1月

  

―1月8日放送―

今日のゲストは、優香ちゃん。
昨年にくんとドラマ「星に願いを」で共演。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃」には、「スポーツの好きな女の子」。
「子供の頃になりたかった職業」には、「お花屋さんとケーキ屋さん」。
「芸能界入りのきっかけ」には、「池袋でスカウトされました」。
「芸名の由来」には、「インターネットで応募した中に優香がありました」。
(当時に流行していた「ってゆーか」が由来で優しく香るという字も気に入ったとのこと)
「もし女優になってなかったら」には、「販売員、レジ打ちが好きなんで」。
「アルバイト経験」には、「コンビニのバイト、レジ打ちがしたかったんで」。
「これだけはダメな事」には、「バンジー系、垂直に落ちるのがダメです」。
「宝物」には、「私の周りにいる人、好きな人」。
「芸能界で仲良しの人」には、「さまぁ〜ず」。
「口癖」には、「何で?」「何だろう?」。
「年を取ったと思う事」には、「最近、ぎっくり腰になりました」。
「初恋」には、「小学校の2〜3年生です、ミナミモトくん」。
(番組の企画で大人になってから会ったそうで「格好よかったです」とのこと)
「男性を見るときに最初に目がいく場所」には、「シワ、笑顔がいい人がいいです」。
「100年の恋も冷める男性の行動」には、「不潔な人、内股な人」。
「恋愛の教訓」には、「思いやりですね、大事です」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「大阪出身アーティスト」特集を。
曲披露では、優香ちゃんも大好きなaiko「ボーイフレンド」を披露してくれました。

  

―1月15日放送―

今日のゲストは、篠原涼子さん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「人生最大に恥ずかしかった事」には、
「ドラマの撮影でクールな役なのにファスナー空いてて丸見えだったらしいです」。
「自分の体で自慢できるところ」には、「全部」。
「家の自慢」には、「台所ですね、1日オフだったら半日はいます」。
「好きな彼氏に作る料理」には、「定番ですけど肉じゃが」。
「初恋」には、「中学1年生のときに先輩に初恋しました」。
「初デート」には、「その先輩と山の奥の公園に行きました」。
「恋愛してる自分を一言で表すなら」には、「一途」。
「恋愛の教訓」には、「嘘をつかない事」。
「幸せだなと思うとき」には、「美味しいもの食べてるときとか、寝る寸前とか」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「1988年ヒットソング」を特集。
曲披露では、華原朋美ちゃんが中山美穂「You're My Only Shinin Star」を披露。



―1月22日放送―

今日のゲストは、南海キャンディーズ
どうやら、しずちゃん光一くんがお気に入りの様子でした。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃になりたかった職業」には、山ちゃん「薬剤師」、しずちゃん「アイドル」。
「子供の頃の自分」には、山ちゃん「神童」、しずちゃん「恋愛体質」。
しずちゃんは、「幼稚園で6人の男の子を好きだった」そう。)
「相方の初対面の印象」には、
山ちゃん「だいぶ大柄な人だな」、しずちゃん「生理的に受け付けない」。
「他人に言われてショックだった事」には、
山ちゃんしずちゃんがすごい早口でお前の悪口を言ってたぞ」、
しずちゃん「お年寄りが私を見て無言で後ずさりした」。
「好きな人の前でどんなキャラになりますか」には、
山ちゃん「知的で男らしい感じを出す」、しずちゃん「すごい緊張して喋れなくなります」。
「相方のどこを変えたら結婚できますか」には、山ちゃん「心の底からボクを嫌ってるところ」、
しずちゃん「器が小さいところ、腹黒いところ、あと顔面全部取り替える」。
「ライバル」には、山ちゃん「イタリア人」、しずちゃん「深田恭子さん」。
しずちゃんが「キャラがかぶってる」と言うと、
恭子ちゃんも「好きな服のセンスが一緒で私もライバルと思ってます」と。)

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、女優と歌手をやっている「女優シンガー」を特集。
曲披露では、お2人が藤谷美和子・大内義昭「愛が生まれた日」を披露。



