7月

 

―7月14日放送―

☆1位☆
EXILE/「real world」(コメント付)○
ATSUSHIさん、HIROさんのコメント。
日テレの野球中継のテーマソングになり、PVも野球をしている皆さんの映像となっていて、
徳光さんも楽しんで見てください」とコメントを。
徳光さんは、「EXILEは1位だけど、巨人は2位なんです」と一言。。
近藤真彦/「ブルージーンズメモリー」○
3曲連続のヒットで、事務所からバイクを貰ったそうです。

☆2位☆
ORANGE RANGE/「ロコローション」(コメント付)○
グループ名は、
NAOKIくんのお母さんが考えたんだそうで、
お母さんのラッキーカラーがオレンジだった事からきているそう。
松山千春/「長い夜」(コメント付)○
この曲のレコードジャケットをデザインした
おすぎさんのコメント。
おすぎさんと松山さんは仲良しで、松山さんがいない実家にいって料理を作ったりしていたそうです。。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの
氷川きよしさんの新曲は、
瞼の母の事を歌った曲で「ファンの皆さんのために歌いました」とのこと。

☆3位☆
平井堅/「瞳をとじて」○
「世界の中心で、愛をさけぶ」を六本木ヒルズの映画館で見たそうですが、
自分の曲の反応が気になって、映画に集中できなかったそうです。。
河合奈保子/「スマイル・フォー・ミー」(コメント付)○
大阪出身の当時17歳。この曲に合わせて、特注のマイクを用意していたそうです。

☆4位☆
TUBE/「夏祭り」(コメント付)○
ハワイのワイキキビーチから
前田さんがコメントを。
奄美大島で撮影したPVには、「島の人ともコミュニケーションが取れて、
メンバーがどこにいるか分からないぐらいに馴染んでた」そうですよ。。
スタジオゲストの
ドランクドラゴン鈴木さんは、
神奈川出身で「湘南ボーイ」と言うと、スタジオからヒンシュクを買ってました。。
山本譲二/「みちのくひとり旅」(コメント付)○
当時のヘアースタイルのお手入れは、ずっと同じカミソリでやっていたそう。
この曲の詞に出てくる男性については、スタジオゲストの
山田花子ちゃんが「ちょっと重い・・」と。。
ドランクドラゴンから「心配せんでも言われませんよ」とツッコミも。。

☆5位☆
RAG FAIR/「HANA」(コメント付)○
レオくんの喋りの達者ぶりは定評がありますが、車の中でも1人で実況しているそう。
ヨースケくん曰く、「話し相手がいないからです」とのこと。。
石川ひとみ/「まちぶせ」(コメント付)○
デビュー4年目だった
石川さん、「この曲で区切りを付けて、辞めるつもりだった」そうです。。
素晴らしい曲だったので、「この曲が売れないなら」と諦めるつもりだったみたいです。

☆6位☆
Mr.Children/「Sign」○
主題歌となっていた「オレンジデイズ」の打ち上げでは、
主演の
妻夫木聡くんを始め、皆さんでこの曲を歌ったそうです。
スタジオゲストの
はなわさんのバックバンドには、なんと妻夫木くんのお兄さんがいるそう!
それを言うと、ライブで皆そっちしか見なくなるそうです。。
堀江淳/「メモリーグラス」(コメント付)○
発売前から「この曲はヒットする」と言われ、前もって2000万円を会社から貰ったんだそう!
今でもカラオケの印税で年間200万円も
堀江さんに届くそうですよ。

☆7位☆
nobody knows+/「ココロオドル」(コメント付)○
「TVに出れて良かった事」には、
デーブ・スペクターさんと会えた事を。
(実際には、すれ違っただけのようです)
松任谷由実/「守ってあげたい」○
映画の主題歌でヒットした一曲、
映画の監督からの依頼があって、主演の
薬師丸ひろ子さんをイメージして作ったんだそう。

☆昭和56年の20位→11位☆
今回のPICK-UPは、17位の
クリエーションの「ロンリー・ハート」。ドラマ主題歌でヒット。
日本のロックグループで初めてアメリカのレコード会社と契約したグループです。

