10月

 

―10月13日放送―

☆1位☆
浜崎あゆみ/「CAROLS」(コメント付)○
今回の衣装については、「CDジャケットでブランコに乗るって設定だったんで、
風になびく感じで作ってもらいました」とのこと。
CHAGE&ASKA/「SAY YES」○
未だに破られていない、オリコン13週連続1位という記録をもっています。

☆2位☆
柴咲コウ/「かたちあるもの」○
小説・映画・ドラマの大ヒットにより、骨髄バンクの登録者が増えているとのこと。
槇原敬之/「どんなときも」○
初めは映画の主題歌でしたが、その後にケンタッキーのCMソングに使われて大ヒットに。。

☆今週の20位→11位☆
16位のSAYAKAちゃんからは、「重みのある荒れた感じで新境地という感じの曲です」と。

☆3位☆
ポルノグラフィティ/「シスター」○
来月発売の新曲は、スタジオゲストの岸谷五朗さん・宮沢りえさん主演の
ドラマ「一番大切な人は誰ですか?」の主題歌に起用されています。
井上陽水/「少年時代」○
85万枚のセールスを記録した曲で、陽水さんにとって1番のヒット曲に。

☆4位☆
Gorie with Jasmine & Joann/「Mickey」○
ハワイのオアフ島のキャンペーンガールにも選ばれたゴリエちゃんですが、
スタジオからは「ガールじゃないのに・・」と。。
工藤静香/「メタモルフォーゼ」(コメント付)○
大胆な詞も印象的でしたが、「歌ってても恥ずかしかった」そうですよ。
「当時の映像を見たりしますか?」では、「子供と一緒に大辞テンは見ます」とのこと。

☆5位☆
関ジャニ∞/「浪花いろは節」○
ジャニーズといえば、ジャニーさんからのサプライズが有名ですが、
渋谷くんは「CDデビューを新聞見て知った」「ウチは、知らせなさ過ぎですよ」と。。
徳永英明/「LOVE IS ALL」○
透明感のある歌声が特徴の徳永さんですが、
高校のときには応援団でずっと声を張っていたそうです。

☆6位☆
RIDER CHIPS Featuring Ricky/「ELEMENTS」(コメント付)○
「仮面ライダー ブレイド」のテーマ曲。
ギターの野村義男さんを中心として、ライダー好きのアーティストが集まって結成。
「今回の事で得した事」では、「グッズが貰える」と。。
LINDBERG/「I MISS YOU」○
ヴォーカルの渡瀬マキさんからの手紙を。
「今は主婦業に専念して、歌うのとは別の喜びを感じています」
「いつかまた、この感じを形にできたらいいな〜って思ってます」と。
スタジオゲストの岸谷五朗さんは、
「ある日、家に帰ったら奥さんと渡瀬マキさんと森高千里さんがいて、
それを見て「すげー、オレん家!」って思いました」とのこと。。

☆7位☆
ASIAN KUNG-FU GENERATION/「君の街まで」○
激しいギターに小説のような詞を当てはめる音楽に「文学系ロック」と呼ばれているそう。
グループ名は、ブルース・リーの映画を見たところから来ているようです。
TUBE/「さよならイエスタデイ」○
TUBEが初めて女性の言葉で書いた詞。
スタジオゲストのくんは、「父親が前田さんに似てるんで、親近感がある」とのこと。

☆8位☆
東京事変/「群青日和」○
しばらく、椎名林檎さんはソロの活動は休み、グループ活動を行うそう。
次のシングル、アルバム、ツアーと決まっているようです。
大江千里/「格好悪いふられ方」(コメント付)○
自身の恋愛話では、「高校のときに好きな子がいて、駅から学校まで付いていったりもしてて、
毎日夜にその子に手紙を書いてたんですけど、結局渡せずじまいで終わりました」とのこと。

