7月

 

―7月2日放送―

☆1位☆
サザンオールスターズ/「勝手にシンドバッド」○
デビュー25周年の記念盤。特典には、
直筆の歌詞カード、サンバホイッスル、ジョギングシャツといった、定番グッズが詰まっています。
小林幸子/「おもいで酒」(コメント付)○
この曲から紅白にずっと出場中。今年でデビュー40周年となるそうですよ。。

☆2位☆
Dragon Ash/「morrow」○
1年4ヶ月ぶりの新曲。曲名の「morrow」は、古い英語で「明日」という意味のようです。
今回は、PV撮影のメイキングも合わせた映像を。。
さだまさし/「関白宣言」(コメント付)○
当時、故郷の長崎の無人島を2000万円で買ったそうですが、
浄化槽で水を引くのに5000万円かかったそうです!(^^;)今年がデビュー30周年。。

☆今週の20位→11位☆
20位の後藤真希ちゃんからは、「爽やかで元気になれる曲」と。
14位のRAG FAIRからは、「落ち込んでるときに聴いて、立ち上がって欲しい」と。
スタジオゲストのV6の新曲の話も。

☆3位☆
KinKi Kids/「心に夢を 君には愛を」(コメント付)○
堂本光一くんからのコメント。今回もPVがドラマ仕立てになってるそうですが、
見どころは「曲とマッチしてないところ」と。。(^^;)
サザンオールスターズ/「いとしのエリー」○
これまで50組以上にカバーされた曲で、五木ひろし八代亜紀西条秀樹といった
大御所もカバーしているんですね。。(聴いてみると、面白いですね)

☆4位☆
FLAME/「Venus」(コメント付)○
双子の伊崎兄弟の見分け方では、「兄がムスッとしてて、弟がニコッとしてる」とのこと。。
西城秀樹/「ホップ、ステップ、ジャンプ」○
タンクトップの衣装でしたが、テーマは「体育祭」とのこと。
初めの頃は、タオルを客席に投げていたそう。

☆5位☆
Gackt/「OASIS」○
アニメ「新・北斗の拳」の主題歌で、Gacktさんも声優に挑戦したそう。
スタジオゲストの浅草キッドからは、
「東京駅に黒い高級車で来て、「お好み焼き商店街」に入っていった」とのこと。。
山口百恵/「愛の嵐」○
引退から23年が経つ百恵さん、今でもCDが売れてるそう。

☆6位☆
EXILE/「Together」(コメント付)○
大ヒットとなった今回の曲、MAKIDAIさんは「親が喜んでくれてるんで嬉しい」そう。
来週には、早くも新曲をリリース。
岸田智史/「きみの朝」(コメント付)○
この世界に入ったきっかけは、岸田さんのいとこが作曲家で、
岸田さんが自分のデモテープをいとこの人に渡したところ、
いとこの人がそのテープに仕事の曲を録音して会社の人に渡したそうで、
会社の人がテープに入ってた岸田さんの曲も聴いて興味を持ってくれたことなんだそうです。。

☆7位☆
RIP SLYME/「JOINT」○
PVでは、お寿司を皆さんで食べてるシーンがありますが、
RYO-Zさんは「もう、お寿司は食べなくていい」というぐらい食べたとのことです。。
沢田研二/「OH!ギャル」○
当時、31歳。PARCOのCMでオールヌードを披露した沢田研二さん、話題になりましたね〜。。

☆8位☆
稲葉浩志/「KI」○
5曲入りの新曲ですが、タイトルの「KI」は
「5曲を均等に聴いて欲しい」という願いから、特定の曲名にしなかったそう。
ゴダイゴ/「銀河鉄道 999」(コメント付)○
タケカワユキヒデさん、ミッキー吉野さんのコメント。この曲は、アニメの主題歌ですが、
「依頼を受けた翌日がレコーディングだったんで、急いで12時間で作った曲」のようですよ。。

☆昭和54年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「ズームイン朝・放送開始」「ディスコ」「インベーダーゲーム」など。。

☆9位☆
森山直太朗/「さくら」(コメント付)○
デビュー前には、井の頭公園でも路上ライブをしていたそうです。
石野真子/「ワンダー・ブギ」○
デビュー2年目。当時のブロバイドの売上げNo.1!
今回は、あの「カックラキン大放送」でのモノマネのシーンのVTRを。。

☆10位☆
ザ・ハイロウズ/「夏なんだな」○
飲料水のCMソング。3年2ヶ月ぶりのTOP10入りとなりました。
財津和夫/「虹とスニーカーの頃」(コメント付)○
当時、財津さんがドアを開けたままで寝ていたら、
起きたときにセーラー服の女の子が横に寝ていたそうです!