☆8位☆
PIERROT/「Smiley Skeleton」○
PIERROTのライブには、「ゴシック系ファッション」と呼ばれる黒の衣装を着たファンが多いとのこと。
石川優子/「シンデレラ サマー」○
大阪出身の当時22歳。JALのテーマソングに起用され、デビュー3年目での初めてのヒット。

☆9位☆
はなわ/「伝説の男〜ビバ・ガッツ〜」○
ここで、スタジオにランクインした
はなわさんが登場。
ガッツさんの反応については、「喜んでるみたいです」と。
一緒に食事に行ったそうですが、お店に着いた途端に印税の話をされたそう。。(^^;)
今回は、この曲が生まれた「エンタの神様」のスタジオから曲披露を。
エマニエル/「シティ・コネクション」○
33歳の現在は、レコード会社と芸能プロを経営し、自分も俳優として活躍しているそう。

☆10位☆
氣志團/「結婚闘魂行進曲「マブダチ」」(コメント付)○
今回の曲は、
さんの初恋の女の子が結婚するという体験から作った曲のようです。
今回も、ライブの裏側を織り交ぜた映像をお送りしました。
西田敏行/「もしもピアノが弾けたなら」(コメント付)○
当時は、各局の歌番組に出演していた
西田さん、
「マッチや田原俊彦さんといつも一緒で、俺もアイドルかな〜って気分だった」そう。。
家の前にまで追っかけのファンがいるほどの人気っぷりだったようです。



8月

 

―8月4日放送―

☆1位☆
サザンオールスターズ/「君こそスターだ」(コメント付)○
「昔は、ケンカとかもあった」というサザンもデビュー27年目。
今は、レコーディングのときにメンバーで飲んだりする事もあるそうです。
皆さんの好きなお酒では、松田さんが「焼酎」と言うと、桑田さんが「しょっちゅう?」と。。
さんの「ビール」には、桑田さんが「ビールをウイスキーで割ってますからね」と。。
関口さんの「マッコリ」には、桑田さんが「モッコリですからね」と。。
毛ガニさんは、「電気ブラン」とのこと。。
桑田さんがさんを「お母さん」って言ってたのが良い感じでしたね〜。。
GLAY/「HOWEVER」○
初めて100万枚を超えた曲で、GLAY人気を不動のものとしました。

☆2位☆
ゆず/「栄光の架橋」○
NHKアテネ五輪テーマソング。「聴いてくれる人が元気になってくれるような曲」とのこと。
KinKi Kids/「硝子の少年」(コメント付)○
くんからのコメントでは、「当時は、痩せててペラペラだった」と。
ちなみに、当時のあだ名は「マンガ」だったそう。。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの島谷ひとみさんの新曲は、「天使」の意味なのですが、
この曲では「戦う天使」という意味で「未来に向かって戦っていく」と前向きな曲のようです。
hiroちゃんの新ユニット「ココドール」のジャズアルバムは、全英詞&ジャズの一枚。
hiroちゃんからは、「もっと音楽が好きになった」と一言が。

☆3位☆
モーニング娘。/「女子かしまし物語」(コメント付)○
卒業する加護ちゃんとちゃんの「今だから言える事」を。
ちゃんは、「新曲のダンスのときに伸びるところで一緒にオナラしました」と・・。。(^^;)
SPEED/「Wake Me Up!」○
最後の「もう泣かない」のセリフがhiroちゃんは嫌だったそう。
カメラ目線がダメなようですが、局の人に「何カメでお願いします」と言われてやっていたそう。

☆4位☆
稲葉浩志/「Wonderland」(コメント付)○
「詞は3〜4年前からあって、新しく作った曲にはめました」とのこと。
スタジオゲストの島谷ひとみさんは、「マジメな感じなのに歌だとハジけるのがいい」と。。
hiroちゃんは、「あの歌声がたまらない」とのこと。。
ZARD/「永遠」○
この曲のPVは、アメリカのカリフォルニア州のエルミラージ荒野で撮影。
現地の警察の方も来て、道路を完全封鎖して行われたそうです。

