバンド「モクキンドウ」の登場。
1994年の小沢健二の「愛し愛されて生きるのさ」を披露。堂島さんの声が結構合ってましたね。。
このグループ名の由来は、「なんとなく決めました」とのこと。また、皆さんの音楽のルーツの話を。
白井さんは「和田アキ子」、伊藤さんは「井上陽水」、堂島さんは「チェッカーズ」とのこと。
ここからは、またセッションを。1983年のチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」では、
伊藤さんの声が合ってました。間奏のアレンジが格好よかったです。
1974年の和田アキ子さんの「古い日記」では、ポップスの2組が織り成すソウルが新鮮でしたね。。
この選曲は、皆さんで3時間かけて決めたそう。。
優香ちゃんからは、「昔の歌を若いアーティストさんが歌って、
TVを見てるもっと若い人達に知ってもらって受け継がれていく」と、良い言葉が。。

中島美嘉ちゃんは、新曲から披露。バックを武部さん、ポンタさん等が務める豪華な演奏に。。
POP JAMのオリジナルバージョンは、セットと照明の雰囲気のキレイな感じ。。
さらに、1979年の「ベット・ミドラー」のJAZZナンバーも披露。
美嘉ちゃんは、「元々、JAZZが好きなんで、これからはJAZZの感じもやっていきたい」とコメントも。。

PJエクスプレス」、今回は(モーニング娘。・新メンバー加入)
(ボブ・サップがRapでCDデビュー)(ガガガSP・神戸で震災復興ライブ)でした。。

今週のラストを飾るのは、Crystal Kay
1999年デビューで、いろんなプロデューサーとのコラボが注目されてますね。
今回は、m-floTAKUさんのプロデュースとなってます。

   

2月

  

―2月8日放送―

今週は、「生放送!黄金の10周年!」と題して、大阪城ホールからの生放送!
まもなく10周年を迎えますPOP JAM、
その10周年を記念して大阪城ホールいっぱいのお客さんを前にアーティストさん達が登場。。

このSPのトップバッターを飾るのは、モーニング娘。。いち早く披露してくれました新曲は、
「NHK みんなのうたTV50周年キャンペーンソング」にもなってますね。。
キャノン砲の演出、キレイな照明が良かったですね。。

ここで、司会とゲスト陣がステージに総登場。
今回、優香ちゃん、高市アナとともに司会を務める藤井隆さんも登場し、
「みんな、今日はタカシのために集まってくれて、ありがとー!」と一言。。(^^)

w-inds.は、中央の円形ステージに登場。1stアルバムからの曲披露でしたが、格好いい曲でしたね。。
みんなステージから降りたり、KEITAくんの少し詞をマチガエなども生らしかった。。
ZONEは、曲のみの登場。真っ白の照明や大量の雪の演出が曲にピッタリで素敵でした。。

安室奈美恵ちゃんには、「Body Feels Exit」のときのVTRが。
POP JAMの第1回放送にも出演していた安室ちゃん、「緊張しました」とのこと。
今回は、安室ちゃん自身のリクエストで「Say the word」を歌ってくれました。
格好いいステ―ジングでしたね。。

ここからは、POP JAMの「歴代司会者」の皆さんの紹介を。
本木雅弘(1993〜1994)、森口博子(〜1998)、爆笑問題&柘植アナ(〜2000)、
堂本光一&久保アナ(〜2002)、優香&高市アナ(〜現在)という司会陣。。
爆笑問題からは、VTRコメントで「爆笑問題が選んだ PJ名場面 BEST3」を。
3位は、1999年のクリスマスSPの爆笑問題&GLAYの夢のバンド結成。
2位は、1999年9月のモーニング娘。が後藤真希ちゃんを加えた8人での登場のシーン。
1位は、2000年1月のサザンの桑田さんが「爆笑問題の唄」を歌ってくれたシーン。
「10年と言わずに、20年30年と続けてほしい」とコメントも。。

