1997年



―7月27日放送―

真夏の27時間テレビ SPライブ
司会:ダウンタウン篠原ともえ

毎年恒例のフジテレビの27時間テレビ、1997年のMCを務めたのはダウンタウン
その27時間テレビの目玉企画の1つとして、お台場の特設野外ステージでのSPライブを開催。
前日が大雨に見舞われましたが、朝から行われたSPライブには1万人近くのお客さんも。。
ダウンタウンはお台場フジテレビのスタジオ内にいるため、
特設野外ステージの方では篠原ともえちゃんがMCとなり、
ともえちゃんとゲストとのトーク&ダウンタウンとのクロストークも。
(まだ、ともえちゃんがシノラー全開だった頃なので、
ゲストともダウンタウンともトークが噛み合わず、ともえちゃんペースで進行していってました。。
ライブの方では快晴の天気の中、各アーティストによる貴重な野外ライブでお楽しみ。。
T.M.Revolutionとは、やはりケンカっぽくなってしまってましたね。。
Every Little Thingは、もっちーの衣装がすごい可愛かったです。。
華原朋美ちゃんは、ちょうど陽が落ちてきた頃の「LOVE IS〜」が景色に合ってて良かったです。。
最後の方には、ダウンタウンも野外ステージの方へ来てました。

ちなみに、前日が大雨となってましたが、前日夜に行われたドラマ陣によるゲーム大会は散々に。。
本当は同じ野外ステージで大々的に行われるはずだったトーナメント方式のゲーム大会ですが、
大雨のために仮設のテントの中で小さく小さく行われました。。
(超大型ビジョンの予定が普通のテレビになったり、普通のパイプ椅子に座ったりなど。)
ちなみに、参加したのは、このクールのドラマ出演者(木村佳乃さん・松嶋菜々子さんなど)と
アーティスト(T.M.Revolutionピエール瀧さんなど)など豪華な出演者陣でした。。
ドラマ「ビーチボーイズ」(反町隆史・竹野内豊・稲森いずみ・広末涼子)の皆さんは、
ドラマ撮影場からの中継だったので、この場には居合わせずにすみました。。(^^;)



2001年

   

―12月6日放送―

FNS歌謡祭
司会:楠田枝里子川端健嗣アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテルの「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、3年連続で
松本くんは、今日テストだったそうですが、「散々だった」とのこと。。
「今年を振り返って」では、5月の初の全国ツアーを。白のコートの衣装もお似合いでした。

お次は、hiroちゃん、hitomiさん。
hiroちゃんは、いろいろなCGが駆使された中での曲披露を。(普通な方がいいような気も。。)
セクシーな衣装でしたが、「頑張りました・・」と一言。
10月のSPEED再結成には、「皆、大人になってました」と。
女性の憧れ的存在のhitomiさんに「hitomiさんのようになるには?」と質問を。
hitomiさんからは、「なるべく、運動するようにしてます」と返答が。

アーティストさんが今夜かぎりの名曲を披露してくれます。
「Part1」では、ELTの「fragile」、DREAMS COME TRUEの「SNOW DANCE」を。

続いては、Gacktさんが登場。
「堂本兄弟」などでの面白さも光り、多方面での活躍が見られましたね。
曲披露では、あの移動カメラが良い感じでした。。

お次は、観月ありささん。藤木直人さん、神田うのさんが応援に来てくれました。
来年、「ナースのお仕事」の映画が公開されるんですよね。
曲披露では、ナースの衣装からの早替えもありましたね。。

続いては、Every Little Thing
新曲は、モッチーが作ったのが話題ですが、モッチーからは作詞作曲について「楽しい」と。。
「いつ、思い付くんですか?」には、「お風呂入ったり、お皿洗ってるとき」とのこと。
モッチーの衣装、面白い感じになってましたね。

お次は、ポルノグラフィティ小柳ゆきちゃんの登場。
ポルノは、今年2本のツアーを敢行。(現在もツアー中)
「今年を振り返って」では、「充実した1年だった」と。
小柳ゆきちゃんの「今年を振り返って」は、ツアーの成功を。
ヘアースタイルの変貌ぶりも印象的でしたよね〜。。

ここで、「FNS歌謡祭 1990〜1995 ベストヒット・セレクション」を。
これまでの「FNS歌謡祭」の歴史をVTRで振り返ります。

アーティストさんが今夜かぎりの名曲を披露してくれます。
「Part2」では、モーニング娘。の「ザ☆ピース!」、郷ひろみさんの「GOLDFINGER'99」、
安室奈美恵ちゃんの「CAN YOU CELEBRATE?」を。

お次は、GLAYが登場。
今年は、EXPOツアーを行い、これからドームツアーに入る皆さん、
「バンドとして、良い年になった」と振り返りました。。

続いては、浜崎あゆみちゃん。
今年、ファッションでいろんな賞にも輝いたあゆ、今日は白のドレスで登場。
今年は、シングルが5枚、元旦にはアルバム発売と良い流れで来てますね。。

お次は、KinKi Kids
座長公演中の光一くん、今日も公演をしてきたんだそう。
海外でのライブも行ったKinKi
飛行機がダメというくんは「前日に徹夜して、絶対に飛行機の中で起きないようにする」そう。。

続いては、DREAMS COME TRUE
新作のジャケットの話も出ましたが、ツアーが年明けの4日から始まるようです。
中村さんの髪型が面白くなってましたね。。(^^)

お次は、TOKIO安室奈美恵ちゃんが登場。
TOKIOは、男性ファンだけのライブなど、いろんなイベントが出来たようですね。
初の1位に輝くなど、「歌で活躍できたのが嬉しい」と。。
安室ちゃんは、ツアー中にカラオケに行った話を。
自分の曲も歌ったそうですが、点数は低かったそう。。(そんなもんですよね・・。)

続いては、モーニング娘。。
今日が誕生日のちゃんにケーキが贈られました。。新メンバーの自己紹介も。
曲披露では、最初の「愛をください〜♪」は高橋愛ちゃんが担当。
よっすぃーが格好よくキマってましたね。。

ここで、「FNS歌謡祭 1996〜2000 ベストヒット・セレクション」を。
これまでの「FNS歌謡祭」の歴史をVTRで振り返ります。

お次は、平井堅さんの登場。
平井さんは、歌声も魅力的ですが、「自分の声が嫌いなときもあった」そうですよ。。
曲披露では、バックにコーラスやストリングスを率いての一曲を。。

続いては、郷ひろみさん。
今年いっぱいで活動休止に入るさんですが、「今後の具体的な事は、決まってない」とのこと。
とりあえずは、NYで生活を送るようです。

お次は、松たか子さん。
今年は、初めてのツアーを行ったさん、「感謝の1年でした」と振り返ります。
来年は、1月2日から舞台が始まるため、忙しいようです。

続いては、J-FRIENDSの登場。
5作目となる今作では、作詞にも挑戦しているんですね。
国分くんからは、「こういう気持ちを大事にしていきたい」と一言が。。

お次は、NYからの中継でStingが登場。
9月にテロで大変な被害を負ったNYの復興のため、今回出演してくれる事になりました。。
テロへの思いを語ってくれました。。

続いては、東京タワー前から中継でSMAPが登場。
年末の各音楽番組には出演しない事が決まっている皆さんですが、
「フジテレビには、今年迷惑をかけてしまった」との気持ちから出演してくれる事に。
現在は、くんが「スタアの恋」、木村くんが「忠臣蔵」、
慎吾ちゃんが「人にやさしく」の撮影中とのこと。
歌の前には、中居くんからのコメントもありました。。

今年の「FNS歌謡祭」のトリを飾ってくれるのは、北島三郎さん。
40周年を迎えたサブちゃん、「まつり」で大トリに相応しい盛り上がりを見せてくれました。。
バックには、出演者の皆さんも登場して、盛り上げてくれました。。

EDでは、出演アーティストの皆さんが登場し、お別れとなりました。。

 

2002年

 

