1998年

 

―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:中居正広久保純子

1998年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで共に24勝24敗の五分となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、4時間15分に渡って
1998年最後の歌い収めを披露してくれます。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組のSPEED
カラフルの衣装で登場した皆さん、かわいかったです。
後ろの方では、出演者の皆さんがフリを一緒に歌ってくれてましたね。。
白組のトップは、初出場のDA PUMP
シックな感じのスーツで登場の皆さん、沖縄勢による紅白トップバッターを果たしました。

○2組目○
紅組は、初出場のモーニング娘。
BLACK BISCUITSPocket Biscuitsの皆さんからのコメントも。
赤白の衣装で登場の皆さん、今年はいい一年になりましたね。。
白組のTOKIOは、長瀬くんが下からセリ出しでの登場。
松岡くんの白髪やベースとギターから炭ガスが出たり、見どころがたくさんでした。。

○7組目○
紅組のEvery Little Thingには、モッチーの髪型が珍しい感じでしたね。。
五十嵐さん、いっくんも衣装がキマってましたよ。

☆第2部開幕☆
○11組目○
第2部のトップバッターは、紅組のBLACK BISCUITSPocket Biscuits
マジックを絡めた、楽しいステージでしたね。。ウッチャンが頑張りすぎて、ヅラが取れてました。。
最後には、「ウリナリ」メンバー&ホワイティも登場してのフィニッシュに!
ナンチャンの「クボジュン命」が面白かったです。。
白組は、初出場のラルク・アン・シエルが登場。
SMAPラルクの2ショットという、豪華な画でしたね〜。。
曲披露では、セットが格好よかったです。。

○12組目○
紅組のMAXは、真っ白の衣装で登場。
ラテンダンサーの皆さんとともにステージを盛り上げてくれました。。
白組のLUNA SEAには、バンドでは初出場。
演歌の皆さんがビジュアル系になって応援に来てくれてました。。(^^;)

○13組目○
紅組のglobeは、衣装やセットや照明やパフォーマンスも格好よかったです!
すごい皆さん力入ってて、良いステージでした。。
小室さんのマイクにカメラさんが当たってしまうハプニングも。。
白組のGLAYは、全員黒の衣装でキメてきました。特にTAKUROさんがノってましたね。。
曲中にTERUさんとTAKUROさんが喋ってたのが気になりました。。

○17組目○
白組のT.M.Revolutionは、かなり豪華な衣装や髪型で登場!
演出も凝ってて、ちゃんとストーリー性のあるステージになってました。

○22組目○
白組のSMAPは、バラードなのでシンプルなステージでしたね。
その分、「夜空ノムコウ」を歌で聴かせてくれました。。

○23組目○
紅組は、安室奈美恵ちゃんが登場。復帰を飾るステージでは、途中で涙を見せる姿も。。
皆が暖かく迎えてくれたのが嬉しかったみたいですね。。

☆結果発表☆
今年は赤組の勝利に!最高視聴率に輝いたのは、やはり安室ちゃんのところでした。。



1999年

 

―3月6日放送―

ゴールドディスク大賞

1998年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー」○
ラルク・アン・シエルからのコメントでは、
「去年はシングルを7枚も出しまして、ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たるって感じです」と。。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、セリーヌ・ディオンが受賞!

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
今年は、ベスト盤2枚が大ヒットとなったB'zが受賞!
B'zは中継で出演してくれましたが、稲葉さんからは「中々こういう場に出る事がないので、
今回こうしてお礼を言える場を与えてくださってありがとうございます」
「これまで音楽活動だけに専念させてくれた皆さんに感謝してます」と。
松本さんからは、「結果としてすごい枚数になりましたけど、
本当にこれまで10年間でやってきた事を皆さんに受け入れてもらえて嬉しく思います」
「ライブとかで言ってるんですけど、
この10年はまだイントロダクションみたいなもので、これから本編が始まるっていう感じですね」
「これからも守りに入らずにチャレンジ、チャレンジ、チャレンジでいきたいと思います」と。。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:中村勘九郎久保純子

1999年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで25勝24敗で赤組が優勢となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、4時間15分に渡って
1999年最後の歌い収めを披露してくれます。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組のモーニング娘。
赤白の衣装で登場した皆さん、堂々としたトップバッターでした。
後ろの方では、出演者の皆さんがフリを一緒にやってくれてましたね。。
白組のトップは、DA PUMP
白のスーツで登場した皆さん、KENくんのラップもキマってました。。

○2組目○
紅組は、初出場のHysteric Blue
スヌーピーご一行が応援に駆けつけてくれ、後ろでダンスもしてくれました。
セットや衣装もかわいかったですね。
白組も初出場のSomething Else
初の晴れ舞台の皆さん、衣装も豪華になってましたね。。
曲披露では、白組のアーティストさん達が後ろで一緒に歌ってくれてました。

○4組目○
紅組のMAXには、NHK朝ドラの「あすか」から竹内結子ちゃん、佐藤仁美ちゃんが応援に。
曲披露では、素敵なドレスの衣装に幻想的な演出がぴったりでしたね。。
白組のGLAYは、格好いい衣装で登場。
この後のカウントダウンライブに向け、早い時間での登場でした。

○6組目○
白組の初出場の19には、326さんが自作の絵とともに応援に。
曲披露では、バックに326さんの絵がたくさん置かれてました。

○10組目○
白組のTOKIOは、炎をイメージした(?)衣装での登場。
格好いいステージを見せてくれました。照明もうまく合ってましたね。

○11組目○
紅組のSPEEDは、今回がラストの出演となります。
紅白では歌われてなかった、「my graduation」を歌ってくれました。
会場からの応援も大きかったですね。

○12組目○
紅組のEvery Little Thingには、藤井隆さん、山田花子ちゃん、石田靖さんが応援に。
曲披露では、演出がすごくキレイでした。。

☆第2部開幕☆
○14組目○
松坂大輔くんの宣誓とともに第2部が開幕。
第2部のトップバッターは、白組の野猿
なんと、1991年のとんねるずのときと同じく全身白づくめでの登場!(高久さんだけ赤)
さらに、頭も剃っての一文字まで完成させる見事な芸人根性を見せてくれました。。
ノリさんのアドリブも面白かったですね。(^^)
紅組の浜崎あゆみちゃんは、初出場。
曲披露では、セットと照明が格好よかったですね。あゆの衣装もお似合いでした。。

○15組目○
白組のラルク・アン・シエルには、木村くんが曲紹介を。
久しぶりに「HEAVEN'S DRIVE」が聴けてよかったです。。
紅組の鈴木あみちゃんは、初出場。
あみちゃんらしい赤のキュートな衣装で登場。
ブリキの国のような演出もうまく合ってましたね〜。。

○16組目○
白組のSMAPには、一際大きい声援が飛んでましたね。。
中居くんが紅白仕様で白髪になってました。。
紅組は、安室奈美恵ちゃんが登場。小室さんが応援に来てくれました。
50人ぐらいにもなるコーラスの皆さんとの「RESPECT the POWER OF LOVE」、圧巻のステージでしたね。。

○17組目○
紅組のglobeには、優香ちゃんと爆笑問題が応援に。
KEIKOさんが金主体の豪華な感じで、MARC小室さんがラフな感じでしたね。

☆結果発表☆
今年は、白組の勝利に!最高視聴率は、郷ひろみさんでした。。



2000年

 

―3月18日放送―

ゴールドディスク大賞

1999年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー」○
モーニング娘。からは、中澤姉さんが「2年連続で受賞できて光栄に思います」と。
プッチモニからは、「モーニング娘。とはまた違った、重みのある賞だと思います」と。

○「ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
Every Little Thingからは、もっちーが「このステージに立てる事を嬉しく思います」と。
浜崎あゆみちゃんは、「CDを手に取ってくれた1人1人に感謝してます」と。
DREAMS COME TRUEからは、「ひとえに聴いてくれるファンの皆さんのおかげです」と。
globeKEIKOさんは、「3人で築いてきた信頼関係を感じながら聴いてます」と。
MAXからは、リナちゃんが「今年も受賞できて嬉しく思います」と。

○「ロックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
相川七瀬ちゃんは、「これからも良い歌を歌って、良い歌を書きたいと思います」と。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、ベスト盤が100万枚を超えるセールスを記録した、セリーヌ・ディオンが受賞!

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
今年は、宇多田ヒカルちゃんが受賞!
ヒカルちゃんは、中継で出演してくれて「とにかく嬉しいです。すごくすごく嬉しい」と。。
「First Loveの詞って実体験ですか?」の質問には、「また・・もう!」と恥ずかしそうに。。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:和泉元彌久保純子

2000年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで共に25勝25敗の五分となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、4時間15分に渡って
2000年最後の歌い収めを披露してくれます。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、白組の藤井隆さん!
キラキラの衣装で華々しく登場した藤井さんですが、
かなり緊張していたのか、間奏では「も〜。」と早く終わって欲しいような感じでした。。(^^)
後ろの方では、白組の皆さんがそんな藤井さんに笑ってしまってましたね。。
ラストには、「ホット、ホット」まで披露して、無事に終えた藤井さんでした。。
紅組のトップは、Whiteberry
道産子らしい、白の衣装で登場。元気に曲披露してくれました。

○2組目○
白組は、初出場のポルノグラフィティ
トークでは、「サウダージ」の意味について話を。全員スーツでキメてくれました。。
紅組も、初出場のaikoちゃん。同郷の和田アキ子さんから応援も。
aikoちゃんからは、「お父さん、お母さん、頑張ります!」と力強いコメントが。
Tシャツにジーンズという、aikoちゃんらしい衣装でしたね。

○3組目○
白組は、DA PUMPが登場。
最初のKENくんのRapで盛り上げつつ、「if・・・」で聴かせてくれました。
シンプルなステージながら、赤の衣装が良い具合でした。。

○5組目○
白組は、2年連続出場の19
シドニー五輪の公式応援ソングとなった、「水・陸・そら 無限大」。
2人の「今年の思い出」は、「田村亮子選手に会って、金メダルをぶら下げた事」とのこと。。
紅組は、初出場の花*花
応援には、関西から宮川大助・花子さん、山田花子ちゃんが登場。
曲披露では、バックに紅組の皆さんが立ってくれました。

○7組目○
白組は、TOKIOが金の衣装での登場。
長瀬くんが少し歌詞の間違いも。。リーダーのポニーテール(?)も新鮮でした。。
紅組は、MAXが登場。応援には、モー娘。から後藤真希ちゃんと矢口ちゃん、
パラリンピックで金メダル5枚、銀メダル1枚を獲得した成田真由美選手が駆けつけてくれました。。
曲披露では、ダンスがキマってましたね。。衣装も格好よかったですし。。

○10組目○
紅組は、Every Little Thingが登場。
袖では、藤井隆さん、久保アナ、和田アキ子さんによるミニコント(?)が。。(^^;)
紅白ではバラードを歌う事が多いELT、今回も幻想的な感じが素敵でした。。

○12組目○
9時またぎには、今年を彩った2組の登場。。
紅組は、モーニング娘。が登場です。応援には、長嶋一茂さん、仁科貴さんが来てくれました。
「ハッピーサマーウエディング」では、青のキラキラの衣装。
11人での「LOVEマシーン」では、銀のプリズムの衣装。「I WISH」では、金色の衣装でした。。
白組は、平井堅さんが登場。稲垣吾郎くん、前川清さんが応援に。
スーツで登場の平井さん、「楽園」の間だけ別空間にいるような特別な雰囲気を見せてくれました。

☆第2部開幕☆
○15組目○
第2部のトップバッターは、紅組の浜崎あゆみちゃん!
白のドレスで、お人形みたいに素敵なあゆでした。。曲前には、中居くんと長嶋監督のトークも。
白組は、ラルク・アン・シエルが登場。木村くんが応援に来てくれました。。
衣装が格好よくキマってました。。

○16組目○
紅組は、鈴木あみちゃんが登場。由紀さおりさん、MAXが応援に。
チアガールの衣装で、セリ出しで登場のあみーご、かわいいですね〜。。(o^_^o)
白組は、野猿が登場。応援には、優香ちゃんが来てくれました。
去年、かなりインパクトのあるステージを見せてくれた野猿
今年は「長嶋監督」「高橋尚子選手」「田村亮子選手」に扮して登場!
高橋尚子選手は、サングラスにカツラだったんで、誰なのか分かりにくかったかも。。)
長嶋監督のは、かなり面白かったですね〜。。監督も笑顔でしたし。。

○17組目○
紅組は、hitomiさんが初出場。
この曲を聴いて、シドニー五輪のレースに臨んだ高橋尚子選手からもコメントが。
いい意味で「いつもの感じのhitomiさんのステージ」って印象でした。。

○18組目○
紅組は、黒の衣装で登場の小柳ゆきちゃん。
初出場ながら、素晴らしい歌唱力を聴かせてくれました。。

○26組目○
紅組は、安室奈美恵ちゃんが登場。小室さんがピアノでサポートしてくれました。。
緊張の様子の安室ちゃんでしね。。出来れば、ダンスもやってほしかったです。。
白組は、10年連続出場のSMAP。全員からのコメントで曲披露へ。
最初のアカペラが良かったですね〜。。今年を代表する一曲になりました。。

☆結果発表☆
今年は、、今年は赤組の勝利に!
2000年の節目を飾るのに相応しい名曲の数々でした。。
最高視聴率は、SMAPが輝きました。。

 

2001年

 

―3月17日放送―

ゴールドディスク大賞

2000年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、ベスト盤が150万枚を超えるセールスを記録した、ザ・ビートルズが受賞!

