7月

 

―7月3日放送―

今日のゲストは、広末涼子ちゃん。
くんとは、「Summer Snow」「元カレ」で共演。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「出身地・高知県の自慢」には、
「食べ物も美味しいし、お水も美味しいし、いい人たちがいっぱいいます」。
「子供の頃はどんな子でしたか?」には、「スポーツ少女でした」。
「子供の頃の失敗」には、「ランドセルを忘れた」。
「子供の頃に叱られた事」は、
「姉妹ケンカのときに私が姉なので「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」って言われました」。
「学生時代に辛かった事」には、「中学3年生で仕事を始めて、一時期学校に行けなかった」。
○「特技」には、「どこでも寝られる事」。
「肌身離さず持ってる必需品」には、「携帯」。
「24年間生きてきて一番幸せだった事」には、「今」。
「人にすすめたい事」には「早寝早起き」、「夜の9時に寝て、朝の5時半に起きます」と。
(「この番組は見てますか?」にも、「タイトルが新って付いてるのに少しビックリしました」)
「自分にとっての贅沢」には、「団欒」。
「私ってまだ若いなと思う時」には、「テンション上がるとキーが高くなる」。
「あの頃は若かったなと思う時」には、
「制服の子を見たときに若いなって思ってる自分がオバちゃんだなって思いました」。
「最近のマイブーム」には「写真を撮る事」、「捨てられない物」にも「写真」を。
(今回は小さい頃の写真や学生時代の写真を持ってきてくれました)
「得意料理」には、「ビーフシチューは言い飽きたんで春巻き」。
「もし芸能人じゃなかったら何をしてましたか?」には、「普通の主婦」。
「生まれ変わったらどんな生活がいいですか?」には、「こんな生活がいいです」。
「ジンクス」には、「まつ毛が抜けるとお願い事をします」。
(「今までお願いした事」には、「中間とか期末のテストの事」)
「テレビや映画出演でやった失敗」には、「寝るシーンで寝ちゃう事」。
○「男性を見るときに初めに目がいくところ」には、「目」。
「男性の腹の立つ仕草」には、「小指の爪だけ伸びてる」。
「イケてる男性の条件を三つ」には、「男気・優しさ・ヘラヘラしない」。
「一番格好いいと思う男性」には、「父親」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、涼子ちゃんも好きで楽曲を提供してもらった事もある「椎名林檎特集」を。
曲披露では、同じく林檎さんの音楽を聴いているくんが「ここでキスして。」を披露。

    

―7月17日放送―

今日のゲストは、小島奈津子さん。
アナウンサーの研修や試験で受ける、フリートークや早口言葉を皆で実施。
早口言葉では、えなりくんが見事にクリアしていました。
フリートークでは、全員がお題と別の方向へいってしまってました。。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「子供の頃のあだ名」には、「ナッちゃん」。
「子供の頃に楽しみだった学校行事」には、「場内アナウンスができる運動会」。
○「アナウンサーになるために努力した事」には、
「フリートークの練習とか時事問題のために新聞や雑誌をよく読んでました」。
「アナウンサーになって大変だった事」には、「10年間続いた早起き」。
「めざましテレビ」を担当していたため、朝2時半起きだったそう。
○「人生最大の出会いはいつ?」には、「やっぱり、数年前の旦那さんですね」。
「結婚してから変わった事」には、「毎日ご飯を作るようになった」。
「テレビでは見られない素顔」には、「割と私生活はせっかちだって言われます」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「女性の名前の入った曲」を。
曲披露では、小島奈津子さんが早見優さんの「夏色のナンシー」を歌ってくれました。



