1月

 

―1月15日放送―

☆1位☆
Every Little Thing/「UNSPEAKABLE」(コメント付)○
2003年の抱負、モッチーは「早い時期にアルバムを出したい」と。。
コメントのないいっくんモッチーからツッコミが。。
田原俊彦/「恋=Do!」○
当時、ドラマの撮影現場に数千人のファンが来るほどの人気だったそうで、
そのドラマ現場には臨時バスまで出ていたようです。。

☆2位☆
Mr.Children/「HERO」○
この曲は活動休止前に出来ていた曲ですが、
「早くファンに届けたい」という願いから発売された曲とのこと。
五輪真弓/「恋人よ」(コメント付)○
美空ひばりさん、淡谷のり子さんがカバーする名曲。
「前に妖怪人間ベラに似てるって言われて、見てみたら本当に似てた」とのこと。。

☆今週の20位→11位☆
20位の後藤真希ちゃんからは、
「2003年は、ミュージカルやコンサートなど、走っていきたいと思います」とコメントが。。

☆3位☆
ロードオブメジャー/「大切なもの」(コメント付)○
16週連続ランクインの皆さん、街で「CD買いました」と言われるのが嬉しいようです。
北川さんのサインは、1枚書くのに2分もかかる豪華なもののようです。
近藤真彦/「スニーカーぶる〜す」(コメント付)○
当時、同じクラスだった三原順子さんからのコメントが。
「私は、ずっと留年で辞めたけど、マッチは成績が良くてマジメだった」そう。
スタジオゲストの杉田かおるさんも「私がお腹が空いたって言ったら、
ホットドッグの絵を書いてくれた」と。。

☆4位☆
SOPHIA/「理由なき New Days」○
全国高校サッカー選手権大会のテーマ曲となってますが、
松岡さんは学生時代は野球部で坊主だったそう。。
スタジオゲストの品川庄司品川さんは、「顔が良いのに、詞や曲まで書ける!」とジェラシーを。。
松山千春/「人生の空から」○
TVには出演しない松山さん、この年に初めてのCM出演をした事で話題に。。そのCMも流れました。。

☆5位☆
一青窈/「もらい泣き」(コメント付)○
一青窈さんは、本名のようで「石川県にある地名」とのこと。
困るのは、「出前のとき、大変」のようですね。
松村和子/「帰ってこいよ」(コメント付)○
北海道の苫小牧の出身の松村さん、あの奇抜な衣装は松村さんのお父さんが
「民謡に振り袖は普通」と、考えてくれたものなんだそうですよ。

☆6位☆
CHEMISTRY/「SOLID DREAM」(コメント付)○
川畑くんは、先生を付けて筋トレをしているそうですが、「何になりたいんですか?と。。(^^;)
スタジオゲストの品川庄司庄司さんも自慢の筋肉を披露!
しかし、杉田かおるさんから「それ、芸に活きてるの?」と、言われてしまいました。。
伊丹哲也 & Side By Side/「街が泣いてた」○
近畿大学の学生を中心に結成され、
世界歌謡祭とヤマハのポピュラーコンテストでグランプリを取った皆さんとのこと。

☆7位☆
中島みゆき/「地上の星」○
現在、127週連続でTOP100入りしている「地上の星」、
紅白で歌われた事で火が付いて、初のTOP10入り!
千昌夫/「味噌汁の詩」(コメント付)○
以前、スタジオゲストのコロッケさんとコンサートをしたそうで、
さんから「楽しかった」「ギャラは、8:2で私の方に」とコメントがコロッケさんへ。。

☆8位☆
J-FRIENDS/「Love Me All Over」(コメント付)○
この曲でプロジェクト終了となる皆さん、「これからも、それぞれボランティア精神を持っていきます」
「中々会えないので、またこのメンバーでやりたい」とのこと。。
西城秀樹/「眠れぬ夜」○
この曲では、歌番組で新幹線やF1の場所などで歌わされたそうですよ。。
今回流れた、三日月のセットは気に行ってるようです。

☆昭和56年の20位→11位☆
当時の流行は、「ルービックキューブ」「アラレちゃん」「なめ猫」「ぶりっ子」などが。。

☆9位☆
夏川りみ/「涙 そうそう」○
夏川さんは、沖縄の石垣島出身の29歳。
この曲は、元々BEGINが歌ってたものを夏川さんがカバーしたモノがヒットに。
一昨年の3月に発売されましたが、紅白で歌われてから売上げが伸びて初のTOP10入り!
ザ・ぼんち/「恋のぼんちシート」(コメント付)○
当時は、人気No.1で武道館でライブをするほど!
昨年に、16年ぶりに再結成。歌詞にある、「山本さん・川崎さん」は、
当時のワイドショーの司会とリポーターとの掛け合いから取ったものなんだそうですよ。。
お2人曰く、「吉本にギャラを全部持ってかれた!」と。。(^^;)

☆10位
BoA/「JEWEL SONG」○
年末には紅白にも初出場したBoAちゃん、韓国の新聞でも紅白出場の事が取り上げられたそうですよ。
雅夢/「愛はかげろう」(コメント付)○
この「雅夢」というグループ名は、
「当時、グループ名が無くて、よく行ってた喫茶店の名前から借りた」とのこと。。
スタジオゲストの松岡さんは、「借りたんじゃなくて、パクリですね!」と一喝。。(^^;)
ベッキーちゃんは、「有名になったから、喫茶店も良かったですよね」とフォロー。。

  