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
今年は、浜崎あゆみちゃんが受賞!
「こうやって皆と同じ時間を過ごしてると、やっててよかったなって思います」とコメントを。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:有働由美子アナ、阿部渉アナ

2001年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで26勝25敗と赤組が優勢となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間15分に渡って2001年最後の歌い収めを披露してくれます。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組の松浦亜弥ちゃん!
初出場ながら、「皆さん、楽しみましょう!」と頼もしい一言。。
あのキラキラの衣装もお似合いでしたよ〜。。
白組のトップは、初出場のえなりかずきくん!えなりくんのコメントは、固くて難しい感じに。。
Gacktさんの曲紹介での曲披露、衣装がいやに似合ってましたね。。

○2組目○
紅組は、初出場のZONE
応援には、モーニング娘。の北海道組のなっち・かおりん・紺野ちゃんが登場。
「この曲を聴くと、中学生のときの切ない気持ちになる」「道産子パワーで!」と応援を。。
聖歌隊の衣装で登場のZONETAKAYOちゃんのコメントから曲披露を。
白組は、DA PUMPの登場。応援には、北島三郎さんが登場。
曲披露では、ダンスシーンが格好よかったですし、KENくんのRapも冴えてましたね。。
ロンブーさんが乱入ぎみでしたが。。

○4組目○
紅組は、5年連続出場のMAXが白のセクシー&格好いい衣装での登場。
MAXからのメッセージでは、
「2001年は、いろんなステージを経験できた」「2002年は、もっといいモノを見せていきたい」と。。
白組は、ソロで4年ぶりの出場の河村隆一さん。
応援には、普段から交流のある西城秀樹さんが登場。
いつも通りのラフな衣装で登場の河村さん、いつも通りのステージを見せてくれました。。

○7組目○
紅組は、Every Little Thingが登場。
モッチーが緑の衣装、いっくんがかなり派手な衣装での曲披露でした。。
曲終わりでは、モッチーが笑顔でコメントを。。
白組は、TOKIOが登場。応援にいかりや長介さんが来てくれました。
いかりやさん、城島くんのリーダー同士のやり取りも良かったですね。。

○10組目○
紅組のモーニング娘。には、中澤裕子姉さんが応援に来てくれました。
13人いるモー娘。の皆さんは、1人ずつのリレーコメントを。。
「Mr.Moonlight」と「ザ☆ピース!」をメドレーで歌ってくれました。

☆第2部開幕☆
○14組目○
第2部のトップバッターは、白組のゴスペラーズ
アカペラで「ひとり」を披露した皆さん、
「ハーモニーの素晴らしさを伝えていきたい」とメッセージを。
紅組のトップは、浜崎あゆみちゃん!
ピンクのドレスで登場のあゆ、「Dearest」をアコースティックで聴かせてくれました。

○15組目○
白組は、初出場のGacktさんが登場。応援には、爆笑問題が来てくれました。
始めは、VTRから入る珍しい感じでしたね。特攻の爆破も2回という、これも珍しいステージに。

○16組目○
白組は、ウルフルズRe:Japanの2組による「明日があるさ」を。
先陣を切ったウルフルズトータスさんからは「みんな、2002年もがんばろ〜な〜」と一言。
そして、その後に出たRe:Japanの皆さん、賑やかな感じになってましたね。。
藤井さん、東野さん、花子ちゃんの組は、3人全員が音を外すという失敗ぶりでした。。(^^;)
最後には、「明日があるさ」を「来年があるさ」に変えて、歌ってくれました。
紅組のKiroroには、ガレッジセールとゴーヤマンが応援に来てくれました。
Kiroroからのメッセージは、「2001年は、ちゅらさんに出会えた事が1番大きかったです」と。

○18組目○
紅組のポップス組の最後を飾るのは、安室奈美恵ちゃん!
格好いい衣装で登場した安室ちゃん、「いろんな感じ方で音楽を聴いてほしい」とメッセージを。

○21組目○
白組のポップス組の最後となるのは、初出場のCHEMISTRY
堂珍くんが「2001年は、皆さんのおかげ」、川畑くんが「2002年は、ライブの年にしたい」と。
曲披露では、「You Go Your Way」を素敵に聴かせてくれました。。

☆結果発表☆
今年は、白組が去年の雪辱を晴らす勝利!
最高視聴率は、CHEMISTRY氷川きよしさんが同率で輝きました。

 

2002年

 

―3月17日放送―

ゴールドディスク大賞
司会:赤坂泰彦小野アナ

2001年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。
今回は、より授賞式っぽいセットになってましたね。。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー」○
ポルノグラフィティは、「アゲハ蝶」での受賞。
本人出演のCMソングでしたが、息の長いロングセラーとなりましたね。
アキヒトさんからは、「こういう風に、足跡を残せるように活動していきたいと思います」と一言。。

○「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」○
松浦亜弥ちゃんは、デビュー曲の10位から新曲の2位へと着実に力を付けてきています。。
「賞を貰えるのは、応援してくれるファンの皆さんと
支えてくれるスタッフさんのおかげだと思ってます。ありがとうございました」とコメントが。

w-inds.は、1stアルバムが初登場1位を獲得!
RYOHEIくんから「このNHKの近くで路上ライブをしてたんですけど、
最初は2〜3人から始まって、こういう賞を貰えて皆に感謝してます」とコメントを。

コブクロは、デビュー曲が20万枚を超える好セールスを記録。
黒田さんが「大阪のおかん、やったよ」、小渕さんが「本当にありがとうございます!」とコメントを。

中島美嘉ちゃんは、昨年11月のデビューから4ヶ月での受賞。
「ファンの皆やスタッフのおかげです」「ありがとうございました」とコメントを。

ZONEは、「secret base」が半年にもなるロングセラー&70万枚を超えるセールスに。。
MIYUちゃんからは、「北海道という枠を超えて、いろんな人に聴いてもらえて嬉しいです」と。。
衣装がとっても可愛いです。。(o^_^o)

☆「レコードの歴史」☆
「レコード協会 60周年」を記念して、これまでの音楽レコードの歴史を紹介します。
赤坂さんがDJを務め、ZONEとともに歴史を辿っていきます。
4人全員の年を足しても59歳というZONEちゃん、長く続いてるレコードの歴史に「へ〜」と感心。。

○「ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
浜崎あゆみちゃんは、「Daybreak」のアルバムバージョンを披露してくれました。
衣装や髪型がお似合いでしたね〜。。
あゆからは、「CDを手にしてくれた皆のおかげで貰える賞なんで嬉しいです」とコメントが。

DA PUMPは、白と黒の衣装での登場。曲中には、KENくんがステージ下に行くサービスも。。
ISSAくんからは、「買ってくれた1人1人のおかげです」とコメントを。

Every Little Thingは、GD大賞の常連さんになってますね。。
モッチーからは、「こんな賞を貰えて、嬉しいです」と一言が。

ゴスペラーズは、GD大賞は初受賞となります。
村上さんからは、「皆に愛してもらうのが励みになります」と一言が。

○「ロックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
鬼束ちひろさんからは、「こんな事になるとは、思ってなかった」
「私を愛してくれる、全ての人に感謝したいと思います」とコメントを。

○「クラシックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
「ニューイヤー・コンサート2002」が大ヒットした小澤征爾さんがNHKホールへ来てくれました!
赤坂さんとゴスペラーズZONEが出迎え、小澤さんは1人ずつとちゃんと握手を。
「ずっと客席で見てたけど、中々良かった」と一言。
北山さんは、「指揮者になりたくて、小澤さんに弟子入りしようと思ってた」そう。
MIZUHOちゃんからは、「クラシックだけど、クラシックじゃないみたいな感じ」と。
小澤さんからは、「こういうところに出るのは初めて」
「これでクラシックを聴いてくれる人が増えてくれたら嬉しい」とのコメントが。

○「ジャズアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
小林桂さんが受賞。
「お爺さんの世代から続いてるものを自分なりのスタイルで出来たらと思ってます」と一言が。

○「純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
上妻宏光さんが受賞。
「新しい形の津軽三味線を聴いて欲しい」とのコメントを。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、ベスト盤が50万枚を超えるセールスを記録した、BACKSTREET BOYSが受賞!
今回は、メンバーを代表して、Howie.Dが来日してくれました!
「昨年はツアーで来ましたが、また日本へ行きたいと思ってます」とコメントを。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
今年は、2年連続で浜崎あゆみちゃんが受賞!
「愛してくれるファンと、支えてくれるスタッフ、全ての人に感謝します」とコメントを。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:有働由美子アナ、阿部渉アナ
応援サポーター:紅組・高野志穂、白組・小澤征悦

2002年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで共に26勝26敗の五分となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間15分に渡って2002年最後の歌い収めを披露してくれます。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組の藤本美貴ちゃん!
紅組の皆さんからの「フレー!フレー!ミキティ!」の掛け声とともに曲披露を。
バックでは、モーニング娘。の4期・5期の8人と、ハロプロKIDSのみんながダンサーを務めてくれます。
曲終わりでは、美貴ちゃんから「この17年間で1番良い年でした。
来年も頑張りますんで、よろしくお願いします!」とコメントが。。
白組のトップを務めるのは、w-inds.
北島三郎さんから「若さは力だ!精一杯やってこい!」と後押しも。。
曲披露では、ステージを降りてのパフォーマンスを見せてくれました。。

○2組目○
紅組のBoAちゃんの「今年の印象的な事」は、やはり「W杯の日韓開催」。
BoAちゃんの目標は、「日本と韓国の架け橋になりたい」と。。
曲披露では、いつもより多めのダンサーさんと力強く聴かせてくれました。
白組のRAG FAIRは、今年流行したアカペラで白を盛り立ててくれました。
衣装がいつもより豪華めでした。。

○3組目○
紅組のZONEには、華原朋美島谷ひとみ天童よしみさんが応援に。
TAKAYOちゃんからは、「今年は、音楽を通してたくさんの友達に出会えました」と。。
衣装が鼓笛隊風のかわいい感じでしたね。。
白組のキンモクセイは、谷村新司・さだまさしさんが応援に。
伊藤さんからは、「素敵な大晦日をみんなに届けたいと思います」と。。

○4組目○
紅組の田川寿美さんは、バックに少し変わった扮装の人達が。。
白組の山本譲二さんには、他の演歌陣がバックに応援に来てくれました。

○5組目○
紅組の藤あや子さんは、視聴者の皆さんへのメッセージを有働アナから伝えられました。。
白組の堀内孝雄さんいは、稲垣吾郎ちゃんが応援に。
堀内さんからの視聴者の皆さんへのメッセージを吾郎ちゃんが代読しました。

☆「TV 50年史」☆
今年で50年を迎えるTVの歴史を歌とともにお送りします。
1曲目の「おお牧場は みどり」は、今年で50周年を迎える「東京児童合唱団」の皆さんと、
モーニング娘。の(保田・吉澤・高橋・小川・新垣・紺野)の皆さんで歌います。。
続く2曲目の「ひょっこり ひょうたん島」は、ミニモニ。の4人が歌ってくれました。。
続く3曲目の「月光仮面」は、氷川きよしさんが月光仮面の衣装で登場し、歌います!
続く4曲目の「ひみつのアッコちゃん」では、
安倍なつみちゃんがアッコちゃんの衣装で登場し、歌います!
続く5曲目の「レッツゴー!ライダーキック!」では、w-inds.が歌ってくれました。。
(衣装、似合ってますね。。)
続く6曲目の「キューティーハニー」では、(飯田香織・石川梨華・藤本美貴)の3人が
キューティーハニーさながらの衣装で歌ってくれました!(お見事な衣装です。。)
続く8曲目の「おさかな天国」では、柴矢裕美さんと今回歌ってくれた皆さんが
全員登場しての披露となりました!(^^)