―7月24日放送―

先日お台場で行われた「堂本ブラザーズバンド ファーストライブ」の模様を。
1週目の今週はライブの模様を30分間にわたって紹介。

(On Air 楽曲)
「堂本兄弟のテーマ」堂本ブラザーズバンド
「リルラ リルハ」木村カエラ
「Best Friend」Kiroro
「ふたりの愛ランド」えなりかずき×上原奈美
「-so young blues-」堂本光一×高見沢俊彦
「街」堂本剛×土屋公平
「アジアの純真」Puffy
「WON'T BE LONG」ブラザーTOM
「SWEAT & TEARS」THE ALFEE
「Get Back」麗蘭
「雨上がりの夜空に」忌野清志郎×仲井戸麗市
「JUMP」忌野清志郎
「フラワー」「全部 だきしめて」KinKi Kids



8月

 

―8月7日放送―

先日お台場で行われた「堂本ブラザーズバンド ファーストライブ」の模様を。
2週目の今週はライブのドキュメンタリーを坂井真紀さんをナビゲーターに30分間にわたって紹介。
このライブをもって産休に入る金城さんと結婚をした玉城さんへ
ブラザーズバンドの皆さんから「Happy Happy Greeting」と花束をサプライズでプレゼント。
そして、Kiroro・Puffy・THE ALFEEとグループ総出演の中、
TOMさんがメンバーのバブルガム・ブラザーズだけが1人でのステージに。
実はメインヴォーカルのKORNさんが入院中のため、ライブに参加できない事に。
「そういう状態になってもベッドごとステージに行って医者を横につけても出る」と、
強い意志を持ったバブルガム・ブラザーズなので直前まで待ちますがドクターストップでNG。
しかし、TOMさん、ブラザーズバンド、20000人のお客さんの全員で
KORNさんの分まで「WON'T BE LONG」を歌ってくれました。
EDでは、ステージ裏で篠原ともえちゃんがKinKi Kidsをお出迎え。
しかし、用意した花束を捨てられ、KinKiの2人から投げられる手荒い歓迎に。。



―8月14日放送―

今日のゲストは、THE ALFEE
いつもは後ろの席にいる高見沢さん、どうも前の席に居心地が悪い様子でした。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「高見沢さんの出ている新堂本兄弟への感想」には、
桜井さんが「たまに高見沢の疲れた顔がよく出てるんで、もっと強調していただけると」
坂崎さんが「もうちょっと早い時間に放送してもらいたい」
高見沢さんが「最近、収録が早くない?」と。(朝7時入りもあるそう。。)
○「結成のきっかけ」には、
桜井さんが「ボクがやってたバンドにボク以外のメンバーが坂崎を連れてきて、
坂崎高見沢を連れてきたんでボクは最初は誰も知りませんでした」と。
「グループ名の由来」には、
「最初はコンフィデンスっていう名前だったんですけど同じ名前の業界紙があるからダメになって、
ある日ディレクターに「君たちアルフィーだ」って言われて」と。
○「高見沢さんに最初に会ったときの印象」には、
桜井さんが「彼は昔から派手でした」、坂崎さんが「格好いいと思いました」。
坂崎さんに最初に会ったときの印象」には、
桜井さんが「チョコンとしててかわいい子」、高見沢さんが「鼻の大きい、目の小さい女の子」。
桜井さんに最初に会ったときの印象」には、
坂崎さんが「ウチのおふくろが格好いいって惚れてて、オレの親父になってたかもしれない」、
高見沢さんが「キレイな丸刈りだったんで坊さんの息子かなって思いましたね」。
○「坂崎さんのちょっと変なところ」には、
桜井さんが「ペットの趣味」、高見沢さんが「楽屋で気配を消すからたまに踏んじゃう」。
桜井さんのちょっと変なところ」には、
坂崎さんが「言えない」、高見沢さんが「お酒の癖はいいほうじゃないです」。
高見沢さんのちょっと変なところ」には、
桜井さんが「皆さんがよく分かってるでしょ」、坂崎さんが「ちょっとじゃなくて相当です」。
○「坂崎さんの良いところ」には、2人とも「時間にキチンとしてる、混雑も計算に入れて来る」。
桜井さんの良いところ」には、坂崎さんが「キレイ好き」、高見沢さんが「たくさんあります」。
高見沢さんの良いところ」には、
桜井さんが「負けず嫌いでTHE ALFEEのためなら死んでも守ってくれるリーダー」、
坂崎さんが「桜井はキレイ好きで、高見沢はキレイなものが好き」。
○「街を歩いてて言われたショックな一言」には、
桜井さんが「あ、THE ALFEEだ、高見沢さ〜ん」、坂崎さんが「高見沢さん!」、
高見沢さんが「男の集団が「せーの、高見沢!」と。。
○「いつまで現役ですか?」には、桜井さんが「あと30年」、高見沢さんが「気持ちは永遠」。
坂崎さんの「桜井の肝臓に聞いてください」には、桜井さんが「あと20年」と。。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「3人組アーティスト特集」を。
曲披露では、GAROの「学生街の喫茶店」を披露してくれました。