―1月22日放送―

☆1位☆
中島みゆき/「地上の星」○
130週目でついに1位を獲得!
中島みゆきさん本人は、「自分の子供を褒めてもらってるようで、嬉しい」と。。
ピンク・レディー/「UFO」○
この年の始めに海外公演を行った2人、
多くの外人のお客さんの中で1人だけ日本から来てくれた人がいたそうです。。

☆2位☆
ケツメイシ/「はじまりの合図」○
メンバーの2人が薬科大の出身で、グループ名も「決明子」から取ったもの。
CDの初回版には、PCで「紙相撲」「射的」が出来る特典付き。
中島みゆき/「わかれうた」○
北海道の産婦人科を営む医者の娘さんの中島みゆきさん、
幼い頃からピアノを習ってて、4歳で作曲をしていたという天才少女だったそうです。

☆今週の20位→11位☆
今週のゲストのday after tomorrowの新曲は、「強い意志の持った男の子のイメージ」とのこと。

☆3位☆
Every Little Thing/「UNSPEAKABLE」(コメント付)○
4曲のバラードが入ってる今作、「寒い時期に、心が温まるように」とのことです。
石川さゆり/「津軽海峡冬景色」(コメント付)○
今では青函トンネルが出来て便利になりましたが、当時は、連絡線で行き来していましたそう。。

☆4位☆
ロードオブメジャー/「大切なもの」(コメント付)○
「インタビューには、まだ慣れない」という皆さん、
北川さんは小さい頃に授業中に教壇に立たされるだけで泣いてしまう子だったらしく、
お母さんから「あんまり、喋らないで」と言われてるそうですよ。。
スタジオゲストのmisonoちゃん、「よくカラオケで歌います」とのこと。
キャンディーズ/「わな」○
この年に解散を発表した皆さんですが、その後にも旅行に行ったりなど、仲良くしてるそうです。

☆5位☆
一青窈/「もらい泣き」(コメント付)○
一青窈さんが「座って歌う理由」は、緊張して膝がカクカクしてしまうから、とのこと。
立てると思ってから、立って歌うそう。
平野雅昭/「演歌チャンチャカチャン」(コメント付)○
有名な演歌の曲を繋ぎ合わせた曲、
この曲のヒットで経営していたお店の売上げが22倍に膨れ上がったそう!
しかし、人気の移りとともに「全て失いました」と。。

☆6位☆
Mr.Children/「HERO」○
このPVは、粘土の人形を1コマずつ動かして丹念に録ったそうで、
「主人公が故郷に帰る」という内容とのこと。スタジオゲストの佐藤江梨子ちゃんは、
JENさんが私を好きって言ってくれてたのに、最近言ってくれなくて寂しい」と。。
渡辺真知子/「迷い道」(コメント付)○
発売の日に叔父さんがCD店に行ったそうですが、
ジャケットが薄着の写真だったので、「奥の方に置いといた」と言われたそうです。。

☆7位☆
BoA/「JEWEL SONG」(コメント付)○
BoAちゃんの「日本語を覚えるコツ」は、友達と楽しく遊ぶ事。
「最近、覚えた言葉」では、「キャピキャピ」とのこと。。
原田真二/「キャンディ」○
当時、アイドル状態だった原田さん、廊下には30人が寝てるという現象もあったそう。。
今は、松田聖子さんのプロデュースもされてますが、25周年の15枚組BOXも発売されるようです。

☆8位☆
SOPHIA/「理由なき New Days」(コメント付)○
先週は、松岡さんがスタジオゲストに来てくれましたね。
「次は、全員で行きます」「ギャラも5倍で!」と、コメント。。
吉幾三/「俺はぜったい!プレスリー」(コメント付)○
この曲は、プレスリーが亡くなったときに酔って歌ってたのが、
流れ流れてレコード会社の人に届いたのが始まりだったそう!
レコーディングも仮歌のつもりで歌ったのが採用されたそう。。

☆昭和53年の20位→11位☆
当時の流行は、「カラオケ」「タンクトップ」などが。。

☆9位☆
夏川りみ/「涙 そうそう」(コメント付)○
この曲を歌うきっかけは、「BEGINの歌ってるのを聞いて、歌わせて欲しいってお願いした」とのこと。
松崎しげる/「愛のメモリー」(コメント付)○
デビュー8年目での初のヒット曲。あの黒さが特徴の松崎さん、
「当時、よくグアムで仕事をしてて、黒いイメージが付いちゃった」そうです。
この曲は、南原清隆さんの披露宴でも歌われたそう。

☆10位☆
CHEMISTRY/「It takes two」(コメント付)○
来週が誕生日の川畑くん、当日の予定は「多分、みんなで祝うと思います」とのこと。
榊原郁恵/「いとしのロビン・フッドさま」○
スタジオゲストの郁恵さん、「当時の好きなタイプは、宍戸錠さんだった」とのこと。
「後ろ姿に色気を感じた」との理由だそうですが、「旦那と逆じゃん!」と。。(^^;)

  

―1月29日放送―

☆1位☆

175R/「ハッピーライフ」(コメント付)○
グループ名の由来は、「友達のムカイくんのあだ名」とのこと。「虫っぽかった」そうです。。
藤井フミヤ/「TRUE LOVE」(コメント付)○
とんねるずノリさんの結婚式で歌ってから、結婚式の定番曲に。
「30〜40回は、歌った」「俺が引き出物みたい」とのこと。。

☆2位☆
中島みゆき/「地上の星」○
個性的な詞を評価され、文部省の「国語密議会」の委員に選ばれていたそうです。
Mr.Children/「Tomorrow never knows」○
この年のレコード大賞の受賞曲ですが、「まさか、自分達が取るハズがない」と思ってたそうで、
海外へ行ってしまい、初のレコード大賞の欠席での受賞となりました。