別スタジオからは、久保純子アナと宇多田ヒカルちゃんが登場。
以前、POP JAMでヒッキーのツアーリハの密着もしましたが、
「お互い、いろいろあった」と振り返りました。。(クボジュンの出産、ヒッキーの結婚と。。)
結婚の感想などの話も。新曲については、「イントロと間奏のアレンジは、自分で作った」そう。。
曲披露では、セットが良かったですね。照明の色も合ってましたし。。

ここからは、「PJ 名曲セレクション」を。10年間で披露された名曲の数々のVTRを。
trfの「BOY MEETS GIRL」、藤井フミヤの「TRUE LOVE」、ユニコーンの「すばらしい日々」、
Mr.Childrenの「Tomorrow never knows」、スピッツの「ロビンソン」、X JAPANの「DAHLIA」、
小沢健二 featuring スチャダラパーの「今夜はブギー・バック」といった、
今では見られない名曲が歌われていました。。
藤井隆さんは、「「愛しさと せつなさと 心強さと」は、デビューの頃に歌ってました」と。

BoA島谷ひとみポルノグラフィティが曲のみの登場。
BoAちゃんは、キレイな声と音が心地良かったです。
こういうホールでやると、また違った響き方で聴こえてきますね。。
島谷さんは、中央の円形ステージから。いち早く新曲を聴かせてくれましたが、
格好いい曲になってますね。。ポルノは、照明の色合いが良い感じでした。。
BoAちゃんと同じく、こういうホールの違った響き方が良かったです。。

ここから、「PJ 伝説のスーパーセッション」のVTRを。
Gackt&松田聖子の「SWEET MEMORIES」、Char&吉井和哉&YUKI&山崎まさよしの「DRIVE MY CAR」、
ZONE&THE ALFEE・坂崎さんの「あの素晴らしい愛をもう一度」を。
今回のSPでは、あの「ズンドコ節」のセッションを!
ZONE氷川きよし加藤茶さんが登場し、加藤さんから「ズンドコ節」のフリの伝授が。。
加藤さんからは、「音楽は世代を超えられるのが良い」「壁がない」とコメントも。
今回は、加藤さんの「ドリフのズンドコ節」→氷川さんの「きよしのズンドコ節」
ZONEの「PJバージョン ズンドコ節」をメドレーで。。
「PJバージョン」は、ロックに仕上げてましたね。。
衣装も、加藤さんのスーツ、氷川さんのキラキラ衣装、ZONEのカワイイ衣装と、色とりどり。。
ラストには、出演者の方々も登場しての「ズンドコ節」を!笑顔がみんな良かったですね。。(^^)

ここからは、「PJ 名曲セレクション 2」を。10年間で披露された名曲の数々のVTRを。
サザンの「TSUNAMI」、椎名林檎さんの「本能」、野猿の「Be cool!」、
織田裕二さんの「Love Somebody」、広末涼子ちゃんの「Majiでkoiする5秒前」などのラインナップが。。

平井堅矢井田瞳ロードオブメジャーは、曲のみでの登場。
平井さんは、アルバムからの曲披露を。松明の演出も。。
ちゃんは、中央の円形ステージから、NHKの番組のテーマ曲にもなってる一曲を披露。
ラストには、お客さんと一緒に合唱も。。
ロードオブメジャーは、今も売れ続けている「大切なもの」を披露。
花火の演出や照明の色の格好いい感じが良かったですね。。

DA PUMPw-inds.が登場。ここからは、「PJ 初登場シーン」を。
いろんなアーティストのPJの初登場シーンのVTRを振り返ります。
LUNA SEA「BELIEVE」、シャ乱Q「上京物語」、西川貴教「BLACK OR WHITE?」などの初々しい姿が。。
藤井さんの「ナンダカンダ」では、藤井さんがかなり大げさなリアクション。。(^^;)
初出演の話では、ISSAくんが「頭の中が真っ白だった」、
KENくんが「みんなに好かれようと頑張ってた」、
YUKINARIくんが「すごい緊張したのを覚えてる」、SHINOBUくんが「親に電話した」と。。
DA PUMPの自身で選んだリクエストは、デビュー曲の「Feelin' Good」!
「原点に戻ろうと思って選んだ」という一曲、
ステージから客席を通って中央の円形ステージへ移動するなど動き回ってくれました!