☆平成3年の20位→11位☆
今回のPICK-UPは、15位の嘉門達夫さんの「替え歌メドレー2」を。
詞を面白おかしく替え歌にしてるため、中々歌手側の事務所の許可が下りないそうで、
最終的にはその本人に直接許可を頼んだりして、10年かかって発売になったそう。
「特にCMソングは、会社のイメージがあるから降りない」そうです。

☆9位☆
佐藤竹善/「木蘭の涙」(コメント付)○
いろいろなアーティストさんのコーラスを務めてきた竹善さん、
小田和正さんは、普段は静かで肝心なときに一声かけてくれるタイプ」
山下達郎さんは、普段からよく喋ってる人です」と。
森高千里/「ファイト!」(コメント付)○
元女子バレー全日本の大林素子さんからのコメント。
1991年W杯バレーのテーマ曲で「選手は、みんな自分のテーマ曲ぐらいに思ってます」
「1ヶ月流れてたから、体も曲のリズムで動くようになってた」とのこと。

☆10位☆
平井堅/「瞳をとじて」○
今週で売り上げが79万枚となり、「大きな古時計」を抜いて平井さんの最大のヒット曲に。
バブルガム・ブラザーズ/「WON'T BE LONG」(コメント付)○
Bro.KORNからのコメントでは、「この曲は、奥さんに作った曲」と。
「奥さんはそれを知らなかったけど、初めて聴かせたら泣いてた」とのこと。
スタジオゲストの岸谷五朗さんは、Bro.KORNさんと仲良しで「床屋も一緒です」と。



―10月27日放送―

☆1位☆
平井堅/「思いがかさなるその前に・・」(コメント付)○
今回の新曲は、会社の偉いさんなどの年上の男性から褒められる事が多いらしく、
徳光さんも聴いて涙してもらえたら、もくろみ通りです」と。。
山口百恵/「秋桜」(コメント付)○
さだまさしさんからのコメントでは、「歌謡史では美空ひばりさんに次ぐ実力」
「あの才能があるのにメディアに出る事もなく、主婦に専念してるのは素晴らしい」と。。

☆2位☆
安室奈美恵/「GIRL TALK/the SPEED STAR」○
帽子にハマってるそうですが、頭のサイズが小さいので既製品では入らず、
特注でわざわざ作ってもらってるそうですよ。
SMAP/「らいおんハート」○
草なぎ剛くん主演のドラマ「フードファイト」の主題歌。
スタジオゲストの飯島愛さんは、
中居くんは、友達の結婚式とかで友達に他のメンバーをやらせて歌ってるみたい」と。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストのゴスペラーズの新曲では、ゴスペラーズがスタジオでアカペラで披露を。
皆さん、聞き惚れていましたね。。

☆3位☆
浜崎あゆみ/「CAROLS」(コメント付)○
最近のあゆのハプニングには、
「友達と食事に行ったときに友達が酔っ払って、手に負えないからトイレに閉じ込めた」と。。
あゆ自身のお酒でのハプニングには、笑いながら「ないです」と。。
Mr.Children/「Tomorrow never knows」○
初めのタイトルは、「明日への架橋」だったそうです。

☆4位☆
Gorie with Jasmine & Joann/「Mickey」○
ゴリさんが1番最初に出したCDは、「ちゅらさん」で流れていた「天下無敵のゴーヤーマン」。
サザンオールスターズ/「Ya Ya」○
桑田さんが大学時代を懐かしく思って作った曲で、
歌詞にある「Better days」は大学時代の音楽サークルの名前なんだそう。

☆5位☆
W/「ロボキッス」(コメント付)○
ちゃんの好きなものは「ユッケ」なんだそうで、
「ユッケは注文してから来るのが遅いから、いつも1番最初に持ってきてくださいって言う」そう。
スタジオの皆さん、「かわいい〜」との声が飛び交ってましたね。
あみん/「待つわ」○
今でも2人は仲がよくて、悩みや相談を電話でしたりしているそうです。

