10月

 

―10月8日放送―

○今週の話し合い○
「音楽業界の不況を打破する方法」
CDの売り上げが全盛期の1/10ほどに落ち込んでしまっているという今日、
CDの売り上げが低下する事により、以下の事も現状となっているそうです。
・プロモーションに使えるお金も減ってしまい、アーティストが地方キャンペーンに行けない・
・接待費をいろいろ落とすのが気が引けるから自費で接待をする・
・レコード店のお客さんの数も減っている・
・皆がレンタルに走り、CDを買うという意識がなくなっている・
今回の結論:「このままでは終われない、悪いときもあるなら良いときが今後必ず来る」

○今週の明るいニュース○
浜崎あゆみちゃんの新曲へのコメントでは、「好きな人と過ごしながら季節を感じていく」と。

○ジモラッパー調査○
最近、盛り上がりを見せている名古屋のHIP HOP事情を調査。
nobody knows+の思う「名古屋の良いところ」は、
「東京でライブをすると満員になるのに名古屋ではそうはならないっていうのが
ずっと満員だと自分に満足してしまうからそう思わせない名古屋がいいですね」と。
HOME MADE 家族は名古屋についての曲も作っていますが、
「名古屋の人達に育ててもらったので、名古屋の曲をどうしても作りたかった」とのこと。

  

―10月15日放送―

○今週の話し合い○
「音楽業界とTV番組」・
・面白くないと数字が取れないのでアーティストにもキャラが求められる
・「プロデューサーやディレクターが怖い」・
最近は減ったそうですが、昔は「名刺を渡したら破かれた」などあったそう。。
「○○の人が怖い」のトータライザーでは、お台場が6人、赤坂が4人、音楽戦士が2人に。。
・「音楽をメインにする番組にして欲しい」・
トークに時間を取られる番組が多い現状ですが、理想は音楽をメインにして視聴率が取れる事。
曲披露でも平均2〜3分しか流れないので、
「曲の良さが伝わらない」「1番終わって最後のサビとかだから詞に繋がりがない」と不満も。。

○ジモラッパー調査○
名古屋のHIP HOPシーンを盛り上げるシーモネーターを調査。
「名古屋のいいところ」では、「こんな私を応援してくれるのがいい」と。



―10月22日放送―

○今週の話し合い○
bless4をよろしくお願いします」
沖縄出身のヴォーカルグループのbless4がスタジオに登場、トークや歌で盛り上がりました。
皆さんを盛り上げるプラン案では、
「沖縄民謡をアカペラでカバー」「ウエディングソングを歌う」が好評でした。

LITTLE キャンペーン計画」
新曲でX'masソングをカバーするLITTLEさんを盛り上げるプランを皆さんで企画。
「全国のツリーの下でイベント」「サンタギャルと一緒に各所を回る」
LITTLEサンタがああたの街にやってくる」が好評でした。

「音楽業界を盛り上げる企画」
視聴者の皆さんからのプランでは、「totoみたいにオリコン順位を予想するくじを作る」が。
これには、「意見としては良いけど、大穴とか言われたアーティストはイメージが悪い」と。。

○今週の明るいニュース○
演歌として17年ぶりに首位を獲得した関ジャニ∞からコメントが届いてました。

○ジモラッパー調査○
名古屋のHIP HOPシーンを盛り上げる手裏剣トリオを紹介しました。



―10月29日放送―

○今週の話し合い○
メロン記念日を盛り上げるプラン」
メロン記念日がスタジオに登場、一緒にプラン案を検討していきました。
「ロックテイストの曲をやる」では、ライブでもロック(「This is 運命」)が盛り上がるそう。
「氣志團のように夕張を拠点にして盛り上げる」では、梶原さんが「夕張ってどこ?」と。。
仲が良くて悪口も言わないという皆さん、「ライバル心は持った方がいい」とアドバイスが。

「MUSIC FIGHTER CDショップ計画」
番組主催でCDショップを作ってしまおうという企画のプラン案では、
「お客さんの質問に何でも答えられるスペシャリストを採用する」
「イケメンや美女を店員にする」が候補に挙がりました。

