7月

 

―7月4日放送―

今週のCHAMPは、NEWS
CHAMPにゆかりのある方のゲスト、最初に登場したのはカンニング竹山さん。
NEWSに言いたい事」では、関ジャニ∞と一緒に仕事をした事があるそうですが、
メンバーから私服のお気に入りのダッフルコートをバカにされたそう。。
スタジオで実際に着てみましたが、やはりイマイチなリアクションに。。
他には、竹山さんの母親が山下くんの大ファンのようで、
関ジャニ∞と仕事をしたのを見た母親から山下くんのサインや写真を貰ってと言われるとのこと。
これには、実際に竹山さんの母親がVTRで登場、
山下くん好きをアピールして、山下くんからもOKを貰っていました。
竹山さんの「出来れば抱いてあげて欲しい」には、松ちゃんが「それは可能ちゃう?」と。。)
お次に登場したのは、バレーで共演している大林素子さん。
メンバーからは「素子」と呼ばれ、親子のようにフレンドリーな感じなんだそう。
(実際にくんの親と大林さんは同い年とのこと)
同じく共演している中田久美さんには、メンバーも怖くて「空気にやられる」と。
中田久美さんと一緒のときは静かになる」などいろいろ言った後に本人が登場!
中田久美さんは「菊間アナウンサーからNEWSが怖がってるのは聞いてる」そうですが、
「私はいろいろ周りから聞かれたときにNEWSは本当にいい子って言ってる」そうです。
お次に登場したのは、関ジャニ∞横山裕・村上信五くん。
大阪のノリの2人にダウンタウンからは「イロモン」と。。
2人からはNEWS関ジャニ∞を掛け持ちする内・錦戸くんの2人の話を。
「もう、NEWS関ジャニ∞どっちかに行ってもらった方がエエの?」と言われると、
「その2つになるとNEWSに行くと思うんで掛け持ちしてもらった方がいい」と返答。
さらに、「残りの6人でやっていったらエエやん」と言われると、
「ここ2人(内・錦戸)がいないと華が無いんですよ」と。。
これには、山下くんが「関ジャニ∞のファンがNEWSも見てくれるし、
NEWSのファンが関ジャニ∞を見てくれるからいいんじゃないですか」と大人の意見を。
錦戸くんについては、「夏に1人だけ偉いさんに呼ばれて、そこから帰ってきたときに笑ってて、
その次の日に髪を切ってたから「どうしたん?」って聞いたら、
「仕事で切った」って言った後に言ってもうたっていう顔をしてて、その後にNEWSが決まってた」。
錦戸くんもくんも関ジャニ∞で仕事をするときに「関ジャニ∞ってええな」と言うそうで、
「ボクらに気を使ってるのかなって思って」と言われると、
錦戸くんは「アホな事ばっかりやっててエエなって上から目線です」と。。
また、イベントでNEWS・関ジャニ∞が共演したときに2組のお弁当でNEWSの方が良かったようで、
これにいろいろ言っていると山下くんが「取り替えましょうか?」とまた大人の意見を。。

今週からの新企画「RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
初回の今回は今週のCDランキングを放送、その中からスキマスイッチが登場。
HEY!HEY!HEY!に出るのが夢だったそうで、常田さんは番組の観覧にも来た事があるそう。
広末涼子ちゃんの大ファンで観覧に来たとき、
お客さんに対して丁寧に対応する浜ちゃん、対応のない松ちゃんを見て、
「親から挨拶だけはしっかりしなさいって言われてきたんで、何て人なんだって思いました」と。。

  

―7月11日放送―

今週のCHAMPは、つんくさん!
CHAMPにゆかりのある方のゲスト、最初に登場したのは中野美奈子・高島彩・戸部洋子アナ
フジテレビで行ったイベントのキャンペーンソングをつんくさんが作る事になり、
中野・高島・戸部アナがその「きっかけのLOVE STORY」を歌ったそうですが、
CMやイベントでは流れたものの、直接3人が歌う機会もなく、CD化もされなかったようで、
忙しい中で作ったつんくさんは納得いかない様子で「今日は3人が歌うっていうから来た」と。
これに、高島アナが「情報番組やってるんでチャラチャラした感じはダメなんで」と言うと、
浜ちゃんが「CXの女子アナは皆チャラチャラしてるじゃない!」と一言。。
結局、音源を探し出し、それを流しましたが、高島アナが「中野アナのパートが多い」と言うと、
つんくさんと中野アナ高島・戸部アナが知らぬうちスタッフと一緒に食事に言っていた事が判明。
(スタッフから曲を歌うアナウンサーを選ぶ際につんくさんが中野アナを選んだそうですが、
「オレ的に中野がいればよかったんですけど、その後にすぐにフライデーされた」と。。)
ダウンタウン高島アナは番組の打ち上げで食事をする機会があったそうですが、
高島アナが「朝方4時まで飲んでて朝から仕事だった」と言うと、
浜ちゃんから「ベロンベロンで仕事やってんの?」とツッコミが。。
お次に登場したのは、まことさん、富永美樹さん夫妻。
これには、浜ちゃん富永さんへ「まこっちゃんどうでもええわ、久しぶりやな〜!」と。。
2人はつんくさんが家によく来て私物化のようにしてるのに困ってるそうで、
まことさんが仕事から帰るとつんくさんが家にいたりする事もあったそう。。
また、つんくさんと富永さんでメールもしてるそうで、
まことさんは「オレが見ようとしたら隠された」と。。
まことさんとケンカしたときに「1番まことを知ってるから相談した」とのこと)
これには、ダウンタウンも「何かキスイヤみたいになってきてるけど」と。。
お正月も1日から来るそうで、芸人さん30人くらいが集まって宴会になっていたそう。。
まこっちゃんが言わなアカンで」と言われると、
まことさんは「だから、早くつんくも自分の家庭を持って欲しい」と。
つんくさんの言い分としては、富永さんは「オレからまことを取って行った女なんですよ」と。
結婚前には、2人で行動を共にしてたりしたのが無くなり淋しくなってしまったので、
「せめて、その時間を埋めてくれよっていう事なんです」と。
お次に登場したのは、松田美由紀さん。
以前に結婚式の二次会で会ったとき、松田さんが憧れだったつんくさんは「ドキドキしました」と。
しかし、酔っていたつんくさんはその席で「世の中お金」と言っていたそう。。
(「何をもって成功なんですかねって聞かれて、最終的に金かなって・・・」とのこと)
「こんな距離が縮まる事はもうないと思って」と、その日に松田さんのアドレスを聞いたそうですが、
実は松田さんは松ちゃんの事が好きなようで、今回は松ちゃんに会いに来たそう。。