☆5位☆
安室奈美恵/「ALL FOR YOU」(コメント付)○
今年の夏については、「海に行こうと思ってます」と。
しかし、「泳ぎが不得意なので、見てるだけで」とのこと。。
THE YELLOW MONKEY/「BURN」○
一昨日に解散を発表したばかりのイエモンの1番のヒット曲。
スタジオゲストの島谷ひとみさんは、「番組で会ったときに格好よくて好きになった」とのこと。。

☆6位☆
175R/「夕焼けファルセット」(コメント付)○
タイトルについては、「ファルセットは使ってないですけど、
か細い声が夕焼けに消えていくイメージで付けました」とのこと。
「今年いろいろな曲が出てますけど、これはベストネーミング賞を頂きたいです」と。。
Every Little Thing/「出会った頃のように」○
この年、「Dear My Friend」「For the moment...」「出会った頃のように」とヒットを続け、
一躍トップアーティストの仲間入りに。。

☆7位☆
平井堅/「瞳をとじて」○
映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌となってますが、
PVも死んでしまった彼女との切ないストーリーになってます。
スタジオゲストのhiroちゃんは、「映画ですごい感動して、その後に曲を聴いてもっと感動した」と。
島谷さんも「私もそう!」と共感してました。。
河村隆一/「BEAT」(コメント付)○
河村さんは、伸びのある声が特徴的ですが、
あの声には「当時、ボクシングをやってて、運動をした後は伸びのある声が出る」とのこと。
今も歌う前には、運動をしてから歌ってるそうです。

☆平成9年の20位→11位☆
今回のPICK-UPは、18位のMOON CHILDは「ESCAPE」。
ドラマ「FIVE」の主題歌としてヒット。しかし、バンドは2年後に解散してしまいました。

☆8位☆
ORANGE RANGE/「ロコローション」(コメント付)○
今も沖縄のコザに住んでいるそうですが、皆さん「歩いて5分で全員の家に行ける」そう。
スタジオゲストのhiroちゃんも結構近所のようで、
「あんな格好いい人達が近所にいるなんて知らなかったです」と。。
反町隆史 with Richie Sambora/「Forever」○
当時、23歳。本人主演のドラマ「ビーチボーイズ」の主題歌で歌手デビュー。
スタジオゲストの島谷ひとみさんは、「私も今23歳なんですけど、周りにこんな23歳はいない」と。。

☆9位☆
氷川きよし/「番場の忠太郎」○
「忠太郎」は、映画や舞台などでも出てきます、「瞼の母」に出ている主人公の事。
MAX/「Love is Dreaming」(コメント付)○
フリの中に宮尾すすむさんのフリがあるようで、メンバーも「宮尾すすむ」で覚えていたそう。
スタジオゲストのhiroちゃんは、
「Yシャツに下がブラの衣装で、SPEEDは半パンだったんで、格好いいな〜って思ってました」と。。

☆10位☆
大塚愛/「Happy Days」(コメント付)○
ちゃんの声が少し変わって聞こえるのは、エフェクトによるもの。
「「Happy Days」でガツンと行こうや!」と意気込みを。。
V6/「WAになっておどろう」(コメント付)○
当時は、坂本くんが26歳、岡田くんが16歳。
当時の坂本くんの髪型には、メンバーから「焼きそばみたい」と一言。。
坂本くんも「自分的にはOKなんだけど、周りから不評だった」と。。
坂本くんは、24歳でのデビューでしたが、ジャニーズでは1番遅いデビューだったそうですよ。



―8月11日放送―

☆1位☆
浜崎あゆみ/「INSPIRE」(コメント付)○
新曲については、「夏の情熱的な感じが伝わればいいなと思ってます」と。
見どころには、「ヨッちゃんのギターにラインストーンが5000個付いてるんですけど、
全部ヨッちゃんが自分で付けたんで注目してみてください」とのこと。
サザンオールスターズ/「勝手にシンドバッド」○
去年に再発売されて、改めて若者にも注目されました。
アンケートでも広い世代から高い支持があった模様。