○今週の明るいニュース○
後浦なつみの明るいニュースでは、後藤真希ちゃんが「部屋がキレイになりました」、
なっちが「里帰りしました」、松浦亜弥ちゃんが「しょうがを食べれるようになりました」と。

○ジモラッパー調査○
今回からコーナーのMCとして、シーモネーター工藤里沙ちゃんが登場。
大阪のジモラッパーのあたりめを紹介、「大阪の良いところ」では「大阪の味」を。
(「食でも景色でも人間味がある」とのこと)

 

11月

 

―11月5日放送―

○今週の話し合い○
「MUSIC FIGHTER CDショップ計画」
番組主催でCDショップを作ってしまおうという企画では、
先週出たプランの「イケメンや美女を店員にする」を実行するため面接を開始。
今回は5人の美女を面接、次回は一般からも公募して面接をするようです。

微熱DANJIを盛り上げたい」
氣志團のバックダンサーを務めた3人が「完璧なアイドル像」をテーマにデビュー。
スタジオに登場した皆さんの完璧なアイドルさにMC3人もノってました。。
盛り上げるプランでは、「女子高でライブ」「少女マンガに載せてもらう」
「竹下通りをジャックする」「原宿を中心にプロモーション活動」が好評でした。

○ジモラッパー調査○
東京の大田区からデビューを果たす、大田クルーを紹介。
「大田区の良いところ」には、「23区で1番大きい」「都会と田舎を両方兼ね備えている」と。

  

―11月12日放送―

○今週の話し合い○
はなわの今後の音楽活動を考える」
スタジオに登場したはなわさんは、「AXはもっとスタッフが少なかった」と一言。。
プランでは、「ラブソングを真剣に歌う」が好評。
はなわさんも「嫁さんにも式は挙げてないし、指環もあげてなかったんで、
ラブソングは嫁さんに作ってみようかなって思ってた」とのこと。

LITTLEキャンペーン計画」
LITTLEさんがスタジオに登場しての話し合いでは、
「24時間で5大都市を回るキャンペーンツアー」のプランが採用されました。

○今週の明るいニュース○
ORANGE RANGEは、新曲についてYAMATOくんが「花にはたくさんの愛が詰まってます」と。
19歳になったRYOくんは、「大人と子供の間って感じです」と。
スタジオにも登場したbless4からは、スタジオでのプラン案を話し合った結果、
「沖縄のアーティストとコラボする」に決定したとの報告を。

○ジモラッパー調査○
大阪のジモラッパー、韻シストを紹介。
インタビューが行われた天王寺のお店は、梶原さんが披露宴を行った場所なんだそうです。



―11月19日放送―

○今週の話し合い○
微熱DANJI認知度UP計画」
スタジオで話し合った企画の中から「原宿でゲリラライブ」案を採用した皆さん、
そのゲリラライブの様子に密着をしたVTRも。
緊張の様子の3人でしたが、無事に20分に及ぶパフォーマンスを成功。
綾小路翔さんのコメントでは、「これからの日本をこの3人が変えてくれると思ってます」と。

コブクロの「永遠にともに」をもっと盛り上げよう」
コブクロがスタジオに登場、アカペラで「永遠にともに」を歌ってくれました。
スタジオで出たプラン案では、コブクロは「結婚情報誌のCMタイアップ」を気に入ってました。
宮崎アナからは、「先輩の柴田アナと松坂選手の結婚式のテーマには?」との案も。

○今週の明るいニュース○
藤井フミヤさんからの明るいニュースは、
「来年の愛・地球博のイメージガールのオーディションに参加したとき、
かわいい子がたくさんいてこれで合コンでもやりたいなって思いました」と。。

○ジモラッパー調査○
札幌のNorth Coast Bad Boyzを調査。
皆さんのキーワード、「AM→PM 180度帰る 36FREE WAY またいででっかくねらう」では、
「36号線を挟んで、繁華街側は午前に活気づき、ススキノ側は夜に活気づく」とのこと。