  

―7月9日放送―

☆1位☆
V6/「COSMIC RESCUE」(コメント付)○
「爽やかなアップテンポ」という新曲。
「普段使わない関節を使うんで、中々覚えられなかった」そうですよ。
岩崎宏美/「聖母たちのララバイ」(コメント付)○
「火曜サスペンス」の主題歌。当時、夜に六本木を歩いてたら
ピーコさんと会ってケーキを買ってもらったそうですが、
後日に社長さんの耳に入ったそうで怒られたそう。。

☆2位☆
サザンオールスターズ/「勝手にシンドバッド」○
CDの特典に入ってない、関係者のみに配られるグッズの中に「そうね だいたいね ウオッチ」が。
短針しか無いため、大体の時間しか分からないというウオッチ。。(^^;)
近藤真彦/「ハイティーン・ブギ」○
当時、17歳。スタジオゲストの田原俊彦さんは、
「たまに、殴り合ったりしたけど、いつもボクが怒られてた」そうです。。

☆今週の20位→11位☆
13位の今井絵理子ちゃんからは、「とても良い曲なので、是非聴いてみてください」と。
スタジオゲストのダンディ坂野さんの新曲の話も。

☆3位☆
Dragon Ash/「morrow」○
kjは、通販で「ルンバ」(全自動掃除機)を購入し、家を掃除させてるそう。。
松田聖子/「小麦色のマーメイド」○
この頃は、前髪をかなり気にしていたそうで、週に1回は美容院に行ってたそうです!

☆4位☆
安倍麻美/「Our song」(コメント付)○
お姉さんのモー娘。なっちの話では、
「最初は反対されてたけど、今は「スゴイじゃん」って応援してくれてます」と。。
細川たかし/「北酒場」(コメント付)○
細川さんの地元は、「地図にも載ってないようなところ」だそうですが、
細川さんは村民栄誉賞を貰ったり、銅像を造ってもらったりしたそうですよ。。

☆5位☆
TUBE/「Let's go to the sea〜OASIS〜」(コメント付)○
徳光さんが「恋してムーチョ」以来、良い反応がない」と嘆きぎみな皆さんですが、
「今回は、徳光さんに気に入ってもらえると思う」と、意気込みを。。
山下久美子/「赤道小町ドキッ」(コメント付)○
双子の赤ちゃんがいる山下久美子さん、「子育てに追われて大変」とのこと。。
スタジオゲストの中川家さんも双子の子がいますが、「大変です」と。

☆6位☆
EXILE/「Together」(コメント付)○
ダンサーチームの歌唱力の話では、「そんなに・・・」
「歌ったら、「オレもEXILEに入れる」って思われる」そう。。
郷ひろみ/「哀愁のカサブランカ」○
この曲は、海外の「カサブランカ」という曲に、日本語の詞を付けたモノ。
現在は、休業中でN.Y.に滞在してるさん、ジムや英語学校に通ってるそう。

☆7位☆
森山直太朗/「さくら」○
札幌で野外ライブを行った森山さん、1万人が集まったそうです。
この曲のキャンペーン時には、お客さんが5人だった事もあったそうですね。
スタジオゲストの中川家も、「札幌に営業に行ったとき、お客さんが4人家族だけだった」そう。。
Johnny/「$百萬BABY」○
横浜銀蝿のギタリスト。現在は、レコード会社の社員として、若手の育成を担当しているそう。

☆8位☆
RIP SLYME/「JOINT」○
PVでは、お寿司を皆さんで食べてるシーンがありますが、
あのお寿司はメンバーのFUMIYAさんが握ったモノだったそうです。
田原俊彦/「NINJIN娘」○
スタジオゲストのダンディ坂野さんは、
田原俊彦さんファンとして有名ですが、「僕の中では、1位です」とのこと。