ゴスペラーズは、コンサートのリハーサル中のスタジオから中継で出演。
初登場の1998年12月「あたらしい世界」のVTRも流れました。
皆さんも「いろんなアーティストとクリスマスソングが歌えて楽しかった」そうですよ。
POP JAMの仙台公演では、「2階から歌ったとき、声が裏返った」そうです。
アルバムからの曲披露では、キレイなハーモニーを聴かせてくれました。。

このSPのラストを飾るのは、ポルノグラフィティ
現在のPOP JAMのEDテーマになってるノリの良い一曲を。ラストでアキヒトさんの詞のマチガエも。。

EDでは、加藤さんから「若い人のパワーが凄かった」、
w-inds.から「こんな大きなホールで出来て嬉しかった」と。
最後は、いつもの「ポップジャム!」の掛け声を出演者の皆さんとやってお別れに。。

 

―2月15日放送―

今週は、先週行われた「生放送!黄金の10周年!」SPの放送後のライブも含めた完全版を放送!

(先週の放送後)
ラストを飾ってくれた、ポルノグラフィティは、アキヒトさんのMCから「Mugen」を披露。。
照明の色が良い具合でした。

島谷ひとみさんは、POP JAMの思い出話を。
「広島でいつも見てた」「ドリカム吉田美和さんが大好きで、TVにかじり付くように見てた」
「初出演のときは、すごい緊張した」とのこと。。「亜麻色の髪の乙女」の照明は、キレイでしたね。。

ロードオブメジャーの皆さんも「POP JAMは、見てた」そう。。
藤井隆さんから「あのステージに立ちたいって思ってた?」の質問には、
「思ってないです」「夢の夢でした」と。。
「実際、立ってみてどう?」に、「あり得ないです」と言うと、「現実だよ!」と藤井さん。。(^^)
曲披露では、照明が格好よかったです。。

w-inds.の「POP JAMの思い出に残ってるアーティスト」では、
KEITAくんが「Puffy」、RYOHEIくんが「GLAY」を。
GLAYは、お姉ちゃんがファンだったんで一緒に見てた」そうですよ。
衣装の白と照明の白が合ってましたね。

 

―2月22日放送―

今週のトップには、藤本美貴ちゃんが登場。照明がカラフルな感じでしたね。。
バックを務めてくれた、ハロプロKIDSの自己紹介もありました。
26日に誕生日を迎える美貴ちゃん、当日は「祝って欲しいです」とのこと。
モーニング娘。の加入の話では、「ソロで学んだことを生かしたい」と意気込みを。。

優香のBack Stage Jam」、Leadには視聴者の方からのメールに答えてもらう事に。
「ダンスがうまく踊れないのですが、コツを教えてください」との質問に、
皆さんから新曲のフリの伝授が。優香ちゃんが習ってましたが、なんとかクリア!
(しかし、コツを聞くのを忘れてた優香ちゃんでした。。)

hiroちゃんは、最近は作詞も手掛けていますが、「作詞の作業は、楽しい」とのこと。
「いつも、詞とメロディーが一緒に思いつく」「よくお風呂で思いつくんで、
わざわざお風呂から出て、レコーダーに録ってからまた入る」そうですよ。。
照明がかわいらしい感じになってましたね。

Tommy february 6は、曲のみでの登場。
第2章の新生Tommyの新曲、CMでも流れてる曲ですね。バックの映像も良かったです。。

BUCK-TICKは、曲のみの登場。今回が20枚目のシングルという皆さん、めっちゃ格好いい!
皆さんの「長くグループを続ける秘訣」は、「お酒を飲んで、腹を割って話すこと」とのこと。

PJエクスプレス」、今回は(RUI・ついにオリコン1位!)
(テツ and トモ・紅白出場宣言)(B'z・松本孝弘の「華」が全米で発売へ)でした。。

ブレイクレーダー」まずは、naja
ギターに元RAZZ MA TAZZの横山さん、ドラムに元JUDY AND MARYの五十嵐さんという強力なバックも。
声が良い具合でしたね。

ブレイクレーダー」2組目は、シーモネーター&DJ TAKI-SHIT
あの名曲「浪漫飛行」のサンプリングを元にした一曲ですが、本家の石井竜也も感動したそうですよ。。
ノリやパフォーマンスも良かったですね!