―1月29日放送―

今日のゲストは、若槻千夏ちゃん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「まだまだ子供だなと思うとき」には、「人の弁当が美味しそうに見えるとき」。
「思い出の家族旅行」には、「去年ママと行った、ヨン様ツアー」。
「芸能界に入るきっかけ」には、「元々モーニング娘。に入りたくて、
オーディション受けたら書類審査で落ちて、その後に渋谷でスカウトされました」。
「影響を受けたタレント」には、「江頭 2:50さん」。
(江頭さんの「1クールのレギュラーより1回の伝説」発言に
「この人カッコいいって思って、尊敬はしてないけどバラエティの鏡だと思いました」と。)
「人生最大のピンチ」には、「高校受験の日と、バラエティ観覧が趣味だったんですけど、
バラエティ観覧の日が重なったのがピンチで結局観覧に行きました」。
「最近怒った事」には、「居酒屋で店員さんがメニュー持って来て、
「読めないのがあったら呼んでください」って言われてカチンときました」。
くんは、「東京来たてのときに冷奴を「冷たい奴」って読んだ」そう。)
「家に帰ったらする事」には、「部屋着のドンキホーテで買った着ぐるみに着替える」。
「密かにしている努力」には、「競馬ノートとお料理の本を作ってます」。
(競馬番組も担当してますが、今までで1番大きく当たった馬券は2000円→30万になったそうで、
「番組で予想したのと違う馬券を買って当たったから放送で言えなかった」と。)
「ドキッとする男性の仕草」には、「上着を脱いだときに下がタンクトップのときの二の腕」。
「今年リベンジしたい事」には、「バラエティに出すぎてバラドルと思われてて、
本業がグラビアなんで今年は写真集を出して年間売り上げ1位になってギャフンと言わせたい」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「絶対バラード派 若槻千夏 SELECT BEST」を。
千夏ちゃんの選ぶバラードソングの1位・森山直太朗「さくら」を歌ってくれました。



2月

 

―2月5日放送―

今日のゲストは、松本莉緒ちゃん。
光一くんとはドラマ「リモート」、くんとはドラマ「金田一少年の事件簿」で共演。
「当時はクラスの女子で光一派・派に分かれてた」そうで、莉緒ちゃんは光一派だったそう。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「芸能界入りのきっかけ」には、「13歳で原宿でスカウトされました」。
(スタジオでは1995年の莉緒ちゃん、1994年のKinKi Kids、1979年のTHE ALFEEの映像を公開。
全員が現在との違いに恥ずかしい中、THE ALFEE・桜井さんが笑いを全てもってってました。。)
「アルバイトの経験」には、「デパートの値札付け、中華料理屋さん、洋服の販売員とか」。
「アルバイトの失敗談」には、「洋服の販売員ときに10000円の服を1000円で売ってしまって」。
「他人に自慢してみたいもの」には、「よくデザイン画を描いてて、それが商品になってる」。
「自分の体で自慢できるところ」には、「ヨガをやってるので、体が柔らかいです」。
(スタジオでは3分ヨガ教室を開講、男性人の皆さんは苦戦してました。)
「初恋」には、「小学4年生のときにクラスのリーダー的な人」。
「初デート」には、「中学生のときに近所の公園で2人じゃなくて皆で遊んでました」。
「好きなタイプ」には、「器が大きくて、ユーモアがあって、健康な人」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「雪の曲」特集を。
曲披露では、莉緒ちゃんが中島美嘉「雪の華」を歌ってくれました。