☆昭和57年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「CDプレーヤー」「500円玉硬貨」
「落合選手が三冠王」「テレフォンカード」など。。

☆9位☆
KinKi Kids/「心に夢を 君には愛を」(コメント付)○
堂本光一くんからのコメント。最近、くんとメールをしたそうですが、
「内容は、秘密です」とのこと。。「自分は絵文字とか使わないけど、は使ってる」そう。
シブがき隊/「100%・・・そうかもね!」(コメント付)○
布川敏和さんからのコメント。
本木さんは、衣装の袴の片足の方に、間違えて両足を入れて番組に出てしまったそう。。

☆10位☆
SMAP/「世界に一つだけの花」○
発売4ヶ月で190万枚を突破!カラオケチャートでも1位を続けていますね。。
松本伊代/「TVの国からキラキラ」(コメント付)○
田原俊彦さんの妹分としてデビュー。「1回、家に送ってもらった事もある」そうですよ。

  

―7月16日放送―

☆1位☆
浜崎あゆみ/「ourselves」(コメント付)○
この夏は、海の家を開く浜崎あゆみちゃん。
「海に行ったら、日焼け止めじゃなくてオイルを塗る派」とのこと。。
ラルク・アン・シエル/「HONEY」○
3枚同時リリースの一曲。この年のアーティスト別・年間シングルTOP1に!

☆2位☆
7 AIR・SALT 5・11 WATER/「壊れない愛が欲しいの」○
今年のシャッフルユニットのテーマは、「人間に必要なモノ」。
今回は、全ユニットの曲が1枚に収められていますね。今回は、7 AIRの曲が流れました。。
KinKi Kids/「全部だきしめて」(コメント付)○
堂本光一くんからのコメント。
「当時の自分の髪型は、気持ち悪かった」「は、細いですね!」と、振り返ってました。。

☆今週の20位→11位☆
13位の一青窈さんからは、「フリがあるので、よかったら一緒にやってみてください」と。
スタジオゲストのday after tomorrowの新曲の話も。

☆3位☆
EXILE/「LET ME LUV U DOWN」(コメント付)○
「曲名とユニット名が長くて言えない」そうで、皆さんで挑戦しましたが不成功に。。
SPEED/「ALIVE」(コメント付)○
hiroちゃんからのコメント。当時の楽しみなことは「食べること」だったそうで、
「食べれないと、みんなで文句言ってた」そう。。
当時は、特にダイエットもしてなかったそうですが、「見えないところが太ってた」とのこと。。

☆4位☆
ZARD/「瞳閉じて」○
スポーツ番組のテーマソング。ファンからの要望により、待望のCD化に。
the brilliant green/「There will be love there」○
ブリグリが3rdシングルで初めて日本語の詞に挑戦した曲。
ドラマ主題歌に起用され、大ヒットに。。

☆5位☆
Dragon Ash/「morrow」○
kjは、最近ゴルフを始めたそうですが、週に2回は練習に行っているそうですよ。
DA PUMP/「Rhapsody in Blue」(コメント付)○
当時、SHINOBUくんが家に帰ると、ファンの子が作った「肉じゃが」が玄関にあったそうで、
食べずに鍋だけ空にして置いてたら鍋も失くなっていたそう。。

☆6位☆
角松敏生/「君のためにできること」○
デビュー23年、31枚目のシングルで初のTOP10入り!様々な方への曲の提供でも知られていますよね。
Kiroro/「長い間」○
上京するとき、玉城さんは家族から「帰ってくる場所があるから頑張って」と言われたそうですが、
金城さんは「騙されないで」と言われたそうです。。

☆7位☆
SOUL'd OUT/「Dream Drive」(コメント付)○
3rdシングルで初のTOP10入り。メンバーの名前は、本名の方と本名じゃない方がいるそうです。
浜崎あゆみ/「Trust」○
1998年にデビュー。この3rdシングルで初のTOP10入り。
スタジオゲストのmisonoちゃんは、あゆとメールをするそうで
「ライブ前に「行ってきます」ってメールしたら、「私に聴こえるように歌ってね」と帰ってきたそう。