○6組目○
白組のTOKIOは、「TOKIO作文」を。オチ担当のリーダーのオチに、お客さんも沸いてくれました。。
赤組の松浦亜弥ちゃんは、香西かおりさん、中村美津子さんが応援に。
曲披露では、バックでメロン記念日が踊ってくれました。。
セットがハート型の風船にケーキと、かわいい感じに。
衣装もちょっと豪華な感じでしたね。。キャノン砲の演出も。

○7組目○
白組のKICK THE CAN CREWには、優香ちゃんが応援に駆けつけてくれました。
紅白では珍しいHIP HOPでの出場となりましたが、
バックではたくさんのダンサーさん(HIP HOPから日本舞踊まで。)が盛り上げてくれました。。
詞も「紅白バージョン」にしてくれるサービスも。。
紅組の華原朋美ちゃんには、美川憲一さん、小林幸子さんの2人が応援に。
曲披露では、バックに「赤ずきんちゃん」の衣装のZONEが登場。朋ちゃんの衣装も豪華でしたね。。

○8組目○
白組のDA PUMPは、「今年も沖縄パワーを感じ取ってほしい」と。曲披露では、ダンスが圧巻でした!
和田アキ子さんが1人だけ応援に来ていましたね。。(めっちゃ笑ってしまいました。。)
花火の演出も。。紅組のhitomiさんは、おしゃれな衣装や映像の工夫が良かったですね。。

☆中間審査☆
ここでの中間審査では、客席・視聴者ともに紅組優勢でした!

○9組目○
紅組の鈴木慶江さん、白組のジョン健ヌッツォさんの見事な歌声を。
マイク一本のみでの素晴らしい表現力でした。。

○10組目○
紅組のモーニング娘。は、去年と同じくマイクに一言ずつ言っていくシステム。
今回は、「音楽とは?」での一言でしたが、
個人的にはよっすぃーの「音楽は、良いものですよ。」が1番好きでした。。
曲披露では、大きな羽のスカートの衣装→金のパンツへの早替えも。。
白組のGacktさんは、客席にあるステージからの曲披露を。
(ちゃんと、周りをボディガードが守ってました。。)
Gacktさんからは、「素敵な夜になるように」とのコメントも。。

☆「武蔵」☆
来年の大河「武蔵」から、松岡昌宏浜田学武藤敬司さんが登場。
審査員席の市川新之助さんに「武蔵、こっちへ来い!」と。
新之助さんが「今か!?」と言うと、松岡くんが「イヤ、後でもいい。」とかわいく。。(^^;)
さらに、松岡くんが「主役なんだからやろうよ!」と言うと、
新之助さんも「本気か!?」と、席を立ちます。
すると、松岡くんは「イヤ、段取りがあるから止めてくれ!」と。。(^^;)
「武蔵」というより、松岡くんのオンステージだったような。。

○11組目○
紅組の長山洋子さん、白組の鳥羽一郎さんが続けて曲披露。
バックバンドには、宇崎竜童さん、桑野信義さんと、豪華な布陣が。。

○12組目○
紅組の小柳ゆきちゃんには、「「あなたのキスを数えましょう」を歌うコツは?」の質問が。
ゆきちゃん曰く、「激しく、優しく」とのこと。
今日は、アコーディオンで世界的に有名という、フランク・マッコロ氏がバックを務めてくれました。
白組のBEGINには、木村拓哉くんの応援が。
本土復帰30周年となります沖縄の魅力には、木村くんが「自然の美しさと人の暖かさ」と。。
BEGINのコメントでは、「夢が叶うときが来た。オジイ、オバア、ありがとう。」と。。
曲披露は、感動モノでした。。

○13組目○
第1部の最後の1組、紅組の中村美津子さんには、ベテランの皆さんの応援が。。
バックには、着物女性の皆さんが。白組の森進一さんは、1人のみの曲披露。
途中からは、白組の皆さんが応援に。。

☆第2部開幕☆
○14組目○
第2部のトップバッターは、白組の氷川きよしさん!
赤のキラキラの衣装が良い感じでしたね。。セットも好きな感じですし。
バックには、振り付けを担当したパパイヤ鈴木とおやじダンサーズの皆さんが応援に。。
紅組の島谷ひとみさんには、中居正広中島美嘉ちゃんが応援に。
島谷さんからは、「たくさんの人達に会えて嬉しかったです」と。。カラフルな衣装での曲披露を。。

○15組目○
白組のポルノグラフィティの応援には、草なぎ剛くん扮するチョナン・カン北川えりさんが登場。
チョナン・カンからは韓国語でのコメント、北川さんからは中国語でのコメントが。
曲披露では、花火の演出も。。皆さん、スーツでキメてましたね。
「今年は、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします!」とのコメントも。。
紅組の浜崎あゆみちゃんには、和田アキ子さん、中森明菜さんが応援に。
あゆの衣装は、白の大きなドレス!あゆからは、「来年も皆良い年にしてください」と。。

○16組目○
白組のゴスペラーズには、香取慎吾くんが応援に。ここでは、慎吾ちゃんの「一言英語」を。。
中居正広には「コミカル」、稲垣吾郎には「クール」、草なぎ剛には「ファニー」、
木村拓哉には「ワイルド」、SMAPには「チームワーク」と。。
「応援してくれた皆に歌いたい」というゴスペラーズの曲披露は、素敵なハーモニーが響きました。。
紅組の夏川りみさんは、故郷の石垣島でみんなが見てくれているそう。。
さらに、「小さい頃からの夢が叶ったね」との、お父さんからの手紙も。
曲披露では、1番に通常のオリジナルの「涙 そうそう」、2番に沖縄弁での「涙 そうそう」を。。

○17組目○
白組のTHE BOOM&アルフレド・カセーロの「島唄」は、カセーロがアルゼンチンで発売して大ヒット!
W杯のアルゼンチンの応援ソングにも選ばれたそう。
カセーロからは、「音楽に国境はありません!」と!2組による「島唄」、見事なパフォーマンスでした!
紅組のEvery Little Thingには、現在放送中の朝ドラ「まんてん」から
宮地真緒ちゃん、照英さん、赤井英和さんが応援に。
モッチーは、黒でシックにきめた衣装を。。髪型も特徴ある感じでしたね。。

☆「紅白 Ring show」☆
輪唱「静かな湖畔」を様々なバージョンでアーティストがリレー形式で輪唱していきます。
(司会:和田アキ子中居正広)まず、最初の「Rapバージョン」では、
木村拓哉飯田圭織五木ひろし天童よしみ香取慎吾矢口真里)の6人が挑戦。。
ここは、天童さんがミスしてしまいます。。(中居くん、かおりんを「ジョンソン」って。。)
木村くんが勝手に歌詞を変えてましたね。。(^^;)続く、「ワルツバージョン」では、
鈴木慶江細川たかし保田圭ゴスペラーズ石川梨華草なぎ剛)の6組が挑戦。
ここでは、細川さん、くんがミスしてしまいます。。
ラストの「演歌バージョン」では、(森進一安倍なつみキンモクセイ田川寿美&長山洋子
稲垣吾郎&氷川きよし島谷ひとみ&華原朋美)の6組が挑戦。
ここでは、吾郎ちゃんと氷川さんのペアが微妙な感じに。。(なっち、上手でしたね。。)

○18組目○
白組の前川清さんは、「紅白で楽しみなのは、若い人たちと会える事です」と。。
前川さんは、福山雅治さんが作った「ひまわり」を。(私も大好きな曲です。。)
コーラスでは、RAG FAIRが参加してくれました。。
紅組の川中美幸さんも素敵な一曲を。
若い人が演歌と触れ、演歌が好きな人が若い人の音楽に触れられる、紅白は良い機会ですよね。。

○19組目○
毎年恒例の衣装対決!
白組の美川憲一さんには、KICK THE CAN CREWジョン健ヌッツォBEGINが応援に。
美川さんの今年の衣装は、宝石で3億円という、見事な作品でした!
紅組の小林幸子さんには、コロッケさんが応援に来てモノマネを披露していってくれました。。
小林さんの衣装は、白が素晴らしい色鮮やかな作品でした!

☆中間発表☆
ここでも、客席と視聴者ともに紅組がリード!

○20組目&21組目○
4曲メドレーでの披露。平井堅さんは、アメリカからの中継での出演。
アメリカにある「大きな古時計」のルーツになってるという時計の前での曲披露を。
バックでは、バークリー音楽大のストリングスも。。
CHEMISTRYの2人は、生産限定版の「My Gift to You」を。
「今年は、足下をしっかり見て歩けた。来年は、最高の歌を届けたいと思ってます」とのコメントも。。
去年は、最高視聴率に輝いていましたよね。
デビュー20周年の中森明菜さんは、名曲をJAZZバージョンでの披露。
「応援してくれた全ての人に恩返しがしたい」とのコメントも。。銀のスーツもセクシーでしたね。。
安室奈美恵ちゃんは、「来年は、ライブに行っていろんな人たちに会いたい」と。。
金紙が舞う演出がキレイでした。。(^^)

○22組目○
SMAPは、1人ずつコメントを。木村くんは「1年の締めくくりに紅白に出れて嬉しい」、
吾郎ちゃんは「人の優しさを感じた1年でした」、
くんは「吾郎ちゃんが戻ってきて良かったです」、慎吾ちゃんは「5人でSMAPです!」と。。
中居くん、髪を白くしてきましたね〜。。(これは、予想が付かない案ですね。。)
今回は、「夜空ノムコウ」→ダンスタイム→「freebird」というメドレーを披露してくれました。。
紅組の中島美嘉ちゃんは、「来年は、もっと歌う事を楽しみたい」とのコメントを。
今年の新人賞を総ナメにした美嘉ちゃん、来年に期待です!

○23組目○
白組の谷村新司さんは、今年は日中国交30周年の記念ライブにも出演。
中国だけでなく、アジアの人達から愛されています「昴」を歌ってくれました。
感動的なステージでしたね。。紅組の中島みゆきさんは、黒部ダムからの中継。
主題歌となってます「プロジェクトX」のVTRの後、
2年半にも及ぶロングセラーとなっている「地上の星」を披露。
艶やかな衣装で登場した中島みゆきさん、迫力ある見事な曲披露でした。。

○24組目○
紅組の香西かおりさんは、バックに上妻宏光さん、木下伸市さんが。
津軽三味線での見事な曲披露でした!香西さんの声も素晴らしかったです。。
白組の細川たかしさんは、尺八の音色に合わせての民謡を。。
圧巻の歌でしたね〜。。素晴らしい歌唱力!(^^)

○25組目○
紅組の和田アキ子さんは、今年でデビュー35年を迎えます。
バックには、約100人にも及ぶコーラスの皆さんが!圧巻の曲披露、鳥肌が立ちました。。
アッコさんからは、「音楽が私を支えてくれました」とのコメントも。
白組のさだまさしさんからは、「辛い事は、ずっとは続かない」とコメントが。
バイオリンを演奏しながらの曲披露でした。

○26組目○
紅組の天童よしみさんは、白の見事なドレスで登場。
紅組・白組のアーティストさんが応援する中、格好いいステージを見せてくれました。
バックには、「天童組」と書かれた20名ぐらいの男性の皆さんが。
白組の北島三郎さんは、SMAP木村くん、中居くん、くんのエールを貰ってスタンバイへ。
最多出場を誇る北島さんの堂々たる曲披露でした。

○27組目○
ついに、トリを務める2組が登場!
紅組の石川さゆりさんは、安室ちゃん、アッコさんのエールを貰って曲披露へ。
かなりの迫力でしたね〜。。白組の五木ひろしさんは、つんくさんが作った一曲を。
会場全体が聴き入ってましたね。。

☆結果発表☆
中間発表からリードを保ってきた赤組が最後まで強さを見せて、今年は赤組の勝利に!
2002年の節目を飾るのに相応しい名曲の数々でした。。
今年の最高視聴率は、中島みゆきさんでした。



2003年

 

―3月16日放送―

ゴールドディスク大賞
司会:赤坂泰彦久保純子アナ

2002年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。
今回は、より授賞式っぽいセットになってましたね。。