―11月26日放送―

○今週の話し合い○
青木さやか「私を売ってみたらどうよ?」
MCの青木さやかさん自らの議題の提案、今回はピアノで弾き語りをする青木さんのVTRも放送。
次週からは、本格的に進展させていくようです。

青木さんの新展開に続いて、キングコングも始動。
音楽業界の現場を学ぶため、今回はTHE ALFEEのライブで曲間にギターを渡す「ローディー」に挑戦。
「絶対にキングコングというのはバレちゃいけない」というのが前提でしたが、
ライブ本番で梶原さんがステージにギターを渡しに行くとバレバレに。。
高見沢さんに止められ、最後にはネタまでやる事になってました。。
しかし、ライブ終わりには高見沢さんから「最高」との一言が。。

以前にスタジオで話し合った、はなわさんのラブソングの続報を。
あれから曲作りの方は進行していないようですが、今回はお2人のなれそめの話を。
「中学の先輩で当時「ちびまる子ちゃんが」流行ってたから、
オレが「はなわ」って名前だからクラスまで見に来て、
「はなわじゃないじゃん、はまぢじゃん」って言われてムカってきたのが最初」
「東京で同居してたときは家賃28000円のところに住んでて、
管理人さんに「女の子をこんなとこに住ませるんじゃないよ」って言われた」
「結婚するとき、向こうの親がブチ切れてた」とのこと。。
楽曲の方は、スタジオで話していたとおりにプロポーズの曲を書き上げる事に決定。

○今週の明るいニュース○
中島美嘉ちゃんのコメントでは、
「憧れの黒柳徹子さんに会う事が出来たんですけど、
私が番組で「テツコ」って呼び捨てにしてたのを知ってて、
「徹子って呼んでくれてありがとうございます」って言ってくれました」と。

○ジモラッパー調査○
吉祥寺のイケメン(?)グループのトリカブトを調査。
23区、そして全国へ向けられた「ムサシノクニ」が流れました。



12月

 

―12月3日放送―

○今週の話し合い○
はなわさんのプロポーズソング企画は、いよいよ曲が完成してお披露目。
奥さんへ電話を繋いで、電話越しにプロポーズソング「あのね、」を届けます。
素敵な曲にスタジオのMC4人も感動、奥さんも「ありがとう」と一言。
スタジオに登場したはなわさんは、「できれば、放送しないで欲しい」と恥ずかしい様子。
「これを第3弾として発売へ?」と聞くと、
所属レコード会社の方が「相談してから」と答え、はなわさんが「何シブってんだよ!」と。。
企画の提案では、「お世話になった人達にヨイショしてもらう」が。
これまで音楽面でお世話になった福山雅治さんやガッツ石松さんにPRしてもらおうとのこと。

青木さやか「私を売ってみたらどうよ?」
企画の提案では、ソニーの方が「ラルク・アン・シエルと共演」を提案。
青木さん本人に交渉してもらえれば」と言うと、
青木さんは「向こうは男、こっちは女」と色目使いで攻める事に。。

○ジモラッパー調査○
今回は、愛知県豊田市のKAME & L.N.Kを紹介。
「ジモラッパーNEWS」では。以前に紹介した韻シストの皆さんがCHEMISTRYのMIXを手がける事に。
CHEMISTRYからは、「まだ会った事はないんで、飲みにでも行きましょう」とコメントが。
そして、コーナーMCのシーモネーターBENNIE Kの楽曲に参加。
BENNIE Kからは、「シーモさんのライブを見に行ったとき、
あの下ネタのRapにノってる人と完全に引いてる人に分かれてて面白かった」とコメントが。

○夜のアーティスト面接○
今後の活躍が期待されるアーティストを応援する「夜のアーティスト面接」。
今回は、3000人のオーディションを勝ち抜いたという林真紀さんを紹介。
林真紀さんは、HMV広島で年間1位の売り上げを記録したそうです。
最後には、MC3人から1人がチャレンジをして、その稼いだ時間だけ曲を流せる事に。
梶原さんが「足つぼマッサージ」に挑戦し、30秒間曲が流れました。

  