☆2位☆
ケツメイシ/「君にBUMP」○
PVは、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」を意識して作られたそうです。
主役のジョン・トラボルタ役は、メンバーたっての希望で羽賀研二さんになりました。
PRINCESS PRINCESS/「世界でいちばん熱い夏」○
平成元年のヒット曲。アンケートでも20〜30代で1位になった一曲。
この年に「Diamonds」もヒットさせ、女性グループのトップとなりました。

☆今週の20位→11位☆

☆3位☆
サザンオールスターズ/「夢に消えたジュリア」○
JALのCMソングとしてお馴染みの一曲。
この曲は、桑田さんが10代の頃に聴いてたグループサウンズを意識して作ったそうです。
THE BOOM/「島唄」○
平成5年のヒット曲。元々、沖縄でだけ売られていたそうです。
メンバーは沖縄出身ではなく、山梨県の出身で沖縄民謡に感銘して曲を作ったんだそう。
今回行われたアンケートでも堂々1位になった一曲。

☆4位☆
福山雅治/「虹〜もうひとつの夏〜」○
福山さんの健康管理は、クーラーは使わず、マイナスイオン扇風機で過ごしてるとのこと。
スタジオゲストの加藤晴彦さんは、福山さんと仲良し。
「家を探してるって言ったら、探して見に行ってくれてた」そうですよ。。
山口百恵/「ひと夏の経験」○
昭和49年のヒット曲。百恵さんは、当時15歳。
この曲で数々の賞を受賞し、一躍トップアーティストとなりました。
スタジオゲストの浜口順子ちゃんは、百恵さんは同じホリプロの大先輩。
「30年経ってる今でも印税が入ってきてる」そうです。

☆5位☆
T.M.Revolution/「Web of Night」(コメント付)○
映画「スパイダーマン2」の日本版テーマソング。
この曲には、日本語と英語バージョンがありますが、西川さんは英語が得意とのこと。
しかし、「他の教科は惨憺たる結果でした・・」と。。
ポルノグラフィティ/「ミュージック・アワー」○
平成12年のヒット曲。ラジオのDJが視聴者からの恋愛相談に乗る詞が話題に。
アンケートでは、10代からのリクエストで1位になった一曲。

☆6位☆
ゆず/「栄光の架橋」○
北川さんは、ツアーの合間に高校野球で母校の横浜高校の応援に行っていたそうです。
井上陽水・安全地帯/「夏の終わりのハーモニー」○
昭和61年のヒット曲。この曲は、この年に行われた、2組のジョイントコンサートのために作られた曲。
安全地帯は、元々陽水さんのバックを務めていたので、
同じステージで出来る事が夢のようだったそうです。

☆7位☆
SHAKA LABBITS/「GO」(コメント付)○
この曲については、「聴きこむよりも1番のBGMって感じ」と。
「楽しく騒ぐ感じ」「雰囲気のある曲にしたかった」とのことです。
松任谷由実/「真夏の夜の夢」(コメント付)○
平成5年のヒット曲。主題歌となったドラマに出演していた佐野史郎さんのコメント。
ドラマの打ち上げでは、スウィートルームを借りて、最終回をスタッフやキャストと見たそうですが、
歌のイントロが流れたら、松任谷由実さんが急に生歌で歌ってくれたそう!
「すごいお上手でした」とのこと。。

☆夏の名曲の20位→11位☆
19位の早見優さんの「夏色のナンシー」では、「ハワイ帰りで黒かったんですけど、
お笑いの人に「焦げたフライパン」って言われたのがショックでした」とコメントが。
12位の榊原郁恵さんの「夏のお嬢さん」では、
「サビの「アイスクリーム♪」のところの歌い方をよく注意された」とコメントが。