○「ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
今年のトップバッターは、1stアルバムが初登場1位となったBoAちゃん。
「応援してくれた皆さんのおかげだと思ってます」とコメントが。

Do As Infinityからは、「スタッフ、バンド、ファンの皆さんのおかげです」
「こういう賞をもらえて、ありがとうございます」とコメントが。

hitomiさんは、2枚組のベスト盤のヒットでの受賞。
「気持ちを新たに頑張っていきたいと思います」とコメントが。

中島美嘉ちゃんは、「WILL」をピアノとコーラスのみで披露。
「これからいろいろ皆さんに恩返ししていきたいと思います」とコメントを。

○「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」○
柴矢裕美さんは、「こんな素晴らしい経験をさせてもらえたのも皆さんのおかげです」とコメント。

YeLLOW Generationは、「上京したときはすごい寂しい思いをしたんですけど、
こうやって皆さんに暖かくしてもらえて嬉しいです」とコメント。

PE'Zは、「歌のないインストをやってるんですけど、歌心を大事にしていきたいと思います」
「これからも音楽界に旋風を巻き起こしていきたいと思ってます」とコメント。

一青窈さんは、「お父さんやお母さんはいなくても、それに代わるものを皆さんに貰えました」と。

day after tomorrowは、misonoちゃんから「幸せって自分で掴むものだと思ってたんですけど、
みんなから貰ったり、分かち合ったりするモノなんだなって思いました」と。
壇上から降りての「本当にありがとうございました!」も良かったです。。(^^)

○「純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
東儀秀樹さんが受賞。
「自分のペースでやってきた結果、こういう賞を貰えて嬉しく思います」とコメントを。

○「演歌・歌謡曲アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
夏川りみさん、氷川きよしさんが受賞。
夏川りみさんは、VTRでの出演でした。
「「涙 そうそう」を応援してくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました」とコメントが。
氷川さんの曲披露では、素晴らしい会場の掛け声でしたね〜。。
「買ってくれた一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントを。

○「企画アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
綾小路きみまろさんが受賞。ステージでネタを披露してくれました。

○「アニメーションアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
帝国歌劇団の皆さんが受賞。あまり生で聞ける機会も少ないので貴重でしたね。。
「始まってから7年、ここまで来れたのも皆さんのおかげです」とコメントを。

○「日中国交30周年記念」○
日中の国交30周年を記念してのステージを。
ウー・ルーチンチェン・ミンジャン・ジェンホワ吉田兄弟がそれぞれの楽器を披露。
「音楽を通して、日中の架橋になれるよう頑張ります」とコメントが。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、1stアルバムが50万枚を超えるセールスを記録した、アヴリル・ラヴィーンが受賞!
VTRでのコメントでは、「とても嬉しいです。ファンの皆に感謝してます」
「5月の日本公演を楽しみにしてます」とコメントを。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
今年は、宇多田ヒカルちゃんが受賞!
VTRでのコメントでは、「私ですか?いいんですか?」
「2002年はいろいろあったけど、いろいろ経験する事ができました」
「前よりも皆から好きって言ってもらうのが嬉しくなりました」とコメントを。
曲披露では、VTRで「DEEP RIVER」を歌ってくれました。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:阿部渉アナ、高山哲哉アナ、有働由美子アナ、膳場貴子アナ

2003年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで共に27勝26敗で赤組優勢となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間15分に渡って2004年最後の歌い収めを披露してくれます。
OPは、松井秀喜選手が石川県の実家の前からのホームランで開始です!

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組のBoAちゃん!
日韓の架け橋の役割を担うBoAちゃん、日本でも初ツアーなどの活躍を見せてくれましたね。
金の衣装やパフォーマンスが格好よかったです。
白組のトップは、w-inds.。なんと、KEITAくんは下から登場し、
RYUICHIくんとRYOHEIくんは上からワイヤーで降りてくるという演出でした!

○2組目○
ソロで初登場の紅組の後藤真希ちゃんは、モー娘。のみんなからのエールを貰います。
今日歌ってくれる杏里さんの「オリビアを聴きながら」は、
13歳のときにモーニング娘。のオーディションで歌った曲なんだそうです。
今回は、バックになっちかおりん梨華ちゃん・矢口ちゃんがコーラスで応援に。
途中の衣装チェンジも良かったですね。どっちも似合ってました。
白組は、初出場の175R。同じ九州のはなわさんからのエールが。
若者の気持ちの代弁者の175R、力いっぱいに歌ってくれました。

○3組目○
紅組の愛内里菜ちゃんには、関西出身の和田アキ子・天童よしみ・綾戸智絵さんが応援に。
曲披露では、見事な衣装チェンジを見せてくれました。。パフォーマンスも格好よかったです。
初出場の白組のEXILEには、テツ and トモが応援に。
曲披露では、子供ダンサーのみんながバックを務めてくれました。

○4組目&5組目&6組目○
ここからは、6曲のご当地ソングをメドレーでお送りしました。
ナビゲーターには、石坂浩二さんが駆けつけてくれました。
紅組からは、長山洋子さん、水森かおりさん、香西かおりさんが登場。
白組からは、山本譲二さん、山川豊さん、前川清さんが登場しました。

○7組目○
紅組のモーニング娘。は、去年と同じくマイクに一言ずつ言っていくシステム。
今回は、「故郷のいいところは?」での一言でした。曲披露では、衣装チェンジもありましたね。
白組のGacktさんは、2階席のステージからの曲披露を。
映画や小説に挑戦し、改めて日本語の素晴らしさに気付き、それを込めたという一曲を。

○8組目○
紅組の松浦亜弥ちゃんには、ハイテクロボットのQRIOが応援に駆けつけました。
曲披露では、ハロプロKIDSがバックを担当。亜弥ちゃんの金の衣装もいい感じ。
白組の布施明さんは、曲に合わせてのミュージカルっぽい演出やダンサーさんがバックに。

○9組目&10組目○
白組の鳥羽一郎さんの曲披露には、バックにTOKIOが登場。
曲に合わせてのパフォーマンスをしてくれました。
紅組の神野美伽さんの曲披露では、バックに小林幸子さん、山本譲二さんが恋人役で演技を披露。
白組の堀内孝雄さんの曲披露では、
バックに五木ひろしさん、川中美幸さん、矢口真里ちゃんが家族の設定で演技を披露。
紅組の石原詢子さんの曲披露では、
バックに藤本美貴ちゃん、高橋愛ちゃん、後藤真希ちゃんが町娘の役で登場してくれました。

○11組目○
白組の伊藤多喜雄さんには、TOKIOが応援に登場。
曲披露では、白組の皆さんがバックを盛り立ててくれました。
さらに、稚内の中学校からの中継で皆さんが踊りを披露してくれました。
初出場の紅組の綾戸智絵さんには、
朝ドラ「てるてる家族」から石原さとみ・上野樹里・紺野まひるさんが応援に来てくれました。。

○12組目○
紅組の華原朋美ちゃんは、コロッケさんとのデュエット曲を披露。
(あくまで、朋ちゃんが出場歌手でコロッケさんがゲストとのこと)
加護ちゃん、ちゃん、松浦亜弥ちゃん、美川憲一さんが応援に。
白組の谷村新司さんの「いい日旅立ち・西へ」は、
今年新たに書き下ろされた西日本用の歌詞となっています。

○13組目○
紅組のZONEは、TAKAYOちゃんが今日でラストステージを迎えます。
MIYUちゃんからは、「今までリーダーお疲れ様。これからも頑張ります」と。
TAKAYOちゃんからは、「今までありがとうございました」とコメントが。
赤の衣装に羽根が付いててかわいいですね。TAKAYOちゃん、お疲れ様でした!!
白組のさだまさしには、氷川きよしさんが応援に。
氷川さんから故郷の家族へのメッセージでは、「正月には帰るけんね」と。

○14組目○
紅組の女子十二楽坊と白組の錦織健さんとのジョイントステージには、木村くんが応援に。
女子十二楽坊の曲披露から、そのまま錦織さんのバックを皆さんが務めてくれました。

○15組目○
第1部の最後の1組、紅組の安室奈美恵ちゃんは格好いいステージを披露してくれました。
トークやコメントも無かったのが少し残念でしたが。。
白組の森進一さんは、長渕剛さんが初めて人に提供した一曲を。
今回は、長渕さんがバックでコーラスや演奏を担当してくれました。

☆中間審査☆
会場のお客さんの支持は白が有利、視聴者の支持は紅が有利という互角の争いに。

☆第2部開幕☆
○16組目○
第2部のトップバッターは、白組の森山直太朗さん!ピアノのみでの「さくら」を。
衣装は、PVで着ていたものと同じものを着ていましたね。。
紅組の浜崎あゆみちゃんは、赤のドレスの衣装で登場。
あゆからは、「ありがとうございました」と今年一年の感謝のコメントが。

○17組目○
初出場の白組のゆずは、彼らの路上ライブの原点の横浜伊勢崎町商店街から中継を。
「全国の皆さん、こんばんは!ゆずです!」と挨拶し、ヒット曲をメドレーで披露。
悠仁さんの笑顔が良かったですね〜。。
紅組の一青窈さんさんは、艶やかな着物での登場。感情を込めて歌ってくれました。

○18組目○
白組のTOKIOの応援には、来年の大河「新撰組」の皆さんが登場。
香取慎吾山本耕史小林隆中村勘太郎
審査員の三谷幸喜さんと優香ちゃんに話をフりますが、リアクションなしでした。。(^^;)
TOKIOの曲披露では、セットや演出が格好よかったです。。
紅組のaikoちゃんには、爆笑問題が応援に。紅組の応援なしのネタをしてってくれました。。
aikoちゃんの衣装のセーター、似合ってましたね。

○19組目○
白組のテツ and トモ&はなわは、はなわさんが埴輪の衣装で2階席から熱唱!
テツ and トモは、「なんでだろう」をロックバージョンで披露。
「爆笑オンエアバトル」に出てる皆さんが応援に駆けつけてくれました。
紅組のEvery Little Thingは、モッチーの衣装がめっちゃかわいかったです!(o^_^o)
モッチーの優しい歌声が響きましたね。。

○20組目○
白組のCHEMISTRYには、草なぎ剛くんが応援に。
日本一長い名前の「じゅげむ じゅげむ・・」を披露してくれました。
CHEMISTRYの曲披露では、照明が良い具合でした。
紅組の島谷ひとみさんには、中越典子さん、仲間由紀恵さんが応援に。
曲披露では、ギターを押尾コータローさんが務めてくれました。

○21組目○
白組の美川憲一さんには、綾小路きみまろさんが応援に。曲披露では、美川さんの見事な衣装でした。。
紅組の小林幸子さんには、中村玉緒さんと初出場の6人が応援に。
小林幸子さんも見事な衣装の開きっぷりでしたね〜。。

○22組目○
白組の平井堅には、稲垣吾郎ちゃんが応援に来てくれました。
2階席のステージからの曲披露、今回は坂本九さんとのデュエットで歌ってくれました。
紅組の藤あや子さんは、さんが尊敬しているという山口百恵さんの曲を。
さん、「いつか、歌いたいと思っていた」そうですよ。

☆「紅白 Ring show」☆ (司会:和田アキ子中居正広
輪唱「雪」を様々なバージョンでアーティストがリレー形式で輪唱していきます。
まず、最初の「ワルツバージョン」では、
錦織健綾戸智絵稲垣吾郎安倍なつみ森山直太朗川中美幸)の6人が挑戦。。
ここでは、森山さんが一人舞台で笑いをもっていきました。。
続く、「Rapバージョン」では、
愛内里菜木村拓哉天童よしみ前川清華原朋美氷川きよし)の6組が挑戦。
ここでは、木村くん、氷川さんの目立ちだがりが出てました。。
ラストの「沖縄バージョン」では、(香取慎吾香西かおり五木ひろし藤本美貴
草なぎ剛神野美伽長山洋子布施明さだまさし谷村新司堀内孝雄後藤真希
森進一飯田圭織矢口真里石川梨華吉澤ひとみ)の6組が挑戦。
中居くん、今年も普通に「よっしー」「ジョンソン」って言ってましたね。。

○23組目○
紅組の中島美嘉ちゃんは、全ての恋人達に捧げる「雪の華」を歌ってくれました。。
白組のゴスペラーズには、ゴスペラーズもファンという
教育テレビのストレッチマンとまいどんが応援に来てくれました。
曲披露では、今年も素敵なハーモニーを聴かせてくれました。。