―8月28日放送―

今日のゲストは、清水ミチコさん。
一問一答にもモノマネのオンパレードで答えてくれた清水さん、
モノマネのネタ披露の他、数々の「顔マネ」の写真の作品を披露。
さらに、ブラザーズバンドの皆さんへモノマネを伝授してくれました。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「小さい頃になりたかった職業」には、「漫画家」。
「よく通信簿に書かれた事」には、「陽気だけど落ち着きがない」。
「子供の頃に好きだったアイドル」には、「松田聖子さんか桜田淳子さん」。
「学生時代にやっていた部活動」には、「卓球部」。
「学生時代の一番の思い出」には、「卒業式のときに普通は第二ボタンを貰いに行くのに、
下級生から最後に桜田淳子のモノマネ見せてくださいって泣きながら言われてやりました」。
○「芸能界入りのきっかけ」には、「ジャンジャンってとこでライブしていたら、
お客さんに永六輔さんがいていろいろな人を紹介してくれました」。
「テレビ出演してから変わった事」には、「親にモノマネうまいのねって言われました」。
「この仕事をしていて良かった事」には、「いろんなジャンルのオーソリティに会える事」。
(平井堅さんと椎名林檎さんがカラオケをしてる席に呼ばれ、
三谷幸喜さんと山口智充さんと一緒に行ったら後でCrystal Kayが合流して豪華な席になったそう)
「テレビ出演での大失敗」には、
「照明が非常に眩しいと思ったらフェイスライトで気を使ってくれていた」。
○「一番不評だったモノマネ」には、「宇多田ヒカル」。
「モノマネで本人からクレームが来た事」には、「ないですけど怒ってるって噂は聞きます」。
「これから挑戦しようと思ってるモノマネ」には、「くまのプーさん」。

○今回は、清水さんのモノマネでメドレーを披露してくれました。
平原綾香「Jupiter」、山口百恵「イミテーション・ゴールド」、
松任谷由実「真夏の夜の夢」、忌野清志郎「ドカドカうるさいR&Rバンド」を披露。



9月

 

―9月18日放送―

今日のゲストは、平山あやちゃん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「出身地」は「栃木県黒磯市」、「故郷」には「田舎で田んぼと森です」。
「どんな子供でした」には、「大人しくて人見知りで目立たない子でした」。
(「よく喋るようになったのは、バラエティの仕事を始めてから」とのこと)
「通信簿によく書かれた事」には、「目が大きい」。
「子供の頃のアイドル」には、「光GENJIの諸星くん」。
(お母さんが大ファンで聴いてるうちに好きになったそう)
「人生で1番勉強した事」には、
「免許の学科試験で1回落ちたのが悔しくて、夜8時〜朝7時まで勉強しました」
○「芸能界を志すきっかけ」には、「東京ラブストーリーっていうドラマを見てから」。
「憧れの芸能人」には、「もちろん鈴木保奈美さん」。
「芸能界で1番嬉しかった事」には、「鈴木保奈美さんが引退した日に手紙を貰いました」。
○「最近した贅沢」には、「友達4人で1枚2000円のお肉で作ったすき焼き」。
「宝物」には、「車」。(あやちゃんの愛車も写真で公開されてました)
「日々心がけている事」には、「キャベツを食べる事」。
(「胸が大きくなって肌がキレイになる」とのこと)
○「初恋」は、「幼稚園のときでクラスのアイドルで大人気の子で
バレンタインにチョコを渡すのもお母さんが窓口になってるんです」。
「初デート」は、「スーパーのジャスコです、中学生のとき」。
「好きなタイプ」は、「犬っぽい人」。
「堂本ブラザーズバンドなら誰?」には、「えなり君です、柴犬っぽくて可愛い」。
「男性を好きになったらどうなりますか」には、「その人に一生懸命になります」。
「いい女の条件を3つ挙げてください」には、「ロングヘアーで茶髪でサラサラ、
スーツが似合う、家でメイク落としながら電話して部屋が間接照明の人」。
「いい男の条件を3つ挙げてください」には、
「自分より人生が詳しくて、自分勝手じゃなくて、真面目な方」。