☆8位☆
YOSHII LOVINSON/「トブヨウニ」○
PVで吉井さんが上半身裸になるシーンがありますが、吉井さんは3月から体を鍛えていたそうですよ。
JUDY AND MARY/「Over Drive」○
平成7年のヒット曲。当時の女子高生、今の20代の女性に大人気の一曲。
JUDY AND MARYの曲の人気投票をやっても1位に選ばれるそうです。
今回は、3年前の東京ドームでの解散ライブの映像を。

☆9位☆
槇原敬之/「僕が一番欲しかったもの」○
元々、イギリスの人気グループ「Blue」に提供した曲で、
今回槇原さんが歌うため、新たに詞が付けられたそうです。
TUBE/「あ〜夏休み」(コメント付)○
平成2年のヒット曲。前田さんからのコメント。
「出来たときには、メンバーも「ふざけ過ぎじゃない?」と思ってた」そうで、
「こんなふざけてて、売れなかったら誰が責任取るの?」となっていたそうです。。

☆10位☆
平井堅/「瞳をとじて」○
14週連続のTOP10入り。未だにカラオケで2位、有線で6位、売り上げが70万枚と人気となってます。
キャンディーズ/「暑中お見舞い申し上げます」○
昭和52年のヒット曲。郵便局の暑中お見舞いキャンペーンソング。
この頃には、もう3人の中で解散を考えていたそうです。



9月

 

―9月15日放送―

☆1位☆
B'z/「ARIGATO」○
この曲のPVが撮影されたのは、木更津にある「木更津富士館」。
昭和31年に作られた伝統ある映画館で、
映画「木更津キャッツアイ」やドラマ「砂の器」の撮影でも使われた場所です。
DREAMS COME TRUE/「LOVE LOVE LOVE」○
249万枚のセールスとなって、この年のシングル1位に。
また、ドリカムにとっても最大のヒット曲になりました。

☆2位☆
aiko/「花風」(コメント付)○
久しぶりのアップテンポな曲に「ライブで歌ってみたい」と嬉しそう。。(^^)
日テレのプロ野球のテーマソングになってますが、
スタジオゲストの千秋ちゃんが「阪神が勝ってると良い歌で、負けると少しムカつく」と言うと、
徳光さんは「オレはその逆だよ!」と阪神ファンの千秋ちゃんに敵意むき出し。。
MY LITTLE LOVER/「Hello, again」○
5月に「Man&Woman」、7月に「白いカイト」、9月にこの曲を立て続けにヒットさせ、
トップアーティストの仲間入り。ちなみに、11月にAkkoさんと小林さんが結婚しました。

☆今週の20位→11位☆
17位のEXILEは、「世界平和って大きなテーマで歌ってます」とコメントを。

☆3位☆
柴咲コウ/「かたちあるもの」○
「着うた」で初日のDL件数が5万件を初めて超えたとのこと。
globe/「Feel Like Dance」(コメント付)○
小室哲哉さんからのコメント。
デビュー前には「オレンジ」というグループ名になってて、「丸いものにしたかった」とのこと。
マークは大げさだから、部屋もオレンジにしちゃったみたい」と。。

☆4位☆
BoA/「QUINCY」(コメント付)○
ヨン様と同じ美容室に行っているというBoAちゃん、「普通にいますよ」とのこと。。
ヨン様BoAちゃんの日本のCDを来日したときに買って聞いていたそうで、
BoAちゃんは日本で人気があるねって言われたんですけど、ヨン様も十分人気ありますよね」と。。
Mr.Children/「シーソーゲーム」○
サッカー日本代表の中にミスチルのファンが多いようで、
稲本選手・高原選手・中村俊介選手は特にミスチルが好きなようです。
中村俊介選手が選ぶ「Mr.Childrenの好きな曲」では、
1位に「Over」、2位に「Tomorrow never knows」、3位に「抱きしめたい」とのこと。

☆5位☆
氣志團/「族」(コメント付)○
個性的な衣装の話では、「それぞれに合わせて作ってるんで、僕ら以外には似合いません」と。。
地元の木更津市のマークも入っていますね。。秋には、初の東京ドームライブを開催予定。
サザンオールスターズ/「あなただけを」○
この年の8月には、サザン最大規模のライブ「ホタル カリフォルニア」が開催され、
横浜「みなとみらい」に16万人を動員しました。