先週からの新企画「RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
今回は1981年10月12日のCDランキングを放送、その中から杉田かおるさんが登場。
「鳥の詩」は28万枚のヒットになったそうですが、
印税を貰えなくて「会社に6時間立てこもったけどダメでした」とのこと。
4月の「レジェンド」の放送で増田恵子さんが話していた
「ピンク・レディー主演のドラマの収録でいつも仕事の関係で遅れていたら、
ある日杉田さんがプロデューサーにピンク・レディーを降ろしてくれって言ってた」という話には、
杉田さんは「覚えてない」とのことで増田恵子さんがスタジオに登場。
「当時は移動時間もないぐらいスケジュールが詰まってて、
いつも仕事の度に遅刻になってしまって毎回謝ってた」そうで、
杉田さんが言ってるのを聞いて「出て行けなくなって傷ついた」そう。
この後は2人の関係は修復に向かってましたが、どこか増田恵子さんは気が済まない様子でした。。



―7月25日放送―

今週のCHAMPは、CHEMISTRY
川畑くんは鍛えるジムとキックボクシングのジムに通ってるそうですが、
Gacktさんが同じジムにいるそうでジムにある川畑くんが上半身裸の雑誌を見たとき、
Gacktさんは「川畑くんだ、最近結婚したよね」と勘違いしていたそう。。
堂珍くんは結婚してから毎日ご飯を作ってもらえるため2〜3kgですが太ったそうで、
「よく作るのか、作らないのかでケンカになります」とのこと。
CHAMPにゆかりのある方のゲスト、最初に登場したのは阿藤快さん。
堂珍くんが広島でADをしているときに担当した番組に出演していたのが阿藤さんという関係。
「初めて社会に出た仕事だった」というADで3ヶ月担当したミニドラマ、
阿藤さんは「仕事っぷりは覚えてないけど、よく病気してたからそれは覚えてる」
「照れ屋だったから静かだったけど、照れ屋なADってダメでしょ?」
「歌手になりたいのは聞いてたからオーディションに受かったの見て皆で盛り上がった」そう。
当時の2人の写真やミニドラマに堂珍くんが出演していたときの映像も放送、
役者がいなかったので急に出演したそうで、これを見た松ちゃんは「演技じゃね〜」と一言。。
お次に登場したのは、占星術の鏡リュウジさん。
以前にFC企画で占ってもらったそうですが、そのときは時間がなかったので再度占ってもらう事に。
ちなみに、さんがブレイクした本「魔法の杖」のヒットの要因には、
「HEY!HEY!HEY!」でTommy february6が紹介した事もきっかけになったそうです。(2003年2月放送)
川畑くんには「迷いがない、バカ正直、ロマンチスト、
今後対人関係で大きな変化がある、身体感覚で動く、キレイなものが好き」
堂珍くんには「葛藤を抱えてる、ものすごくデリケート、
家族の作り方や自分の環境に積極的に取り組まないといけないときが来る」
浜ちゃんには「真面目で頑張り屋、人に愛されて自分のチャームをストレートに表現できる、
周りに自分と同じ力を出す事を求めるので周りがしんどく感じる」
松ちゃんには「カリスマの魅力、マイケル・ジャクソンと同じ部分を持つ、
今後人間関係で劇的な変化がある、恋愛では相手を支配しようと無意識な欲望が働く、
自分をさらけ出す事をせずに女性に対するこだわりが強い」と。

音楽の殿堂 ザ・レジェンド」では、音楽界に多大な功績を残してくれた皆さんを紹介します。
今回は、ボクシング世界チャンピオンに輝いた、輪島功一さんとガッツ石松さん。
2人ともレコードも発売していますが、「現役中に出さないかって誘われて出した」そう。
輪島さんはお酒を飲んでたようで、進行通りに事を運ばせてくれなく、
輪島さんが「打ち合わせしたっけ?」と言うと、浜ちゃんが「2回打ち合わせしてます」と。。
今回は2人の伝説を語ってもらう、「伝説王座決定戦」を開催。
「恋愛」では、輪島さんが奥さんとの出会い、ガッツさんが先生へのセクハラ話を。。
「リング上パフォーマンス」では、輪島さんが生放送ですぐKOしてしまい持ち歌を歌った事、
ガッツさんが笠をお客さんへ投げたら一周して自分へ当たった事を。。
「新伝説」では、2人でボクシングゲームを開催、輪島さんが勝利に。