―2月19日放送―

今日のゲストは、山田優ちゃん。
F1キャスターも務めてるため、F1で話の合うゲストに光一くんも乗り気。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「小さい頃」には、「男の子と一緒に遊んでる元気な女の子」。
「小さい頃の夢」には、「医者」。
「芸能界に入るきっかけ」には、「沖縄のアクターズスクールにいてスカウトされました」。
(母親がモデルだったため、昔からモデルはしていたそうです。)
「上京して驚いた事」には、「スクランブル交差点と山手線の人の多さ」。
「東京の人には理解できない沖縄の凄さ」には、「時間にルーズ」。
(「大体、8時集合って言ったら集まるのは2時間後」とのこと)
TOMさんからの質問「モデルと合コンするのはどうすればいいんですか?」には、
「人によると思うんですけど、CanCamの子達は合コンしないです」。
「初恋」には、「小学1年生のときにリーダー的な子」。
「初デート」には、「中学3年生のときに沖縄のゲームセンターに行きました」。
「初キス」には、「山田家で、自宅です」。
「男性を見るときに目がいくところ」には、「目です、正義感のあるギラギラした目」。
「ドキッとする男性の仕草」には、「気遣い」。
「恋も冷めてしまう彼の行動」には、「浮気」。
「好きになる男性の条件」には、「優しさ、顔、笑うツボが一緒の人」。
えなりくんからの質問「ボクって男としてどうですか?」には、「顔がタイプじゃないんで」。
「得意料理」には、「ゴーヤチャンプルーとカボチャの煮付け」。
「今年の春夏物、どんなファッションアイテムが流行ると思いますか」には、
「シフォンが使われてるワンピース、レースが使われてるトップとかワンピース」。
「自分の体の中で1番好きな部分」には、「大きな口」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「和製ディーバ」を特集。
曲披露では、山田優ちゃんがDREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」を披露。



―2月26日放送―

今日のゲストは、オリエンタルラジオ

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「最終学歴」には、藤森「明治大学経済学部」、中田「慶応大学経済学部」。
「小さい頃になりたかった職業」には、藤森「プロ野球選手」、中田「総理大臣」。
「子供の頃」には、藤森「ものすごく可愛らしい子供」、中田「勉強が出来て、運動も出来る」。
「学生時代」には、藤森「チャラチャラしてた」、中田「友達がいない暗い学生」。
「初めて会ったときの印象」には、藤森「こっち近付かないでって印象」、
中田「オシャレでカワイイ美少年だなって思いました」。
「二人で息が合うなと思うとき」には、「雑誌の撮影でポーズが何も言わずにパッと合う」。
「相方の好きなタイプ」には、藤森「Mっ気のある子」、中田「顔がカワイイ子」。
「他人に言われてショックだった一言」には、藤森「ウエンツ君を10倍ダメにした感じ」、
中田中田君って結構顔の大きさがアレだねって」。
「初恋」には、藤森「中学3年生で東京出身の子」、中田「大学1年生で同じクラスの子」。
「どちらが女性にモテますか」には、藤森「すいません、僕です」、中田「相方です」。
「オレも芸能人だなと思ったとき」には、藤森「写真週刊誌に撮られたとき」、
中田「好きだって言ってた女優さん(堀北真希ちゃん)と対談させてもらったとき」。
「TVでの失敗」には、藤森「和田アキ子さんに挨拶をしに行ったとき、
楽屋に行くまでの曲がり角でアッコさんが急に出てきて驚いて「こんちわっ」って言った事」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「期間限定ユニット」を特集。
曲披露では、オリエンタルラジオがトラジ・ハイジ「ファンタスティポ」を披露。



 
3月

 

―3月5日放送―

今日のゲストは、スキマスイッチ

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃のあだ名」には、常田「しんた、真太郎」、大橋「巨泉っていうのがありました」。
「子供の頃の自分」には、常田「根暗」、大橋「わんぱく」。
「現在の家族構成」には、常田「去年に結婚したんで嫁と二人」、大橋「一人です」。
常田さんから大橋さんへ結婚の報告はなかったそうで、
「急に式の招待状みたいなのが来て、そこで歌えみたいな」と。)
「初めて会ったときの印象」には、常田「斜に構えた怖い兄ちゃんだなって」、
大橋「ピアノ下手だな〜って、まだ始めて半年ぐらいだったんで」。
「この場をかりて謝りたい事」には、大橋「プライベートは、ほとんど言ってないですね」、
常田「声優をやったときに貰った、ドラえもんマグカップが可愛くて2人分貰っちゃいました」。
「最近の悩み」には、常田「髪型をなんとか嘆願書でも集めて変えたいです」、
大橋「健康診断とか年一回受けて正常なんですけど、絶対にどこかおかしいはずなんですよ」。
「2人で気が合うなと思う事」には、「音楽ですね、それ以外は全く合わないです」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「少年の歌」を特集。
曲披露では、「全力少年」を披露してくれました。