☆6位☆
松たか子/「時の舟」○
約5年ぶりのTOP10入りで、さんとしては最高位を記録。
スタジオゲストの佐藤江梨子ちゃんは仲良しのようで、
「遊んだりしてるときには、女子十二楽坊のモノマネとかしてくれる」そうです。。
FIELD OF VIEW/「突然」○
作詞をZARD坂井泉水さん、作曲を織田哲郎さんが担当した曲。
エミリちゃん出演のCMソングとして、ロングセラーとなりました。

☆7位☆
ORANGE RANGE/「チェスト」○
Oriconが調査した「次世代を担うアーティスト」の1位に選ばれました。
篠原涼子/「Lady Generation」(コメント付)○
フリがセクシーだった曲ですが、見どころには「全部」とのこと。
スタジオゲストの千秋ちゃんは仲良しのようで、
「男っぽくてサバサバしてて、こんな良い人はいないぐらい」と絶賛でした。。

☆平成7年の20位→11位☆
今回のPICK-UPは、王様の「深紫伝説」。
ディープ・パープルの曲を無理やり日本語詞にした曲。今も活動中とのこと。

☆8位☆
/「瞳の中のGalaxy」○
二宮くん主演ドラマの主題歌で、藤井フミヤさんが曲提供してくれた一曲。
H Jungle with t/「GOING GOING HOME」(コメント付)○
小室哲哉さんからのコメント。
浜ちゃんの音楽センスの話では、「良い意味でこの曲がピークだったと思います」と。。
まだ、解散はしてないそう。スタジオゲストの東野幸治さんは、「ヴォーカル、オッサンでっせ」と。。

☆9位☆
大塚愛/「金魚花火」○
今年の「学園祭の女王」の呼び声もある大塚愛ちゃん、
1月に11校を回るというペースで学園祭ライブに行くようです。
FUNK the PEANUTS/「恋の罠をしかけましょう」○
吉田美和さんとドリカムのコーラスをしている浦島りんこさんによるデュオ。
この年の女性デュオとして、カラオケで1位となりました。ちなみに、まだ解散はしてないそう。

☆10位☆
ゆず/「栄光の架橋」○
北川さんは学生時代にバスケをしていて、ツアーにはマイボールとマイゴールを持参するそう。
また、北川さんのチームには、日本代表女子バスケの方も来たりするそうですよ。
SMAP/「どんないいこと」○
この年には「24時間テレビ」のパーソナリティを務めたSMAP
個々の仕事も増え始めた頃ですね。今回は、ライブ「010」の映像を。



―9月22日放送―

☆1位☆
Gorie with Jasmine & Joann/「Mickey」○
ガレッジセールのゴリさん扮する「ゴリエ」とハワイ出身の女性2人による3人組。
昭和57年にトニ・パジルのヒットナンバーをカバーしました。
杏里/「CAT'S EYE」(コメント付)○
アニメの主題歌だったため、アニメファンの人にファン層が広がったそうですが、
コンサートで歌ってるときにステージにボールを投げられ、
歌い終わったら「返して」と言われたりといった事もあったそうです。

☆2位☆
ポルノグラフィティ/「シスター」(コメント付)○
3人から2人へとメンバーの変化があったポルノですが、
ハルイチさんからは「前向きにポジティブに活動しているのを見てもらいたい」とのこと。
中森明菜/「禁句」(コメント付)○
中森明菜さんの大ファンという友近さんがコメント。
小学校の頃からファンだったそうで、モノマネも披露してくれてました。
スタジオゲストの野村義男さんは、「一緒に話してると、「一緒にいたい」と思わせるいい子」と。。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの華原朋美ちゃんの新曲は、
「意思の強い、でもどこか弱い部分も持ってる女性の曲」と。
SAYAKAちゃんの新曲は、「廃れた世界をイメージして、詞も荒れた感じにしました」と。