8月

 

―8月1日放送―

星のレストラン」に浜崎あゆみちゃん、パク・ヨンハさんが来店。
好きな食べ物には、あゆが「焼肉」、
パクさんが「価格の安くて簡単に食べれる、ラーメンとかカレーとか」と。
嫌いな食べ物には、あゆが「カニ」、パクさんが「納豆」と。
あゆはカニを食べるとじんましんが出るそうで、松ちゃんが「今日はそれに挑戦しましょう」と。。
@前菜(お酒のつまみ)、Aメイン料理、Bデザートの3部門において、
ゲストのおすすめの一品をそれぞれ紹介してもらい、皆さんで出来立てを食べるという企画。
まず、パクさんの前菜は、東京・赤坂「母心郷 チョンギク新館」の「カボチャお粥」。
小豆も入って前菜なのに甘い感じだそうですが、皆さん美味しく食べていました。
これに合わせるお酒はアルコール21度の焼酎、
「一気で飲むのが韓国流」だそうで一気に挑戦したダウンタウンは最初からキツそうでした。。
あゆの前菜は、福岡市「高玉」の「刺身盛り」。
デビュー前からお店に行き、今でもスタッフさん達と行くそうです。
ダウンタウンも酔ってましたが、何故か大将も「いつも飲んでやってる」そうで酔ってました。。
お味の方は地元の新鮮な鮮魚を使ってるため、折り紙つき。。
今回は韓国式の食べ方「韓国のりに巻いて、酢コチュジャンやごま油で食べる」にも挑戦。
浜ちゃんだけは、「日本人は醤油付けといたらエエねん」と一言。。
食事中にパクさんが飛んでるハエを手で掴むシーンもあり、
松ちゃんが「まるで、前菜のようにつまんでるね」と。。
続いて、パクさんのメイン料理は、新宿「中村屋本店」の「スープカリー」。
以前に番組に出演したときにも話していたカレー、
「仕事終わりに初めて外で食事したときにカレーが食べたくて入ったお店」とのこと。
ヨーグルトを自分で入れて最後にまろやかさを出すのですが、
パクさんの最後まで何とかヨーグルトを出しきろうとする姿に「貧乏くさい」と。。
ヨーグルトを入れようとしない浜ちゃんには、
松ちゃんが「こいつ、食べ物では絶対冒険しない、マニュアル人間やから」と。。
あゆも以前に番組で創作カレーを披露するカレー好きなので皆さん美味しく食べていました。
あゆのメイン料理は、福岡・長浜「長浜屋台 やまちゃん」の「豚骨ラーメン」。
ここもデビュー前から行っていて、今でも必ず行くお店のようです。
500円という安さには、松ちゃんが「いい死に方しますよ」と一言。。
「行列できますよね?」にあゆが「必ず電話してから行くんで」と言うと、
「(そのときにいるお客さんを)外に出しておいてって?」と。。
紅しょうがとごまをたくさん入れて「ラーメンをピンクにする」のがあゆ流の食べ方、
ちなみに韓国には紅しょうがはないそうで「初めて見ました」とパクさん。
韓国では辛い麺しかなく、こういうラーメンは日本が初めてだったようで、
「さっきのスープカリーとラーメンは韓国で広めたい」とのこと。
そして、パクさんのデザートは、大阪・谷町「○△□焼 富紗家」の「イモッ子アイス」。
「大阪でコンサートのときにスタッフの方が持ってきてくれた」というアイスには全員が絶賛。
しかし、お好み焼き屋さんのため、浜ちゃんが「店からしたら不本意でしょ?」と。。
パクさんは2種類のアイスをペタペタ混ぜて食べるそうで、
その行為には松ちゃんが「なんか、やる事がスマートじゃないよね」と一言。
あゆのデザートは、福岡「hanaBi」の「チョコレート」。
「友達が働いてる」というチョコレートとお花を扱ってるお店で1コ300円というチョコ。
あゆは「ホワイトチョコが好きでホワイトチョコ無いの?って聞いたら作ってくれた」と言うと、
浜ちゃんが「うわ〜、作らせたんや〜!」、
松ちゃんが「あなたが聞く事自体が店からしたら誠意を見せろって事」と。。
新作のバラのチョコも登場しましたが、浜ちゃんが「あんま嫌いや、便所の芳香剤の匂い」と。。
これに続き、あゆも「確かにすごい美味しいってわけじゃない」、
パクさんも「ちょっと我慢して食べました」と言って、
松ちゃんが「皆お酒進んでるんで」と何とかフォローし、「俺、こんなキャラちゃうのに」と。。



―8月8日放送―

今週は、「真夏の対決名場面 全部見せますスペシャル!」を放送。
1998年7月放送の福山雅治さんとのビリヤード対決を皮切りに
数々のアーティストと対決を行ってきた名場面の総集編。
2000年4月放送の「浜田雅功 vs 奥田民生・アーチェリー対決」には、
謎の腹痛で欠席した松ちゃんが「朝起きたら謎の腹痛、怖いで〜」と一言。。