○24組目○
紅組の坂本冬美さんは、2年ぶりの復帰。「緊張しますけど、応援してくれる人達のために歌います」と、
デビュー曲を涙ながらに熱唱してくれました。。
白組の細川たかしさんの曲披露は、紅組・白組の演歌の皆さんがバックで応援を。
審査員の星野監督にタイガーズでアピールしてましたね。。

○25組目○
紅組の夏川りみ・森山良子・BEGINの皆さんには、
南極の昭和基地にいる家族と離れ離れに暮らしている皆さんとの中継が。
「涙 そうそう」を作った3組による共演、感動的でしたね〜。。

○26組目○
初出場の紅組の倉木麻衣ちゃんは、京都の東寺からの中継を。
麻衣ちゃんからは、「京都の夜は、涼しくなってきました」とコメントが。
生放送で歌うのは初めての麻衣ちゃん、「Stay by my side」を歌ってくれました。
格好いいアレンジになってましたね。。
白組の長渕剛さんは、今年の活躍を写真とともに公開。
長渕さんからは、「人々が優しくなれるよう、世界が平和になるよう願ってます」とメッセージが。。

○27組目○
紅組の和田アキ子さんは、紅白で歌うのは初めてという「古い日記」を披露。
R&Bの女王と呼ばれるアッコさんらしい、格好いいアレンジになってました。
白組の五木ひろしさんは、自分の原点である横浜を歌った一曲を。
五木さんを尊敬している、テツ and トモも応援に来ました。

○28組目○
紅組の石川さゆりさんは、能登を舞台にした曲を。
今年は、松井秀喜選手を始め、盛り上がった地域ですね。
白組の北島三郎さんは、最多の40回目の出場。桜吹雪の中で歌ってくれました。

○29組目○
紅組の川中美幸さんには、モーニング娘。からの応援が。
川中さんのお母さんに歌った一曲を歌ってくれました。
白組の氷川きよしさんは、前川清さんの応援が。
氷川さんの曲披露、全身全霊で歌い切ってくれた素晴らしい内容でした!

○30組目○
ついに、トリを務める2組が登場!
紅組の天童よしみさんには、和田アキ子さん、モーニング娘。の応援が。
曲披露では、力いっぱい歌い切ってくれました。
白組のSMAPは、曲前に皆さんからのコメントが。
「皆が優しい気持ちを持てたら、平和な未来が来るでしょう」と。。
トリを飾るのに相応しい、格好いいステージを披露してくれました!
歌い終わった後には、大御所の皆さんから声を掛けてもらってましたね。。

☆結果発表☆
中間発表では五分だった勝負でしたが、
結果は審査員・客席・視聴者の皆さんの全てで白組が勝ち、完全優勝となりました!
今年も良い歌をたくさんありがとうございました。。(^^)
今年の最高視聴率は、トリのSMAPでした。。

 

2004年

 

―3月14日放送―

ゴールドディスク大賞
司会:赤坂泰彦久保純子

2003年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。
実際の半分ぐらいの尺に編集されてるので、かなりカットされてるのが少し難点。。

○「インストゥルメンタルアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
今年のトップバッターは、女子十二楽坊!「奇跡」を披露してくれました。

○「ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
EXILEからは、「この場に立てて、光栄に思います」
「自分達なりにエンターテイメントを伝えていきたいと思います」とコメントが。

Every Little Thingからは、
「たくさん聴いてくれて、感謝してます」「ありがとうございました」とコメントが。

175Rからは、「これからも日々精進して頑張ります!」「ライブで会いましょう!」と元気いっぱいに。。

洋楽では、BLUEt.A.T.u.からのコメントがありました。

○「クラシックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
邦楽のフジ子・へミングさんは、曲披露もしてくれました。
洋楽のヘイリーからは、コメントが届いてました。

○「純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
東儀秀樹さんが受賞。「光り降る音」を披露してくれました。

○「サウンドトラックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
韓国ドラマ「冬のソナタ」の主題歌を歌いますRyuがわざわざ来日!
「最初から今まで」を歌ってくれました。。

○「アニメーションアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
「機動戦士ガンダムSEED COMPLETE BEST」が受賞。今回は、玉置成実ちゃんがステージに!
「Believe」と「Realize」のメドレーを披露してくれました。
成実ちゃんからは、「いろんな曲を歌って、息の長いアーティストになりたいと思います」と。。

○「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」○
光永亮太さんは、「この盾の重みを忘れずに頑張っていきたいと思います」と。。
ORANGE RANGEは、「これからも全力で頑張っていきます」とコメントを。。

FLOWは、「インディーズの頃からいろいろ支えてもらって、ココに立ててると思います」
「これからも楽しくいきたいと思います」とコメントを。
SOUL'd OUTからは、「この場に立てるのは、皆のおかげだと思ってます。Thank You!」と。。
林明日香ちゃんは、「こんな大きな賞を貰えて、本当に嬉しいです。ありがとうございます」と。。

洋楽では、エヴァネッサンスからのコメントがありました。

○「企画アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
阪神優勝で盛り上がった大阪からの「大阪ソウルバラード」が受賞。
宣伝部長を務めた川藤幸三さんがスタジオに来てくれました。
さらに、収録曲のBOROの「大阪で生まれた女」も披露されました。

○「ジャズアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
邦楽の寺井尚子さんは、「これからもジャズをもっと広げていきたいと思います」と。
洋楽の上原ひろみさんは、「ココに立てるのもスタッフや家族のおかげです」
「音楽が大好きっていうのをこれからも伝えていきたいです」とコメントを。
邦楽・洋楽ともに日本人が受賞という快挙となりました。。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー 演歌/歌謡曲部門」○
水森かおりさんは、「これからも聴いてくれる皆さんの心に届く歌を歌っていきたいです」と。
氷川きよしさんは、「これからもいろんな面で氷川きよしを見せていきたいと思ってます」と。

○「ミュージックビデオ・オブ・ザ・イヤー」○
邦楽からは、BoAちゃんが登場して2曲歌ってくれました。
洋楽からは、レッド・ツェッペリンのギターリスト、ジミー・ペイジが登場!
「これまでずっと応援してくれた日本のファンに感謝してます」とコメントを。
プレゼンターの布袋寅泰さんも「彼らのおかげで、今の自分があるので感謝してます」と。。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、150万枚を超える売り上げを記録した女子十二楽坊が受賞!
「新人でこんな賞を貰えて嬉しい」「皆で分かち合いたいと思います」とコメントを。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
最多の3回目となる受賞の浜崎あゆみちゃん!
「こんな素敵な賞を頂けて光栄です」とコメントを。
今回は、「No way to say」をGD大賞用のSPバージョンで披露してくれました。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:阿部渉アナ小野文恵アナ

2004年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまで共に27勝27敗で同点となっています。。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間15分に渡って2004年最後の歌い収めを披露してくれます。
OPは、アテネ五輪を彩った、野口みずき室伏広治野村忠弘の3選手が開会の言葉を披露。
さらに、中越地震の被災地となった新潟・長岡とも中継を繋いで皆さんに出演してもらいました。

○1組目○
今年のトップバッターを務めるのは、紅組の上戸彩ちゃん!
ちゃんは、「ホントに緊張してますけど、このステージを楽しみたいと思います」と。
曲披露では、バックを美少女クラブ31が務めてくれました。
白組のトップは、金色のスーツで登場のTOKIO
リーダーからは、「我らTOKIO、白組のために頑張ります!」と頼もしい一言を。
曲披露では、国分くんが新潟の皆さんへの応援コメントを届けてくれました。

○2組目○
紅組のモーニング娘。Wの2組には、演歌の皆さんが応援に。
曲終わりでは、かおりんが「皆さん、今年一年ありがとうございました」とコメントを。
白組のw-inds.は、銀の衣装で登場。
「今年を振り返って」のテーマには、KEITAくんが「いろいろやらせてもらって充実してました」、
RYOHEIくんが「新しい事にも挑戦できました」、RYUICHIくんが「内容の濃い一年でした」と。

○3組目○
紅組のaikoちゃんは、帽子や衣装を赤を中心にしていました。
aikoちゃんには、いろんなファッションが似合いますね。。
初出場の白組の河口恭吾さんは、2階ステージから「桜」をギター一本で披露してくれました。

○4組目○
紅組の森山良子さんは、ドラマ主題歌にもなった「あなたが好きで」を。
森山さんが大切に歌い続けているという一曲、素敵でした。。
白組のジョン・健・ヌッツォは、「新撰組」のメインテーマを披露してくれました。
今年の大河を務めた「新撰組」なので、聞き馴染みの方も多かったのでは?

☆アテネ五輪☆
今年のアテネ五輪で感動を与えてくれた皆さんが会場に駆けつけてくれました。
TOKIOが案内役となり、OPにも登場した野口みずき、室伏広治、野村忠弘の3選手の他、
男子体操・女子柔道・女子レスリングの皆さんが登場してくれました。

○5組目&6組目○
ここからは、「思い出深い情景を歌で綴る」と題し、4曲をメドレーでお送りしました。
紅組からは、水森かおりさん、川中美幸さんが登場。
白組からは、山本譲二さん、堀内孝雄さんが登場しました。
バックでは、氣志團と演歌の皆さんが演技にも挑戦していました。

○7組目○
紅組のBoAちゃんは、赤の衣装で登場。
紅白では格好いい曲を歌う事が多いBoAちゃん、今年も「QUINCY」でキメてくれました。
白組のEXILEは、花柄のスーツで登場。
今年はシングル、アルバム、ソロ活動、全国ツアー、ミュージカルと駆け抜けた一年でしたね。

○8組目○
紅組の松浦亜弥&後藤真希ちゃんには、小川直也さんが応援に駆けつけました。
モーニング娘。Wと一緒に「ハッスル ハッスル」で会場を盛り上げてくれました。
曲披露では、ハロプロKIDSがバックを担当、OPの白のドレスも良かったですね。。。
それぞれのソロ曲も含め、皆さんにも聴き馴染みの楽曲を含めたメドレーを披露してくれました。
白組のnobody knows+には、アテネ五輪女子レスリングのお2人が応援に。
「同じ名古屋出身なので応援してます」「アテネにもCDを持って行って聴いてました」と応援を。

○9組目○
白組の美川憲一さんのには、アーチェリーの山本博選手が応援に。
「アーチェリー一筋30年、思い続けてれば夢は叶う!」と一言。
曲披露では、毎年恒例の派手な衣装が今年も健在でした。。
紅組のEvery Little Thingには、コロッケさんが応援に。
美川さんのモノマネで審査員の皆さんの笑いを取っていました。
ELTの曲披露では、この時期にぴったりの恋人達の情景を歌った一曲を。

○10組目○
白組のORANGE RANGEは、沖縄市の空港通りの特設ステージからの中継。
会場の外も含めて1万人が集まったというステージで「ロコローション」を披露。
「ボクらの生まれ育った沖縄から歌える事をとても嬉しく思います」とコメントも。
紅組の島谷ひとみさんは、今年でデビュー5周年の節目の年。
格好いい衣装で「ANGELUS」をキメてくれました。。

○11組目○
白組の氣志團には、波田陽区さんと青木さやかさんが応援に。
波田さんは、紅白を斬った後にちゃんと盛り立てもしていましたね。
青木さんは、ドレスの紐が解けて「どこ見てんのよー!」と一言。。
地上派の音楽番組での曲披露が初めてという氣志團のステージは、
バックにヨン様をはじめとした往年のスターの皆さんのマネをした人たちがずらり。。
さんもカツラを被ったり、パワフルなステージで盛り上げてくれました。
紅組の中村美津子さんは、2階ステージから音頭で盛り上げてくれました。

○12組目○
白組の布施明さんは、今年で歌をはじめてから40年。
いつも高らかに愛を歌い続ける姿が印象的ですね。
紅組の島倉千代子さんは、さらに上の歌をはじめてから50年。
紅白にも35回出場という島倉さんの曲披露では、バックで紅組の皆さんも一緒に歌っていました。

☆「上を向いて歩こう」☆
野口みずき選手が新潟の皆さんへ応援のメッセージを。
そして、紅白出場のアーティストの皆さんで「上を向いて歩こう」を贈りました。

○13組目○
第1部の最後の1組、白組は前川清さんには朝ドラ「わかば」の原田夏希さんが応援に。
番組に届いた阪神大震災の被災者から新潟の皆さんへのメッセージを届けてくれました。
前川さんの曲披露では、ゴスペラーズがコーラスを担当。
紅組の夏川りみさんは、「涙 そうそう」で3年連続の出場。
森山良子さんとBEGINで作られた一曲が渡り渡って、
夏川さんの歌により皆さんの心へ届く名曲となりましたね。。