―12月10日放送―

○今週の話し合い○
青木さやか「私を売ってみたらどうよ?」
前回の放送で出た「ラルク・アン・シエルと共演」を叶えるため、
青木さんがラルクのいるスタジオを直接交渉に訪れます。
ラルクの前でピアノの腕前を披露しましたが、
青木さんは「これ、ボケた方がいいんですかね?」と聞き、
kenさんに「お笑いなんだから、自分で考えて」と言われてました。。
青木さんがいつもの感じでいくと、yukihiroさんが「どこ見てんのよ〜」をマネしてくれてました。

LITTLE 24時間全国縦断キャンペーン」
いよいよ5都市を回る全国縦断キャンペーンの当日。
午前0時に札幌でライブを開催し、東京から持って行ったTシャツをファンにプレゼント。
ホテルに戻ったLITTLEさんに梶原さんからの差し入れのマッサージを。
しかし、かなり痛かったらしく逆効果に。。(梶原さんはそれが狙いだった様子。。)
朝になると福岡へ移動して、2公演目のライブを開催。
今度は札幌で購入したラーメンをファンへプレゼント。
そのまま大阪へ移動して、昼には3公演目のライブを開催。
今度は福岡で購入した明太子をファンへプレゼント。
大阪でのライブを終えると、名古屋へ移動して夜には4公演目のライブを。
名古屋のライブを終えたLITTLEさんに青木さんからの差し入れのお弁当を。
(エビフライを青木さんの年齢にちなんで31本、
名物なごやんを「名古屋=758」で758個など、かなりの豪華なお弁当が用意されてました)
しかし、先を急ぐためお弁当を食べるのもそこそこに最後の目的地の東京へ移動。
深夜には東京でのライブを開催し、キャンペーンは無事に終了。
LITTLEさんからは、「やってみてこんな良いものになると思ってなくて感謝してます」と一言が。

○今週の明るいニュース○
小倉優子ちゃんからのニュースでは、
「寒さに強いので、このまま防寒対策をしないで冬は終わりそうです」と。

○ジモラッパー調査○
北海道の韻牙ランドを調査。
皆さんのジモLOVE WORDでは、地元に立つクラーク博士像より「少年よ 大志を抱け」を。



―12月17日放送―

○今週の話し合い○
青木さやか「私を売ってみたらどうよ?」
前回の放送から続く「ラルク・アン・シエルと共演」を叶えるため、
今回は○での青木さんの演奏部分のレコーディングを。
ラルク・アン・シエルの楽曲のバージョンを変えた「Round and Round 2005」がステージ曲。
(Rap・コーラス・ピアノ・キャラ・ネタ)などいろんな要素を加えていき、
メンバーも「いいんじゃないの・・・」となんとなくOKに。。
次回は、kenさんからの要望でダンスを加える事に。

キングコングが音楽界の仕事を経験するコーナー、今回は梶原さんがADを体験します。
「歌の大辞テン」でのEXILEの「HERO」の曲録りを担当する事になり、
梶原さんは曲中の演出のキュー出しを担当する事に。
先輩から「声は大きく」と言われた梶原さん、
EXILEが登場してのリハでは梶原さんの大きな声にATSUSHIさんが笑ってしまってました。。
肝心の本番では見事に一発OKとなり、出来もHIROさんから「100点以上」と言ってもらえました。。

○今週の明るいニュース○
BoAちゃんからの明るいニュースは、
「この前、誕生日にケーキで祝ってもらったのがすごい嬉しかったです」
「PVの撮影で北海道に行ったら、初雪がちょうど見れて良かったです」と。

○ジモラッパー調査○
仙台のRap界の兄貴的存在というCUZSICK、ヴォーカルで参加のTATEを紹介。
ジモLOVE WORDの「粋なり」は仙台では「すごい」という意味で使われているそう。



―12月24日放送―

○今週の話し合い○
「X'masソングを勉強しよう」
歴代のX'masソングを流した後に「この番組で来年に向けてX'masソングを作ろう」という声が。
他にもバレンタインや卒業などのイベントごとの定番ソングを作る声も上がりましたが、
各レコード会社のプロモーターさん曰く、
「バレンタインとかサマーソングは、その年ごとに変わるから残りにくい」
「定番ソングで残りやすいのは、X'masソングや卒業ソング」とのこと。