(放送した対決名場面)
1998年7月放送の「松本人志 vs 福山雅治・ビリヤード対決」
1998年12月放送の「松本人志 vs 福山雅治・料理対決」
2001年10月放送の「松本人志 vs 浜崎あゆみ・車庫入れ対決」
2000年8月放送の「ダウンタウン vs GLAY・ラジコン対決」
2001年2月放送の「松本人志 vs 宇多田ヒカル・テトリス対決」
2002年9月放送の「ダウンタウン vs 布袋寅泰・ジェンガ対決」
2005年2月放送の「松本人志・中森明菜 vs 福山雅治・松田聖子・ボウリング対決」



―8月15日放送―

レジェンドからパワーアップした「レジェンドの館」を放送。
ゲストは、野口五郎・西城秀樹さん、初代いいとも青年隊羽賀研二・野々村真・久保田篤)、
イモ欽トリオ山口良一・長江健次・西山浩司)の皆さん。

「当時のファン」には、
西城さんが「ステージにお金が飛んできて、パンツを50万円で売ってくださいってあった」
野口さんが「果物の名前が入ったタイトルが多かったんで
お客さんが果物をステージに投げてて3階から投げたのが頭に当たって脳しんとうになった」
野々村さんが「羽賀さんはキャラで女子大生〜OLに人気があって、
ボクは小学生〜中学生に人気があって、篤ちゃんはアイドルなのにファンが1人だけで、
海外旅行に行く企画のときもコンサートのときも必ず1人しかいなかった」
山口さんが「バレンタインのときには(長江さんは)10箱、(西山さんは)6箱で、
オレには紙袋1つ分ぐらいしか来てなかった」と。

「変わった先輩」には、
野口さんが「共同の楽屋ではボクらは荷物を置くだけで着替えもトイレでしてて、
首が痛かったときに楽屋に誰もいなかったんでマネージャーにマッサージしてもらってたら
先輩が来て「オレがしてやるよ」って背中に乗ってジャンプして、
それで肋骨が折れて本番を終えてから救急車で病院に行った」
西城さんが「(↑と同じ先輩が)歌ってるのをマネをしてたら、急にこっちに来て殴られた」
野口さんが「ボクと秀樹とひろみ(郷ひろみ)が出前を取って食べてると
必ず少しずつ食べていって自分はお弁当を食べてお金を使わない人がいた」と。
野々村さんの「羽賀さんと篤ちゃんはよくケンカしてて、
沢田研二さんとすれ違ったかどうかで本番中に裏で殴りあいのケンカをして、
それを止めてたら中に入ったボクがずっと殴られてた」には、
羽賀さんが「一回それで(野々村さんが)トイレに閉じこもって出てこないときがあって、
1時間ぐらい閉じこもったままでタモリさんが説得してくれても出てこなかった」と。

羽賀研二伝説」には、
西城さんが「何人かで家に来たときに好きな服を持って帰っていいよって言ったら、
1番高いやつを「これは五郎さんにあげましょう」って言ってその場は済んで、
そしたら次の日のオレのいない間にその服を持って行ってて、
お手伝いさんにご飯も作ってもらって食べて行ってた」
野口さんが「マスコミに叩かれてたときにいろいろ言い訳してたから
それは男らしくないって説教しようとしたら話の持っていき方が上手で
研二って良いやつだなって最終的に思ってしまった」
野々村さんが「蚊に刺されたときにそこを掻いてたから血が出てきて、
そこに熱の入ったドライバーをジュッて当てて治してた」と。

RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
今回は今週のCDアルバムランキングを放送、その中からAIが登場。
2年前に出演しているため、どんどん話すAI浜ちゃんが「お前、何慣れてんねん!」と。。
台湾でライブを行ったAI、空港でお決まりの記者の皆さんに囲まれたようで、
「そこでキックとか見せたらチャック全開で、そこが記事で大きく使われてた」と。
鹿児島出身のため、なまりもありますが本人は「取れた」と言い張り、
ダウンタウンは「1回も標準語で喋ってへんよ」「こっちも勘で返してるから」と。。



―8月22日放送―

今週のCHAMPは、EXILE
ダウンタウンからは、「昔と比べて生活に余裕があるからハングリーさが無くなってる」と。。
前回の出演でマネージャーを募集した件には、
5000通もの応募があって「何人か雇って、辞めてく人もいて今は1人残ってます」とのこと。
メンバーで大阪弁を使うのが流行ってるそうで、
ダウンタウンにも使ってましたが「何か気持ち悪い」と言われてました。。
CHAMPにゆかりのある方のゲスト、最初に登場したのは石田純一さん。
EXILEのライブに行ったり、一緒に飲んだりと仲が良いようですが、
RATHER UNIQUEのPVに出演した際に出番が3回と少なかった事に物申したいとのこと。
「言ってくれれば何でもやる」という石田さん、
以前に松ちゃんとGacktさんのにらめっこ対決で小学生の格好をしてくれたVTRも流れてました。
ここからは、MAKIDAIさん、USAさんが目にした石田さんの男前ぶりを紹介。
「女性への気遣い」では、「誰に対してもジェントルマンで優しい」そうで、
「僕らがレコーディングで遅れたときでもお酒を一滴も飲まずに本を読んで待っててくれた」と。
これには、松ちゃんが「その読んでた本がフライデー?」と。。
「英語ペラペラ」では、長谷川理恵さんも一緒にいたときに長谷川さんが帰った後、
「女の子のいるお店に行って英語でお店の人と話していた」そう。
「男前なシチュエーション」では、
「ドラマのプロポーズシーンとかは少し変えればプライベートでも使える」とのことで、
ホテルの部屋の窓を開けると向かいのビルの窓の電気がハートマークになるようにしていた、
雪だるまをプレゼントして溶けると指輪が出てきたという事を普段でもやっているとのこと。
お次に登場したのは、電撃ネットワーク
まずは危険なパフォーマンスをスタジオで披露してくれましたが、
ATSUSHIさんと仲が良くてパーティーで一緒になったり、メール交換したりしているそう。
今回は、皆さんのパフォーマンスの中から「人間打楽器」に挑戦する事に。
頭を叩いて音を鳴らして、それを繋げて曲にする事にATSUSHIさん、松ちゃん石田さんが挑戦。
しかし、頭を叩かれたときの痛さに皆かなり参った様子でした。。

RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
今回は1986年2月17日のCDシングルランキングを放送、その中から国生さゆりさんが登場。
おニャン子クラブに入ったきっかけには、
「元々、SONYのオーディションを受けてて、
今度「夕やけニャンニャン」っていう番組をやるんだけど誰かいない?っていう事で呼ばれた」と。
おニャン子クラブとしても、ソロでも「バレンタイン・キッス」がヒット。
「ソロで売れて会社やいろいろちやほやされて天狗になった」そうで、
「セリフは覚えない、歌詞は覚えない、練習やるのに覚えていかなかった」と。。
ADさんがウエスタンブーツを持って来たときには
「台がないと履けないでしょ」とウエスタンブーツを投げつけた事もあるそうで、
松ちゃんが「ウエスタンでもせえへんよ」と。。
当時の危ないファンの人では、「移動のときにダミーのバスを出して、その後に行ってた」そう。
しかし、「族の人達にバレてて、追いかけられたときは怖かった」とのこと。
一人暮らしをしていたときにはベランダから上がってくる人がいたそうで、
「窓開けて追い出した」と言うと、松ちゃんが「窓開けたらウェルカムじゃない」と。。
ココリコ・遠藤さんは当時国生さんのファンだったそうで、
松ちゃんが「そのベランダから上がってきたのも遠藤だったのかも」と。。



―8月29日放送―

今週のCHAMPは、観月ありささん!
2年3ヶ月ぶりの出演にダウンタウンは「映画の主題歌とかにならへんと歌わへんって事?」と。。
28歳になったそうで、観月さんは「年下がどんどん増えて年の話をするのがイヤになった」そう。。
CHAMPにゆかりのある方のゲスト、最初に登場したのは森久美子さん。
ドラマで共演して仲良しになったそうで、観月さんの人生唯一の合コンを開いてくれたそう。
「合コンした事ないって言うから1回ぐらい経験させてあげようと思って」と開催、
観月さんの「会った事のない人」というリクエストから男性陣にパイロットを揃えますが、
さんの自宅でたくさんの料理を出たところ、観月さんは食い気に走っていたそう。。
そこで気を利かせて2人1組でやるゲームを催し、男女の組を作ってあげたそうです。
今回は、スタジオでその2人1組でやる「ピクショナリー」をやる事に。
ルールは基本は2人1組でのすごろく、さいころを振ったマスに書いてあるお題の絵を描き、
もう1人がその絵が何か当て、当たったらまたさいころを振っていくというもの。
今回はすごろくは外して、1人の書いた絵をもう1人が当てるゲームをする事に。
浜田観月)と(松本)のペアで開始、最初のお題は「熱気球」。
さんの描いた上手な熱気球に松ちゃんは「気球」まで出たものの不正解、
観月さんの描いた熱気球に浜ちゃんは最初から最後まで「電球」と言い不正解。
次のお題「フーテンの寅さん」では松ちゃんの描いた上手な寅さんをさんが正解、
浜ちゃんの描いたどう見ても分からない寅さんに観月さんは不正解。。
次のお題「浮き輪」ではさんの描いた浮き輪に松ちゃんがすぐ正解、
圧倒的な絵のうまさの差で松本チームの勝利に。。

次のゆかりゲストで登場したのは、モト冬樹さん。
観月さんは人見知りのようで最初はダメだったそうですが、
お互いに酔ってるときに会ったときに
観月さんがモトさんを「ハゲ!」と100回くらい言い続けて打ち解けたそうです。。
そんなモト冬樹さんが来年公開の映画で初主演を飾る事になったそうですが、
その役が「ヅラ刑事」で必殺技がヅラを飛ばして相手を倒したり、
ヅラに意思があって勝手に変形したりするそうで、
観月さんは最初に話を聞いたときに「30分くらい笑ってた」そう。。