―12月5日放送―

FNS歌謡祭
司会:楠田枝里子川端健嗣アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテルの「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、松浦亜弥ちゃん、
初登場の松浦亜弥ちゃん、「めちゃめちゃ緊張してます」と。。
「今年を振り返って」は、「とても早かったですけど、充実してました」と。
いつもかわいい衣装の亜弥ちゃん、
「衣装を考えるのはつんくさんなんですけど、細かいところで自分の意見もあります」とのこと。
は、主演映画の公開、フジテレビでは土曜のお昼の「なまあらし」も好調ですね。。
「今年の印象に残ってる事」では、大野くんが「ツアー」、
相葉くんが「ファンのみんなとハワイに行った」、桜井くんが「映画」を。
そして、二宮くんと亜弥ちゃんが映画「青の炎」で共演している話も。
お互い、好印象の様子でしたね。。亜弥ちゃんの曲披露では、照明がキレイでした。。
の曲披露では、照明が格好いい感じに。。衣装や髪型も良かったですね。

お次は、今年がデビューの藤本美貴ちゃん、タッキー&翼
美貴ちゃんの衣装は、ピンクのキラキラのかわいい感じ!(「ポイントは、星です」と。)
松浦亜弥ちゃんと仲良しで、「家で映画を見たりしてます」とのこと。
タッキー&翼は、念願のデビューですが「ファンの皆に叶えてもらったデビューだと思ってます」と。。
「一緒にやってみて?」には、「もう、長い付き合いなんで」と。
曲披露では、バックにKAT-TUNJr.のみんなが。

続いては、小柳ゆきちゃん、観月ありささん。
ゆきちゃんは、いろいろコラボなどもありましたが「夢のような一年だった」と。
観月さんは、11年連続の出演。今日が誕生日の観月さん、ケーキも登場してお祝いムードでした。。

ここから、FNS歌謡祭の30年の歴史を振り返る、「感動の名曲集 70年代 パート1」を。
会場にいた、佐々木主浩さんからは「子供の頃に聴いてたので懐かしい」、
東尾監督理子さんは「音楽を聴いてリラックスしてます」と、コメントを。。

お次は、V6BoA。韓国の大きな音楽祭に日本人で初めて出演したV6、「楽しかった」と。
BoAちゃんも出演していたそう。)
イノッチは、「舞台で韓国に行ったんですけど、言葉とかもあって良い経験になった」と。。
日本語もどんどん上達していますBoAちゃん、
「だんだん慣れてきた」「スタッフさんが優しいので、楽しかった」と。。
衣装も格好よかったですね。

ここから、FNS歌謡祭の30年の歴史を振り返る、「感動の名曲集 70年代 パート2」を。
一緒にVTRを見たモーニング娘。の皆さんは、「誰も生まれてません」とのこと。。(^^;)
続く、「80年代 パート1」では、矢口ちゃんが「ほとんど知ってる」、
なっちちゃんが「親の影響で結構知ってる」と。。

続いては、おニャン子クラブモーニング娘。
「ライバルは、モーニング娘。」というおニャン子の皆さん、
矢口ちゃんは「強敵ですね。」「会えると思ってなかったんで、嬉しいです」と。。
モーニング娘。の「今年を振り返って」は、
かおりんが「いろいろメンバー編成とかあったんですけど、楽しくできました」と。
来年に日本に来る「キダム」のサポーターも務めてますが、
なっちからは「ビデオを見たんですけど、
ミュージカルやコンサートやサーカスも詰まってて面白かったです。」と。。
楠田さんからの「加護ちゃん、ゾウは出ないの?」には、加護ちゃんが「あ〜・・・」と。。(^^)
曲披露では、照明の色が良い具合でした。。

お次は、島谷ひとみさん、KinKi Kids
島谷さんの「今年を振り返って」は、「いろんな人に出会えて、良い1年だった」と。
上京して4年となる島谷さん、毎日欠かさず広島の実家に電話しているそうで、
「今日も、朝に電話してきました」とのこと。黒のロングコートの衣装が良かったです。。
デビューからの連続1位記録を続けているKinKi、「皆さんに作ってもらった記録ですんで」と。。
1回もケンカした事がないそうですが、「お互いを尊重し合ってるので」とのこと。
光一くんの衣装、王子様になってましたね。。(^^)

TOKIOは、今日の新聞で体調不良と出ていた山口くんが「なんとか、回復しました」と登場。
「今年を振り返って」は、長瀬くんがアコーステッィクライブ、
リーダーが「山口の入院を今日の新聞で知った」、山口くんが「ケガが多かった」、
松岡くんが「今井翼のデビュー日に電話を入れたら、繋がらなくなってた」と。。(^^;)
国分くんは、「映画「ソウル」がうまくいった事ですね」とボケて、
見事に交わされてしまいました。。(^^;)

続いては、安室奈美恵ちゃん、Gacktさん。
黒髪にした安室ちゃん、「心境の変化?」と聞かれて、否定。。
「来年の抱負」では、「ライブをやりたい」と。
音楽以外でも活躍してましたGacktさん、クリスマスには横浜アリーナでのライブも控えてますね。

ここから、FNS歌謡祭の30年の歴史を振り返る、
感動の名曲集 80年代 パート2」「90年代 パート1」を。
一緒にVTRを見たJ-FRIENDS光一くんは、「見入ってましたね〜」と。。J-FRIENDSは、
神戸の被災地の子供たちが小学1年生→中学3年生の義務教育を終了するまで行われるプロジェクト。
坂本くんは、「このメンバーで出来たのは、良い経験になった」と。
初披露となる新曲を歌ってくれました。。

お次は、CHEMISTRYくず
今年は、Voices of KOREA/JAPANのメンバーとしてW杯の成功に一役買ったCHEMISTRY
「緊張しました」「良い経験になった」と。。
初登場のくず、「本当は、歌手になってみたかった?」の質問には、「ぐっさんが歌手志望でした」と。

Every Little Thingの「今年を振り返って」は、いっくんが「レコーディングが多かった」、
モッチーが「ライブとかに出て、季節を感じつつ」と。
曲披露では、照明が格好いい感じでした。モッチーの衣装がキュートでした。。(o^_^o)

平井堅さんの「今年を振り返って」は、
「すごく充実してた」「こんなヒットするとは、思ってなかった」と。。
「来年の抱負」では、「マイペースに」とのこと。
曲披露では、「大きな古時計」「Ring」を。CGでたくさんの雪が降ってました!

元ちとせさんは、先ほど行われたライブの模様を。
コメントでは、「とても充実した一年でした」「こんなに歌ってて楽しいと感じたのは初めてです」
「来年は、ライブだらけにしたいと思います」と。

ここから、FNS歌謡祭の30年の歴史を振り返る、「感動の名曲集 90年代 パート2」を。

今回のラストを飾るのは、浜崎あゆみちゃん。
「ayu ready?」で司会もしていますが、「ゲストの方に進行してもらってる感じ」とのこと。。
「来年の抱負」では、「マイペースに」と。あゆの衣装は、背中の開いた黒のドレスでした。。

EDでは、出演アーティストの皆さんが登場し、お別れとなりました。。

 

2003年

 

―12月3日放送―

FNS歌謡祭 直前放送」(15:00〜)
司会:内田恭子アナ

「FNS歌謡祭」の生放送を4時間後に控え、出演アーティストや過去の放送などを紹介します。
内田アナの進行している裏では、平井堅さん、女子十二楽坊のスタンバイとリハの最中。
ここで、今日も出演します上戸彩ちゃんがゲストに。
「リハは、どうでした?」には、「アーティストさんが座る席が近いんで、緊張しました」と。
今年については、「いろいろあったけど、マイペースにやりました」と。
カラオケにたまに行くそうで、BoAちゃん・島谷ひとみさん・SPEEDなどがレパートリーのようです。
ここで、「歴代の司会者&出演者」をボードで紹介する事に。
ちゃんの好きなアーティストさんは、Kiroroとのこと。