☆6位☆
柴咲コウ/「かたちあるもの」○
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地となった、香川県庵治町は観光スポットになってるそうで、
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地を巡るための専用のロケ地ガイドもあるそうです。
井上陽水/「心もよう」○
この曲が収録されたアルバム「氷の世界」は、日本初のミリオンアルバムとなりました。

☆7位☆
コブクロ/「永遠にともに」(コメント付)○
この曲は、スタッフの結婚式のときに小渕さんがサプライズで歌うために作った曲。
当日に黒田さんに聞かせて「歌える?」と聞いたところ、
「歌えるか!」と言われてしまい、小渕さんが1人で歌ったそう。。
PRINCESS PRINCESS/「M」○
詞の中にあるMのイニシャルというのは、
作詞を担当したドラムの富田さんが当時付き合っていたミュージシャンの方の事なんだそう。

☆8位☆
RIP SLYME/「黄昏サラウンド」○
今回の曲では、レコード盤も発売されてるそう。
スタジオゲストのゴスペラーズ村上さんは、「オレらもレコード出してるけど全然売れない」と。。
小柳ゆき/「あなたのキスを数えましょう」○
当時、17歳とは思えない歌唱力で注目を集めましたが、
その歌唱力は中学時代の剣道の練習からきているそうです。

☆秋の名曲の20位→11位☆
18位の河村隆一さんの「Love is...」は、「ちょうど失恋した頃で、自分の気持ちで歌った」と。
20位のトワ・エ・モワの「誰もいない海」には、
「悲しい曲なんですけど、この曲を聴くと元気が出るとか手紙をもらう」と。

☆9位☆
w-inds./「四季」(コメント付)○
「今、1番欲しいもの」を3人に聞いたところ、
RYUICHIくんが「船舶免許」、RYOHEIくんが「身長と体重」、KEITAくんが「筋肉」を。
KEITAくんは、「暇があれば筋トレをしてる」「ライブで2人の出番のときに裏でやってる」そう。。
スタジオゲストのキングコング西野さんは、KEITAくんと仲が良いそうで、
「鍋をしてるときにベランダから声が聴こえると思ったら、KEITAが腕立てをしてた」とのこと。。
藤井フミヤ/「TRUE LOVE」○
この曲は、チェッカーズ時代に支えてくれたファンへの感謝の気持ちを込めて作られた一曲。

☆10位☆
BENNIE K/「サンライズ」(コメント付)○
26歳のラッパーのCICOさん、20歳のシンガーのYUKIさんによるユニット。
グループ名の由来は、「弁慶と牛若丸で有名な京都の五条大橋を渡ったとき、
弁慶と牛若丸は8歳離れてたのに天下を取るために協力していたのが自分たちと似てると思って、
最初は「弁慶と牛若丸」にようとしたんですけど、弁慶をもじってBENNIE Kにしました」とのこと。
五輪真弓/「恋人よ」(コメント付)○
当時、髪が腰まであった五輪さん、「冬は首に巻いてマフラーにしてた」そう。。
スタジオゲストのゴスペラーズ北山さんが「母親がよく聴いてて覚えてる」と言うと、
郁恵さんは「母親なの?」「私がデビューした頃よ」と驚いてました。。
さらに、黒沢さんが「ボク、保育園の頃にファンでした」と追い討ちをかける一言を。。

 

11月

  

―11月10日放送―

☆1位☆
ORANGE RANGE/「花」(コメント付)○
今も沖縄に住んでいる皆さんですが、有名になって困った事では、
NAOTOくんが「コンビニで「歌って」って言われるけど、オレ歌ってないから」と。。
中森明菜/「飾りじゃないのよ 涙は」○
4歳からバレエを習っていて抜群のプロポーションだった明菜さん、
当時のウエストが53cmだったそうです!