次のゆかりゲストで登場したのは、哀川翔さん。
映画で共演して共演者の方々は哀川翔さんの夫婦話をいろいろ聞いたそうですが、
主役で出番の多かった観月さんはあまり聞けずじまいだったようで今回聞く事に。
「どうして夜はダメなんですか?」では、さんは早寝早起きのために夜は失速するとのことで、
「撮影してても夜8時を過ぎるとカンだり、セリフを忘れたりする」そう。
家全体でも9時には就寝するそうで
「子供はいい迷惑ですね、そこから面白いテレビやるのに」と言われてました。。
「夫婦喧嘩がすごい」では、六本木で奥さんと結婚前に飲んでいたとき、
「よく分からないけど、いきなり飲んでるグラスで頭殴られて9発やられた」
「9発全部グラスが割れて、テーブル2つ染まるぐらい頭から血が出た」そう。。
「最初冗談なのかなって思って」と言うと、松ちゃんが「冗談で9回も殴りますかね?」と。。
血が流れ出るさんを置いて奥さんは逃げて行ったそうで、
それを追いかけたさんは六本木の交差点で奥さんに靴を投げつけて戻り、
「その1週間後に入籍しました」と言うと、浜ちゃんが「変、この人!」と。。
「コロッケ事件」では、「何が食べたい?」と電話が掛かってきて「コロッケ」と答えて帰ると、
ステーキが出た事にキレたさんがステーキをお皿ごと壁に投げたそうで、
その後も奥さんがステーキを出してきて、それをさんが投げるという連続だったそう。。
「車にドロップキック事件」では、健康ランドに行ったとき、
荷物を持っていたさんが帰るときに1つ置いてきたのを取りに行こうとすると
奥さんに「何やってんの、バカじゃないの?」と言われてキレて、
奥さんにあたれないので車にドロップキックをして修理に50万円かかったそう。。

RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
今回は今週のCDシングルランキングを放送、その中からmelody.が登場。
ハワイ育ちの日本人で日本に来て3年半のため、日本語より英語の方が楽とのこと。
漢字が特にダメなようで「メールで体調大丈夫?って送ったら、隊長大丈夫?にしてた」そうで、
松ちゃんは「それは隊長に聞いてみないと分かりませんね」と。。
ニュースで「台風一過」と出たときも「台風みたいにトラブルの多いファミリー」と思ったそう。。
そんなmelody.の日本の納得できないモノが「銭湯」。
「他の人もいるのに恥ずかしくないんですかね」と納得いかない様子。
「番台」の存在を知らなかったmelody.
「番台って絶対ハゲたオッサンがいて、その人は男・女湯どっちも見えて裸も見える」と説明すると、
「え〜」とますます納得いかなくなった様子でした。。



9月

 

―9月5日放送―

今週のCHAMPは、笑金オールスターズ
(出演はくりぃむしちゅー・ペナルティ・レギュラー・カンニング竹山・ヒロシ・ロバート
お笑いブームの勢いそのままにCDもリリースした皆さん、
歌が上手なのは脇田さんと松本さん、下手なのは山本さんなんだそうで、
スタジオで山本さんが得意という尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」を歌ってくれましたが、
秋山さんは「笑えない下手さ」、松ちゃんは「今尾崎が横切ったよ」と。。
最初のキーワード「ミュージシャンになりたかったんです」。
有田さんは「光GENJIになろうと決めてた」ようで、
上田さん曰く「高校卒業で皆で将来語ってるときに本気で言ってた」とのこと。。
「上京して竹下通り歩いてたら絶対スカウトされると思ってた」で浜ちゃんからビンタが。。
有田さんは学生時代は「モテててバレンタインとか卒業式に花束貰ったりした」そうですが、
これも上田さん曰く「事前に倍で返すからって営業してた」とのこと。。
竹山さんは「ロッカーズに憧れて、ロックバンドでヴォーカルやってた」そうですが、
「当時の方が華があった」という本人の写真を見ると「華ないな〜」との声が。。
ヒロシさんは「X JAPANさん好きでビジュアル系バンドをやったらモテると思って、
モテない人達とバンドやったけどダメでした」には、「モテない人達とやるからやろ」と一言が。。
しかし、当時のヒロシさんの写真にはダウンタウンも「全然いいやん」と様になってました。
次のキーワード「この人の大ファンです」。
上田さんは長渕剛さんの大ファンで
「高校時代にライブで長渕さんが使ったハーモニカを投げたのをキャッチした」そう。
「芸人になってからも好きって言ってたら、ライブで楽屋に通してもらえて、
大緊張で「これ、サイチュウってものなんですけど」ってお土産を渡したら、
「兄ちゃん、これ最中って言うんだよ」って長渕さんにツッコませた」
「1回2人で1時間くらい話した事があって、
最後に「今はまかり通っちゃいけないもんが通ってるだろ、そういうの漫才にしてくれよ」
って言われて、さすがに「それは無理です」って言った」と。
脇田さんも長渕剛さんの大ファンで
「ココリコの遠藤さんとライブに行って、ずっと手を突き上げてたら痛くて少し降ろして、
その後に楽屋で挨拶して握手したとき強く握られて、降ろしたのバレてたのかなって思った」と。
松ちゃんも長渕さんのライブに行ったそうで、
「ライブの後に挨拶しに行ったら、薄暗い部屋でお香たいてお経かけてて、
「どうだった?」ってめっちゃ小さい声で聞いてきた」とのこと。。
馬場さんは浜崎あゆみちゃんの大ファンで
自宅にポスターをたくさん貼ったり、トイレで自分の目線にあゆの目線が来るようにしてるそう。
以前に「ayu ready?」に出演した際、あゆは秋山さんが好きと言ったそうですが、
「それはLikeの好きでLoveじゃない」と言うと、松ちゃんが「お薬用意しとくんで」と。。
あゆグッズも持って来てくれてましたが、ダウンタウンに手荒に扱われていました。。
松本さんは槇原敬之さんのファンだったようですが
「昔に親の運転で車に乗ってたら、親が居眠り運転して田んぼに車ごと突っ込んで、
思いっきり打って歯茎から血がすごい出て、それから聞くとトラウマになってる」とのこと。。
有田さんは河合その子さんのファンで
「長州力とかにいってて、初めて女の人でハマったのが河合その子さんで、
コンサート行ったときも当時は自分がモテると思ってたんで
どんどんウインクして、絶対オレにキテると思ってた」と。。
ダウンタウンの2人も高田みづえさんのコンサートに行って、
「2人ともオレと目が合った、オレのために歌ってたって言い合ってた」そうです。



―9月19日放送―

今週は、「3時間ノンストップSP」と題しての3時間SP!