☆第2部開幕☆
○14組目○
第2部のトップバッターは、紅組の平原綾香さん。
赤の衣装で登場の平原さん、曲終わりでは「皆さんありがとうございます、良いお年を」と一言。
白組のポルノグラフィティには、女子柔道の皆さんが応援に。
阿武教子選手はポルノファンのようで、「試合前には聴いてて、アテネでも聴きました」と。

○15組目○
紅組の大塚愛ちゃんは、赤と黒の可愛らしい衣装で登場。
「皆さん、今年は本当にありがとうございました」とコメントも。
白組のCHEMISTRYは、2人とも真っ白な衣装で登場。
氣志團美川憲一さんが「氣志團作文」で応援してくれました。

○16組目○
紅組のイ・ジョンヒョンは、ドラマ「美しき日々」にも出演している韓国の女優さん。
歌もこなす彼女のステージは、艶やかなダンスが良い感じでした。。
あの小指についてるマイクも特徴的でしたね。。
白組のRyuには、ドラマ「冬のソナタ」のダイジェストから。
日本語の吹き替えで主人公の2人を担当した、
萩原聖人さん、田中美里さんがナレーションを務めてくれました。

☆「旗上げ合戦」☆
歌手の方が歌う替え歌に合わせ、赤と白の旗を上げていきます。
今回は、夏川りみさんが歌う「ハイサイおじさん」、布施明さんが歌う「フニクリ フニクラ」、
飯田圭織ちゃんと矢口真里ちゃんが歌う「LOVEマシーン」、
氷川きよしさんが歌う「きよしのズンドコ節」の4曲で旗上げ合戦を楽しみました。
審査員の皆さんの判定では、全員一致で紅組の勝利となっていました。

○17組目○
紅組のDREAMS COME TRUEは、実に7年ぶりの紅白出場。
「音楽を愛する全ての人たちへ歌います」とメッセージもありました。
白組のGacktさんは2階ステージからの曲披露、照明がキレイでしたね。
Gacktさんは、初出場のときしかステージで歌ってないんですよね。。

○18組目○
紅組の浜崎あゆみちゃんには、初出場組の上戸彩ちゃん、平原綾香さん、大塚愛ちゃんが応援に。
あゆのステージは、衣装や演出にこだわった艶やかなパフォーマンスを見せてくれました。。
白組のゴスペラーズには、先程コーラスを担当した前川清さんが応援に。
ゴスペラーズの曲披露では、日本の素敵な情景を歌った一曲を。

○19組目&20組目○
ここからは、松坂慶子さんが案内役で4曲をメドレーで。
紅組からは藤あや子さん、長山洋子さん、白組からは鳥羽一郎さん、細川たかしさんが登場。
バックでは、氣志團と演歌の皆さんが演技をしていました。

○21組目○
白組の松平健さんには、浜口京子選手とアニマル浜口さんが応援に。
アニマル浜口さんは、気合い10連発で会場を盛り立ててくれました。
マツケンサンバのステージでは、最多のダンサーさんとともに最高潮に盛り上げてくれました。
紅組の一青窈さんは純白のドレスでの登場、桜吹雪の演出もありました。
一青窈さんからは、「皆さんの好きな人が100年続きますように」と。

☆「韓流ブーム」☆
韓国から俳優のイ・ビョンホンさんが登場し、会場は黄色い声援に。。
来年の日韓国交正常化40年でのこの韓国ブームに
「日本の皆さんにどう感謝の言葉を伝えようかと思っていたので、
この紅白という舞台でそれを伝えようと思いました」
「日韓の2ヶ国の関係が良くなっていく事を祈っています」とコメントをくれました。

○22組目○
紅組の和田アキ子さんは、バックにストリングスとコーラスを従えてのステージを。
「世界中に平和の鐘が鳴り響くように」とメッセージも。
白組のゆずには、男子体操の皆さんが応援に。
さらに、男子体操の実況も担当したアナウンサーの方があの名文句でゆずを紹介。
曲披露では、制作にも携わった松任谷正隆さんがピアノを担当。
北川さんのヴォーカルと岩沢さんのハモリが見事に合った素晴らしいステージでした。。

○23組目○
紅組の中島美嘉ちゃんには、今回の曲のプロデュースを務めた葉加瀬太郎さんが応援に。
中島さんの歌と日本の素敵な朧月夜という楽曲とボクのバイオリンの音がうまく合いました」と。
曲披露では、葉加瀬さんがバイオリンを担当してくれました。
白組のさだまさしさんは、世界中を覆う悲しみを目の当たりにした、
さださんが平和への願いを込めて作った一曲を披露してくれました。

○24組目○
紅組の倉木麻衣ちゃんは、黒の可愛らしい感じの衣装で登場。
明日への希望を込めて作った一曲をアコースティックで披露してくれました。
白組の森進一さんは、ZARDの坂井泉水さんが担当した一曲を。
ジャンルに隔てなく曲制作を依頼するさん、
「ジャンルとかは関係なく、良いメロディーを皆さんに伝えたい」とメッセージを。

○25組目○
紅組の坂本冬美さんは、「新たな境地に挑戦した一年でした」と。
曲披露では、その一年の集大成といえるステージを見せてくれました。
白組の北島三郎さんは、故郷についての楽曲を。
「故郷を離れて暮らしてる皆さん、いつも故郷はあなたと一緒にあります」とメッセージを。

○26組目○
紅組の石川さゆりさんは、女流作家の樋口一葉さんを元に作ったという一曲を。
24年という短い生涯を前向きにひたむきに生きたその姿勢に感銘を受けたとのこと。
白組の氷川きよしさんは、「2004年最後の歌い納めの紅白なので精一杯歌います」と。
曲披露では、その言葉通りの力の入ったステージを届けてくれました。

○27組目○
白組の平井堅さんは、今年の年間1位に輝いた「瞳をとじて」を。
2004年に多くの人の心を奮わせた一曲で聴かせてくれました。
紅組の天童よしみさんは、頑張っている人への応援歌を。
「夢と希望を皆さんへ」とメッセージもありました。

○28組目○
ついに、トリを務める2組が登場!
白組の五木ひろしさんは、今年で歌手生活40年の節目の年。
歌への夢を抱いて上京、すぐには叶わなかった夢も信じ続ける事でここまで歌い続けました。
白組、紅組の皆さんが見守る中、力いっぱいのステージを披露してくれました。
紅組の小林幸子さんは、今年に震災をうけた新潟の出身。
小林さん自身も昔の新潟での震災を経験しているため、
今回の事に対して紅白で新潟の皆さんへ勇気を届けたいという気持ちは人一倍。
今回は、恒例の衣装も封印してのステージで渾身の一曲を聴かせてくれました。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、紅組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。。(^^)
今年の最高視聴率は、天童よしみさんと小林幸子さんでした。。

 

2005年

 

―3月18日放送―

ゴールドディスク大賞
司会:赤坂泰彦高田万由子

2004年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。
実際の半分ぐらいの尺に編集されてるので、かなりカットされてるのが少し難点。。


○「ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
BoAちゃんからは、「いつも応援してくれる皆さんのおかげでこんな賞が貰う事ができました」
「今年も素敵な一年にしたいと思います」とコメントが。

大塚愛ちゃんからは、「今日はこのようなステージに立てて嬉しく思います」
「2枚のアルバムを出したんですけど、1人でも多くの人の手元に置いてもらえればと思ってたので、
皆さんのおかげで叶える事ができました」とコメントが。

洋楽では、アヴリル・ラヴィーンから「こんな素敵な賞を貰えて嬉しく思います」、
デスティニーズ・チャイルドから「受賞できてとても嬉しく思います」とコメントがありました。

○「インストゥルメンタルアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
女子十二楽坊からは、「皆さんのおかげでこのステージに立つ事ができて光栄です」
「来年もこのステージに立てるように頑張ります」とコメントが。

○「演歌・歌謡曲アルバム・オブ・ザ・イヤー」○
松平健さんからは、「CDを買ってくれた一人一人の方に感謝しています」。
「マツケンサンバVはありますか?」には、「予定はあります」と。

○「クラシックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
邦楽のフジ子・へミングさんは、曲披露もしてくれました。
洋楽の村治佳織さんは、「作曲家・演奏家・スタッフに感謝しています」と。

○「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」○
安良城紅ちゃんからは「これからも皆さんの心に残る歌を歌いたいと思います」、
北山たけしさんからは「皆さんに頂いたこの賞と「片道切符」で頑張っていきたいと思います」、
JINDOUからは「ボクらの曲を良いと思ってくれた方と全国のかわい子ちゃんにお礼を言います」、
Rin'からは「これからも日本の伝統の和楽器を知ってもらえるよう頑張ります」、
波田陽区さんからは「遊びごとでやってるわけじゃないので大変嬉しく思います」
「今年はベストジーニストとグラミー賞を取ります」、
矢野絢子さんからは「地元の子とライブハウスに感謝して歌いたいと思います」、
TiAからは「このステージに立てて本当に嬉しいです、応援してくれる全ての人に感謝してます」、
リュ・シウォンからは「素晴らしい賞を頂けて、頑張れと後押ししてもらってる気がします」と。

洋楽では、タタ・ヤンから「この賞を頂けて光栄です、日本のファンの皆さん愛してます」、
アシュリー・シンプソンから「式に参加できず残念です、近いうちに会えるのを楽しみにしてます」、
アナ・ジョンソンから「支えてくれた人やファンの皆さんに心からお礼をします」、
ケヴィン・リトルから「敬愛する日本に再び行ける日を楽しみにしています」とコメントが。
パク・ヨンハからは、「いつも応援してくれる皆さんに感謝しています」
「声援に応えられるように頑張ります」と。
「俳優と歌手、どっちの方が自分の中で大きいですか?」には、
「今は日本に歌手として来てるので歌手です」と。

○「ジャズアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
邦楽のCoco'd Orは、hiroちゃんがジャズとの出会いについての話を。
「SPEEDの解散の頃に耳に入ってきて、
普段は家で音楽は聴かないんですけどジャズは聴いてて歌いたいな〜って思ってて、
良い流れで話があったので歌いました」と。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー 演歌/歌謡曲部門」○
水森かおりさんは、「また、このステージに帰ってこれて嬉しいです」
「「釧路湿原」を応援してくれた一人一人に感謝しています」と。
氷川きよしさんは、「皆さん一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます」と。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー」○
洋楽では、Yuji Oda With Butch WalkerがVTRで出演。
織田裕二さんからは「久しぶりに出したシングルでこういう賞を貰えて嬉しいです」
「ずっと応援してくれるファンの皆さんにこの場をかりて感謝したいと思います」、
Butch Walkerからは「アリガトウゴザイマス」と日本語で。
特別賞では、平原綾香さんが「Jupiter」で受賞。
「「jupiter」を愛してくれた全ての人に感謝しています」
「友だちやスタッフや応援してくれる皆さん、ありがとうございました」と。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、110万枚を超える売り上げを記録したクイーンが受賞!
ブライアン・メイから「4人の若者が日本に行ってから30年、
まだ僕らの音楽を聴いてくれる人達がいるのは素晴らしい事です」
「「僕らの音楽を聴いてくれる人が一人でもいる限り続けていく」と、
フレディも言ってると思うよ」とコメントを。
ステージでは、錦織健さんがトリビュートステージで「伝説のチャンピオン」を披露してくれました。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
シングルでもアルバムでも大ヒットとなった、ORANGE RANGEが受賞!
RYOくんから「本当に光栄に思います、これを自信にして頑張っていきます」とコメントを。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:みのもんた山根基世アナ山本耕史仲間由紀恵

2005年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは紅組が28勝27敗でリード。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間25分に渡って2005年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、白組・細川たかし、紅組・川中美幸
紅組・5組目の松浦亜弥・DEF.DIVA・モーニング娘。は、総勢20人が勢ぞろい。
モーニング娘。「LOVEマシーン」では卒業メンバー9人も加わって、総勢19人でのステージを披露。
白組・6組目の氣志團には、まちゃまちゃが応援に駆けつけます。
曲披露では、バックに裏番組「PRIDE」出場者や今年話題の方々を揃える演出で盛り上げ。
紅組・7組目の長山洋子さんは、バックで夏川りみさんが三味線で参加。
白組・7組目のゴスペラーズには、安田大サーカスが応援に駆けつけます。
紅組・8組目の藤あや子さんには、山上兄弟が応援に駆けつけます。
白組・8組目の森山直太朗さんは、朝ドラ主題歌「風花」を初披露。
ドラマ出演者の村川絵梨・黒川芽以・渡辺いっけい・真矢みきが応援に駆けつけます。
紅組・9組目の倉木麻衣ちゃんには、佐藤弘道さんが応援に駆けつけます。
紅組・12組目の香西かおりさんは、バックでモーニング娘。年少組が踊りで参加。
白組・15組目のさだまさしさんは、吉永小百合さんが朗読で参加。