☆2位☆
Gackt/「君に逢いたくて」○
意外に「THE ワイド」のテーマ曲になってますが、
「話がきて、雰囲気も合ってていいんじゃないかっていう話になって」と。
松田聖子/「ハートのイヤリング」○
この年の「結婚したいランキング」では、聖子さんが堂々の1位に選ばれました。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストのT.M.Revolutionの新曲は、
「ignited=火を付ける」という意味で「新しい時代を作る火種」という一曲。

☆3位☆
ゴスペラーズ/「ミモザ」(コメント付)○
「ミモザ」というのは、シャンパンをオレンジジュースで割ったカクテルの事で、
「このシャンパンとの思い出を語れるのは、君だけなんだよっていう詞です」と。。
THE ALFEE/「恋人たちのペイヴメント」(コメント付)○
高見沢さんからのコメントでは、当時のメンバーの人気について。
「誰が人気だったかは分からないんだけど、
メンバーそれぞれのギターのキーホルダーをグッズで売ったらボクのが1番売れました」とのこと。

☆4位☆
平井堅/「思いがかさなるその前に・・」(コメント付)○
「元々、引きこもりなので、それを脱却するためにバスケチームに入った」そうで、
「中・高とバスケをやってたんですが、久々にヘトヘトになりながらやってます」とのこと。
西川さんは、「引きこもりって聞いて、自分だけじゃないんだと思って安心しました」と。。
Gacktさんは、「引きこもるクセがあるから、外に出たくなるような部屋にしてる」とのこと。
安全地帯/「恋の予感」○
玉置浩二さんのファッションが当時の若者の間で流行りましたが、
勝俣さんは「メイクを真似して出かけたら、「お祭りの帰り?」って言われた」そう。。

☆5位☆
CHEMISTRY/「Long Long Way」(コメント付)○
テーマは「旧友との再会」で、「そういう思い出を大切にしつつ、前向きに歩いていこうという曲」。
薬師丸ひろ子/「Woman〜Wの悲劇〜」○
映画「Wの悲劇」の主題歌ですが、当時は予告編が結構話題になっていたそうです。
西川さんからは、「映画のままで出てきたような雰囲気が漂っていた」と。

☆6位☆
大塚愛/「大好きだよ。」(コメント付)○
デビューのきっかけになったデモテープに入ってた一曲とのこと。
女性アーティストはキーの高い曲が多いですが、
Gacktさんは「西川くんの曲をカラオケで歌うとキーが4〜5コも違うから、
「どこまで上がるんだ」って思いながら歌ってます」と。。
一世風靡SEPIA/「道からの組曲」(コメント付)○
一世風靡の中から音楽をやりたいと集まった7人で結成。
哀川翔さんからのコメントでは、スタジオゲストの勝俣さんへ、
「歌がやりたいって静岡から上京して、ちゃんとCHA-CHAまでいったんだからスゴイよね」と。。

☆7位☆
Lead/「手のひらを太陽に」(コメント付)○
Leadのメンバーも「学校で習いました」という名曲、
Leadらしさに関しては「ダンスを見てもらいたい」とのこと。
SALLY/「バージンブルー」○
その衣装から「第2のチェッカーズ」と呼ばれますが、2年の活動で終了。
この曲が1番のヒット曲になりました。

☆昭和59年の20位→11位☆
今回のPICK-UPは、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!」。
アニメ「北斗の拳」の主題歌ですが、「北斗の拳」を愛読しているGacktさんからは、
「最初のところを「You are Shock」だとずっと思ってて、
「YouはShock」っていうのを知ったときは「ボクがShockだから」みたいな」と。。

☆8位☆
鬼束ちひろ/「育つ雑草」○
新曲では、ミニスカの衣装に激しいロックとイメチェンした鬼束さんが見れます。
スタジオゲストの宮地真緒ちゃんは、「バラードのイメージだったからビックリしました」と。
小泉今日子/「ヤマトナデシコ七変化」○
当時のかりあげの髪型は、美容室で「かわいく切ってください」と言ったところ、
モンチッチみたいになってしまい、しょうがなくあの髪型にしたんだそうです。。