今週のCHAMPは、関ジャニ∞!(錦戸くんがドラマ撮影で最初は不在)
皆さんの夢は「一流になりたい」「マネージャーに朝起こしてもらって現場に行く」事だそうで、
現在は「大阪から自分達で新幹線に乗って、東京駅で車1台待ってるだけ」とのこと。
ダウンタウンは、「朝起こしてもらうけど、現場には自分達で行く」とのこと。
SMAP・木村拓哉くんと会った話では、
「挨拶させてもらったら何も言わずに親指立てたのが格好よくてマネしたけどダメだった」
「SMAPのコンサートに行ったときにSMAPがお客さんの方を回ってたときに
木村くんが「来い!」って呼んでくれて一緒にそこに乗せてもらった」と。
木村くんのポジションに憧れる皆さん、
「喋ったらドラマ来ないし、喋らんかったらバラエティ来ないし」と一言。。
CHAMPにゆかりのあるゲスト、最初に登場したのは関根勤さん。
KinKi Kidsの番組にレギュラー出演していたとき、Jr時代の(横山・村上・渋谷)と共演。
横山くんには、「ヘタレでマラソンときに足痛〜い、時代劇のときに着物がくずれてる」と。
これには、「そんなん言うてたらレギュラー無くなって、そこから頑張ろうって思いました」と。
村上くんには、「食事に行ったときに18歳なのに後が無いって言うんですよ」と。。
これには、「当時、ボクらそれ1本しかレギュラーなくてがけっぷちやったんですよ」と。
渋谷くんには、「スタジオで隣の席になったとき、当時は下ネタとか大好きな年頃だったから、
収録中に陰で下ネタ言ってたらすごい笑ってくれて、
お笑いとして笑ってくれたら嬉しいからどんどん言ってたら後でスタッフに怒られた」と。。
関根さんが最初に関ジャニ∞を見たときには、
「新しいのが出てきたなって見たら3人がいて、え〜ってビックリして嬉しかった」と。
関根さんがジャニーさんと会った話には、「23〜4年前に一回挨拶した事があって、
この前久しぶりにUSJで別の仕事で来たジャニーさんがいて、
「You誰?」って言われたくて挨拶に行った」そうです。。
お次のゆかりゲストに登場したのは、218cm・160kgの大型K-1ファイターのチェ・ホンマン
横山くんが格闘技大好きなようで、感想には「顔がでっかいお弁当箱みたい」と。。
ここで、ドラマ撮影から錦戸くんが合流。
いきなり「火曜9時スタートの・・」と宣伝を始めると、
浜ちゃんが「あ〜あ〜!」、松ちゃんが「日曜朝6時半スタート」と。。
チェ・ホンマンのパンチ力を調べるため、パンチングマシーンが登場。
参考記録としてやった、安田くんが98kg、横山くんが111kg、関根さんが101kgの中、
チェ・ホンマンは凄まじいパンチで186kgとダントツの記録を出していました。
続いて、丸山くんからの物申すでは、「勝ったときの踊りがイケてない」と。
新しい踊りを考えてきた丸山くんが披露しますが、スベってしまい「帰れ!」と言われる始末。。
お次のゆかりゲストに登場したのは、何回か共演しているという長州小力
いきなりパフォーマンスを見せてくれますが、関ジャニ∞も盛り上がる中、
1人盛り上がれない錦戸くんは「(ドラマ行ってたから)こんなん知らんもん」と一言。。
横山くん、丸山くんの2人がプロレスで対戦した事があるそうですが、
関ジャニ∞側が勝つ予定だったのに長州小力さんが勝ってしまったそう。
長州小力さんは16歳でジャニーズに書類を送って落ちた事があるそうで、
「その仕返しをさせてもらった」とのこと。
(当時の写真も出ましたが「日曜日のお父さん」と言われてました)
錦戸くんへ物申すでは、「さっきもそうだけど明らかにオレにハマってない」と。
これには、「面白いのもあるんですけど、ボクは他の人と観点が違うんですよ」と返答。
丸山くんへ物申すでは、「番組で2人で隠れる事があって、
そこでいろいろ語り合って最後に電話番号渡したのに2年間経ちました」と。
これには、「東京に行く事もなかったし、忙しいかなって思って」と返答しますが、
長州小力さんは「オレ、そのときバイトしてたから全然ヒマ」と。。