  

―3月12日放送―

今日のゲストは、倖田來未さん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「小さい頃のあだ名」には、「クーちゃん」。
「小さい頃になりたかった職業」には、「歌手か裏方さん」。
「子供の頃のアイドル」には、「おかん、めっちゃ歌上手いんですよ」。
くんからは、「今度、倖田家ってユニットで歌出したらええんちゃう?」と。)
「小さい頃の倖田家の掟」には、「夜9時には寝る」。
(「上京してからクラブで歌う事が多くて、1時か2時に歌うんで眠たくて」と。)
「部活動」には、「中学2年間テニスやってて先生とケンカして辞めました」。
「芸能界に入って驚いた事」には、「芸能人やから痩せてるわけじゃなく皆努力してる事」。
「これはさすがに恥ずかしいと思った衣装」には、「12週連続のココナッツのブラジャー」。
「最近、涙した事」には、「レコード大賞」。
(「これは倖田來未をブームで終わらせたらあかん」って逆にプレッシャーになりました」と。)
「まだまだ子供だと思うとき」には、「基本的に人のせいにします」。
「男性に言われた一番のわがまま」には、「結婚しよう」。
(「倖田來未で成功するまでしたくなかったから、申し訳ないけどゴメンみたいな感じに」と。)
「腹の立つ男性の仕草」には、
「めっちゃ運転好きなんで、縦列1回で出来ないと代わってみたいな」と。
「イケてる男性の条件」には、「話が面白い、食が合う、自分を格好いいと思ってない人」。
「狙った男を落とすテクニック」には、「私は基本的に勝ち戦しかしないんで」。
「今恋をしていますか」には、「もちろんです」。



―3月19日放送―

今日のゲストは、石原さとみちゃん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃はの自分」には、「好奇心旺盛で習い事をたくさんしてました」。
(ピアノ・お琴・クラシックバレエ・HIP HOP・バスケ・バレー・クラリネット・テニスなど。)
「子供の頃に戻れたらしたい事」には、「バイト、経験した事がないので」。
「子供の頃になりたかった職業」には、「ラジオパーソナリティー」。
「子供の頃に好きだったアイドル」には、「GLAYさん、ゆずさん」。
「芸能界の入る前のイメージ」には、「ドロドロ、怖い感じ」。
「芸能界に入ったらどんなところでしたか」には、「体力勝負の世界」。
「得意料理」には、「創作料理でそうめん稲荷って、お母さんに教えてもらって」。
「結婚プラン」には、「28歳で結婚して、29歳で男の子を産んで、32歳で女の子を産みます」。
「肌身離さず持ってるもの」には、「ティッシュケース、花粉の季節なんで」。
「口癖」には、「分かる分かるとか、好き好きとか、繰り返すのが多いって言われますね」。
「人生最大のピンチ」には、「下着を着け忘れて、現場に行きそうになった」。
TOMさんは「それはピンチじゃなくて、(こっちからしたら)チャンスなんだよ」と。。)
「自分の癖」には、「緊張すると早口になります、あと髪の毛をずっと触ってたりとか」。
(同じく髪の毛を触るくんは、「触った方がいいよ」と共感。。)
「初恋」には、「中1のときで、2コ上のサッカー部の先輩でした」。
「男性の最初に目がいくところ」には、「喋り方とか雰囲気」。
「恋愛してる自分を一言で言うと」には、「ロマンチスト」。
「目標にしている女優さん」には、「吉永小百合さん」。
「今やってみたい事」には、「舞台とかオールナイトニッポンとか憧れますね」。
「N's あおいで困ってる事」には、「常に八嶋さんがキスをせがんでくる」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、ストーリー性のあるPV「ストーリープローモーションビデオ」を特集。
曲披露では、石原さとみちゃんがゆず「桜木町」を披露。