ここで、上戸彩ちゃんに代わり、島谷ひとみさんが登場。
島谷さんの「初めて買ったCD」では、久宝留理子さんの「男」なんだそうです。(当時、小4)
島谷さんの好きなアーティストさんは、DREAMS COME TRUEの吉田美和さんとのこと。
来年については、「良い曲に出会って、マイペースにいけたら」と。

ここから、くずの2人も登場。
今年については、「世界柔道のテーマ曲もやらせてもらって、視聴率もよかったんで良かった」と。
来年については、「くずのコントを作っていきたい」とのこと。



―12月3日放送―

FNS歌謡祭 スーパーニュース 前宣伝

夕方の「スーパーニュース」の芸能コーナーの中継には、松浦亜弥ちゃん、後藤真希ちゃんが登場。
2人は、「まっつん」「ごっちん」と呼び合ってるそう。
「お互い忙しいから」一緒に遊びには行けないようです。(プリクラを撮ってみたいそうですよ)
真希ちゃんは、ソロでのFNS出演は初めてですが、
「最近は、結構慣れてきて大丈夫」「自分の力を出したいです」と意気込みを。
亜弥ちゃんの今年については、「とっても忙しかったけど、タメになりました」とのこと。
来年にはミュージカルを控えてる2人ですが、
クリスマスの予定には、真希ちゃんが「いっぱい料理を作って、家族で祝う」、
亜弥ちゃんが「家族でボウリング大会(罰ゲームの掃除付き)」を挙げてました。



―12月3日放送―

FNS歌謡祭
司会:
楠田枝里子川端健嗣アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテルの「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、
NEWS上戸彩の3組!
記憶に新しい「W杯バレー」のサポーターを務めた
NEWSは、「いい経験になりました」と。
今日の合間の時間には、
とゲームの交換をしていたそう。
初出場の
上戸彩ちゃんは、「足がガクガクした」と緊張の様子。
来年については、「仕事もプライベートもマイペースに出来たら」とのこと。
かわいい衣装でしたね。。
の今年については、「ツアーや映画と5人で出来て、充実していた」と。
冬のツアーもある皆さん、「冬っぽいシンプルな感じになる」そうです。

お次は、
後藤真希ちゃんの登場。
今年については、「ミュージカルや映画やツアーで大切な時間を過ごせました」と。
ソロになって良くなった事については、「ファンの人とのやり取りとか」とのこと。
白のかわいい衣装が素敵でしたよ。。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。

続いては、
V6光永亮太モーニング娘。の3組。
V6の今年については、イノッチが「ツアーや映画が6人で出来たのが良かった」と。
来年については、
坂本くんが「常にチャレンジ精神を持って、何か新しい事をやりたい」と。。
光永さんへ「ヒットして変わった事」の質問には、「忙しくて自分の時間がなくなった」と。
V6岡田くんが光永さんの曲をよく聴いているそうです。(2人は同い年なんだそうです)
モーニング娘。は、なっちがラスト出演ですが「いつもと違う緊張感がある」とのこと。
今回は、応援サポーターを務めた「キダム」のテーマ曲「シャボン玉」を披露。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代パート2」「80年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
松浦亜弥ちゃんとBoAちゃんは、「まだ生まれてない」とのこと。。
安室奈美恵ちゃんは、「だいたい分かります」、EXILEは「名曲は分かりますよね」とコメント。

SPEED ヒットメドレー」と「モーニング娘。 ヒットメドレー」を。
SPEEDは、デビュー曲「Body&Soul」と冬の名曲「White Love」を披露。
白の衣装が良い感じでした。
モー娘。のメドレーは、卒業したメンバーのパートを新メンバーが歌ってるのが新鮮でしたね。。
チャイナドレスの衣装もお似合いでしたよ。。

お次は、
Every Little ThingI WiSH
ELTの今年については、いっくんが「自分のペースで出来ました」、
モッチーが「2年ぶりにツアーをして、ファンの皆さんと心の会話が出来て感謝してます」と。
Zepp Tokyoでライブ中の
I WiSHのところには、内田アナが。
「明日への扉」の大ヒットには、「自分の中では、あまり変わってない」「人の温かさを感じた」と。
「あいのり」主題歌として先輩の
モッチーからは、
「今日は会えないみたいなんで、次に会えるのを楽しみにしてます」とコメントが。。
曲披露では、「fragile」と「明日への扉」の「あいのり」主題歌を。
「fragile」がフルサイズで流れてくれたのが良かったですね。。

続いては、
安室奈美恵松浦亜弥BoAの歌姫3人が登場!
衣装の話でしたが、
安室ちゃんの衣装は格好いい感じ。
亜弥ちゃんの衣装は、曲に合わせ「半分キュート・半分セクシー」なかわいい感じに。
BoAちゃんの衣装は、曲に合わせてのストリート系の感じに。
曲披露では、
BoAちゃんのときの照明がキレイでした。。

お次は、
TOKIOEXILE
TOKIOの今年については、松岡くんが「マネージャーの結婚が良かった」、
長瀬くんが「音楽やドラマでいい作品に恵まれた」と。
EXILEの今年については、SHUNさんが「今年以上の年はないんじゃないかってぐらいの年」と。
「お腹が空くと、機嫌が悪くなる人」では、USAさんが指名されてました。。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代パート2
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
VTRを見ていた
平井堅さんにとっては、「ど真ん中の世代」とのこと。
今回、
坂本九さんの曲をカバーしましたが、
「坂本九さんとデュエットがしたいなと思ってたんですけど、まさか叶うとは思ってなかった」と。
坂本九さんの夫人の由紀子さんも駆けつけてくれまして、
「息子ぐらいの年の人が歌ってくれるのが嬉しい」とコメントを。
曲披露では、
坂本九さんの当時の映像と平井さんのデュエットを!

続いては、
女子十二楽坊の皆さんの登場。
大ヒットについては、「言葉は通じませんが、音楽を通じて皆さんと心の交流を計れて感謝してます」と。
音楽番組で演奏するのは初めてという皆さんの演奏、迫力あるステージでした。。

安室奈美恵 ヒットメドレー
1995年と1996年のヒット曲を3曲披露してくれました。格好いいですね。。

お次は、
SPEEDCHEMISTRY島谷ひとみくずの4組!
久々に4人が終結した
SPEEDは、「楽しい」「心強い」「4人だとウルサイ」とのこと。。
CHEMISTRYの今年については、「ツアーが2回にアルバムも出せて充実してた」と。
来年については、「製作にも係わって、自分達の色に染めていきたい」とのこと。
月9で女優にも挑戦した
島谷さんですが、「慣れないですね〜。。」と一言。
初のツアーも行った
島谷さん、「今年は、いろいろ初づくしだった」そうですよ。
くずの2人は、くず自体が久々のようで「設定とかも忘れてました」と。。
宮迫さんは、先日40℃の熱を出したとき、「嫁に「救急車呼んで」って言ったら、
「訳の分からん事を言うな」と言われて、自分で救急病院に行きました」とのこと。。(^^;)
曲披露では、
宮迫さんの歌詞ミスも。。

Mr.Childrenは、レコーディングをしている都内のスタジオから中継を。
病気からの復帰を遂げた
桜井さんは、「5月からレコーディングに入って、
2週間やって1週間休むって感じで頑張りすぎないようにしてる」そうです。
今日歌う「くるみ」もこのスタジオで作られたそうですが、
曲自体は
桜井さんの病気の前からあったそうです。
桜井さんは、「初めてTVで歌うから、すごい緊張する」と一言。。
曲披露では、あの配置の感じがすごい良いですね。。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
VTRを見ていた
中島美嘉ちゃんは、「Le Coupleさんは、カラオケで歌ってました」と。
黒髪にした
美嘉ちゃん、「元々、黒が好き」なんだそう。
ファッションの話でも、「黒髪の方がいろいろできる」そう。