☆8位☆
DA PUMP/「Night Walk」(コメント付)○
SHINOBUくんのお父さんは、東京に来て船を衝動買いしたそう!
「今は、実家の民宿でお客さんを乗せたりしてる」とのこと。
ポケットビスケッツ/「Power」○
人気番組「ウリナリ」から生まれたユニット。
ブラックビスケッツとの対決に負け、178万人の署名を集めて発売を実現!この曲で紅白にも出場。

☆平成10年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「美白ブーム」「長野五輪」「小渕内閣発足」「フランスW杯開催」など。。

☆9位☆
サザンオールスターズ/「勝手にシンドバッド」○
これまで、サザンのシングルにはカラオケは収録されなかったのですが、
今回は初めてカラオケも収録されているそうです。
鈴木あみ/「love the island」○
当時、16歳。現在は休業中ですが、昨年には写真集も出すなど復帰へ向けて準備中。
ボイストレーニングなどにも通ってるそうですよ。

☆10位☆
V6/「COSMIC RESCUE」(コメント付)○
岡田くんは、ロッククライミングにハマってるそうで、ビルを見ると登りたくなるそう。。
(「なんか、登れそうな気がする」そう。。)
モーニング娘。/「サマーナイトタウン」○
グループ名の由来は、「モーニングセットのようなお得感」から。
他にも、「朝定食」「食べ放題」「たこ焼きシスターズ」「バイキング」などの候補があったそう。

   

8月

 

―8月13日放送―

☆1位☆
CHEMISTRY/「アシタヘカエル」(コメント付)○
川畑くんは、昨年から先生を付けての筋トレを開始したそうで、
今回は「軍隊式・腕立て伏せ」を披露してくれました。
SMAP/「青いイナズマ」○
この年に「SMAP×SMAP」が開始。ドラマ、バラエティ、歌が全て大ヒットとなり、
SMAPが名実ともに一気に上昇した一年となりました。。

☆2位☆
サザンオールスターズ/「涙の海で抱かれたい」○
桑田さんやさんも「大辞テン」をよく見てくれているそうで、
徳光さんは「よろしく言われた」とのこと。
久保田利伸/「LA・LA・LA LOVE SONG」○
ナオミ・キャンベルさんと共演することになったきっかけは、当時同じマンションに住んでたそうで、
エレベーターで会って話してから仲良くなって共演してもらったそうです。
近所のよしみで、ギャラはタダとのこと。。

☆今週の20位→11位☆
20位の平井堅さんからは、「これまでで1番速い曲」「カラオケで歌って踊ってください」と。
16位のZYXは、矢口真里ちゃんからのユニット紹介が。
12位のKICK THE CAN CREWからは、「子供から大人まで盛り上がれる曲」と。
スタジオゲストの西城秀樹さんの新曲の話では、「上京してきた人達へのメッセージソング」と。

☆3位☆
aiko/「アンドロメダ」(コメント付)○
前作のときに「たて笛を練習してる」と言ってたaikoちゃん、
その上達ぶりを聞いてみると、「もう、モー娘。からあややまで何でも吹けます!」とのこと。。
安室奈美恵/「You're my sunshine」○
この年の年間シングル・アルバム売上げのTOP1に!

4位
ポルノグラフィティ/「音のない森」○
このPVは、豪雨の中での撮影だったそうで、
びしょ濡れになってしまいスタッフの携帯も3台壊れたそう。。
サザンオールスターズ/「愛の言霊」○
ドラマ「透明人間」の主題歌。韓国の人気アーティストにカバーされてるそうで、その歌も流れました。
(向こうでは、「短い縁」というタイトルに)

5位
中島美嘉/「FIND THE WAY」(コメント付)○
以前、番組で「街でファンの人に声を掛けられると、話し込んでしまう」と言っていた美嘉ちゃん、
「どういう話をするの?」という話を。「友達がファンなんで、喋ってください」って
携帯を渡されるそうです。機嫌が悪くて声を掛けられたくないときは、
「すごい猛スピードで歩く」そうですが、「ティッシュは、貰います」と。。
相川七瀬/「BREAK OUT!」(コメント付)○
Puffy由美ちゃんと仲良しの七瀬ちゃん、「当時は、ずっと一緒にいた」そう。
よく朝まで飲んでいたそうです。スタジオゲストの山口もえちゃんは、
「歌のレッスンのとき、この曲を歌ったら付いてけなくて「歌は、ダメだね」って言われた」そう。。