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「ジャニーズアイドル」を特集。
曲披露では、あやちゃんが光GENJIの「ガラスの十代」を歌ってくれました。



―9月25日放送―

今日のゲストは、中越典子さん。

堂本一問一答」、ゲストへいろいろ質問して答えてもらいます。
○「通信簿によく書かれた事」には、「給食を食べるのが遅すぎる」。
「子供の頃によく怒られた事」には、「好き嫌いがすごく多い事」。
「子供の頃のアイドル」には、「暴れん坊将軍、ジュリー、細川たかしさん」。
○「佐賀県出身の中越さん、九州の男性の方が好きですか?」には、
「好きです、男性は九州の方が男っぽく見えますね」。
「恋愛をしてる自分を一言で表すと」には、「無我夢中」。
「友達と同じ人を好きになったらどうしますか?」には、
「とりあえず身を引きます、それで二人の様子を裏で見ててうまくいかなかったらいきます」。
○「中越さんにとっての楽園」には、「映画館が好きなので、そういうとこでデートしたいです」。
「理想の休日」には、「森をうろうろ歩く休日」。
「ジンクス」には、「石に祈る」。
「他人に指摘されて気付いた自分の癖」には、「人の目をジッと見て話す」。
(これには、女性の目をジッと見る事の少ないKinKiえなりくんが挑戦する事に。
中越さんとお互いに目をジッと見つめ合ったところ、
光一くんが1秒、くんが4秒、えなりくんが3秒という結果に。。)

高見沢さんが日本の歌謡曲にスポットを当てる、「ベストヒットたかみー」のコーナー。
○今回は、「ご当地ソング特集〜東京23区〜」を。
曲披露では、中越さんが「丸ノ内サディスティック」を歌ってくれました。



―9月28日放送―

―9月28日放送―
今回は、「秋の堂本兄弟まつり」と題してのゴールデン2時間SP。
堂本ブラザーズバンドの新メンバー4人+ゲストの郷ひろみさん+KinKi Kidsが「一問一答」に挑戦。

新メンバーのHALCALI・YUCALIちゃん。
18歳の高校3年生には、一回り違う由美ちゃんが「ヤバイ」と一言。。
(「堂本一問一答」)
「学生生活で辛い事」には、「早起き(毎朝6時40分起き)」。
「必需品」には、「カメラ・財布・ガム・i Pod・プリ帳」。
YUCALIちゃんのプリ帳を披露してくれましたが、
深田恭子ちゃんは学生時代に持たなかったそうで「今思うと思い出がないから後悔してる」と。)
「幸せだなと思うとき」には、「友達とお寿司屋さんに行ったとき」。
「自分は子供だなと思うとき」には、「ワサビ入りのお寿司が食べられない」。
「自分も年を取ったなと思うとき」には、「甘い物を食べなくなってきた」。
(「好きなんですけど、胃がムカムカしてくる」そう。)
「ハマってる事」には、「ラインストーンをi Podやカメラにバーッて貼る」。
「新メンバーになった感想」には、「胃腸炎になりそうですけど頑張ります」。