☆今週の20位→11位☆
今週のゲストのBoAちゃんのアルバムと初ツアーの告知を。

☆3位☆
愛内里菜/「風のない海で抱きしめて」(コメント付)○
「釣りバカ日誌」の主題歌という事で、里菜ちゃんに「何バカ?」と質問。
里菜ちゃんは、落とし物がヒドイそうで、
「ありとあらゆる物に鈴を付けて、落としたら分かるようにした」そうですが、
「それって、全部ジャラジャラ鳴ってて、落としても気付かないんじゃ?」と指摘されると、
「・・・今、気付きました」と。。(^^;)
篠原涼子 with t.komuro/「愛しさと せつなさと 心強さと」(コメント付)○
「他の小室ファミリーの方とお付き合いはありますか?」の質問には、「ないです」と。。
曲を通してのお付き合いのみだったそうです。

☆4位☆
ロードオブメジャー/「大切なもの」(コメント付)○
18週連続ランクインの皆さん、
「20週ランクインしたら、徳光さんとエミリちゃんと焼肉に連れてって欲しい」と。。
スタジオの徳光さんも承諾してくれました。。
中島みゆき/「空と君とのあいだに」○
この曲の詞にある「ボク」というのは、
ドラマ「家なき子」の犬のリュウの事で、飼い主を思う犬の気持ちを歌った曲とのこと。

☆5位☆
RAG FAIR/「空がきれい」○
昨年の中国公演では、おっくんのボイパの事を「口雑技」と現地では紹介されたそう。
B'z/「Don't Leave Me」○
このグループ名は、「アルファベットを組み合わせて、記号のような名前にしよう」
という提案からなったもの。他にも、「A'z」などの候補があったそうです。

☆6位☆
Every Little Thing/「UNSPEAKABLE」(コメント付)○
今回は、「街で聞いた、2人への質問」を。
まず、「伊藤さんは、好き嫌いが無さそうですが、どうですか?」。
いっくんは、「桃が好きって言ったら、いろいろ送ってもらった」そう。
そんな2人へ番組から桃の差し入れが。。
「2人には、一生涯の友達がいますか?」には、モッチーが「振り返ってみないと、分からない」と。。
藤谷美和子・大谷義昭/「愛が生まれた日」○
藤谷さんが出演したドラマの挿入歌で使われ、29歳での歌手デビュー。
印税の話では、「多分、貰ってないと思う」とのこと。。
紅白の映像が流れましたが、あの衣装の羽根は150万円もしたそう!

☆7位☆
Janne Da Arc/「霞ゆき空 背にして」(コメント付)○
前回が初登場だった皆さん、その影響を聞いてみると、yasuさんは「いろいろ電話をもらった」、
kiyoさんは「母親から手紙が来た」とのこと。
trf/「survival dAnce」○
YUKIさんは、現在空手を習ってるそうで、ライブ前には型をして緊張をほぐしてるそうです。
この年、120億円でトータルセールス1位に輝いた皆さん、
スタジオゲストのBoAちゃんも「韓国でも有名ですよ」と。
BoAちゃん、ガレッジセールは、夏のライブでも共演していたようです。。

☆8位☆
一青窈/「もらい泣き」(コメント付)○
「歌のイメージで女らしいと思われてる」そうですが、そんな事もないようです。
「街を歩いてても、気付かれないと思う」「普通にキャッチとかに声掛けられる」そうですが、
声を掛けられたら北京語で返して切り抜けるそう。。
大黒摩季/「あなただけ見つめてる」○
宇多田ヒカルちゃんの初めて買った邦楽が大黒さんのようで、いろいろと影響もあるようです。。
スタジオゲストのセインさんは、大黒さんと「1、2回メールした事がある」そうですよ。

☆平成6年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「アイルトン・セナの激突死」
「プレステ」「リレハンメル五輪」「関西空港」などが。。

☆9位☆
Psycho le C'emu/「激愛メリーゴーランド」(コメント付)○
未来のSFをイメージした衣装の皆さん、ライブではコントや芝居もしているそうです。
尾崎豊/「OH MY LITTLE GIRL」(コメント付)○
キラー・カーンさんのコメント。
「当時、お店に来てくれたけど、気さくな人で他のお客さんとかとも歌ったりしてた」とのこと。

☆10位☆
夏川りみ/「涙 そうそう」(コメント付)○
紅白を故郷の皆さんが巨大スクリーンを設置して応援していたそうで、とても嬉しかったようです。。
SMAP/「がんばりましょう」(コメント付)○
くんのコメント。「この曲のイントロが好きです」
「フリが難しいんで、吾郎ちゃんには大変だと思います」
くんが抜けて、誰が歌うんだろうと思ってたけど、結局吾郎ちゃんが歌う事になりました」と。
「当時、忙しかったけど、学校も無遅刻・無欠席で行ってたんで、堀越じゃなくてもよかった」とのこと。。
さらに、「「がんばりましょう」って曲なんですけど、僕の頑張った映画が公開されます」と、
無理やり映画「黄泉がえり」の宣伝へ持っていってました。。(^^;)

   

2月

 

―2月5日放送―

☆1位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
新婚旅行中のフランスで生まれた曲とのこと。今回は、かなり長めにTVサイズで歌ってくれました。。
皆川おさむ/「黒ネコのタンゴ」(コメント付)○
今は、デザインの仕事をしている皆川さん、ネコの置き物を中心にして作っているそう。
今もネコを8匹飼ってるそうですが、家の前にネコを置いて行かれたりするそうです。。