続いては、
KinKi Kids一青窈さんの登場。
KinKiの今年については、「2人の活動を多くしようと思ったけど、そんなでもなかった」と。
「お互いの性格」には、2人とも「近すぎて、よく分からない」とのこと。
一青窈さんへ「ステージは、慣れました?」の質問には、「まだ、緊張します」と。
KinKiの曲披露では、SMAPがいる目の前で歌ったため、2人とも笑いぎみでした。。
一青窈さんの曲披露では、オーケストラをバックにしての「もらい泣き」を。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代パート2
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
VTRを見ていた
SMAPからは、木村くんが「「Tomorrow never knows」や「LA・LA・LA LOVE SONG」は、
そのときのドラマのシーンとかを思い出す」と。
吾郎ちゃんは、「昨日の事のように思えるけど、実は結構昔なのが不思議な感じ」と。。

お次は、
夏川りみさんが沖縄の首里城の前からの中継を。
今年については、「いろんな人に「涙 そうそう」を聴いてもらえた」と。
来年については、「自分の時間も持って、多くの人に聴いてもらえるように」とのこと。

今日、出演予定だった
松たか子さんが体調不良のため欠席に。
さんが送ってくれたFAXも披露されました。お大事に。。

続いては、
森山直太朗さんの登場。
今年については、「一つの曲を通じて、いろんな人と係わりも持てて嬉しかった」と。
来年については、「歌を聴いてもらえる、よりいい環境にしたい」と。
曲披露では、オーケストラとコーラスをバックにしての「さくら」を。

お次は、
浜崎あゆみちゃんが登場。
衣装は、さっきまで作っていたという白の衣装。(靴が特にかわいかったです)
今年については、「いろんな仕事に恵まれました」と。
来年については、「歌わせてもらえれば」とのこと。
ショートにした
あゆですが、昨日切ったばかりなんだそうです。

今年のトリを飾るのは、
SMAP
今年の印象的な事には、
木村くんが「出会いが良すぎました」、
吾郎ちゃんが「個人としても、グループとしてもバランスよくできた」、
くんが「ドラマの主題歌が大ヒットになってラッキーだった」、
慎吾ちゃんが「ダイエットして、体が良い感じになりました」、
中居くんが「曲を認めてもらったり、こういうところに出れるのが嬉しい」とコメントを。
今回は、オーケストラをバックにしての「世界に一つだけの花」を披露してくれました。

EDでは、出演アーティストの皆さんが登場し、お別れとなりました。。

 

2004年

 

―12月1日放送―

FNS歌謡祭 F2-X 前宣伝

お昼の「F2-X」の芸能コーナーの中継には、H.P.オールスターズから12人が登場。
今回のユニットについては、「いつもシャッフルで3組に分かれてるんですけど、
今年はHello!Projectが7周年なので、ドーンと全員で出そうじゃないかと」と。
総勢46人のユニットですが、「46人の1人でもズレるとおかしくなるから大変」とのこと。
「生で見たいアーティスト」では、ちゃんと後藤真希ちゃんが松平健さんを。



―12月1日放送―

FNS歌謡祭 スーパーニュース 前宣伝

夕方の「スーパーニュース」の芸能コーナーの中継には、松平健さんとTOKIOが登場。
ここでは、皆さんの「理想のクリスマス」を紹介してくれました。
松平健さんは「こたつで一緒に過ごす」、国分くんが「海外で過ごす」、
山口くんが「お酒を飲みながら過ごす」、リーダーが「渚に2人で行く」、
松岡くんが「フジの食堂で忙しく働いてるフジテレビの社員を見ながら食事」、
長瀬くんが「今昔庵のマスターを見ないとクリスマスは越せない」と。。



―12月1日放送―

FNS歌謡祭
司会:楠田枝里子川端健嗣アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテルの「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、大塚愛ちゃん、島谷ひとみさん。
大塚愛ちゃんは、「初めてづくしでホンマにいろんな人に支えてもらってありがたいです」と。
島谷さんは新潟中越地震のときにライブのため新潟にいましたが、
「ライブ前にすごい揺れて、ライブの方は中止で後ほどやらせてもらいました」と。

お次は、Gacktさんが登場。
桜井くん、松本くん、大野くんは舞台「ウエストサイドストーリー」を世界最年少で演じるそうで、
桜井くんは先輩の東山さんから「自分なりにやれ」とアドバイスを貰ったそうです。
来年の抱負では、二宮くんが「今年で5周年を迎えれたんで、来年も頑張りたいと思います」と。
Gacktさんの「今年を振り返って」では、「ツアーでケガ人が多くて大丈夫かなって思った」そう。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを披露しました。

H.P.オールスターズは、一連の騒動で今日は出演がなくなった安倍なつみちゃんについてを。
中澤姉さんからは視聴者の皆さんへの謝罪のコメントを。
「ステージにまた笑顔で戻って来れるように頑張って欲しいと思ってます」とのコメントを。

V6は、韓国の名誉ある賞「アジア文化交流貢献友好賞」を日本人で初めて受賞したそう。
V6としてコンサートを行い、イノッチが舞台を行うなどの活躍がありましたね。
トニセンが代表して日帰りで授賞式に韓国へ行って来たそうです。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代パート2」「FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
お次は、くずGorie with Jasmine & Joannが登場。
くずはVTRについてのやり取りをしてると、あっという間にスタンバイになってました。。
ゴリエちゃんは、過去のVTRの感想で「山口百恵さんとデビュー当時がカブってました」と。。
曲披露では、くずゴリエちゃんともにオリコン1位に輝いた2曲をメドレーで披露。

globeには、小室さんプロデュース作品のVTRを。
小室さんからは、「あっという間の激動の10年でしたね」と。
KEIKOさんは、デビュー当時のVTRが結構恥ずかしかったようです。。

KinKi Kidsのトークには、DREAMS COME TRUEのお2人も参加。
「ね、がんばるよ」は元々くんが好きで、
「それをドリカムさんに伝えたところ、アンサーソングを作ってくれる事になりまして」と。
くんからは「言ってみるもんだなと」、光一くんは「女性が男性目線で書いてる詞」と一言。
KinKiはこれで19作連続首位となりましたが、
そのプレッシャーについては美和ちゃんが「今思うとそうでした」と。

続いては、一青窈さんとDREAMS COME TRUE
一青窈さんは、初主演映画がベネチア国際映画祭に出品されるなど多方面の活躍に、
「今年は活動の幅が広がったので、来年は歌の方を出していきたいです」と。
DREAMS COME TRUEは、今年で15周年を迎えましたが、
美和ちゃんは「昨日のように思えますね」、中村さんは「あっという間でした」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代パート2」「FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代パート1
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
お次は、平井堅さんと浜崎あゆみちゃん。
今年を振り返ってには、平井さんが「一言では言い切れないぐらい良い年でした」と。
いつもファッションが注目のあゆ、「いつも手作りで、今年のも今まだ作ってます」とのこと。。

BoAちゃんは、10℃と冷え込む韓国・ソウル南大門のファッションビル屋上からの中継。
今年を振り返ってには、「初めてのアリーナツアーが出来たのが良かったです」と。
曲披露では、歌声とともに韓国の夜景も注目でしたね。

続いては、Ryuさんとパク・ヨンハさん。
日本のステージに登場のRyuさんの日本のファンの感想には、
「日本の皆さんは暖かくて、歌うと韓国語で一緒に歌ってくれる」と。
韓国からの中継で登場のパク・ヨンハさんからは、
「日本のファンには感謝してます、1月からツアーもやるので来て下さい」と。
パク・ヨンハさんは日本語を勉強してるそうで、「少し聞き取れますけど、話せない」とのこと。

河口恭吾さんは、綾戸智絵さんとの共演ステージを。
河口さんは、「今年は音楽を通していろいろな出会いがあって、新しく得たものが多かった」と。
曲披露では、綾戸さんのピアノと大所帯のコーラスを従えての「桜」を。

海外からのお客様、デスティニーズ・チャイルド
日本については、「買い物にしても何にしてもいろいろ出来て好き」と。
日本でした事には、「日本の女性のファッションは良いので、買って帰って自慢したい」と。
ファンへは、「来年の4月の日本でのツアーを楽しみにしてます」と一言。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代パート2
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。
VTRを見ていたKinKi Kidsは、昔の自分達の映像に「どんぐりみたい」と。
大塚愛ちゃんは、「普通に家で見てましたね」とコメントを。