新メンバーの華原朋美ちゃん。
「堂本兄弟」には、ハワイロケ、200回SP生放送に出演など貢献してくれてます。
(「堂本一問一答」)
「今欲しいもの」には、「彼氏、ずっといないんですよ」。
「宝物」には、「UFOキャッチャーで2万円かけて取ったスティッチのストラップ」。
「お酒での失敗談」には、「初めてたくさん飲んだときに気持ち悪くなって、
背中をさすってもらってて「あ、出る」って思ったらプッておならが出た」。
「家に帰ってする事」には、「(ペットの)ウンチの片付け」。
(家に帰るとペットが出したものを丁寧に玄関に並べておいてくれてるそうです。。)
「初恋」は、「高2のときに背の高い色白な子」。
「ファーストキス」は、「中2のときにバレエの教室でされました」。
「堂本兄弟のハワイロケで印象に残った事」には、「高見沢さんの巻き髪」。
光一くんからは、高見沢さんへ「普段のサラサラで縛ってる方が格好いいですよ」と。)
「新メンバーになった感想」には、「ずっと狙ってたんで嬉しいです」。

新メンバーの浦島りんこさん。
DREAMS COME TRUEなどのコーラスで有名なBACK VOCALのスペシャリスト。
(「堂本一問一答」)
「子供の頃の自分」には、「明るくて変わった子」。
「子供の頃に憧れてた職業」には、「愛人」。
(「ドラマを見てて、昼何もしなくて、夜旦那さんを迎えればいいから楽だと思ってた」そう。。)
「初めて人前で歌った事」には、「小6のときの何かの会」。
「1番共演してみたい人」には、「サブちゃん」。
えなりくんの1番共演してみたい人は、「森繁先生」とのこと。)
「この世界に入ったきっかけ」には、「アマチュアのときに久保田利伸さんが誘ってくれて」。
「この世界に入ってなかったら」には、「どっかの説教バーのママか子だくさんのお母さん」。
「ドキッとする男性の仕草」には、「トイレを気遣ってくれる」。
(「初めてのデートとかだと女性からトイレ行きたいって言いにくいから」とのこと。)
「新メンバーになった感想」には、「嬉しいです」。

新メンバーの深田恭子ちゃん、バンドで演奏するのは今回が初体験とのこと。
(「堂本一問一答」)
「子供の頃のあだ名」には、「きょうちゃん」。
「子供の頃に辛かった事」には、
「夕方になるとピアノ・水泳・塾・習字とか習い事に行かないといけなかった」。
「重宝しているもの」には、「宇多田ヒカルちゃんから貰った自動掃除機」。
「今欲しいもの」には、「ヨーロピアンなこたつ」。
「必需品」には、「無いです」。
(「財布も鍵も携帯も結構忘れます」という恭子ちゃん、
念のために「マネージャーや近所の人にも鍵を預けてある」そうです。)
「自分の体で1番好きなところ」には、「耳たぶ」。
(「ピアスを開けてないのでゴリゴリしてないから」とのこと。)
「弱点」には、「よく鼻血が出ます」。
(鼻血が出るタイミングには、「いざという時に出ます」と。)
光一くんはよくライブ中にコンタクトを落とすようで、
落としたときに踊りの中の一瞬の隙で見つけて拾っているそうで
「そんなの出来るならコンタクトいらないじゃんって事ですけど」と。。)
「最近1番笑った事」には、「友達が転んだとき、中々見れるものじゃないので」。
「ドラマでの失敗」は、「セリフを忘れたときに雰囲気で言って間違えてないって感じにします」。
「芸能界に入ったきっかけ」には、「華原朋美さんに憧れて」。
(「こんなんでいいんですか?」と朋ちゃん。。)
「理想の男性」には、「昔はクールな王子様だったけど、今は料理のできる王子様」。
「理想のデート」には、「漫画みたいなバカップル」。
「どんなプロポーズならOKしますか?」には、「結婚したくありません」。
「新メンバーになった感想」には、「すごくホントにホントに嬉しいです、頑張ります」。