☆9位☆
木村カエラ/「happiness!」(コメント付)○
木村カエラちゃんの名前は本名で、父親がイギリス人のハーフ。
雑誌「SEVENTEEN」のモデルもやってますが、「もう20歳だから3つ超えてますけど」と。。
舘ひろし/「泣かないで」(コメント付)○
当時の34歳でのあのシブさには、「いっぱい恋をする事ですね」とのこと。
「女性に泣かないでって言った事はありますか?」には、「いつも泣かされる側ですね」と。。

☆10位☆
矢井田瞳/「モノクロレター」(コメント付)○
ちゃんは、モノクロ写真が好きなようで、「色を付けたり、想像力が豊かになれる」と。
スタジオゲストのGacktさんは、「ああいう独特な声は、どこから出るんだろうって思います」と。
菊池桃子/「雪にかいた LOVE LETTER」(コメント付)○
2児の母親の菊池桃子さん、親同士のつきあいでカラオケに行ったりするそうですが、
「自分の曲をリクエストされたらどうします?」には「場の雰囲気を壊したくないので歌います」と。

 

―11月17日放送―

☆1位☆
T.M.Revolution/「ignited-イグナイテッド-」(コメント付)○
CDの特典には、西川さんのキャラクターステッカー(全3種類)が付いてきます。
今井美樹/「PRIDE」○
現在は、夫である布袋寅泰さんが初めて今井美樹さんに提供した曲。

☆2位☆
ORANGE RANGE/「花」(コメント付)○
曲については、YAMATOくんが「愛がいっぱい入ってます」、
HIROKIくんが「前向きで元気になれる曲なので聴いてみてください」と。
SMAP/「shake」○
この年にスタートした大人気番組「SMAP×SMAP」のテーマソングとしてヒット。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストのJanne Da Arc上戸彩ちゃんの新曲の紹介も。

☆3位☆
タッキー&翼/「愛想曲」(コメント付)○
今回のCDジャケットについては、
「曲が決まる前に撮ったから、どんな曲かも分からずに撮影した」そうです。
CDジャケットのイメージには、「マツケンサンバ的な・・」と。。
globe/「Can't Stop Fallin' in Love」(コメント付)○
今回の映像は、N.Y.のセントラルパーク内のイルミネーションの綺麗なレストランで撮影したもの。
撮影はバタバタしていたそうで、小室さんが歌うマイクにカメラが当たり倒してしまい、
小室さんが歌えずにスタッフから「何やってんだ!」と怒鳴り声があがっていたそうです。。

☆4位☆
モーニング娘。/「涙が止まらない放課後」(コメント付)○
新曲については、紺野ちゃんが「詞も曲もかわいいです」、
矢口ちゃんは「「心臓の音♪」のところの左胸に手を置くフリがおすすめです」と。
Puffy/「これが私の生きる道」○
この年にデビューし、「アジアの純真」に続いて2曲連続の大ヒットに。

☆5位☆
DREAMS COME TRUE/「ラブレター」(コメント付)○
この曲は、美和ちゃんが小5のときに思いついた曲で、
「素敵な音だな〜って思って、ずっとオルガンで弾いてました」とのこと。
黒夢/「Like A Angel」(コメント付)○
清春さんからのコメントでは、2人の娘さんの父親でもある清春さん、
ちゃんと送り迎えもしているそうで「街は危険なんで」と一言。。

☆6位☆
織田裕二/「Last Christmas」○
昭和59年のワム!のヒット曲のカバー。
アヴリル・ラヴィーンのプロデュースも務めるブッチ・ウォーカーがプロデュース。
相川七瀬/「恋心」(コメント付)○
16〜17歳に織田哲郎さんから曲を貰って、リリースしたのが21歳と長く暖めていた一曲。
七瀬ちゃんも「初めてもらった曲でこういう結果になったのが嬉しい」と。

