7月

 

―7月7日放送―

ジェロには、MAKIDAIが応援に登場。
春の「僕らの音楽」生放送で共演以来の仲で良き兄貴と慕っているんだそう。
ジェロの今会いたい芸能人では、釈由美子、知花くらら、コロッケ、を。
出演交渉したところ全員NG、しかし収録後に釈さんと偶然会えたんだそう。

ORANGE RANGE・RYOは忘れ物がひどく、持ち物を忘れるのはおろか、
入れるリュックまで忘れたり、飛行機でクッションを持ち帰ったりしてしまうとのこと。
「SAYONARA」のPVに出演したユースケ・サンタマリアさんからVTRコメントが。
「朝一からの撮影で、終盤にメンバーが見舞いに来たけど自分ばっかり喋ってた」には、
「PVはメンバーがツアー中で出れなかったからオファーしたら空いてた」と。

福原美穂さんは学生時代に北海道ローカル局で
マライア・キャリーを歌った事が歌手へのきっかけになったとのこと。
先日番組に出演したマライアの回も見ていたようですが、
松ちゃんを良いように扱っていた事に「さすが」と思ったんだそう。

は近況を。
大野くんは髪型を変えた事、二宮くんは誕生日をライブで祝ってもらった事、
櫻井くんはタクシーが桜ヶ丘と自由が丘を間違えて値段を相談して下げた事、
松本くんは表参道を歩いてたところ香取慎吾くんと会って写真を撮った事、
相葉くんは松岡昌宏くんとの待ち合わせに遅刻して25分も待たせてしまった事を。
二宮くんがマジックの腕前を披露、「嵐がなくても食っていけるやん」と言葉が。

  

―7月14日放送―

EXILEはHIROさんが主催のパーティーを開き、
メンバーがHIROさんのマネをしたり、芸人さんを呼んだりするサプライズを展開。
出席した山本高広さんからのVTRでは、
「せっかく行ったのに、呼んでくれたHIROさんが酔ってたから独りになった」と。
USAさんMATSUさんと舞台で共演した千原ジュニアが登場。
舞台に登場するたびにEXILEファンの失笑が起こっていたんだそう。

BREAKERZ・DAIGOの会いたい人は、ぺ・ヨンジュン、小西真奈美、桑田真澄、を。
小西真奈美さんからのVTRでは、好印象ながらタイプではないという感じが。

スコット・マーフィーは、日本好きになった事から独学で日本語を勉強。
日本語楽曲のカバーにも挑戦、今回は長渕剛「乾杯」を披露。

清水翔太さんは怖いもの好きということで、番組が厳選した恐怖映像を公開。
しかしレベルが高すぎてスタジオが静まり、「どうしてくれる、この空気」と一言。



―7月28日放送―

V6・三宅くんがPV収録時に共演した外人女性にセクハラしたという疑惑が。
実際は、英語の発音を習ったり、デートの仕方について聞いていたとのこと。
岡田くんは肉体系の仕事や習い事で痛みをそこまで感じないようになったらしく、
足つぼマッサージに挑戦してもらったところ、完全に痛さ全開になっていました。

槇原敬之さんは「カバーCHAMP」を開催、
今回はサンドウィッチマン、スコット・マーフィー、友近も登場。
我こそはそのアーティストを1番上手に歌えるという精鋭たちが登場し、
本人の前で歌を披露して本人がトップを判定。
今回は「どんなときも」を歌ったスコット・マーフィーに栄誉が。

デブパレードは、カリスマデブが集結して結成したヘビーメタボバンド。
ライブでは通常1ドリンクのところを1カレーや1ちゃんこにしているそう。

Hey!Say!JUMP・伊野尾くんは先日が18歳の誕生日、
しかしお祝いメールが来たのは有岡・藪・八乙女の3人だけだったとのこと。
ジャニーズの先輩たちの秘密話では、
KinKi Kids・堂本剛「ライブの時にタブレットを1ケース食べていた」
関ジャニ∞・村上信五「怒ると怖いダンスの先生の膝の上に座っていた」
八乙女⇒V6・長野博「CMで共演した時に食事のお店の事を聞いたけど憶えれなかった」
中島⇒V6・岡田准一「初対面で「映画向きの顔だね」と言われた」。



8月

 

―8月4日放送―

青山テルマが合コンしてみたい有名人は、DJケミカル、ウエンツ瑛士
そこで、正装したウエンツくんがスタジオに登場。
「こういうのって、大体は徹平なんで慣れてない」と。

東方神起の大ファンという関根勤さんがVTRコメントでジュンスのモノマネを披露。
関根さんから伝授されたというモノマネ、
ユンホが千葉真一・大滝秀治、ジュンスが輪島功一を披露。

FUNKY MONKEY BABYS・DJケミカルのそっくりさんが登場。
原宿のライブ会場の手前のお店で働いている方で
高校がDJケミカルと同じで似ているとよく言われていたとのこと。

MUNEHIROは、鈴木紗理奈さんのレゲエシンガー名。
2003年から各地のライブ会場で歌い続け、昨年にメジャーデビュー。
今回はMUNEHIROが出演したイベントでお客さんに感想を集めたところ、
皆さん「テレビよりも良い」「歌手としてやってって欲しい」と好評。



―8月11日放送―

徳永英明さんは「カバーCHAMP」を開催、今回はザブングル、鼠先輩、持田香織も登場。
我こそはそのアーティストを1番上手に歌えるという精鋭たちが登場し、
本人の前で歌を披露して本人がトップを判定。
今回は持田香織ちゃんは別格とし、「輝きながら」を歌ったザブングルに栄誉が。