今回のラストを飾るのは、浅田信一さん。
SMILEのヴォーカルの浅田さん、今回は尾崎豊や浜田省吾も手掛けた須藤晃さんも登場。
「会って、その日に意気投合して「一曲作ろう」って話になった」そうですよ。。
さらに、バックには明和電機などが担当したという照明もありました!

  

3月

 

―3月1日放送―

今週のトップバッターは、安室奈美恵ちゃん。トークなしでしたが、
「この後も、いっぱいアーティストさんが出るので楽しみにしててください」とコメントを。。
曲披露では、もう少し照明に変化が欲しかった気が。。

3B☆LAB.は、「今年は、ライブの年にする」と意気込みを。
ライブの感想では、「みんな、未発表曲でも盛り上がってくれる」と。
ツアーの公約では、「クリスマスにサンタの衣装で出て、
正月には袴で出て、3月には学生服で出ます」とのこと。。

SoweluTETSU 69は、曲のみの登場。20歳になったばかりのSoweluは、新曲の「Rainbow」を披露。
この曲名は、「7つのモノ(家族や親友など)が1つになったモノ」という意味が込められてるそう。
曲披露では、照明の色が良い具合でした。
TETSU 69は、ツアーのOP曲として歌っていた一曲を新アレンジで披露。

優香のBack Stage Jam
東京スカパラダイスオーケストラの皆さんには、それぞれの担当の楽器の説明を。。
今回は、優香ちゃんにも参加してもらうべく、大森さんにパーカッションを伝授されました。
そして、最後には全員で軽いセッションを。。(良い感じに出来てましたね。。)
曲披露では、照明の雰囲気が良かったです。。

PJエクスプレス」、今回は(FLAME・台湾ライブに1万人のファンが集結&世界配信の番組がスタート)
(平井堅・スティービー・ワンダーのトリビュートアルバムに参加)
(松任谷由美・デビュー30年を迎える今年も苗場ライブ)でした。。

ブレイクレーダー」まずは、RUN&GUN。吉本興業が手掛けた初のアイドルグループ。
映画や舞台やTVにとマルチに活躍。キャッチーな歌でしたね。。

ブレイクレーダー」2組目は、星村麻衣ちゃん。
21歳の音大生、専攻がクラシック、普段聴くのはロックということから、
この2つを融合させた音楽を目指します。。曲披露では、素晴らしいピアノプレイを見せてくれました。
「超緊張したけど、楽しかった」とのこと。。

今週のラストを飾るのは、THE★SCANTY
初めての全国ツアー中の皆さん、「その道中の美味しいモノが食べたい」と、
仙台〜沖縄の間を車で移動しているそうですよ。。

 

―3月8日放送―

今週と来週分の観覧に行ってきました。生のライブは、良いですね〜。。(^^)

今週のトップバッターは、FLAME。今回も黄色い声援が飛んでましたね。。
台湾公演を敢行した皆さん、「言葉が分からないぶん、ストレートに伝わる」と。
日本のファンとの違いでは、「日本のファンは温かくて、台湾のファンは熱い」とのこと。。

小柳ゆきちゃんは、曲のみでの登場。
元祖・ディスコクイーンのドナ・サマーのカバーを披露。ノリのいい感じで良いですね。。

松浦亜弥ちゃんは、ミュージカルが終了。
「セリフが飛んだらどうしよう、と思ったりしたけど、楽しかった」と。。
お風呂が大好きなようで、「2時間は、入ります」「小さいTVを買って見てます」とのこと。
曲披露では、キャノン砲や銀紙の噴射など、いろいろ素敵な演出が。。
結構、フルサイズに近いぐらいの長さで歌ってくれましたね。。