☆2位☆
椎名林檎/「茎〜STEM〜」○
2年ぶりの新曲は、全英詞の一曲。林檎さんは、イギリスで生活してた事もあるそうです。
藤圭子/「圭子の夢は夜ひらく」(コメント付)○
林家ペー・パー子さんのコメント。パー子さんは、昔演歌歌手として藤圭子さんと姉妹弟子だったそう。。

☆今週の20位→11位☆
今週のゲストのBoAちゃんのアルバムと初ツアーの告知を。

☆3位☆
中島みゆき/「地上の星」○
この曲は、会社の朝礼で使われたりなど、お父さん方の応援歌としても聴かれているそうですよ。
ザ・ドリフターズ/「ドリフのズンドコ節」(コメント付)○
加藤茶さんのコメント。「勢いのある曲だったんで、パクリました」とのこと。。(^^;)

☆4位☆
ロードオブメジャー/「雑走」(コメント付)○
新曲は、「がむしゃらに走って行こう」という意味が。
「一生懸命頑張ってる人に、会社や学校に行く前に聴いて欲しい」そう。
ヒデとロザンナ/「愛は傷つきやすく」(コメント付)○
4年後に結婚した2人、ロザンナさんは「当時は、どうやってヒデを振り向かせるか必死だった」そう。。

☆5位☆
中島美嘉/「愛してる」(コメント付)○
今年が成人式の美嘉ちゃん、
「成人式を忘れてて、着物を着れなかった」そうで、「後で着て、写真撮ります」と。
辺見マリ/「経験」○
19歳で大人な歌を歌いました辺見マリさん、「背伸びして歌った」「抵抗は、なかった」とのこと。

☆6位☆
175R/「ハッピーライフ」(コメント付)○
グループ名は、「175R(イナゴライダー)」ですが、
「カタカナで書くと格好悪いんで、今のにしました」と。。
「お笑いの130Rと関係は?」と聞かれると、「ありません」「よく言われます」と。。
べッツィ&クリス/「白い色は恋人の色」(コメント付)○
べッツィさんのハワイからのコメント。今は、ハワイほホテルで歌っているそう。
クリスさんは、最近まで小学校の先生をしてたそうですよ。

☆7位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
映画「黄泉がえり」の役名でのリリースですが、「周りの反響」では「父親がビックリしてた」そう。。
いしだあゆみ/「あなたならどうする」(コメント付)○
当時のプライベートでは、「男性とばかり話してた」「惚れっぽい性格だった」とのこと。。

☆8位☆
Every Little Thing/「UNSPEAKABLE」(コメント付)○
今回は、「街で聞いた、2人への質問」を。まず、「持田さんは、ホラー映画が苦手ってホント?」。
これは本当で、「無くても、いいモノだと思う」とのこと。。
エミリちゃんも嫌いなようで、「CMとか、15秒間だけ耳を塞ぎます」と。
ソルティー・シュガー/「走れコータロー」(コメント付)○
山本コータローさんのコメント。当時、全員が大学生でしたが、「ボクは、よく遅刻していた」そう。。

☆昭和45年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「フリスビー」「ケンタッキー・1号店」
「大阪万博」「あしたのジョー」などが。。

☆9位☆
ロードオブメジャー/「大切なもの」(コメント付)○
まだ、貧乏暮しの皆さん、
食事は「冷奴のネギ入り」だそうで、「ネギの根っこも栽培して、また生やす」そう。。
日吉ミミ/「男と女のお話」(コメント付)○
今は、歌舞伎町でお店をしているそうで、お店で歌ったりする事もあるようです。。

☆10位☆
一青窈/「もらい泣き」(コメント付)○
一青さんの詞は、家で書いているそう。
外で書くときも家に近い感じにするそうで、「電車でも、靴下を脱いで書く」そう。。
左ト全とひまわりキティーズ/「老人と子供のポルカ」○
数々の黒澤映画に出演してきた左ト全さんのデビュー曲。76歳でのデビューは、最高記録とのこと。

  

―2月12日放送―

☆1位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
このCDには、PCでスクリーンセーバーや壁紙をDL出来たり、秘密のサイトが見れる特典付き。。
光GENJI/「ガラスの十代」(コメント付)○
この年に光GENJIは、シングルの年間TOP3を独占!さらに、アルバムも1位に輝く快挙を!
(他には、ピンク・レディーだけが持ってる記録です)

☆2位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
映画では、たくさんの人を前に歌っていた曲ですが、
「実は、あれは300人ぐらいなんです」と。。(残りは、合成とのこと)
中山美穂/「You're My Only SHININ' STAR」○
元々、アルバムの収録曲だったのですが、
ラジオ番組の企画で「中山美穂の好きな曲アンケート」でダントツの1位になった事から
シングルとして発売する事になったそうです。

☆今週の20位→11位☆

☆3位☆
中島みゆき/「地上の星」○
今回は、新宿にある中島みゆきさんの曲しか流さないという、10〜70代のファンの集まるバーへ。。
「本人が来た事は?」の質問には、「多分、自分の曲しか流れないから、嫌かも。。」と。。
杉山清貴/「風の LONELY WAY」(コメント付)○
「火曜サスペンス」の主題歌。杉山さんのトレードマークのサングラスは、
「二日酔いをゴマかすために付けてたのが始まり」とのことです。。

☆4位☆
中島美嘉/「愛してる」(コメント付)○
バレンタインの話。
美嘉ちゃんは、バレンタインに1回あげた事があるそうですが、「捨てられてた」そう。。
浅香唯/「Believe Again」○
「スケバン刑事」の主題歌。
強い人に見られていたため、プライベートでもヨーヨーを持ち歩いてたそう。