本日のゲストの郷ひろみさん。
来月には50歳を迎えますが、「自分の中では50代が1番良いと思ってる」と。
(「堂本一問一答」)
「半年ぶりの出演で前回から変わった事」には、「独身になった事」。
「最近1番高い買物」には、「家」。
「重宝してるもの」には、「自動掃除機」。
「最近涙したとき」には、「ピーリングを受けたとき」。
「今の郷ひろみにキャッチフレーズを付けるなら」には、「優しさは罪」。
(女性に優しいのはいいけど、それで相手を勘違いさせてしまうときもあるということ)
えなりくんからは、「いくら優しくしても勘違いされない人はどうしましょう?」と。。)
「自分のイメージと違う事」には、「洗濯ですけど、しないといけないんで」。
「新しいアクションはありますか?」には、靴べら・携帯を使ったアクションを披露。
「女性を見るときに最初に見るのは」には、「歩き方」。
(「折角、女性に生まれたんだからキレイに歩かないと損だと思うんですよ」と。)
「好きな女性を口説くとき」には、「誰に対しても大丈夫?って言うんですけど、
周りに言わせると好きな人に対しては大丈夫?の言い方が違うみたいです」。
「@真っ赤なバラ A好きな人のための歌 Bホテルのスウィートルームの鍵 C言葉オンリー、
この4つの中で女性を口説くときに持っていくもの」には、「Cですかね」。
「この4つの中で実際に使った事のあるもの」には、「全部」。
(「えなりくんは似合わないな」と言われると、えなりくんは「僕は茶菓子を持ってきます」と。)
「この50年で1番モテたのはいつ」には、「これからが1番モテます」。

KinKi Kidsが初めて「一問一答」に挑戦。
「ゲストの気持ちが分かったわ」と勝手が効かなかった様子。
(「一問一答」)
「子供の頃に通信簿に書かれた事」には、
光一くんが「やれば出来る子」、くんが「優しいのはいいけど、ナヨナヨしてる」。
「子供の頃の憧れの職業」には、光一くんが「タクシーの運転手さん」、
くんが「僕はNBAの選手で、母親は誰とも喋らず仕事出来るからって市役所って言ってました」。
「相方のヘンなところ」には、光一くんが「髪型」、
くんが「昔は潔癖症やったのに、今では俺より高い古着を買ってる」。
「相方の褒めれるところ」には、光一くんが「髪型、チャレンジャーって意味で」、
くんが「たまに出る下ネタ、チャレンジャーって意味で」。
「女性を見るときに最初に見るのは」には、光一くんが「顔」、くんが「ファッション」。
「恋愛の教訓」には、光一くんが「男は我慢する生き物」、
くんが「恋とは頭でするものじゃなく、心でするもの」。
「初恋」には、光一くんが「中2のときに自ら行って失敗しました」、
くんは「小4か5のときに近所の女の子」。
光一くんの中2の告白のとき、くんが失敗する前に応援&失敗した後に慰めたそう。)
「好きな人の前ではどうなる」には、
光一くんが「話かけられない空気を作る」、くんが「基本は喋りません」。
「女性のハートを射止める一言」には、
光一くんが「ボクのエンジンを回すホイールになってくれないか」、
くんが「ボクが生きてきた中である汚れた部分や残酷な部分が色々あるけれど、
キミがフィルターになってくれないか?」。
「テレビでの大失敗」には、「ビロードの闇の三回打ちひしがれた事件」。
(MUSIC STATIONの6月10日放送の歌詞間違いの件)
由美ちゃんに聞いた「KinKi Kidsに直してもらいたい事」では、
光一くんへ「もうちょっと優しくされたい、髪型(カツラのネタ)の話」、
くんへ「髪型、協調性を持って欲しい」。
光一くんのカツラのネタには、「あと2年して本当に危なくなってたら笑えない」と。。)



「domoto・2005」ページへ