優香のBack Stage Jam」、LIV押尾さんの楽屋を優香ちゃんが訪問。
ドラマで共演してる2人なので、仲良さげでしたね。。
優香ちゃんが「その髪、どうなの?」と聞くと、「お前もだよ!」と返されてしまいました。。
さらに、「態度デカイよね?」と聞くと、「普通だよ」と。。
押尾さんの夢の話では、「音楽でデカイことする!」「今に見てろ!」と。
ライブハウスツアーが終了しましたが、「生でやるのは、面白い」とのことでした。。

wyolicaは、アコースティックサウンドが特徴。
曲披露では、バックに満月や大風船といったキレイな感じに。。良い雰囲気の曲になってますね。。

PJエクスプレス」今回は(浜崎あゆみ・ユーミンの「卒業写真」に挑戦)
(椎名林檎。「百色眼鏡」カンヌに出品)(ゴスペラーズ・Jリーガー28人と「J-100」結成)でした。

ブレイクレーダー」まずは、小畑由香里さん。
女性雑誌のカリスマモデルとして有名な小畑由香里さん、歌の方では「素の自分を見て欲しい」そう。
デビュー作ではASKAさんが担当してくれましたが、新曲は織田哲郎さんが担当してくれました。。
曲も織田さんらしい一曲になってましたね。

ブレイクレーダー」2組目は、IN-HI
デビュー前には、米ツアーも行った皆さん、新曲の曲名は沖縄の言葉で「がんばれ」という応援歌。
沖縄出身の皆さん、詞にも沖縄を反映させているそうですね。。

今週のラストを飾るのは、SURFACE。曲のみの登場でしたが、
ストレートな格好いいロックの新曲を披露してくれました。。現在は、アルバム製作中とのこと。



―3月15日放送―

先週と今週分の観覧に行ってきました。生のライブは、良いですね〜。。(^^)

今週のトップバッターを務めるのは、後藤真希ちゃん。
「初めてお客さんの前で歌います」という新曲を披露。
衣装も「デビルな感じで」とのこと。サイパンでの写真集撮影の話も。。

上原多香子ちゃんは、曲のみでの登場。
井上陽水さんのカバーですが、多香子ちゃんの「Make-up Shadow」はキレイなサウンドが良いですね。。

タッキー&翼の新曲は「卒業」がテーマですが、
「誰でも共感できること」「淋しいだけじゃなく、明るい未来もある」とのコメントを。
今回は、タッキーのセリフもありますが、タッキー曰く「あれ、微妙ですね」とのこと。。

Gacktさんは、PV撮影の話を。「春のシーンを録ってたけど、当日は吹雪で寒かった」そうですよ。
Gacktさんも「良い作品が録れた」と、ご満悦の様子でした。
今日は、表情も柔らかかったですね。。曲披露では、爆破の演出も良い感じでした。。

優香のBack Stage Jam」では、お兄やんお姉やん&たかみーを直撃。
ご存知、ネプチューンホリケンベッキーTHE ALFEE高見沢さんによるグループ。
ホリケンベッキーから優香ちゃんへフリの伝授が。
さらに、曲披露前には会場のお客さん達へのフリの伝授がありましたね。
曲披露では、会場の皆さんと一体化となった「ホリケンサイズ」が!

優香のBack Stage Jam」、一青窈さんからは北京語講座が。
優香ちゃんは、ビビアンと友達のようですが、「ニーハオしか知らない」とのこと。。

PJエクスプレス
今回は、(ローリング・ストーンズの武道館ライブが1973年の中止以来、30年ぶりに実現)
(ゴールドディスク大賞・宇多田ヒカルが受賞)(POP JAM・4月からつんく、高山アナ加入)でした。

ORIGINAL LOVESadsは、曲のみでの登場。
ORIGINAL LOVEは、格好よく、雰囲気の良い一曲を。セットも格好よかったですね!
Sadsは、久々の登場でしたが、清春さんのギターが新鮮でしたね。。

今回の放送で高市アナが「POP JAM」を卒業となりました。。
この1年間、優香ちゃんとともに番組を支えてくれました高市アナ、感謝、感謝。。(^^)
もう少し、番組でも良い感じに送ってあげて欲しかったですが。。
1年間、お疲れ様でした!!



「POP JAM・2003」ページへ