☆7位☆
平井堅/「思いがかさなるその前に・・」○
7月下旬に北海道の釧路で撮影されたPVで共演した子とは、
普段は子供になつかれないという平井さんもバスケなどをして、すぐに仲良くなれたそうです。
SPEED/「STEADY」(コメント付)○
当時、13歳だった上原多香子ちゃんからのコメント。
事務所の人に「この曲が100万枚売れたら、N.Y.に連れてってあげる」って言われてて、
100万枚売れたから皆でN.Y.に行って、リムジンでおもちゃを買いに行ったりした」そう。。
スタジオゲストの中山秀征さんが「夜もヒッパレ」のときの事も話してくれました。

☆8位☆
ゴスペラーズ/「ミモザ」(コメント付)○
「メンバーにも秘密にしていた事」では、
酒井さんが「浄水器を買って、皆にも「水が美味しいよ」って言ってたんですけど、
2年間カートリッジを入れるのを忘れてて、ただの水を美味しいって言ってた」とのこと。。
JUDY AND MARY/「クラシック」○
YUKIちゃんは、中学・高校でバレー部に入っていて、キャプテンもした事があるそうです。

☆9位☆
大塚愛/「大好きだよ。」(コメント付)○
「自由な時間があったらしたい事」を聞いたところ、
「お菓子をバリバリ食べて、DVDを借りてきて見て、暇だったら買い物行って、
ご飯を食べて、湯舟にはぁ〜って浸かって、寝ます」と詳細なオフの一日を答えてくれてました。
スタジオゲストの上戸彩ちゃんは、「歌詞がストレートだからうんうんって共感できる」と。
酒井法子/「鏡のドレス」○
人気ドラマ「続・星の金貨」の主題歌。
この曲のCDには、手話の説明カードも入っているそうです。

☆10位☆
Gackt/「君に逢いたくて」(コメント付)○
最近のGacktさんのハマってるのは、ウエイクボードなんだそうです。
「アリゾナの魔法」で初めてやってからハマったそうですよ。
Pocket Biscuits/「YELLOW YELLOW HAPPY」(コメント付)○
現在は、1児の娘の母親になった千秋ちゃんのコメント。
「娘に曲を試しに聴かせてみたらノってた」そう。
娘さんの芸能界入りには、「親がそうだからってなれるって思うような子には育てません」と。

 

―11月24日放送―

☆1位☆
ORANGE RANGE/「花」(コメント付)○
「沖縄の良いところ」では、「人が優しい」「住んでみて分かる事がある」と。
「東京には慣れた?」には、「慣れたね」「電車もたくさん乗ってます」と返答を。
バンバン/「いちご白書をもう一度」(コメント付)○
作詞・作曲を担当したユーミンさんは映画「いちご白書」に関する曲を作りたかったそうで、
中々作れないでいたところ、ばんばひろふみさんと会ったときにイメージが沸いてすぐ作ったそう。

☆2位☆
玉置成実/「Reason」(コメント付)○
今年の4月から高校生になった成実ちゃん、
「友達とカラオケやゲームセンターに行って楽しんでるんですけど、
和歌山にいたときはアスレチックで遊んでたので少し自然が恋しくなってます」とのこと。
沢田研二/「時の過ぎゆくままに」○
フランスでもデビューした沢田研二さん、フランスのチャートで4位に入ったそうです。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの大田クルーのデビュー曲も紹介してました。

☆3位☆
ポルノグラフィティ/「黄昏ロマンス」○
ハルイチさんがドラマの台本を読んでから書き上げた作品。
中村雅俊/「俺たちの旅」(コメント付)○
下駄とジーンズが当時のファッションで、いろいろファンからプレゼントで貰ったそう。
ファンからのメッセージ入りの巨大な下駄を貰った事もあるそうです。

☆4位☆
スピッツ/「正夢」○
PVは埼玉県立博物館で撮影されましたが、
営業日に撮影したのでたまたま来場した方々はスピッツを見る事ができたそうです。
岩崎宏美/「センチメンタル」(コメント付)○
曲名が元々「感傷的な17歳」だったそうですが、
新宿の母に占ってもらったら「英語の方がいい」と言われ、曲名を変えてもらったそうです。