☆3位☆
東京事変/「群青日和」○
椎名林檎さんがヴォーカルを務める新バンドのデビュー曲。
スタジオゲストの野村義男さんやアンジャッシュは、
椎名林檎そっくりな人が出てきた」と思ってたそうです。。
松田聖子/「ガラスの林檎」○
SAYAKAちゃんに「家では聖子ちゃんはどう?」と聞くと、「結構ボケですね」とのこと。。
「直して欲しいところは?」には、「そのままで」と返答。。

☆4位☆
柴咲コウ/「かたちあるもの」○
恋人を残したまま死んでしまう女性の気持ちを書いた曲。
スタジオゲストの華原朋美ちゃんは柴咲コウちゃんが大好きなようで、
「テレビもいつも見てるし、アルバムも聴いてます」とのこと。
岩崎宏美/「家路」(コメント付)○
「妹(?)のように可愛がってもらってる」という山咲トオルさんがインタビュアーに。
この曲の衣装にはお金がかかったそうで、「1mで25万円する生地で作った」そうです。。

☆5位☆
B'z/「ARIGATO」○
松本さんは、来年の正月映画「ULTRAMAN」の音楽プロデュースを手がけます。
葛城ユキ/「ボヘミアン」(コメント付)○
去年、バラエティ番組に出演中に重症を負いましたが、無事に復帰。
曲のポイントには、「ボヘミア〜ン」の部分の「ア〜ン」の伸ばすところを。

☆6位☆
倖田來未/「奇跡」(コメント付)○
今回の衣装は、セクシーで野性的な女性をイメージしたそうです。
そのセクシーな衣装にSAYAKAちゃんが困ってました。。
THE GOOD-BYE/「気まぐれ One Way Boy」○
スタジオゲストの野村義男さんがヴォーカルを務めたバンド。
「解散したの?」には、「活動期間より長い充電期間中です」と。。(^^;)

☆7位☆
氷室京介/「WILD ROMANCE」○
先月に行われた東京ドームのライブのチケットは、わずか5分で完売したそう。。
竹下孝蔵/「踊り子」○
デビュー前には実業団で水泳をしていたそうで、
アジア選手権の候補にもなり、オリンピックも夢ではない選手だったそうです。

☆昭和58年の20位→11位☆

☆8位☆
RAG FAIR/「君でなければ」(コメント付)○
新曲は財津和夫さんが作詞作曲を担当。
「20代のボクらには出てこない言葉が散りばめられてる」
財津さんの声のデモテープを聴いて、「出来てるじゃん」って思った」とのこと。。
薬師丸ひろ子/「探偵物語」○
本人主演映画「探偵物語」の主題歌。今回は、その映画のシーンも流れました。

☆9位☆
aiko/「花風」(コメント付)○
「花風」の意味は、「花を吹き散らすぐらいの風」とのこと。
aikoちゃん的に「好きな人といるときもそういう風が吹いてるのかな〜」と付けたそう。
H2O/「想い出がいっぱい」○
アニメ「みゆき」のテーマ曲で、最近も長谷川京子さんのCMで流れています。
スタジオゲストの華原朋美ちゃんは、「友達が失恋したときに歌ってあげた」そうですが、
徳光さんに「それ、傷口に辛子塗るようなもんだよ」と言われてました。。

☆10位☆
BoA/「QUINCY」(コメント付)○
大人っぽくなった印象のBoAちゃん、
韓国でジムやヨガに通っていたのもあって「顔が細くなった」そう。。
髪も長くなりましたが、ポニーテールの部分はエクステのようです。
「たまにダンサーさんに当たって、「うわっ」って聞こえる」と。。
THE ALFEE/「メリーアン」(コメント付)○
デビュー10年目で初のヒット曲。
それまでは、仮面ライダーやウルトラマンとかと営業に行ったりもしてたそうで、
「ライダーやウルトラマンだと子供が集まるけど、自分たちが出るとシーンとしてた」とのこと。。

     

「daiziten・2004」ページへ