☆5位☆
ロードオブメジャー/「雑走」(コメント付)○
詞を担当したドラムの上原さんから詞の説明が。。
しかし、少し変な感じになってしまい、「オカシイ!」と。。
渡辺美里/「悲しいね」○
アイドルオーディションで歌唱賞を貰った渡辺美里さん、
レコード会社を紹介してもらい、活動をスタート。。

☆6位☆
Vivian or Kazuma/「moment」(コメント付)○
人気アニメ「ガンダムSEED」の主題歌となってますが、
Kazumaさんは、「ガンダム世代なんで、嬉しい」そうですよ。
武田鉄矢・芦川よしみ/「男と女のはしご酒」(コメント付)○
芦川さんのコメントが。「武田鉄矢さんは、マジメで先生みたい」とのこと。胃腸薬のCMソング。

☆7位☆
175R/「ハッピーライフ」(コメント付)○
皆さんは、上京してすぐにぜん息になったそうで、「東京の空気は、汚い」と。。
西村知美/「サクラが咲いた」○
西村知美さんは、「歌手になりたいと思ってなかった」「なりたいモノが無かった」そうです。
8月には、お子さんも出産予定。

☆8位☆
○メロン記念日/「赤いフリージア」(コメント付)○
モーニング娘。の妹分としてデビューした皆さん、「2003年の抱負は、故郷に錦を飾る」とのことです。
CHAGE&ASKA/「恋人はワイン色」○
ASKAさんは、学生時代は剣道をしていて、インターハイの北海道代表に選ばれる腕前だったそう。。

☆昭和63年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースは、「ソウル五輪」「消費税」
「東京ドーム」「ミニ四駆」「ゲームボーイ」などが。。

☆9位☆
ロードオブメジャー/「大切なもの」(コメント付)○
ついに、番組でも初となる20週連続ランクインとなった皆さん、素晴らしい!
CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」の17週がこれまでのトップ)
工藤静香/「Again」○
当時、おニャン子クラブは、いろいろソロやユニットがありましたが、
その中でダントツの1位なのが静香さん。先週、2人目のお子さんも出産されました。

☆10位☆
Every Little Thing/「UNSPEAKABLE」(コメント付)○
今回は、「街で聞いた、2人への質問」を。
まず、「伊藤さんは、運動しなさそうですが、スポーツはしてましたか?」。
伊藤さんは、ウインドサーフィン部だったそう。モッチーは、マット運動が得意だったようです。
TM NETWORK/「RESISTANCE」(コメント付)○
木根さんのコメントが。当時、TV局の前では「出待ち」をしてるファンの方がいましたが、
「ボクらにいる訳が無いと思ってて、他の人のファンと思ってた」そう。。

  

―2月19日放送―

☆1位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
初の翻訳に挑戦した絵本が出版に。
出版社は、「主人公の純な気持ちが分かるのは、宇多田さんしかない」と依頼したそう。。
森田公一とトップギャラン/「青春時代」(コメント付)○
ピンク・レディーキャンディーズなどに曲を提供してる森田公一さん、
イントロの印象が強い曲ですが、津軽三味線など「日本人が好きな音をイメージして作った」とのこと。

☆2位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
元々、歌うのが好きだったそうで、カラオケにも行ってたそう。
自分の曲は、「歌って、「CDと違う」って言われたら嫌なんで、歌いません」とのこと。。
ピンク・レディー/「S.O.S.」(コメント付)○
未唯さんからのコメント。この曲には、本当のモールス信号のSOSが入ってるそうで、
TVで歌ってるときに政府や自衛隊から放送中止命令が来たそうですよ。。

☆今週の20位→11位☆
15位のEXILEからは、「ストレートなメロディーに詞がうまく乗ってます」と。。
スタジオゲストの氷川きよしさんの新曲は、「フリもない、正統派の一曲」と。。
IZAMさんの新曲は、「男の格好悪い部分を歌った」とのこと。

☆3位☆
ポルノグラフィティ/「渦」○
この曲をライブで演奏したとき、それまで盛り上がってたファンの人達が
ピタッと止まって聞きに入っていたそうですよ。。
清水健太郎/「失恋レストラン」○
この清水健太郎は芸名のようで、清水さんの好きな
(清水の次郎長、高倉健、菅原文太、石原裕次郎)から取った名前にしたそうですよ。

☆4位☆
ゆず/「青」○
4週連続のシングルリリースの1枚目。4週連続でのリリースは、音楽業界でもこれが初めてのようです。
太田裕美/「しあわせ未満」(コメント付)○
太田裕美さん曰く、「大辞テンでいろいろ喋りすぎて、いろいろ言われる」
「もう、言いたくない・・」とのこと。。(^^;)

☆5位☆
Tommy february6/「je t'aime★je t'aime」(コメント付)○
「テーマは、いつも胸キュン」とのことですが、今回は割としっとりした感じになってるそう。。
小林旭/「昔の名前で出ています」○
この「昔の名前」というのは、主人公の「ひろみ」とのこと。
スタジオゲストの浅草キッドからは、「殿(北野武さん)が共演したときに、
「スターだったよ」「アガった」って言ってたのが印象的だった」と。。

☆6位☆
中島みゆき/「地上の星」○
この曲のヒットで、関係者には「物干しグッズ」「チョロQ」「温泉の素」が配られたそうです。。
岩崎宏美/「想い出の樹の下で」(コメント付)○
当時、番組のスタッフさんに「顔が大きい」と言われたそうで、前髪を下ろしていたそうですよ。