☆5位☆
T.M.Revolution/「ignited-イグナイテッド-」(コメント付)○
アニメ主題歌によってファン層が広がったそうで、
「親子連れでライブに来てくれて、親が子供を上にかかげてブラブラ振ってる」そう。。
小椋佳/「めまい」○
東大法学部を卒業後に銀行員と平行して歌手活動を。

☆6位☆
織田裕二/「Last Christmas」○
ワム!が歌う「Wake Me Up Go Go」のVTRが流れました。
山口百恵/「ささやかな欲望」○
当時16歳の高校2年生の山口百恵さんの結婚観では、「お母さんを大事にしてくれる人」とのこと。

☆7位☆
YUKI/「ハローグッバイ」(コメント付)○
今回のPVは教習所で撮影されたものですが、
PVの監督は「ハローグッバイ」→「人生の出逢いと別れ」→「人生ゲーム」→
「人生ゲームのコースが似ている教習所で撮影」という考えで決めたそうです。
アリス/「今はもうだれも」○
谷村新司さんのコメントでは、
「キャップ被ってて分からないけど、この頃から髪が抜け始めてた」と。。

☆8位☆
Gackt/「君に逢いたくて」○
Oricon調べで「ファッション・ボディ・生き方が格好いい」の3部門で1位に。
西城秀樹/「白い教会」○
当時の秀樹さんの貴重なVTRを公開。
モーニング娘。矢口ちゃんは「親が御三家のファンで、郷さんが好きでした」、
石川梨華ちゃんは「私の親も御三家のファンで、野口吾郎さんが好きでした」と言い、
西城さんは「君たちは、世渡りってものを分かってないね」と一言。。

☆9位☆
藤井フミヤ/「木漏れ日の風に吹かれ」(コメント付)○
フミヤさん曰く、「誰でも口ずさめる曲にしたかった」とのこと。
「今までは同世代や年下へ向けて作ってたけど、今回は年上を意識して作った」そうです。
スタジオゲストの伊集院さんは、
「カミさんが大ファンなんですけど、何でフミヤのファンでオレと結婚したかが分からない」と。。
ザ・リリーズ/「好きよキャプテン」(コメント付)○
当時14歳の双子デュオ。グループ名は、北海道の道花のスズランの意味。

☆10位☆
サスケ/「青いベンチ」○
昨年に大宮駅前のCDショップで1店舗発売されてから人気が浸透して、
今年4月に全国発売されてから32週目でTOP10入り。
研ナオ子/「愚図」(コメント付)○
島崎敏郎さんが「アダモちゃん」でインタビューに。
当時の付けまつ毛は2重〜3重にも付けてたようで、「これがないと仕事って感じがなかった」と。。

 

12月

 

―12月8日放送―

☆1位☆
平井堅/「瞳をとじて」(コメント付)○
「作ってるときに良い曲だなと思ったんですけれど、
そこそこの小ヒットぐらいで終わるかなと思ったら大ヒットになってしまいまして」
「これ以上のヒットはないと思うんで、後は下降していくのみという事で」
「まあ、「あの人は今」的な事にならないように地道に活動していきます」とコメントが。。
SMAP/「夜空ノムコウ」○
幅広い世代からの支持を受けて、SMAP初のミリオンセラーに。

☆2位☆
ORANGE RANGE/「花」(コメント付)○
RYOくんからは、「今年はたくさんの人達に支えてもらったと思ってます」とコメントが。
桑田佳祐/「白い恋人達」○
この年のクリスマスコンサートのために作られた一曲で、
コンサートでは限定オルゴールが発売されて、今では高値になっているそう。

☆3位☆
Mr.Children/「Sign」○
ドラマ「オレンジデイズ」主題歌として75万枚のヒットに。
SPEED/「White Love」(コメント付)○
上原多香子ちゃんのコメントでは、
「よくポスターとかジャケ写とかで踊ってって言われたんですけど、
中々踊りながら表情を作るのが難しかったです」と。