KinKi Kids・剛くんは撮影中のドラマの収録において、
共演中の水川あさみさんへ「アホすぎて着いていけない」と。
本人が登場すると、逆に剛くんへ「10年前に共演した時より体力の衰えを隠せない」と。

CHERRYBLOSSOMは結成10ヶ月でスピード的にメジャーデビュー。
結成話では、リーダーの突発的な行動の数々による事にツッコミも。



―8月18日放送―

の会いたい人、耳コピーの達人、ちくわ笛の達人が登場。
2人がコラボレーションで「A・RA・SHI」を披露。

Every Little Thingをはじめ、アーティストの夢診断を。
伊藤「若い女性に日本刀で斬られる」には、「持田さんからの攻めを恐れてる」。
Crystal Kay「海でサメに襲われるのを力で押し込める」には、
「情熱的な恋をしたいけれど何とか押し込めている」。
大野「メンバーと事務所の人から、大学に行けって言われる」には、
「周囲を気にし、自分にプレッシャーを掛けている」。

Peachy'sは完全口パクのアイドルユニット。
曲ごとにアーティストへ歌唱を任せていくそうで、
松本「歌唱印税入らんで」には小阪「ウチ、給料制なんで大丈夫です」と。。

Crystal Kayは怖いもの好きということで、番組が厳選した恐怖映像を公開。
しかし、前回に続いてのレベルの高さでスタジオがまたも変な空気に。



―8月25日放送―

BEGIN・上地さんのお兄さんが経営する沖縄料理店の品々をスタジオで堪能。
しかし、お店が今年オープンと聞くやいなや「宣伝やん!」と。。

木村カエラちゃんが初作詞提供をしたアイドリング!が登場。
メンバー17人が一気に喋るため、「湾岸警察呼んで来い」と松ちゃん。
何でも、カエラちゃんはアイドルらしからぬアイドルと興味を持っていたんだそう。

ポルノグラフィティのリクエスト、夏祭りを叶えるため金魚すくい対決を開催。
出演者の中で数を競い、ハルイチさんとの延長戦を制した木村カエラちゃんが勝利。

Acid Black Cherryには、弟分というDAIGOから「超リスペクトしてる」とコメントが。
4年前の出演時に浜ちゃんが「何で海外でレコーディングすんねん」と言われ、
同意して国内に居続けたようですがダウンタウンは「行ったらエエやん」と。。



9月

 

―9月1日放送―

misonoちゃんは2年前に挑戦したダイエット企画のVTRを放送。
それ以前はギャル曽根ばりに食べまくっていたようで、
過酷な挑戦にキレる場面が続き、浜ちゃんは「辞めてしまえ!」と一言。

スガシカオさんは怖がり、しかしデビューしてから霊感がついてしまったそう。
そこで、今回も番組が厳選した恐怖映像を公開。

GIRL NEXT DOORはavexからデビューする大型新人。
鈴木さんは以前にmisonoちゃんとday after tomorrowを組んでいたため、
「元カノと今カノが同じ部屋にいるみたいな感じ」と。。

RIKIは竹内力の双子の弟という設定のため、「面倒くさい」と。。
竹内力さんからのVTRコメントには、「お前やないか!」とツッコミも。



―9月8日放送―

今週は未公開トークとアーティストが選ぶ番組の思い出の名場面を放送。

BREAKERZ・DAIGOが選んだ思い出の名場面は、1998年の氷室京介さんの初登場回。
Perfume・のっちが選んだ思い出の名場面は、1996年の篠原ともえちゃんの初登場回。
Perfume・あ〜ちゃんが選んだ思い出の名場面は、2006年のKのエロかわトーク。
青山テルマが選んだ思い出の名場面は、
2004年の平井堅さんの松ちゃんへのツッコミ、2002年のGacktさんの自宅公開。
TOKIOが選んだ思い出の名場面は、2006年のV6とのボウリング大会。
AIが選んだ思い出の名場面は、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンのトーク。



―9月29日放送―

今週は「見よ!湾岸から生放送スペシャル」を放送。
野外に特設セットを作ったものの、雨のため全て日の目を見ない結果に。

BREAKERZは生放送ということでダウンタウンに歌を聴いてもらえると喜んでると、
「移動してるから聞かへんよ」と言われ「寂しウィッシュじゃないですか」と。

Perfumeに物申すでは、NEWS・山下くんが「手越には挨拶してたけどされてない」と。
同じ学校の先輩後輩にあたるようですが、「山ピーさんは伝説だから近づきづらい」と。

キマグレンは自身が経営する海の家ライブハウスの公演にコブクロへオファー。
スケジュールの都合で実現はせず、ダウンタウンは「本当は暇やったんやろ」と。

鼠先輩の一人娘はずっと「ROPPONGI」を歌ってくれていたようですが、
藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」を最近は歌い続けてるとのこと。

エアバンド・岡田さんには羞恥心から「絶対に口パク」「緊張してる」とVTRが。
田中さんは悲愴感と掛け持ち、「分かりやすく言うと錦戸くんみたいな感じ」と。

倖田來未さんはデビュー時期が近く、歌番組も出ないスタンスも同じMINMIに注目して、
一気に売れていったのを見ていて焦ったそうです。

「データで見る HEY!HEY!HEY!」では、番組のこれまでの放送からなるランキングを放送。
「歌の瞬間最高視聴率」では、DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」が1位。
「出場回数」では、安室奈美恵が54回で1位。
「ミュージシャンの出身地ランキング」では、東京都が384人で1位。



「HEY!HEY!HEY!・2008」ページへ