☆7位☆
ロードオブメジャー/「雑走」(コメント付)○
最近は、ファン層が広がってきたそうで、小学生からも手紙を貰ったりするそうですよ。。
丸山圭子/「どうぞこのまま」(コメント付)○
この曲で得た収入を預金したら、
銀行の特別室に通されて接待してもらったり、料亭に連れてってもらったりしたそうですよ。

☆8位☆
東京スカパラダイスオーケストラ/「銀河と迷路」(コメント付)○
皆さんでヴォーカルのオーディションをやって、茂木さんに決定しましたが、
他の人達に「嫉妬は、あります?」の質問には「ないです」と。
ハイ・ファイ・セット/「フィーリング」○
名曲「翼をください」を歌ったグループですが、実はこの曲が最大のヒットなんですね。。

☆昭和52年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースには、「王貞治・756本塁打の世界記録&国民栄誉賞」
「アメリカ横断・ウルトラクイズ」「コロコロコミック」などが。。

☆9位☆
藤本美貴/「ブギートレイン '03」(コメント付)○
春からモーニング娘。の新メンバーに加入する美貴ちゃん、
「ソロとも平行して頑張ります」と意気込みを。
美貴ちゃんの誕生日の26日には、1stアルバムも発売されますね。。
梓みちよ/「こんにちは赤ちゃん」(コメント付)○
この曲は、吉田拓郎さんが作った曲ですが、
酔っ払ったときに拓郎さんに「曲を書いて」とお願いしたのが始まりだったそう。

☆10位☆
Lead/「FLY AWAY」(コメント付)○
皆さんの特技を。Hirokiくんの「いっこく堂の時差」は、中々上手でしたね。。
Shinyaくんは、ボブ・サップのモノマネを。。
ビューティー・ペア/「かけめぐる青春」(コメント付)○
マキ上田さんのコメントが。当時、年間300試合もこなしていたそうで、
「日本中に行ってたけど、体育館の様子しか覚えてない」そうです。。

  

―2月26日放送―

☆1位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
芸能界の友達には、ドラマで共演した国仲涼子ちゃん、堂本剛くんを。。(メールを月1ぐらい)
長電話とかもしないタイプのようで「長電話するなら、会いに行けばいいのに」と。。
小田和正/「ラブストーリーは突然に」○
この曲は、オフコース時代も含めて初の1位!滝沢くんは、この曲を携帯の着メロにしてるそうです。

☆2位☆
/「とまどいながら」(コメント付)○
桜井くんのドラマ主題歌となっている新曲、
「メンバーのドラマの主題歌というのは、気になりますか?」の質問には、
「特には、ないです」と。。
KAN/「愛は勝つ」○
人気番組の「やまだかつてないテレビ」から生まれた曲。
現在、KANさんはパリで活動をしているそうです。

☆今週の20位→11位☆
スタジオゲストの島谷ひとみさんの新曲は、「ビジュアル面でも衣装とかに気を使った」とのこと。
滝沢秀明くんの新曲は、「卒業でも、前向きな感じな気持ち」とのこと。。

☆3位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
CDジャケットに写ってるイラストや譜面は、
ヒカルちゃんが普段使ってる作曲ノートに書かれてるものなんだそう。
Mi-Ke/「想い出の九十九里浜」○
70年代のグループサウンズに仕上がった作品、
当時のグループサウンズのヒット曲の名前が詞に入ってます。。

☆4位☆
I WiSH/「明日への扉」○
現役女子高生のaiさん、大学生のnaoさんによるユニット。
人気番組「あいのり」の主題歌としてヒットに。。
永井真理子/「ZUTTO」○
元々、保母さんになるのが夢だったそうで、大学も保育科に通ってたようです。
現在は、小学生になるお子さん達と海外へ行っているそう。

☆5位☆
ゆず/「呼吸」○
この曲のPVは、2人が通ってた横浜の小学校の近くで録ったそうですが、
下校時間と重なったようでサイン攻めにあったそう。
児島未散/「ジプシー」○
児島未散さんの父親は、宝田明さん。シャンプーのCM曲としてヒットしました。。

☆6位☆
ロードオブメジャー/「雑走」(コメント付)○
現在は、ライブツアー中の皆さん、
「地方から出て来て友達がいないので、ファンと友達になりたい」とのこと。
織田裕二/「歌えなかった ラブソング」○
今回は、織田さんのデビュー作の「湘南爆走族」のVTRを公開。
ずっと、15年近くも第一線で活躍している織田さん、サスガ。。

☆7位☆
中島みゆき/「地上の星」○
51歳の誕生日を迎えたそうですが、50歳を超えての1位獲得は中島みゆきさん1人だけとのこと。。
プリンセス・プリンセス/「ジュリアン」○
プリプリの曲の中でも名曲とされる一曲ですが、初めてシングルとしてのバラードだったそうです。

☆8位☆
Tommy february6/「je t'aime★je t'aime」(コメント付)○
CDジャケットには、Tommyが大好きな「キキララ」が写っていますね。
Tommyは、グッズもたくさん持ってるそうで、「さっき、ポットが届きました」と。。
B.B.クイーンズ/「ギンギラパラダイス」(コメント付)○
坪倉さんのコメント。この曲のレコーディングをゆっくり録ったそうで、
後から機械で速さを調節して声を高くしたそうです。。
しかし、TVで歌うときは地声のため、調節した自分の声に似せて歌ってたそう。。

☆平成6年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースには、「バーコードゲーム」「ミニスカ」「眞子さま誕生」などが。。

☆9位☆
FLOW/「贈る言葉」○
海援隊の「贈る言葉」をバンドサウンドにした曲ですが、テンポの良い感じが若者にウケたようです。
スタジオゲストの島谷ひとみさんは、「昔の曲を歌うのは、歌う側も気持ちがいい」と。。
森高千里/「雨」○
当時、キャラクターグッズがファンの間で高値で取り引きされていたそうで、
1番高いのが「CDでーた」のテレホンカードで150万とのこと!