6位
ロードオブメジャー/「僕らだけの歌」(コメント付)○
「今を一生懸命に生きて欲しい」との一曲。
「高校生クイズ」のテーマ曲となってますが、メンバーから「一緒に盛り上げていきましょう!」と一言が。。
スタジオゲストの白石美帆ちゃんがボーッとしてたのが面白かったですね。。(^^)
GLAY/「BELOVED」○
TERUさんは、メンバーから「テッコ」と呼ばれたりするそうです。。
この「テッコ」というのは、小学生からのあだ名のようですよ。

7位
ORANGE RANGE/「上海ハニー」(コメント付)○
2年前に沖縄で高校生によって結成されたバンド。6月のデビューから、2ndシングルでのブレイク。。
大黒摩季/「熱くなれ」○
NHKのアトランタ五輪のテーマ曲。18歳で上京した大黒さん、
初めは朝にスーパーでバイトをして、夜にはトンネルで歌の練習をしていたそう。

8位
浜崎あゆみ/「ourselves」(コメント付)○
この曲は、「強く、潔く、クール」。見どころは、「少しだけダンスもしてます」とのこと。
MAX/「Seventies」(コメント付)○
「今だから言える話」では、ナナさんが「お尻にパットを入れて、セクシーに見せてた」と。。

☆平成8年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「アムラー現象」「渥美清さん・遺去」
「アトランタ五輪」「スターバックス・日本1号店」「オリックス・初の日本一」など。。

9位
モーニング娘。/「シャボン玉」(コメント付)○
新メンバーの4人の自己紹介を。田中れいなちゃん、藤本美貴ちゃん、
道重さゆみちゃん、亀井絵里ちゃんが第6期メンバーとして加入しました。。
玉置浩二/「田園」○
この年の紅白の瞬間最高視聴率59.9%を獲得!バックバンドをTOKIOが務めたのも良かったですよね。。

10位
ZONE/「HANABI」(コメント付)○
新曲では、それぞれ髪飾りを付けていますが、TAKAYOちゃんが「おはし」、MIYUちゃんが「花」、
MIZUHOちゃんが「ひょっとこの面」、MAIKOちゃんが「バカっぽい感じ」とのこと。。
Puffy/「アジアの純真」(コメント付)○
この曲が出来る前に井上陽水さんと食事をしたとき、
「いろいろと質問されて、その後に「アジアの純真」が出来た」とのこと。。
しかし、「なんで、ああいう詞になったのか、今でも分からない。」そう。。(^^;)

    

―8月31日放送―

水曜日に野球の「雨ガサ用」として収録されてましたが、
野球が通常通りに行われたので、今回は日曜日のお昼の放送となりました。
タイトルは、「特別版!別冊歌の大辞テン」です。。

☆1位☆
浜崎あゆみ/「forgiveness」(コメント付)○
30枚目のシングル。「犬に噛まれちゃって、今日携帯を換えてきた」「まだ、使い方が分からない」そうです。。
男闘呼組/「DAYBREAK」○
前田耕陽さんからは、「初めは、楽器は弾いてなかったけど、いろいろ言われたんで練習した」とのこと。

☆2位☆
w-inds./「Love is message」(コメント付)○
ツアー中の皆さんですが、若い女性だけでなくお母さん世代も多く見に来てくれているそうです。
「すごい盛り上がってくれます」とのこと。
中森明菜/「TATOO」○
この曲で初めてミニの衣装を来た明菜さん、「足が太いから嫌だった」そうですよ。

☆今週の20位→11位☆

☆3位☆
KinKi Kids/「薄荷キャンディー」(コメント付)○
堂本光一くんからのコメント。今回もPVがドラマ仕立てになっているそうで、
光一くんは「過去から未来へタイムスリップして、未来の自分に会う」という設定で、
未来の自分の役として特殊メイクにも挑戦したそうです。
くんは、「未来から過去にタイムスリップして、若い頃の母親に会う」という設定のようです。
氷室京介/「ANGEL」○
群馬県出身で当時27歳。BOOWY解散後の初のソロシングルでしたが、見事に大ヒットとなりました。。