○第2部○
「スキウタ」で1位になった「世界に一つだけの花」を出演者皆さんで合唱。
第2部のトップバッターは、紅組・倖田來未、白組・D-51
紅組・16組目の倖田來未さんはセクシー衣装、
紅組・17組目の浜崎あゆみちゃんは花のかわいい衣装で登場。
白組・17組目の氷川きよしさんには、グッチ裕三さんが応援に駆けつけます。
紅組・18組目のGorie with Jasmine&Joannには、綾小路きみまろさんが応援に駆けつけます。
曲披露では、100人のダンサーと見事なダンスを披露。
白組・18組目のWaTには、南海キャンディーズが応援に駆けつけます。
曲披露では、マイクが倒れてしまい、しばらく声が入らなくなるハプニングが。。
紅組・19組目の小林幸子さんには、ヒロシさんが応援に駆けつけます。
白組・19組目のT.M.Revolutionには、アンジャッシュが応援に駆けつけます。
紅組・21組目のaikoちゃんには、アンガールズが応援に駆けつけます。
白組・21組目の山崎まさよしさんは、桜木町からの中継で披露。
紅組・25組目の松任谷由実さんは、上海からの中継で出演。

☆「タイムスリップ60年」☆
戦後60年となる今年、この昭和・平成の楽曲を振り返る企画。
松浦亜弥ちゃんが「東京ヴギウギ」、布施明・ゴスペラーズが「上を向いて歩こう」、
氷川きよしコブクロスキマスイッチが「バン バン バン」、
島谷ひとみ水森かおりさんが「17才」、
藤本美貴・高橋愛・紺野あさ美ちゃんが「年下の男の子」、
ゴリエ美川憲一さんが「UFO」、夏川りみ平原綾香さんが「プレイバック part2」、
和田アキ子氣志團が「YOUNG MAN」、
小川麻琴・吉澤ひとみ・後藤真希・安倍なつみ・石川梨華ちゃんが「セーラー服を脱がさないで」、
SMAPが「恋のマイアヒ」を披露してくれました。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。。(^^)
今年の最高視聴率は、SMAPでした。。



2006年

 

―3月22日放送―

ゴールドディスク大賞
司会:赤坂泰彦高田万由子

2005年度のCDセールスに基づいて、アーティストや作品に賞が贈られる授賞式。
CDの売り上げから決まるので、買ってくれるファンの皆さんによって決まる賞と言えるでしょう。
普段はこういう賞を辞退する方々も、ファンへの感謝の意を込めて受賞に参加したりするんですよね。。
実際の半分ぐらいの尺に編集されてるので、かなりカットされてるのが少し難点。。

○「ロック&ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
大塚愛ちゃんは、「たくさんの人が買ってくれて、ホンマに喜ばしい事です」と。

○「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」○
WaTからは「ただ歌うだけじゃなくて、エンターテイメント性で伝えていきたい」、
伊藤由奈ちゃんからは「皆さんの応援で元気が出たし、勇気が出ました」、
UVERworldはメンバーの皆さんの自己紹介を、
YUIは「feel my soul」に「メロディーを付け足したり、詞を直したりして作りました」、
Kからは「日本なので日本語で歌う方がハートが伝わると思って頑張って覚えました」、
Miからは「ここに立てるのは応援してくれる皆さんとファンのおかげです」、
トンガリキッズからは「皆さんのおかげです」、
岩崎貴文さんからは「皆さん、ありがとうございます」、
HIGH and MIGHTY COLORからは
「ヘヴィーやラウドに慣れてない人にも架橋となれたらいいなと思ってます」と。

○「インストゥルメンタルアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
DEPAPEPEからは、「僕らの音楽をこんなたくさんの人が聴いてくれて嬉しく思います」と。

○「日韓友情年2005特別賞」○
SE7ENからは「素敵なステージに立てて嬉しく思います」、
パク・ヨンハからは「皆さんが私の音楽を聴いてくれてるから貰えた賞なので、
この賞は皆さんに捧げたいと思います」、
Kからは「めちゃめちゃ嬉しいです」と。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー 演歌/歌謡曲部門」○
水森かおりさんは、「これからも変わらず、日本の美しい風景を歌いたいと思います」と。
氷川きよしさんは、「皆さんがCDを買ってくれて、一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです」と。

○「ソング・オブ・ザ・イヤー」○
ORANGE RANGEからはRYO・NAOTOが出席、
「自分達の作ったものが受け入れられて自信に繋がりました」と。

○「クラシックアルバム・オブ・ザ・イヤー」○
千住真理子さんからは、
「これまでクラシックに馴染みのなかった人にもいいキッカケになったと思います」と。

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 洋楽」☆
今年は、「恋のマイアヒ」がヒットしたO-ZONEが受賞!

☆「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽」☆
ベストアルバムが大ヒットとなった、倖田來未さんが受賞!
「とにかく支えてくれた皆さんに良い音楽と愛を届けたいと思います」と。



―8月5日放送―

夏歌'06

今年注目の夏歌をアーティストが披露。
曲紹介と歌という基本的な流れで、コメントはありましたが主なトークはなし。
45分番組に12組なので、1組につき4分弱という歌のリレー形式という感じでした。



―12月23日放送―

DJ OZMAのアゲ♂アゲ♂Holy☆騎士

「POP JAM X'mas SP」として放送した特別番組。
DJ OZMA夜王PANCHOがホストとなり、お客様をアゲアゲにする番組です。
VERBALとのRap対決、MAXとの合コンなどで盛り上がりました。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:中居正広仲間由紀恵

2006年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは28勝28敗の両者五分。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間25分に渡って2006年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・mihimaru GT、白組・w-inds.
白組・2組目の鳥羽一郎さんにはウルトラ兄弟が応援に駆けつけ、
ゴスペラーズがバックでパフォーマンスを担当。
紅組・6組目の藤あや子さんには、ハロプロの皆さんがバックでパフォーマンスを担当。
白組・6組目の細川たかしさんには、バックで上妻宏光さんが応援に駆けつけます。
紅組・8組目の平原綾香さんには、荒川静香さんが応援に駆けつけます。
白組・8組目の美川憲一さんにはコロッケさんが応援に駆けつけ、
真島茂樹さんがバックでダンスを担当。
紅組・10組目の香西かおりさんには、バックでハロプロの皆さんがパフォーマンスを担当。
白組・11組目の布施明さんには、バックでジェイク・シマブクロが応援に駆けつけます。
紅組・13組目のBONNIE PINKには、松本和也・釈由美子・パックンが応援に駆けつけます。
白組・13組目のゴスペラーズには、バックで島健さんが応援に駆けつけます。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・絢香、白組・WaT
紅組・19組目の小林幸子さんには、桜塚やっくんが応援に駆けつけます。
白組・19組目のDJ OZMAには、ザ・たっちが応援に駆けつけます。
紅組・22組目の今井美樹さんには、バックで布袋寅泰さんが応援に駆けつけます。

☆「みんなのうた45年 キッズショー」☆
みんなのうたが45年となり、その歌の軌跡を振り返ります。
進行役はベッキー、応援ゲストに岡村隆史さんが登場。
松浦亜弥天童よしみが「南の島のハメハメハ大王」、
氷川きよし北島三郎が「北風小僧の寒太郎」、
モーニング娘。hirokoアンジェラ・アキが「コンピューターおばあちゃん」、
WaT和田アキ子が「山口さんちのツトム君」、ノッポさん「グラスホッパー物語」、
全員で「WAになっておどろう」を披露してくれました。

☆「2006年 スーパーレビュー」☆
歌や衣装やパフォーマンスで2006年の流行を振り返ります。
進行役はキャイ〜ン・ほしのあき、パフォーマンスにダイノジが登場。
衣装では前川清堀内孝雄布施明が「ちょい悪オヤジ」、
松浦亜弥藤本美貴吉澤ひとみが「お嬢様風ファッション」、
WaT氷川きよしが「メガネ男子」、
高橋愛新垣里沙亀井絵里川中美幸和田アキ子が「メイド服」で登場。
ラストには、SMAPが「Dear WOMAN」を披露してくれました。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。。(^^)
今年の最高視聴率は、SMAPでした。。



2007年

 

―3月30日放送―

春うた
司会:上田早苗アナ住吉美紀アナ

出演アーティストが春にまつわるエピソードと共に春うたを披露。

コブクロは大阪城公園、アンジェラ・アキは横浜外国人墓地、一青窈は新宿御苑から中継。
Gacktは、長崎北陽台高校の卒業式でのサプライズライブを放送。



―8月14日放送―

夏うた
司会:上田早苗アナ住吉美紀アナ

出演アーティストが夏にまつわるエピソードと共に夏うたを披露。

元ちとせは原爆ドーム、坂本龍一はグラウンド・ゼロ、秋川雅史は西条市から中継。



―11月16日放送―

恋うた
司会:上田早苗アナ住吉美紀アナ
ゲスト:長谷川京子

出演アーティストが秋・冬にまつわるエピソードと共に恋うたを披露。

中島美嘉は京都・嵐山、コブクロは横浜・赤レンガ倉庫から中継。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:笑福亭鶴瓶中居正広

2007年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは29勝28敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間25分に渡って2007年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・Hello!Project、白組・美川憲一
白組・1組目の美川憲一さんには、IKKO、真島茂樹さんがパフォーマンスを担当。
白組・7組目の布施明さんには、柳原可奈子さん、若槻千夏さんが応援に駆けつけます。
紅組・7組目の香西かおりさんには、バックでハロプロの皆さんがパフォーマンスを担当。
白組・8組目の前川清さんにはムーディ勝山さんが応援に駆けつけます。

☆「おしりかじり虫」☆
関根勤さん、関根麻里さん、タカアンドトシが応援に駆けつけました。

紅組・10組目の絢香には、コブクロが共演。
紅組・11組目の伍代夏子さんには、バックで中川翔子さん、AKB48の皆さんがパフォーマンスを担当。
紅組・13組目の平原綾香さんには、船越英一郎さんが新潟から中継で応援に。
白組・14組目の馬場俊英さんには、内藤大助さんが応援に駆けつけます。
紅組・15組目の坂本冬美さんには、バックで早乙女太一さんがパフォーマンスを担当。

☆「ZARDメモリアル」☆
映像とともに、「揺れる想い」「グロリアス マインド」「負けないで」を。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・小林幸子、白組・Gackt

☆「愛燦燦」☆
美空ひばりさんの映像とともに、小椋佳さんが「愛燦燦」を披露。

白組・22組目の北島三郎さんには、薬師丸ひろ子さんが東京タワーから中継で応援に。
紅組・24組目の一青窈さん、白組・24組目の秋川雅史さんには、仲間由紀恵さんが応援に駆けつけます。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。
今年の最高視聴率は、SMAPでした。。



2008年

 

―3月25日放送―

春うた
司会:上田早苗アナ島津有理子アナ
ナレーション:堀北真希

出演アーティストが春にまつわるエピソードと共に春うたを披露。

青山テルマ・SoulJaは晴海埠頭客船ターミナル、
海援隊は旧・豊島区立平和小学校、いきものがかりは神奈川県立厚木高校から中継。
森山直太朗は、宮城県第三女子高等学校の卒業式でのサプライズライブを放送。



―5月5日放送―

ひらけ!魔法の扉
ナレーション:新垣結衣

いつの時代にも子供達を楽しませてきたディズニーやジブリアニメの音楽特番。
ディズニーやジブリの誰もが口ずさめる名曲を歌いあげ、
歌に込められた夢いっぱいのメッセージを味わいます。
出演アーティストはディズニーランド・シーなどでキャラクター達と歌を披露。
案内役の新垣結衣ちゃんは子供達とディズニーランドとジブリ美術館を満喫。