―3月26日放送―

今日のゲストは、仲間由紀恵さん。
光一くんとはドラマ「P.S. 元気です、俊平」、くんとはドラマ「君といた未来のために」、
恭子ちゃんとはドラマ「神様、もう少しだけ」で共演しています。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃のあだ名」には、「ユキちゃん、ユッキー」。
「小さい頃になりたかった職業」には、「琉球舞踊の先生」。
「小さい頃の自分」には、「お転婆」。
「学生の頃の部活動」には、「中学生のときに吹奏楽部でトロンボーンを吹いてました」。
「芸能界で1番辛かった仕事」には、
「ドッキリ番組で巨大風船をたくさん割られて、泣き出してステージから降りて逃げました」。
「芸能界で仲のいいお友達」には、「島谷ひとみちゃん」。
「初恋」には、「小学5年生のときに同じクラスで皆に優しい子でした」。
「男性を見るときに最初に目が行くところ」には、「目」。
「最近した初体験」には、「時代劇とその撮影にあたって乗馬」。
「生活に欠かせないもの」には、「マイナスイオン」。
「お酒での失敗」には、「去年、友達の家で飲んでて、25歳で初めて記憶がなくなりました」。
「自分の性格」には、「とても楽観的だと思います、マイペースだし」。
「ストレス発散法」には、「車の中で叫ぶ事」。
(「有名な占い師さんに言われたのが晩婚って事と、
溜め込む癖があるから浜辺で人の嫌だと思うところを叫びなさいって事」と。)
「好きな人ができるとどうなりますか」には、「ストレートに好きだと伝えます」。



―3月29日放送―

今回は「祝5周年!240回まつり」と題してのゴールデン2時間SP!
これまでの5年間のトーク総集編を放送しました。

江角マキコさんの「堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供に戻れるならやってみたい事」には、「英語をちゃんと習いたい」。
「別の人生を歩むなら」には、「体育の先生になりたかったです」。
「健康を維持するためにしてる事」には、「水を1日3リットルは飲んでます」。
「必需品」には、「いつも白湯を持ち歩いてるので水筒」。
「弱点」には、「ヘビが嫌いだったのが大丈夫になったので無いです」。
高見沢さんはヘビが嫌いのようで「坂崎にヘビを飼ったら解散って言ってる」そう)
「得意料理」には、「麻婆豆腐・餃子・カレー」。
「誰にも負けない事」には、「早起き(10時に就寝、4時に起床)」。
「恋愛の教訓」には、「相手の事を思いやる」。
「恋愛と結婚の違い」には、「恋愛は自分が見えなくなる、結婚は自分らしくなれる」。
「最近した初体験」には、「出産」。
「出産の直後の事」には、「寒くて、20分ぐらい震えてました」。
「人生最高の瞬間」には、「家で家族と遊んでるとき」。

仲間由紀恵さんには、番組前期にやっていた「堂本赤い糸伝説」を復活。
ゲストが堂本ブラザーズバンド男性陣の中でタイプの人を選びます。
過去の「赤い糸伝説」の総集編も放送、
KinKi Kidsでは光一くんが5人、くんが12人に選ばれてました。
そして、仲間さんが選んだのはくんでした。

「MUSIC FAIR」収録後に急に呼ばれたという松たか子さんも「堂本赤い糸伝説」を。
ここでは、男性陣5人を1〜5番と順位をつけてもらいます。
さんに選ばれたのはくん、2番目がTOMさん、3番目が高見沢さん、4番目が光一くん、
5番目がえなりくんでした。。(えなりくんが最下位の理由は「必死だったから」と。)

3年間レギュラーを務めてくれた、由美ちゃんが今回で卒業。
相方・亜美ちゃんが登場して、「これが私の生きる道」をセッションしました。



「domoto・2006」ページへ