☆4位☆
ケツメイシ/「太陽」○
「ケツメイシFC」というフットサルのチームを作ってるそうですが、
都内の大会で優勝したという実績もあるそう!
光GENJI/「Diamond ハリケーン」○
当時、ローラースケートの早替えのために、ヒモの部分をマジックテープにしていたそうです。
スタジオゲストの前田耕陽さんも「手伝っていた」そうですが、
「本当は、男闘呼組も同じ年にデビューするはずだったけど、
あまりに光GENJIが大ヒットしたんで事務所から「来年まで待ってくれ」と言われたそうです。。

☆5位☆
サザンオールスターズ/「涙の海で抱かれたい」○
地元の茅ヶ崎には、「サザンビーチ」という海や「桑田さんの海前」というバス停があるそう!
スタジオゲストの小池栄子ちゃんは、今回のPVに出演していますが、「すごい楽しかった」そう。
桑田さんが栄子ちゃんに抱きつくシーンは、アドリブのようです。
渡辺美里/「恋したっていいじゃない」○
当時、22歳。11歳の頃から歌手になろうと努力を続けてきたそうですよ。

☆6位☆
森山直太朗/「夏の終わり」(コメント付)○
5年ぐらい前に作った曲。「冬の曲を夏に作ったり、夏の曲を冬に作ったりするのが多い」そうで、
「多分、無いものねだりです」とのこと。。
TM NETWORK/「SEVEN DAYS WAR」(コメント付)○
映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌。小室さんからは、
「売上げとしては、そんなに売れたわけじゃないけど、浸透度はかなりあった曲」と。
映画音楽も小室さんが担当。

☆7位☆
Janne Da Arc/「餓えた太陽」(コメント付)○
曲名で、わざわざ難しい「餓えた」という字を使った理由は、
yasuさんが「パソコンで作ってて、変換したときにこれが一発目に出たから」と。。
工藤静香/「MUGO・ん・・・色っぽい」(コメント付)○
当時は、今より10kg痩せていたそう!スタジオゲストのコロッケさんへのコメントでは、
「あまりにクシャクシャな顔だったけど、似てたんで何も言えませんでした」と。

☆8位☆
ORANGE RANGE/「上海ハニー」○
ロックをベースにして、沖縄らしさも詰め込んだ「チャンプルロック」を主体とする皆さん、
曲中にも沖縄特有の掛け声が入っているそうです。
浅香唯/「C-Girl!」(コメント付)○
宮崎県出身の当時18歳。「この頃に旦那と知り合って、15周年で結婚しました」とのこと。
この曲名の「C」は、「Candid」(率直な)という意味なんだそうです。

☆昭和63年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「ソウル五輪」「東京ドーム」「「ドラクエ V」など。。

☆9位☆
ROMANS/「SEXY NIGHT」(コメント付)○
ハロプロから「自称セクシー」が集まったユニット。
グループ名の由来は、「ロマンに憧れる女の子たち」とのこと。
田原俊彦/「抱きしめて TONIGHT」(コメント付)○
「教師びんびん物語」の主題歌。ダンスが激しいため、「今は、ライブで歌うと息が切れる」とのこと。。

☆10位☆
CHEMISTRY/「Us」(コメント付)○
ツアー後の話では、川畑くんが「沖縄で毎日焼いてた」、
堂珍くんが「広島に帰って、海に行ったら雨だったんでカラオケに行った」とのこと。
今井美樹/「彼女と TIP ON DUO」○
宮崎県出身の当時25歳。今井美樹さんは、スチュワーデスに憧れていたそうで、
「スチュワーデスクラブ」という予備校にも通っていたそうです。

 

9月

 

―9月24日放送―

☆1位☆
福山雅治/「虹」(コメント付)○
はなわさんからのコメント。
福山さんは、「佐賀県」のCDが出る前から一押ししてくれた「命の恩人」とのこと。。
先日のイベントでも「佐賀県」を歌ったときに福山さんがバックバンドのギターを務めてくれたそうで、
はなわさんがドッキリで「では、2番を福山さんどうぞ!」と、
福山さんに2番を歌ってもらうようにフッてみたら、完璧に歌いきったそうです!
ツイスト/「銃爪」○
世良さんからのコメント。この曲は、「飛行機の着陸の5分前に思い付いた」そうです。
あの「落としてみせる」という詞は、世良さんが飛行機が嫌いなための恐怖心から来ているそう。。