松平健さんの「マツケンサンバU」には、会場のアーティストさん達も楽しんでましたね。
ビヨンセからは、「素晴らしい衣装で素敵でした」と一言。
芸能生活30周年という松平健さんの華やかなステージでした。

お次は、松田聖子さんと中森明菜さん。
松田聖子さんはコメント出演で「後から自分のVTRを見るのは嬉しいのと恥ずかしいのがあります」
「82年に大賞を取らせてもらって、母親がお祝いに来てくれたときは嬉しかったです」と。
中森明菜さんも自分の大賞を取ったときのVTRには、涙目になり「当時の感じが戻ってくる」と。
松田聖子さんについては、「先輩で困ったときに助けてくれました」と。

福山雅治さんは、都内のスタジオからの中継。
以前も中継で出演して「次はスタジオに行きますんで」と言ったのをツッコまれると、
福山さんは「言ったような記憶はありますね・・」「次は必ず行きますんで」と。
今年はスイス・アテネ・LAと世界を回ったそうですが、
「モテるでしょう?」と聞かれると「いや、日本の方に好かれるみたいですね」と。。

TOKIOとは、ジャニーズの先輩たちのFNS歌謡祭での映像を。
10周年には、松岡くんが「デビューのときは10代だったんで、今見るのは恥ずかしいですね」、
山口くんが「デビューのときは10年続くと思ってなかったけど、これからも続けていきたいです」、
長瀬くんが「デビューで平均20歳ぐらいで、今平均30歳になったんで良い年を取っていければ」、
国分くんが「いろんな人に祝ってもらえたんで幸せです」、
最後にリーダーが「気持ちはいつも10代です!」とオトしてくれました。。(^^)

平原綾香さんは、今年を「5年ぐらい経ったような感じですね」と。
大学との両立には、「4年で卒業できるように頑張ります」と一言。
衣装がとってもかわいかったですね。。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を披露しました。

ラストを飾る浜崎あゆみちゃんは、今年も素敵な衣装での登場。
今年を振り返ってには、「いろいろとやらせてもらって充実してました」と。
韓国でもライブを行った事には、「初めてだったんですけど楽しかったです」と一言。



2005年

  

―12月7日放送―

FNS歌謡祭
司会:黒木瞳草なぎ剛

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテルの「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、SMAP
中居くんは「今年のライブでも盛り上がった曲なんですけど、
こんなにシーンとした「BANG!BANG!バカンス!」は初めてですね」と。。
木村くんが「唯一、綾戸智絵さんだけ盛り上がってくれてました」と。)
司会の黒木さんとは中居くん以外の4人がドラマで共演済み、
中居くんは「中々ドラマの話が来ないんで・・・」と一言。
くんへの司会には慎吾ちゃんが「普段通りにやればいいんだよ」と言うと、
木村くんが「普段通りにやったら、喋んねえじゃん」と。。

お次は、島谷ひとみさん、大塚愛ちゃんが登場。
黒木さんとの共演に島谷さんは「大ファンなので会えて嬉しいです」と。
ここでは、FNS歌謡祭に出演した歌姫たちのVTR「歌姫ヒストリー」を放送。
島谷さんにとっての歌姫は「松田聖子さん」、ちゃんにとっての歌姫は「吉田美和さん」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 歴代司会者
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々を放送、
歴代司会者と時代を彩ったスターとのトークVTRは倖田來未大塚愛Crystal Kayと一緒に見ます。

は、「今年はそれぞれが舞台をやった」一年に。
「メンバーの作品を見る?」には、
「全部は無理ですけど、面と向かってじゃなくてメールとかで感想を送ります」とのこと。
司会のくんには、松本くんが「SMAPは大先輩で目標です」と言うと、
くんも「後輩ですけど見習う点も多い」と褒め合いに。
大野くんは初めてくんと会ったときに挨拶をして「コウノくんね」と言われたそうで、
くんは「先輩に言われた事って覚えてるんですよね」「ごめんね、大野くん」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送、70年代のVTRはSMAPと一緒に見ます。
木村くんの印象に残ってる曲は「およげ たいやきくん」で
「レコードは持ってないんですけど、毎日たいやきを買ってる少年って新聞に載りました」と。
また、くん司会なのに中居くんが進行する場面もあり、
中居くんは「正直、司会羨ましいです」、くんは「今日はSMAP代表として頑張ります」と。
続けて、「SMAPヒストリー」でFNS歌謡祭に出演したSMAPをVTRで振り返ります。
木村くんは、「FNS歌謡祭ではよく東京タワーでやってるイメージがあります」と。

僕らの音楽」presents によるコラボレーション企画を。
鈴木雅之さんは、桑野信義さん、ゴスペラーズとRATS&STARソングを披露。
一青窈×チェリスト・溝口肇では、
溝口さんが「一青さんから伝わってくるものを感じたままに弾くだけです」と。
中島美嘉×ピアノ・綾戸智絵では、
「この曲を彼女の声で歌って欲しいってリクエストしたら、
私に伴奏して欲しいって勇気ある事を言って来て嬉しい限りですわ」と。

続いては、KinKi KidsTOKIO
くんは、「今年も様々いろいろな仕事をして、大変勉強になりました」と。
黒木さんが光一くんの「SHOCK」を毎回見に行っている話も。
司会の草なぎ剛くんとTOKIOは世代的に近いため、交流もいろいろあったようで、
太一くんとは一緒に買物行ったり、松岡くんとは合宿所でファミコンしたり、
長瀬くんとはコントをしたり、山口くんとは出身地が同じで、
城島くんには1時間だけギターを教わりました」と。
国分くんは、「今年は音楽活動を忘れてたので、来年はたくさんCDを出したいです」と。
曲披露では、リーダーがギターソロでステージを降りて、
他の出演者の皆さんがいるテーブルまで行ってました。

お次は、aikoちゃん、DEF.DIVA
30歳になったaikoちゃん、「女性らしい規則正しい生活をしたいです」と抱負を。
来年の抱負には、「楽しい一年にしたいです」と。
DEF.DIVAの来年の抱負では、石川梨華ちゃんが「来年はハッピーな一年にしたいです」、
後藤真希ちゃんが「歌で始まって、歌で終わる一年に」、
松浦亜弥ちゃんが「飽きられないようにニュースをたくさん届けたいです」、
安倍なつみちゃんが「キラキラした一年にしたいです」と。

近藤真彦さんは、ジャニーズの後輩について「ボクはしばらくTVに出てなかったですけど、
後輩が出てるのを見て頼もしいなと、そして負けられないなと思いました」と。
くんからは、「頼りがいのある、頼もしい先輩です」と。
曲披露では新旧の名曲をメドレーで披露、ジャニーズの後輩の皆さんが見守る前で歌ってました。

FNS歌謡祭 歴代グランプリ・新人賞
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送、
歴代受賞者のVTRは浜崎あゆみちゃんと一緒に見ます。
続けて、「浜崎あゆみヒストリー」でFNS歌謡祭に出演したあゆをVTRで振り返ります。
あゆは、「いつも緊張して覚えてないんで、今見てこうだったんだって思いました」
「FNS歌謡祭は、アーティストさんが目の前で見てるから緊張する」と。
1番思い出深いのは初登場の「appears」で「緊張してるのと嬉しいのがあった」と。

郷ひろみさんは、今年3年の休業から復活。
「しばらく休んでたんで、フレッシュな気持ちで再スタートできました」
「自分の1番楽しみにしてた年代が50代なんで、それのために3年間準備してました」と。

続いては、中島美嘉ちゃん、伊藤由奈ちゃん。
「NANA」が大ヒットとなりましたが、美嘉ちゃんは「私自身、実感はなくて楽しんでます」と。
ハワイから今年日本へやってきたばかりの伊藤由奈ちゃん、
いきなりの忙しさで「今はプライベートがないです」とのこと。