―7月26日放送―

夏うた
司会:小野文恵・久保田祐佳アナ

出演アーティストが春にまつわるエピソードと共に春うたを披露。

aikoは神奈川・逗子マリーナ、
レミオロメンは国立競技場、MONGOL800は沖縄・浦添から放送。
EXILEの夏の思い出、HIRO・MATSU「屋形船」、MAKIDAI「花火」、
TAKAHIRO「EXILE VOCAL AUDITION」、AKIRA「野外イベント」
ATSUSHI「パイナップルジュース」、USA「屋久島」。
Mr.Childrenの新曲には、「勝った人にも負けた人にも違わず支えてくれる人がいる」
「勝ち負けのない日常を過ごしてる人にもメダル以上のものがある」と。



―11月14日放送―

恋うた
司会:住吉美紀・上田早苗・小野文恵アナ

出演アーティストが曲にまつわるエピソードと共に恋うたを披露。

一青窈は箱根、中島美嘉は宮城・円通院、レミオロメンSPEEDは晴海埠頭から放送。
コブクロ「後にも先にも、こんなに恋人同士をストーリー的に描いた曲はない」
広瀬香美「デビュー前に作った曲で、まるっきり実体験」。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:仲間由紀恵中居正広

2008年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは30勝28敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間25分に渡って2008年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・布施明
白組・2組目の美川憲一には、IKKO、はるな愛がパフォーマンスを。
紅組・3組目の伍代夏子には、髭男爵、三倉茉奈・佳奈が応援に。
紅組・4組目の藤岡藤巻と大橋のぞみには、久石譲がパフォーマンスを。
白組・4組目の東方神起には、BLUE MAN GROUP、関根麻里が応援に。

☆「ブラジル移民100周年」☆
THE BOOM・GANGA ZUMBAが「足跡のない道」「島唄」を披露。

紅組・9組目の藤あや子には、テリー伊藤が応援に。
白組・9組目のWaTには、世界のナベアツが応援に。

☆「エンヤ」☆
アイルランドから中継、エンヤが「オリノコ・フロウ」「ありふれた奇跡」を披露。
藤原紀香が応援に。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・Perfume、白組・ジェロ
紅組・17組目の倖田來未には、沢村一樹が応援に。
白組・19組目の羞恥心・Paboには、ヘキサゴンファミリーの皆さんが応援に。
白組・22組目の北島三郎には、綾小路きみまろが中継で応援に。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をたくさんありがとうございました。
今年の最高視聴率は、羞恥心・Paboでした。。



2009年



―3月24日放送―

恋うた
司会:住吉美紀・上田早苗アナ

出演アーティストが曲にまつわるエピソードと共に春うたを披露。

いきものがかりは新宿御苑、中島美嘉は鹿児島・吉野公園、レミオロメンは京都・醍醐寺、
アンジェラ・アキは中野富士見中学校、コブクロは品川キリスト教会から放送。



―6月21日放送―

エコうた
司会:藤原紀香上田早苗松本和也アナ

エコ企画「SAVE THE FUTURE」のラストを飾る番組を世田谷・ものづくり学校から生放送。
出演アーティストがエコにまつわるエピソードと共に曲を披露。

キマグレンは小豆島・エンジェルロード、平原綾香は函館・元町公園、
いきものがかりは鴨川・大山千枚田、堂本剛は奈良・春日大社から放送。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:仲間由紀恵、中居正広

2009年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは31勝28敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間30分に渡って2009年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・EXILE

☆「こども紅白」☆
加藤清史郎さくらまやスノープリンス合唱団大橋のぞみの4組がミニ紅白を開催。

伍代夏子北山たけしには、綾小路きみまろが応援に。
GIRL NEXT DOORには、武田鉄矢が応援に。
水樹奈々には、関根麻里とテリー伊藤が応援に。
FUNKY MONKEY BABYSには、羽鳥慎一アナが応援に。
中村美律子には、TOKIOがパフォーマンスを。
ポルノグラフィティには、ザ!トラベラーズが応援に。
美川憲一には、はるな愛、IKKO、春日俊彰がパフォーマンスを。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・aiko、白組・遊助
aikoには、倉科カナ、羽田美智子、石黒賢が応援に。
平原綾香には、ROLLYがパフォーマンスを。
秋元順子には、宮本笑里がパフォーマンスを。
五木ひろしには、三國連太郎が応援に。

☆「マイケルジャクソン・スペシャルステージ」☆
SMAPがマイケル・ジャクソンの楽曲に合わせ、パフォーマンスを披露。

中島美嘉には、オードリーが応援に。
布施明には、堺正章が応援に。
倖田來未には、misonoがパフォーマンスを。

☆「サプライズゲスト」☆
紅組にスーザン・ボイル、白組に矢沢永吉が応援歌手として登場。
「夢やぶれて」「時間よとまれ〜コバルトの空」

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をたくさんありがとうございました。
今年の最高視聴率は、DREAMS COME TRUEでした。



2010年



―3月27日放送―

春うた
司会:青井実アナ・北乃きい

出演アーティストが春にまつわるエピソードと共に春うたを披露。

FUNKY MONKEY BABYSは東京・八王子、aikoは東京・旧岩崎邸庭園、水樹奈々は名古屋から中継。



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:松下奈緒

2010年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは32勝28敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間15分に渡って2010年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
石川遼が開幕宣言を担当。
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・EXILE
中村美律子には、TOKIO、はるな愛がパフォーマンスを。

☆「キャラクター紅白歌合戦」☆
おかあさんといっしょ「ドコノコノキノコ」、怪物くん「ユカイツーカイ怪物くん」、
水樹奈々AKB48「Alright!ハートキャッチプリキュア」、熊倉一雄「ゲゲゲの鬼太郎」を披露。
怪物くんには、八嶋智人、上島竜兵が応援に。

伍代夏子には、向井理、大杉漣、古手川祐子が応援に。
伍代夏子・細川たかしには、AKB48がパフォーマンスを。
FUNKY MONKEY BABYSには、田中将大が応援に。
川中美幸には、瀧本美織、富司純子、赤井英和が応援に。
水森かおりには、Wコロンが応援に。
天童よしみ・森進一には、綾小路きみまろが応援に。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・aiko、白組・郷ひろみ
aikoには、さかなクンが応援に。

☆「僕たちのふるさと ニッポン」☆
嵐のメンバーが日本各地を訪れて「日本」を体感。
そこから生まれたオリジナルソング「ふるさと」を披露。

福山雅治には、香川照之が応援に。
福山雅治には、宮本笑里がパフォーマンスを。
いきものがかりには、松下奈緒がパフォーマンスを。
今年のトリは、紅組・DREAMS COME TRUE、白組・SMAP

☆「サプライズゲスト」☆
桑田佳祐が「それ行けベイビー」「本当は怖い愛とロマンス」を披露。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。
今年の最高視聴率は、SMAPでした。



2011年



―4月2日放送―

MUSIC JAPAN 春スペシャル

海援隊・40周年「まだまだ学ぶ事は多い」
FUNKY MONKEY BABYS・卒業式飛び入りライブを毎年「笑顔になってくれる瞬間がたまらない」
AKB48・高校を卒業する峯岸へ母親からの手紙
西野カナ・大学を卒業「東京と名古屋に半分ずつで大変だった」
Perfume・今こそ親に感謝「小さい頃に東京に送りだしてくれた両親に感謝」
ポルノグラフィティ・上京「淋しさもあるんですけど、上京する刺激で楽しみもあった」
SKE48・新曲PVは地元商店街で「いつも以上に地元愛が感じられる」
水樹奈々・愛媛からの上京「皆が送ってくれる姿を見るとジワッと感じられた」



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:井上真央

2011年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは33勝28敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間30分に渡って2011年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
なでしこJAPANの皆さんが開幕宣言を担当。
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・NYC
川中美幸には、AKB48、パパイヤ鈴木とおやじダンサーズがパフォーマンスを。
藤あや子細川たかしには、TOKIO、AKB48、サンドウィッチマンがパフォーマンスを。
椎名林檎には、尾野真千子が応援に。

☆「あしたを歌おう こどもスペシャル」☆
薫と友樹、たまにムック。、ディズニーオールスターズ、嵐がパフォーマンスを披露。

☆「あしたを歌おう あすという日が」☆
秋川雅史、夏川りみが「あすという日が」を披露。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・KARA、白組・徳永英明
徳永英明には、コロッケが応援に。
平原綾香には、高良健吾、寺脇康文、マイコ、田中圭、永山絢斗が応援に。
松任谷由実には、出場歌手の皆さんが応援に。

☆「あしたを歌おう 僕たちのふるさと」☆
嵐のメンバーが出場歌手の皆さんと「ふるさと」を披露。

☆「あしたを歌おう 世界からのメッセージ」☆
長谷部誠、ジャッキー・チェンのメッセージ、レディー・ガガが「You And I」「Born This Way」を披露。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、紅組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。
今年の最高視聴率は、SMAPでした。



2012年



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:堀北真希

2012年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは33勝29敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間30分に渡って2012年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・NYC
水樹奈々には、鈴木聡美が応援に。
HYには、夏菜、風間俊介が応援に。
水森かおりには、栗原類、鈴木奈々が応援に。
倖田來未には、石川佳純が応援に。
細川たかしには、ももいろクローバーZがパフォーマンスを。
西野カナには、松本薫が応援に。
伍代夏子には、スギちゃんが応援に、AKB48がパフォーマンスを。

☆「歌で会いたい ドリームステージ」☆
、AKB48、関ジャニ∞Perfumeがディズニーキャラクターとともにパフォーマンスを披露。

☆「歌で会いたい 花は咲く」☆
堀北真希が震災後に地域医療に携わり、心の支えとなってる人々とふれあい復興への願いと絆を伝える。
西田敏行、中村雅俊、森公美子、荒川静香、サンドウィッチマン、辻井伸行、菅野よう子が
東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を一夜限りのスペシャルステージで披露。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・ももいろクローバーZ、白組・関ジャニ∞
五木ひろしには、コロッケが応援に、AKB48がパフォーマンスを。
徳永英明には、高橋克実、南果歩、松坂桃李が応援に。
天童よしみには、TOKIO、関ジャニ∞がパフォーマンスを。
福山雅治には、市川猿之助、市川中車が応援に。

☆「歌で会いたい ふるさと」☆
のメンバーが星出彰彦・草間彌生・日野原重明・山田洋次・坂東玉三郎と故郷について対談。

☆「歌で会いたい 特別企画」☆
地上波のテレビ番組は初の生放送出演のMISIA、デビュー40周年の矢沢永吉がパフォーマンスを披露。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。
今年の最高視聴率は、SMAPでした。



2013年



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:綾瀬はるか

2013年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは34勝29敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間30分に渡って2013年最後の歌い収めを披露してくれます。

○第1部○
今年のトップバッターは、紅組・浜崎あゆみ、白組・Sexy Zone
細川たかしにはNMB48がパフォーマンスを。
香西かおりにはももいろクローバーZがパフォーマンスを。
伍代夏子にはAKB48がパフォーマンスを。
藤あや子には壇蜜がパフォーマンスを。
天童よしみにはくまモン、ふなっしーが応援に。
坂本冬美にはTOKIO、大倉忠義がパフォーマンスを。

☆「歌がここにある」☆
二宮和也×佐藤夏海、相葉雅紀×上原浩治、松本潤×白井健三、
櫻井翔×窪寺恒己、大野智×若田光一の対談。
綾瀬はるかと出場歌手が「花は咲く」を一夜限りのスペシャルステージで披露。

○第2部○
第2部のトップバッターは、紅組・ももいろクローバーZ、白組・EXILE
氷川きよしにはコロッケが応援に。
五木ひろしにはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48がパフォーマンスを。
ゆずには東出昌大が応援に。
水森かおりには大久保佳代子、林修が応援に。

☆「歌がここにある ふるさと」☆
嵐のメンバーが沖縄県南大東島を訪問して島民と故郷について対談。

☆「あまちゃん 特別企画」☆
出演者の皆さんが挿入歌「暦の上ではディセンバー」「潮騒のメモリー」「地元に帰ろう」を披露。

☆結果発表☆
今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。



2014年



―12月31日放送―

紅白歌合戦
司会:吉高由里子

2014年の音楽を締めくくる「紅白歌合戦」、ここまでは35勝29敗の白組優勢。
演歌とポップスの壁を越えた、今年を代表するアーティストさんが揃いまして、
4時間30分に渡って2014年最後の歌い収めを披露してくれます。

今回の紅白歌合戦の勝者は、白組でした!
今年もたくさんの良い歌をありがとうございました。

  

日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京