☆2位☆
モーニング娘。さくら組/「晴れ 雨 のち スキ」(コメント付)○
さくら組のポイントは、加護ちゃん曰く「かわい子ちゃん」とのことです。。
(みんな、なぜか同意していましたね。。)
ピンク・レディー/「モンスター」○
あの大瀧詠一さんが「ピンク・レディー讃歌」という曲を作ってたそうで、
その曲をスタジオで流してみる事に。かなり面白い出来に、「これ、流していいんですか?」と。。(^^;)

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの堀内孝雄さんの新曲の話も。

☆3位☆
モーニング娘。おとめ組/「愛の園〜Touch My Heart〜」(コメント付)○
モーニング娘。を2組に分けての新曲。それぞれに合わせた衣装ですが、
おとめ組は全員個性の強い人の集まりのようで、
石川梨華ちゃんからは「エンジンが掛かると止まらない」と。。
堀内孝雄/「君のひとみは10000ボルト」○
個性的な髪型だった堀内さん、
東野さんから「あの髪型は、曲名に合わせてですか?」と言われると、「うるさい」と一言。。

☆4位☆
day after tomorrow/「Starry Heavens」(コメント付)○
「詞は、友達の実体験から来ている」そうです。「強い女の子が主人公ですが、「ボク」と書いてます」と。
山口百恵/「絶体絶命」(コメント付)○
宇崎竜童さんからのコメント。当時は、いろいろと会う機械も多かった宇崎さんですが、
「可愛かったけど、実際は突き放して仕事してた」とのこと。。

☆5位☆
/「ハダシの未来」(コメント付)○
二宮くん、相葉くん、大野くんからのコメント。
この曲のポイントは、マイクスタンドを使ってるところのようです。
さとう宗幸/「青葉城恋唄」○
今も青葉城のある仙台に住んでるそうですが、
「当時は、歌のヒットで青葉城のお菓子が出来て、新幹線の車内販売のときが恥ずかしかった」そう。。

☆6位☆
浜田省吾/「君に捧げるlove song」○
この曲のPVには、石田ゆり子さんが出演。ドラマ仕立ての作品になっていますね。
大橋純子/「たそがれマイラブ」(コメント付)○
当時の衣装はドレスでしたが、
「まだ、ライブハウスでガンガンに歌ってた頃なんで、ドレスは嫌だった」そう。。

☆7位☆
くるり/「HOW TO GO」○
7年前に立命館大学で結成された3人組。11枚目のシングルで初のTOP10入り!
渡辺真知子/「ブルー」(コメント付)○
3枚目のシングル。「当時は忙しすぎて、中原理恵ちゃんと楽屋で倒れる練習をしていた」そうですよ。。

☆8位☆
矢井田瞳/「一人ジェンガ」(コメント付)○
この曲名の由来は、「ジェンガが崩れていく感じが、主人公の女の子の気持ちに似ていた」とのこと。
研ナオコ/「窓ガラス」(コメント付)○
当時は、THE ALFEEがバックバンドを務めていましたが、
「当時は、みんな仕事がなかった」「桜井くんは、楽器が弾けなかった」そうですよ。。

☆昭和53年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「サンシャイン 60」「西武・創立」など。。

☆9位☆
TAK MATSUMOTO featuring ZARD/「異邦人」○
昭和54年に久保田早紀さんからは、「たくさんの人達に愛されて曲も喜んでると思います」と。
郷ひろみ・樹木希林/「林檎殺人事件」○
二人が出演してるドラマ「ムー一族」で歌われていた一曲。

☆10位☆
I WiSH/「ふたつ星」○
ヴォーカルのaiこと川嶋あいちゃんは、1000回を目指して現在も路上ライブをしているそう。
榊原郁恵/「夏のお嬢さん」(コメント付)○
当時の衣装を持ってきてくれましたが、「この前、着てみたけど「よく着れたな〜」と思った」と。
スタジオゲストの山田花子ちゃんは、「(同じ巨乳として)ライバルです!」と。。(^^;)

   

「daiziten・2003」ページへ