お次は、BoAちゃん、パク・ヨンハ
くんがいたため、日本語と韓国語が入り交ざった感じになってました。
BoAちゃんは、ミリオンセラーとなったベスト盤に「ありがとうございます」と。
日本と韓国のファンについては、
パク・ヨンハさんが「日本のファンも韓国のファンに負けないぐらい熱いです」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送、
80年代のVTRはaikoちゃん、島谷ひとみさん、KinKi Kidsと一緒に見ます。
くんは、「小さい頃から音楽番組は見てたんで、光GENJIとかフリも完璧ですね」と。

お次は、倖田來未さん、Crystal Kay
くんの司会ぶりに、倖田來未さんは「声が優しい方なんで癒されます」と。
くんからは、「ボクも倖田さんの衣装を見ると、パワーを貰えます」と。
くん主演ドラマの主題歌でヒットしたCrystal Kayは「ドラマは、いつも見てました」と。
くんは、「撮影のときにCrystal Kayさんの曲を聴いて元気を貰ってました」と。

黒木瞳さんの曲披露、ステージを降りてテーブル席の皆さんの前で歌っていました。

ゆずは、来年のツアーのリハーサルをしているスタジオから中継。
「6月にベスト盤も出て充実した一年でした」
「来年は今年行けなかった全国ツアーに行きます」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 ジャニーズヒストリー
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送、
ジャニーズアーティストのVTRはTOKIOKinKi KidsV6と一緒に見ます。
今年でデビュー10周年のV6、デビュー曲と新曲をメドレーで披露。
「個々の活動が多いですけど、10周年を機にメンバーが集まれて良かったです」
「10年経つとリーダーが涙もろくなって、最初はもらい泣きしてたけど今は無視してます」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代・2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

浜崎あゆみちゃんは、「いつも抱負はないんですけど、マイペースでいければと思ってます」と。
くんとはベストジーニストつながり、黒木さんとは「ayu ready?」で共演。
ベストジーニスト効果には、くんが「お店で奥の方からジーンズを出してくれたりします」と。

トリを務めるSMAPは、中居くんは「5人の活動が多くてホッとしました、安心しましたね」
慎吾ちゃんは「すごい良い一年だったんで、次はもっと良い年にしたいです」
吾郎ちゃんは「良い年になったんで、さらにこれを超える素晴らしい年にしたいです」
木村くんは「世の中ではまだ嫌なニュースが多いですけど、前向きな一年になれたと思います」
くんは「一年で今が1番緊張してます、大きな仕事なんで頑張りました」と。



―12月25日放送―

松任谷由実のオールナイトニッポンTV
司会:松任谷由実

松任谷由実さんがMCを務める、「オールナイトニッポン」をTV番組化。
藤井隆さんは持ちギャグ「フォー!」がレイザーラモンHGの「フォー!」とかぶり、
「向こうの方がカメラが抑えやすいからテレビ向き」と一言。
くるり・岸田繁さんはギターを持って登場、ユーミンと「12月の雨」をセッション。
平井堅さんは、ブレイク前に共演をした際のエピソードを聞かせてくれました。
槇原敬之さんはスタジオにあったピアノで
ユーミンと「恋人がサンタクロース」「カンナ8号線」をセッション。
aikoちゃんは、思い出の曲「ひこうき雲」をユーミンとコラボ。
浜崎あゆみちゃんは、中々テレビでは明かせないようなプライベート話を聞かせてくれました。
小室哲哉さんとは、ユーミン小室プロデュース作品でも好きという「BOY MEETS GIRL」をコラボ。



2006年



―12月6日放送―

FNS歌謡祭
司会:黒木瞳草なぎ剛

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

今年のトップバッターは、SMAP
木村くんは、「この始まったばかりの飛天の空気がたまらない」と。
慎吾くんは、「草なぎ剛が自分で曲フリして、自分で歌ってるのが面白かった」と。

GAMは、藤本美貴ちゃんが「GAMでもモーニング娘。でも充実した一年でした」。
は、「2006年は充実してたので、来年はより充実した年にしたい」。

KinKi Kidsは、「お互いのソロも充実してて、良い感じに成長できました」。
キグルミは、「初めての事が多くて、すごく楽しい一年でした」。

WaTは、フジテレビ前の特設ステージからファン500人を集めての中継を。
「今年はファンの皆さんに支えてもらったので、恩返しをしていきたいと思います」と。
DJ OZMAは、「今年は来る日も来る日もパンツ一丁になってました」。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

DREAMS COME TRUEが来年行います「WONDERLAND」ツアーの人気投票で選ばれたTOP3の3曲を披露。
DREAMS COME TRUEのファンの絢香もコーラスで参加、「とにかく緊張してて、夢みたい」と。

倖田來未さんは映画「大奥」主題歌の新曲を披露、映画に主演する仲間由紀恵さんが応援で出演。
仲間由紀恵さんは映画で着ている着物、倖田來未さんは自らデザインした着物で登場。
仲間由紀恵さんは「すごい方達ばかりなので、楽しみに見ています」、
倖田來未さんは「今日でデビュー6周年で、長いようで短いあっという間でした」と。

CHEMISTRYの新曲「約束の場所」を槇原敬之さんとコラボレーション。
CHEMISTRYは「たくさんの人に歌ってもらえる曲を作ってもらえました」、
槇原さんは「本当に2人はナイスガイで、一緒にやって好きになりました」と。

伊藤由奈ちゃんは、「今年は、昨年よりもリラックスして歌えるようになりました」。
あじさい・木梨憲武さんは「FNS 第3位」というトロフィーを持参、
「お祭りなんでこういう感じを出しまして、普通1週間かかるのを2時間でやってくれました」と。

大塚愛ちゃんは、「ミュージカルで波乱万丈で、いろんな事があった一年でした」。
V6は、「笑ってたらすぐ一年過ぎちゃって、来年は真面目にやります」。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

TRFは、往年のヒットソングをメドレーで披露。
来年の15周年には、「実感はなくて、あっという間でした」と。

氷室京介さんは、N.Y.から電話での出演。
「今年はGLAYと一緒にやって、人間的にも音楽的にもいろいろ教わって実りの多い一年でした」と。
平井堅さんは、「FC限定のツアーをやりまして、思いのほかに楽しかったです」。

TOKIOは、「いろんな仕事をやらせてもらえて、本当に充実してました」。
中島美嘉ちゃんは、「いろんな事をやれて、充実して楽しかったです」。

ダニエル・パウターは、「素晴らしい一年で、日本では本当に多くの人に応援してもらえました」。
AIは、「基本的に間違いない一年で、来年はさらに越えるような年にしたい」。

絢香は、「たくさんの出会いがあって、素晴らしい一年でした」。
Every Little Thingは今年で10周年、
「今全国ツアーをしていて、来年10週年ツアーをやれたらいいなと思います」と。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 昭和の三大歌姫(美空ひばり・山口百恵・松田聖子)」
FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代・2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

槇原敬之さんが往年のヒットソングをメドレーで披露。
「どんなときも」では、CHEMISTRYも参加してのコラボレーションを。

Mr.Childrenは、「レコーディングとライブで音楽まみれでしたけど、楽しんでやれました」。
福山雅治さんはフジテレビのスタジオからの中継で登場、
「レコーディングをずっとしてたので、体調を崩さないように体調管理に気をつけてました」。

郷ひろみさんは今年で35周年、
「特別に意識はしてなかったですけど、ファンの方のためにライブを充実させました」。
松たか子さんは、「竹内まりやさんに良い曲を書いてもらって、ご褒美だと思ってます」。

FNS歌謡祭 感動の名曲集 2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

DREAMS COME TRUEが新曲「もしも雪なら」を披露。
浜崎あゆみちゃんは、「ほとんどツアーを回ってて、ツアー仲間との思い出が多いです」。

トリを務めるSMAPは、吾郎ちゃんが「15周年をファンの皆とライブで迎えられて良かったです」、
くんが「いろいろあったけど、来年もFNSの司会をやれるように頑張ります」と。