10位
テツ and トモ/「なんでだろう」(コメント付)○
「なんでだろう」は、5年前からやってるネタとのこと。
今回は、日テレのアナウンス部に乱入しての「なんでだろう」を。
「女子アナ特番があるのに、男子アナが無いのはなんでだろ〜」
「24時過ぎてるのに、「きょうの出来事」ってなんでだろ〜」などなど。。
米米CLUB/「Shake hip!」(コメント付)○
石井竜也さんのコメント。「メンバー全員が好きな曲」「ライブの最後の一本締めみたいな」とのこと。。
徳光さんからも「これぞ、エンターテイメント!」と絶賛してました。。

 

3月

 

―3月5日放送―

☆1位☆
I WiSH/「明日への扉」○
結成のきっかけは、渋谷の地下街で歌ってたaiさんにnaoさんが声を掛けたのが始まりとのこと。
中森明菜/「1/2の神話」(コメント付)○
この曲の詞に「いい加減にして〜」というのがありましたが、
明菜さん曰く「当時の休みをくれない会社に向かって言ってた」そう。。(^^;)

☆2位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
売上げも好調ですが、「順位は、気にならない」「聴いてくれる人が聴いてくれればいい」とのこと。。
わらべ/「めだかの兄弟」○
人気番組「欽ちゃんのどこまでやるの」から生まれたグループ。
スタジオゲストの高橋真美さん曰く、「のぞみは演技派、かなえがアイドル、私がオチ担当」とのこと。。
「可愛くしていると、欽ちゃんに「オトさないと!」って言われた」そうですよ。。

☆今週の20位→11位☆
14位の3B☆LAB.からは、「これから3人で頑張っていくので、よろしくお願いします」とコメントを。。

☆3位☆
氷川きよし/「白雲の城」(コメント付)○
本格な演歌に挑戦した氷川さん、「スケールの大きな格好いい作品になってる」と。
「デビューから変わったこと」は、「家にいることが少なくなった」「家賃がもったいない」とのこと。。
松田聖子/「秘密の花園」○
当時、映画でのキスシーンがあり、ファンは驚いたようです。
今回は、そのキスシーンのVTRも流れました。

☆4位☆
モーニング娘。/「モーニング娘。のひょっこりひょうたん島」(コメント付)○
今回の衣装は海賊となってますが、かおりんの頭のリボンは海賊っぽくない感じ。。
かおりんは、「親が喜ぶ」と。。よっすぃーからは、「漫才師の蝶ネクタイみたい」と。。
稲垣潤一/「ドラマティック・レイン」(コメント付)○
この曲の作詞を担当した秋元康さんは、これが初めての作詞家としてのヒットに。
この曲のヒットで秋元さんが車も買ったそうですね。。

☆5位☆
ゆず/「3番線」○
このPVは、「ゴミの一生」をテーマに、
リサイクル工場で録って社会科見学のビデオのような出来上がりになってます。。
EPO/「う・ふ・ふ」(コメント付)○
現在は、ライブ活動を中心にしているEPOさん、妊婦のために胎教ライブも行っているそう。

☆6位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
来週、この曲のDVDが発売されますが、メイキングも収録されてますね。。
今回は、そのメイキングの様子も放送されました。
西城秀樹/「ギャランドゥ」(コメント付)○
秀樹さんからは、「ギャランドゥは、おヘソが毛深い人の事ではなく、女性の名前」と。
当時、芸能人の水泳大会などでの秀樹さんのおヘソの毛から、
ユーミンがラジオ番組で「ギャランドゥ大会」を開いた事から広まったそうです。

☆7位☆
光永亮太/「Always」(コメント付)○
陸上の「三種競技A」(100m・高跳び・砲丸投げ)で全国優勝し、中学生の最高記録も持ってるそうです。
日野美歌/「氷雨」(コメント付)○
当時、20歳だった日野美歌さん、「大人っぽかったので、年を言うとビックリされるのが楽しかった」
「けど、だんだん不快になってきた」そう。。

☆8位☆
/「とまどいながら」(コメント付)○
桜井くんはドラマで園児と共演してますが、「園児は友達で、メンバーは家族みたいな感じ」とのこと。。
Y.M.O./「君に、胸キュン。」○
デビュー前には、ワールドツアーも行った皆さん、テクノブームを巻き起こしました。。

☆昭和58年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースには、「E.T.」「ウォッシュレット」などが。。

☆9位☆
FLOW/「贈る言葉」(コメント付)○
本家の武田鉄矢さんからのコメント。「FLOWのは、卒業式が終わった後の打ち上げの感じになってる」と。
また、「自由に歌って欲しい」「自分の曲がいろいろ受けいられていくのは、嬉しい」とのこと。。
FLOWの曲のPVには大森巡査が出演していますが、
武田さんは「アイツ、この前会ったのに、何も言ってなかった!」と。。
柏原芳恵/「春なのに」○
学校の教科書に載る候補となっていたそうですが、
歌詞の中の「白い喫茶店」というのが学生に相応しくないと、掲載されなかったそうです。