アーティストの皆さんからの「思い出のX'masソング」のコメントVTRも。
藤井フミヤさんは「ジングルベル」を選び、「これが流れるとX'masの映像が浮かんでくる」と。
BoAちゃんは「ホワイトクリスマス」を選び、「X'masソングの中でも好きですね」と。
EXILEHIROさんはCOLORの「Special love」を選び、
「コーラスグループだからX'masにも合っていると思うので聴いてみてください」と。
THE ALFEE坂崎幸之助さんはサイモン&ガーファンクルの「7時のニュース」を選び、
「これは「きよしこの夜」を歌ってる後ろでニュースが流れているっていう曲ですね」と。
CHEMISTRY堂珍くんは山下達郎さんの「My Gift To You」を選び、
「当時に付き合っていた子にテープをあげるときに1曲目に入れた曲」と。
川畑くんはマライア・キャリーの「恋人達のクリスマス」を選び、
「彼女のいない男同士で集まってプレゼント渡したり、飲んだりで寂しいけど楽しかった」と。
小倉優子ちゃんはDREAMS COME TRUEの「WINTER SONG」を選び、
「声楽部の伴奏をしていて、この曲を弾いてて自分でも歌いたいな〜って思って、
カラオケで2時間ぐらい歌ったんですけど英語で覚えられなくて諦めました」と。
LITTLEさんは山下達郎さんの「クリスマスイブ」を選び、「思春期の頃の甘い感じを思い出す」と。
宮地真緒ちゃんはマライア・キャリーの「恋人達のクリスマス」を選び、
「前は歌詞の意味も知らずに聴いてたけど、いざ意味が分かるようになって聴いてると、
こういう感じのクリスマスを過ごしてみていな〜って思いますね」と。
はなわさんは山下久美子さんの「Tonight」を選び、
「当時の付き合ってた子を自分の部屋に窓から入れて2人で過ごしたんですけど、
その子がこれを貸してって言うんで貸したら、すぐに別れて未だに返してもらってない」と。
スタジオの青木さんは小谷美紗子さんの「あなたはやって来る」を選び、
西野さんに「部長が選ぶ曲ってみんな寂しい曲ばっかなんですよ」と一言。。
宮崎アナはマライア・キャリーの「恋人達のクリスマス」を選びましたが、
キングコングの問詰めでX'masに彼と過ごした事があると白状し、青木さんがカチンときてました。。

青木さやか「私を売ってみたらどうよ?」
前回の放送から続く「ラルク・アン・シエルと共演」を叶えるため、
日々練習を行う青木さんの姿を楽屋カメラで撮影したところ、
独創的なピアノ演奏やダンスや「どこ見てんのよ〜!」といろいろ動き回る青木さんが。。
青木さん曰く、「自分発信だったといえど、ちょっといろいろやる事を詰め過ぎました」と。。
ラルク・アン・シエルとのコミュニケーションについては、
「もちろん、メンバーの一員だと思ってますし、電話も掛かってきてるような気はします」と。。

○夜のアーティスト面接○
今後の活躍が期待されるアーティストを応援する「夜のアーティスト面接」。
今回は、歌手、声優、女優、ラジオDJなどマルチに活躍する嘉陽愛子ちゃんが登場。
写真集をお土産に持ってきてくれたところ、梶原さんが1人興奮してました。。
「もっといろんな事に挑戦したい」との嘉陽愛子ちゃん、
今勉強しているマジックもスタジオで披露してくれました。
MCの中から1人がチャレンジタイムをして頑張った時間だけPVが流れる「PRタイム」では、
梶原さんが「電流ビリビリマシーン」に挑戦し、15秒で「ホンマに痛い!」と断念。。

○ジモラッパー調査○
栃木は宇都宮のジモラッパー、時雨&DUB-Tを調査。
宇都宮の名産の餃子をお土産に持参してくれる気遣いを見せてくれましたが、
トークでは一方的に喋り続けて、シーモネーターがタジタジでした。。

 

「MUSIC FIGHTER・2004」ページへ