☆4位☆
平原綾香/「Jupiter」(コメント付)○
「この1年で変わった事」では、「仕事と学校の両立が出来るようになった」そう。
「でも、1つだけ再試験があって、3年に上がれないかもしれない・・」
「こんなに歌を頑張ってるのに・・」と。。
河口恭吾さんは、「同じミュージシャンですけど、平原さんの歌っていいなと思いますね」と。
山下達郎/「クリスマス・イブ」○
JR東海のCMソングとして有名ですが、そのお馴染みのCMに山下さんが出演しているそう。
スタジオの全員で見ますが分からなかったところ、元木選手だけは山下さんを見つけていました。

☆5位☆
柴咲コウ/「かたちあるもの」○
ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」主題歌として50万枚を超えるヒットに。
DREAMS COME TRUE/「WINTER SONG」(コメント付)○
吉田美和ちゃんは北海道出身ですが、
「1番寒いときで−30℃にもなるからミニスキーを履いて学校に行ったりしてた」そう。
今回は、「雪のクリスマス」のVTRが流れました。

☆6位☆
ORANAGE RANGE/「ロコローション」(コメント付)○
YAMATOくんは、「ヒットで嬉しい反面、コンビニで流れると不意を突かれるから恥ずかしい」そう。
ゴリさんからは、「イベントで一緒になったんですけど、楽屋まで挨拶に来てくれた」と。
稲垣潤一/「クリスマスキャロルの頃には」(コメント付)○
クリスマスソングですが、1992年の10月からのドラマ主題歌なので夏に作ったそうで、
「夏休みを取ってたんですけど、スタッフがわざわざこっちまで来て作ったのを持って帰った」
「そういう風に出来た曲が後々に残る曲になるとは思いませんでしたね」と。

☆7位☆
河口恭吾/「桜」○
河口さんからは、「2004年にこうなるとは思ってませんでした」と。
周りの反響については、「そんなに変わらないですけど、接してくれる人が優しくなった」と。
ゴリさんから「親戚増えませんでした?」と聞かれると、「増えましたね」とのこと。
ZOO/「Choo Choo TRAIN」(コメント付)○
EXILEのリーダーのHIROさんからのコメントでは、
EXILEでやったときにも予想以上に反響が多くて嬉しかった」
「また、これで今の小さい子が大きくなったときに歌ってくれたりしたら嬉しいですね」と。

☆冬の名曲の20位→11位☆

☆8位☆
サザンオールスターズ/「君こそスターだ」○
現在は、4年ぶりとなる年越しライブに向けてのリハーサル中。
辛島美登里/「サイレント・イブ」(コメント付)○
ドラマの主題歌として大ヒットしましたが、
「コンサートでは皆さんそれぞれの思い出で聞いてるので、
皆さんが泣いてるのを見て私ももらい泣きしてしまいます」とのこと。

☆9位☆
大塚愛/「さくらんぼ」(コメント付)○
この曲がヒットチャートを上がっていったときの感想には、「よしっ!」と一言。
「自分へのご褒美」では、「ヒットして洋服の方は買わせてもらいました」とのこと。
広瀬香美/「ロマンスの神様」(コメント付)○
アルペンのCMソングとして大ヒットしましたが、
「もう、アルペンさんから部屋に置ききれないぐらいスキー用品は貰いました」とのこと。。

☆10位☆
NEWS/「希望〜Yell〜」(コメント付)○
大ヒットでの反響には、錦戸くんが「お兄さん達が家の近くで「フレー!フレー!」って言う」
「さすがに夜にバイクで来て言うのは勘弁してほしい」と。。
オフコース/「さよなら」(コメント付)○
オフコースのメンバー3人と中継でトークを。
曲への印象には、「レコーディングしたり、詞を見ててこれはイケると思った」とのこと。

今年の放送は、今日で最後となりますね。徳光さん、エミリちゃん、お疲れ様です!



「daiziten・2004」ページへ