レジェンドの館 SP」では、過去の日本の音楽界を作っていった皆さんを紹介。
最初のゲストは、野口五郎・錦野旦
錦野旦さんのデビューのきっかけの話では、
「父親が働いてたキャバレーでトランペットを吹いてたら、
そこに来ていた作曲家の方が「あの子は歌える?」って言って、
「柳ケ瀬ブルース」を歌ったら引き抜いてもらえて、その方の事務所からデビューしたけど、
その方が石原プロと通じてたから、もしかしたら石原軍団でデビューしていたかも」。
野口五郎さんのデビュー前の話では、
「最初にキャバレーとか回って歌ってたんですけど、
15歳だとダメだから18歳って年を上げて歌ってて、
そこで錦野さんとも一緒だったんですけど錦野さんは逆に年を下げて歌ってて、
いざデビューするときにそれまで錦野さんと1歳違いって事になってたのに
2人とも実年齢に戻してデビューしたから実際は8歳違いだった」。
お2人が活躍した芸能界大運動会の話では、野口五郎さんが郷ひろみさんのフライング疑惑を。
「クロール25mでスターターがひろみのマネージャーで
ひろみのスタートに合わせてピストルを鳴らしてた」という疑惑のため、
VTRで検証すると逆に野口さんがフライングしていた事実が出ていました。。
錦野旦さんは、棒倒しで大先輩たちを蹴飛ばしていたそうで、
「学生時代の熱い気持ちが出ちゃって、
怒った先輩に後で裏に呼ばれそうになったのを他の先輩がなだめてくれた」と。

次のゲストは、杉田かおる・高橋ジョージ・風見しんご
子役でブレイクした杉田さん、その後にも「金八先生」「池中玄太」で再ブレイクしていますが、
その間はマネージャーがいなかったのでセルフプロデュースでアイドルデビューして失敗、
「バラエティやクイズ番組もバカがバレるから出ない事にしてた」そう。
「子役のときもピリピリしてたから、周りにすごく迷惑かけた」とのこと。
高橋ジョージさんは、23歳でデビューするも35歳でブレイクという遅咲き。
その間には、安岡力也さんのバック、キャロルの荷物運びもしていたそうで、
松ちゃんが「よりによって、怖いところばっかですね」と。
メンバー・マネージャーと借金を背負って会社を起こし、
1人50000円ずつ借りてスタジオを1日借りてレコーディングをしているとき、
「ロードって曲はあったけどロックじゃないから外してたけど、
雪に降られてパン2つも買えない淋しい状況になってロード歌おうって思って、
時間ないから一発録りで録ったけど、どうせB面だからいいかって思ってたら、
どんどん有線から人気が出てきた」そう。
風見しんごさんは、哀川翔さんを介して一世風靡でデビュー。
欽ちゃんファミリーに入ったきっかけには、
「オーディションがあって、当時1番人気だった野々宮真くんが受ける付き添いで行ったら、
自分も受ける事になっちゃって、終わった後に欽ちゃんの楽屋に挨拶に行ったら、
「元気がいいのが来たね、合格」って自分だけ受かった」とのこと。

次のゲストは、新田恵利・高橋真美・青田典子
おニャン子クラブでは、新田派・国生派に分かれていたというエピソードもありますが、
「私は日給5000円っていうのに惹かれてバイト感覚で入ったから、
他の芸能界で売れるために入った人と気持ちが違ったから怖かった」そう。
今では、国生さんに「私も前でピンクの衣装で歌いたかった」と言われるぐらい仲良くなったそう。
高橋真美さんの欽ちゃんファミリーに入ったきっかけには、
「10人くらいがオーディションで集まって、
何時間か待たされたのに欽ちゃんは部屋に入るとすぐ「分かった」って出て行っちゃって、
後で合格になった理由を聞いたら「太ってるからツッコミどころがある」って言われた」。
青田典子さんを口説いた芸能人の話では、
「H.K(タレント)さんが田中美奈子さんを通して電話番号を渡して来た」
「K(野球選手)さんが裏でやってるフィーリングカップルに私を指名して招待状が来た」
「Y.S(俳優)さんが旅番組の相手役に指名してきて1日中口説かれた」。

次のゲストは、松本伊代・アグネスチャン・石野真子
松本伊代さんは、「私はなかったけど、「夜ヒット」ではよく電話番号交換とかがあった」。
アグネスチャンは、「野口五郎さんと「平凡」や「明星」で対談とかしたら、
その後に局のトイレに入ったときに外から「五郎を返せ!」って泣いてるファンがいて、
ガードマンに連れて行かれてたけど五郎のファンは1番怖かった」。
石野真子さんは、「出待ちしてる人の中で必ず囲まれたときに胸とか触ってくる人がいて、
親衛隊の人たちがそういうときは守ってくれていた」。
錦野旦さんは、「男性にも触ってくる女性ファンがいた」と。

ここからは、「アイドルグランプリ」を開催。
出演者の皆さんのデビュー当時の写真を今の若者に見せて、
「この人のファンになりたい」という人を選んでもらう人気投票。
男性編では、接戦ながら錦野旦さんが1位。
女性編では、こちらも接戦ながらアグネスチャンが1位。

RANK-IN」では、新旧のCDランキングのチャートから1つをPICK UP。
今回は今週のインディーズランキングを放送、その中から川嶋あいちゃんが登場。
インディーズでは毎回上位にランクインしていますが、
13歳には演歌歌手としてデビューしていてその音源を披露。
しかし、ダウンタウンは「売れね〜な」「買わね〜な」と。。



「HEY!HEY!HEY!・2005」ページへ