―12月26日放送―

松任谷由実のオールナイトニッポンTV
司会:松任谷由実

松任谷由実さんがMCを務める、「オールナイトニッポン」をTV番組化。
黒柳徹子さんには、ユーミンが「徹子の部屋の最終回に出たい」とお願いを。
布袋寅泰さんは、ユーミンの印象に「おきゃんな女性」とお褒めの言葉を。
倖田來未さんには、ユーミンが「avexのアーティストは仲良いの?」と質問を。
AIとは、ユーミンがピアノで「やさしさに包まれたなら」をセッション。
Puffyとは、ユーミン亜美ちゃんの読者モデル時代に共演していた話を。
スガシカオさんとは「A HAPPY NEW YEAR」、Puffyとは「アジアの純真」を歌で共演。
番外編として、ユーミンが好きな「CHIMPAN NEWS CHANNEL」のゴメス・チェンバリンとも共演。



2007年

  

―12月5日放送―

FNS歌謡祭
司会:黒木瞳草なぎ剛

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

レミオロメン「音楽制作を充実して出来た1年でした、来年は伝える1年にしたい」
KinKi Kids「デビュー日に感謝を込めて1回ライブをやらせてもらいました」
Hey!Say!JUMP「今年はいろんな事が重なりすぎて緊張してます」
槇原敬之「アルバムもちゃんと出来て楽しい年でした」
WaT「個々で音楽活動をして、いろんな音楽のジャンルに挑戦しました」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 70年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

コブクロ「ライブをやって、いろんな人の魂を感じて自分にフィードバックさせました」
EXILE「新メンバーが入って第二章が定着して、自分たちも進化した1年でした」
中島美嘉「ライブツアーもあって、音楽により近づけた1年でした」
「出来すぎてたぐらい、すごい充実した1年でした」
Hello!Project「緊張するんですけど、この24人のパワーを感じてもらえたら」
郷ひろみ「あまり年齢にとらわれない、心の年齢と体の年齢が違ってもいいと思う」
大塚愛「たくさんの皆さんに支えられて、一個一個勉強していった年でした」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80年代・90年代前半
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

徳永英明「カバーは原曲に敬意を表して、そこがテーマにしました」
秋川雅史・宝塚歌劇団「クラシックには縁の無い世界と思ってたので光栄です」
平井堅「家族旅行でおフランスの方に行きまして、それが印象に残ってます」
V6「(先月の岡田くんの誕生日に行われたライブで)
堂本剛くんや長瀬くんや櫻井くんや堤真一さんからビデオレターをいただきました」
NEWS「初めての海外公演もあって、挑戦ばかりの1年でした」
絢香「来年もまた新しい曲を届けていければいいなと思います」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90年代後半・2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

KOH+「主演の2人とも音楽をやってるので、音楽も一緒にとオファーしました」
Mr.Children「15年やれたのは皆さんのおかげなので、その気持ちでライブを回れた」
倖田來未「(初東京ドーム公演に)初めてだったんですけど、すごく楽しくやれました」
TOKIO「がんがん突っ走っていきたいと思います、ガッツガッツで」
桑田佳祐「来年はウチのグループが30年なんで、どうしようかなと思ってます」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

浜崎あゆみ「(海外公演に)日本とは違ったファンの感じがありました」
SMAP「SMAP×SMAPでも国内外問わずゲストが来てくれて、たくさん良い出会いがありました」



2008年



―12月3日放送―

FNS歌謡祭
司会:黒木瞳川端健嗣アナ、高島彩アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。。

WaT「こんなに人に見られて、帰りたいくらい緊張してます」
GIRL NEXT DOOR「テレビに自分が映ってるのがテレビがテレビじゃないようです」
藤岡藤巻と大橋のぞみ「忙しかったけど、いろんなところに行けて楽しかったです」

郷ひろみ倖田來未「まさかこんなデュエットが舞い込むとは夢にも思わず緊張した」

「とっても普通で、こんなに仲いいグループもあまりない」
EXILE「1人1人が個性的だし、メンバーがそれぞれ思いやってる」
KinKi Kids「あらためてファンの方々の温かさを感じれた全国ツアーができました」

ジェロ「充実してて楽しかったです、来年はこの一年を越えられるようにしたいです」
Perfume「(初の武道館公演に) 皆様のパワーがキレイに伝わってきて嬉しかったです」
森山直太朗「来年も全く今年と変わらない年にしたい」
Aqua Timez「今年はライブが多くて、来年もライブを多くしたいです」

羞恥心・アラジン「ヘキサゴンファミリーで大きなライブができたのがよかったです」

青山テルマ「すごい緊張してるんですけど心をこめて歌わせていただきます」
倖田來未「ファンの皆様に会いに行くっていうテーマで、皆で幸せになれた一年でした」
絢香「また良い歌をどんどん届けられるように頑張っていきます」

織田裕二「来年が新しいスタート、ちょっとバラードも作りたいなと」
ゆず「アルバム作ったり、ライブツアーを2本やったり、挑戦の年だったと思います」
V6「ツアーの時、オリンピックを見るためにすぐにホテルに戻ってました」

水谷豊「僕は毎年同じようにやってたんですけど、周りが頑張ってくれました」
矢島美容室「紅白がないんで、暮れから旅行入れておけばよかったと思います」

広瀬香美「世代をこえて皆さんに歌っていただけるとすごい嬉しいです」
Mr.Children「今年は音楽への一年、来年もそうなると思います」

コブクロ「ライブなども和歌山で出来たりして大盛り上がりでした」
Superfly「初めてアルバムをリリースしたり、ライブをしたり、忘れられない一年でした」

浜崎あゆみ「1年中ツアーをまわって、ファンの皆さんの温かい気持ちが伝わりました」

SMAPは札幌ドームからの中継、「来年は飛天に行けるようにしたいと思います」



2009年

  

―12月2日放送―

FNS歌謡祭
司会:黒木瞳草なぎ剛川端健嗣アナ、高島彩アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。

徳永英明「「VOCALIST」を制作してるんで、それを来年に出せたらいいなと思ってます」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 コラボレーション
過去にフジテレビで歌われたコラボレーションの名曲の数々のVTRを放送。

レミオロメン「素晴らしい出演者と豪華な場所で共演できて嬉しいです」
KinKi Kids・30歳になって「自分達は変化はないけど、周りからはよく言われた」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 60・70年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

槇原敬之「ウチの親族一同、嵐に歌ってもらえて喜んでると思います」
森高千里「皆にかわいく歌ってもらえて本当によかった」
コブクロ「作品も出せて、ツアーも出来て、充実した一年でした」
Superfly「アルバムとウッドストック40周年のステージに立てた事が嬉しかったです」

V6「6人でアジアツアーを回ったり、下の3人でツアーをしたりしました」
TOKIO「メンバー全員30代になったんですけど、来年には城島が40になります」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 コラボレーション
過去にフジテレビで歌われたコラボレーションの名曲の数々のVTRを放送。

絢香「初めて人前で歌った曲だったんで感無量です」
平井堅「こんな素敵なアーティストに歌ってもらえるなんて嬉しい」
JUJU「こんなに緊張した事がないぐらいに緊張しました」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 80・90年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

倖田來未「親とよくカラオケで歌ってたんで、今日はノン編集で歌いました」
ゆず「一つ一つツアーを全力でやりながら来年に繋げていきたいと思います」

FNS歌謡祭 感動の名曲集 90・2000年代
過去にFNS歌謡祭で歌われた名曲の数々のVTRを放送。

SMAP「5人の活動が少なかったんで、個々とグループのバランスを良くしたいと思います」



2010年



―12月4日放送―

FNS歌謡祭 2010
司会:草なぎ剛川端健嗣アナ、高島彩アナ

鈴木雅之とのコラボ・倖田來未「まさか歌えると思ってなかったんで幸せでした」
松下奈緒とのコラボ・「初めての共演ですけど音楽を通して一つになれれば」
SMAPとのコラボ・槇原敬之「21世紀らしい新しい平和な曲を歌って欲しいと作った」



2011年



―3月27日放送―

上を向いて歩こう
司会:草なぎ剛高島彩アナ

東北地方太平洋沖大震災のために27組のアーティストが復興支援に歌を贈ります。
「うたでひとつになろう」をテーマに祈りと願いを込めて日本のために歌います。



―4月6日放送―

松任谷由実のオールナイトニッポンTV

松任谷由実さんがMCを務める、「オールナイトニッポン」をTV番組化。
秋元康には父親以上の年齢差があるAKB48とのジェネレーションギャップについて。
AKB48には年頃の女性グループとしての「全員が強くなってしまう」悩みを。
マツコ・デラックスからは40歳に迫って結婚や子孫について考えている悩みを。
槇原敬之とは「今だからこそ明るくいよう」と。
JUJUとはこれまでの「ろくでなし男に恋をする」という過去の恋愛についてを。



―8月6日放送―

うたの夏まつり
司会:草なぎ剛高島彩アナ

視聴者の投票による勇気の出る曲200曲、夢の共演集、昭和のアイドル、
子供のうた、SMAP×SMAP 共演集、K-POP特集、デビュー曲集を紹介。

勇気づけられる曲
鈴木福・NEWS「weeeek」、芦田愛菜・KARA「GO GO サマー!」、
HIRO「We Are The World」、ATSUSHI・オフコース「言葉にできない」、
東方神起・マイケルジャクソン「JAM」、Kis-My-Ft2・SMAP「がんばりましょう」、
レディーガガ・ジョンレノン「Imagine」、Not yet・EXILE「VICTORY」、



―12月7日放送―

FNS歌謡祭 2011
司会:草なぎ剛高島彩アナ

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。



2012年



―3月21日放送―

名曲で元気になろう
司会:とんねるず伊藤利尋加藤綾子

15年間のフジテレビの音楽番組を網羅した秘蔵映像を見ていく4時間越SP。
1997年から現在まで時代を作った名曲を生演奏で送る生放送。



―8月8日放送―

うたの夏まつり
司会:草なぎ剛高島彩

国立代々木競技場第一体育館からお送りする4時間を越える84曲の生放送。



―12月5日放送―

FNS歌謡祭
司会:草なぎ剛高島彩

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。



2013年



―7月1日放送―

HEY!HEY!HEY! SP
司会:ダウンタウン

SMAP
「うらやましいと思う有名人」
中居&松本・笑福亭鶴瓶、草なぎ・蛭子能収、香取・木村拓哉、稲垣・所ジョージ、浜田・清原和博、
「スタッフがメンバーに言いたい事」
→中居「黙ってる時間が長くて恐い」
→木村「入り時間より早く入るので慌てる」
→稲垣「面白かったですねと言うとそういう褒められ方は好きじゃないと言われた」
→草なぎ「何も準備せず何も考えず台本も読まずに現場に来る」
「今も心に残ってる言葉」
香取・仕事を始めた頃にタクシーの運転手に「稲穂になりなさい」

華原朋美・芸能界復帰までの道のり、AMEMIYAから華原朋美に捧げる歌

AKB48・総選挙の本音
松井玲奈「元はAKBのファンでSKEに入ったのに神7に入れたのが信じられない」
松井珠理奈「潰すつもりで来てくださいと言った篠田麻里子を超えたかった」
篠田麻里子「卒業を発表した後に麻里子コールが来て「卒業 嘘です」と言いそうになった」
柏木由紀「神7で並ぶと真ん中にくるから皆のスタイルがよくて嫌だ」
渡辺麻友「アイドルグループだからセンターが指原莉乃だと変な曲がくるか心配」
大島優子「衣装の下に勝負水着を仕込んでて1位になったら脱ごうと思ってた」
指原莉乃「HKTなのにAKBのセンターに立っていいのかとまどいがある」

AKB48 SKE48 NMB48 HKT48・今日限定のセンターを決める64名のイス取りゲーム、勝者は山本彩

山下智久 Kis-My-Ft2・ジャニーズに入ったきっかけ、ジャニーさん伝説

きゃりーぱみゅぱみゅ 剛力彩芽 EXILE TAKAHIRO
きゃりーは同い年の剛力と友達になりたい、連絡先を交換
TAKAHIROはドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」の撮影現場近くに居合わせて剛力と2回会った



―7月31日放送―

うたの夏まつり
司会:草なぎ剛加藤綾子

国立代々木競技場第一体育館からお送りする4時間を越える82曲の生放送。
観客席には出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。



―11月2日放送―

FNS 名曲の祭典

日本の音楽史をフジテレビ秘蔵映像で振り返る。豪華アーティストが語る裏話も満載。



―12月4日放送―

FNS歌謡祭
司会:草なぎ剛滝川クリステル

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。



2014年



―1月13日放送―

HEY!HEY!HEY! SP
司会:ダウンタウン

・著名人からの質問
石原さとみ「女性だったら付き合いたいメンバー」
相葉→松本、二宮→櫻井、大野→松本、櫻井→相葉、松本→相葉
ローラ「大人になったと思う時」
櫻井 昼からの仕事でも朝に一回目が覚めてしまう、松本 昔は食べなかった物を好むようになる
有村架純「最近戸惑った事」
二宮 別の芸能人に間違われた、相葉 切符の買い方が分からない
瑛太「細かくて面倒くさい人」
松本 振りつけの細かい部分まで指摘してくる

クリス・ハート・アメリカで毎週「HEY!HEY!HEY!」を見ていてJ-POPを勉強していた

三代目 J Soul Brothers・EXILE一族のメンバーとグループ分けを分かりやすく説明

関ジャニ∞・メンバーへの10年目の不満
渋谷→横山・物忘れがひどい、村上→横山・注文した物が来るのを待てない、
錦戸→横山・いい歳して茶髪、大倉→横山・収録が長いと口がずっと開いてる

モーニング娘。'14・メンバーの特技
鞘師・どんな曲でも即興で踊る、生田・魔法を使える、道重・どんな人でもかわいく撮れる



―4月7日放送―

HEY!HEY!HEY! SP
司会:ダウンタウン

SMAP・「いいとも」フィナーレのダウンタウンの乱入の舞台裏
かわいい顔をして頭に本を乗せて歩ける距離対決・木村が優勝

AKB48・大島優子卒業後の新エースを魚ちゃんが占う
最良の運勢・指原「ずっと一位を守り続ける」、最悪の運勢・小嶋「何をやってもダメ」

福山雅治・結婚は相手の嫌なところも含めて受け入れないといけないと分かった
老いを感じる時は最近の機械についていけない、涙もろい、若い子を見た時

Kis-My-Ft2・悩み・前の3人が後ろの4人のテンションについていけない、
前の3人はカメラに抜かれるけど後ろの4人は喋らないと抜いてもらえない

ゴールデンボンバー・曲中のパフォーマンスをダウンタウンに見てもらいたい



―12月3日放送―

FNS歌謡祭
司会:草なぎ剛高島彩加藤綾子

この時期に恒例となった「FNS歌謡祭」、今年も新高輪プリンスホテル「飛天」からお送りします。
観覧席のテーブルには、出演アーティストの皆さんや各著名人の方々の姿も。



―12月29日放送―

HEY!HEY!HEY! SP
司会:ダウンタウン

番組開始から20周年を記念して過去の総集編とゆかりのあるゲストのパフォーマンスを放送



2015年



―4月6日放送―

HEY!HEY!HEY! SP
司会:ダウンタウン

福山雅治・美肌効果のあるクエを食べてる、テレビでした事のない話をしよう

Kis-My-Ft2・冠番組が23時台に昇格、ジャニーさん話

三代目 J Soul Brothers・ホームタウンの中目黒のおすすめ店をまわる

きゃりーぱみゅぱみゅ・Twitterに投稿した面白写真を紹介

ジャニーズWEST・自己紹介、ジャニーさん話

湘南乃風・結成当時話、ダウンタウンとフリを一緒にやりたい

  

NHK日本テレビTBSテレビ朝日テレビ東京