☆10位☆
テツ and トモ/「なんでだろう」○
「なんでだろう」のフリは、曲が出来たときに自然と浮かんだそうですよ。(フリ講座も。)
スタジオゲストの宮迫さんの子供は、「なんでだろう」のフリを真似てるそうで、
宮迫です!」はやってくれないそうです。。(^^;)
シブがき隊/「処女的衝撃!」(コメント付)○
布川敏和さんのコメント。この曲は、ファンの皆さんの掛け声が特に盛り上がるそう。。
スタジオゲストの堀ちえみさんからは、「当時は、私の家に集まって秘密のパーティーを開いてた」と。。

  

―3月12日放送―

☆1位☆
I WiSH/「明日への扉」○
発売前からHPには15万件の問い合わせがあったそうです。。
スタジオゲストの東野さんは、「あいのりで今田さんがたまにウソ泣きするのが嫌」と。。
海援隊/「贈る言葉」(コメント付)○
元々、この曲は男女の別れを歌ったそうですが、
「金八先生」のイメージが強くて卒業ソングの定番になったそう。
「娘の卒業式で生徒が歌ってて、先生が「今日は、歌ってる方が来てます」って言われた」そう。。(^^;)

☆2位☆
タッキー&翼/「卒業〜さよならは明日のために〜」(コメント付)○
デビュー前には、KinKi KidsV6のバックも務めていましたが、
Jr.の中でも、誰とユニットを組みたいかっていう話になる」そうですよ。。
タッキーの誕生日の29日からツアーが始まるとのこと。
オフコース/「さよなら」○
あの「ニューヨークシティ・セレナーデ」でも有名なクリストファー・クロスがカバーしてるそうで、
彼の歌った「さよなら」も流れました。

☆今週の20位→11位☆
片瀬那奈さんの新曲の話。「まだ歌うのは、緊張する」そう。

☆3位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
「子供の頃は顔が濃くて、だんだん薄くなってきた」そう。
中学時代はバスケをしていたそうですが、スパイクが得意だったと。
(「レシーブは、痛いんで」とのこと。。)
沢田研二/「TOKIO」○
あの衣装のパラシュートは、2ヶ月をかけて30kgで250万円のモノを作ったそうです。。

☆4位☆
ゆず/「すみれ」○
4週連続リリースのラストを飾る一曲ですが、
これまでの4枚のCDを合わせるとスミレの絵が完成するそうです。
さだまさし/「道化師のソネット」○
本人の主演映画の主題歌になってる曲ですが、
さだまさしの好きな曲ランキング」でいつも上位に入る名曲とのこと。。

☆5位☆
光永亮太/「Always」(コメント付)○
学生時代は、バスケをしていたそうですが、ダンクも決めていたそうです。。
178cmの光永さんですが、垂直跳びが1m飛ぶそうです!
ドラマ主題歌になってますが、スタジオゲストの平山あやちゃんはそのドラマに出演中。
「現場でも、よく流れてます」と。
アリス/「秋止符」(コメント付)○
堀内孝雄さんからのコメント。堀内さんの特徴といえば、あのヒゲですが
「2回剃ったことがあるけど、剃ったら誰も自分って気付かない」そうですよ。。

☆6位☆
氷川きよし/「白雲の城」(コメント付)○
初代のファミコンにハマってる氷川さん、「原点に返ろうと思って」とのこと。。
渡辺真知子/「唇よ、熱く君を語れ」(コメント付)○
25周年記念ライブでも歌われた名曲ですが、「失恋ソングが多かったので、嬉しかった」そう。
スタジオゲストの片瀬那奈さんは、「家にカラオケがあるんで、母親が新曲を歌ったりとかします」
「大辞テンを見るときも母が新曲を覚えて、私が昔のを覚えてます」とのこと。。

☆7位☆
宇多田ヒカル/「COLORS」○
先日、ファンとチャットをしたヒカルちゃん、
「2003年の夢」を聞かれて「吉野家に行くこと」と答えたそう。
エミリちゃんも「女性が一人で行くのは、勇気がいる」と。。
松山千春/「恋」○
松山さんの父親が新聞記者だったので、昔は政治家を目指していたそうです。

☆8位☆
hiro/「Baby don't cry」(コメント付)○
お正月に沖縄に帰ったそう。弟さんと仲が良いそうですが、
「音楽が好きなんで、出てる番組とか曲とかダメ出しされる」そう。。
「こうやって喋ると、後で怒られる」と。。
山口百恵/「謝肉祭」○
この年に三浦友和さんと結婚して引退した百恵さん、
今年がデビューから30年の節目として22枚組のCDボックスをリリース予定になってます。

☆昭和55年の20位→11位☆
当時の流行・ニュースには、「竹の子族」「パックマン」「大貫さん1億円拾う」などが。。

☆9位☆
上戸彩/「HELLO」(コメント付)○
「卒業の出会いと別れ」がテーマ、「離れてても頑張っていこう」と。キーが高くて大変とのこと。。
財津和夫/「Wake Up」○
財津さんの実家は競艇場にある食堂を経営しているそうで、
子供の頃はよく手伝いに行ってたそうです。スタジオゲストの平山あやちゃんは、
「昭和59年生まれなんですけど、親が聴いてたんで自然と聴いてた」とのこと。

☆10位☆
FLOW/「贈る言葉」○
現代の若者の卒業ソングになりましたが、CDの初回盤には第2ボタンが入ってるそうです。
クリスタル・キング/「大都会」(コメント付)○
田中さんからのコメントが。田中さんは、現在のようなパーマにしたかったそうですが、
なぜか当時は爆発した頭になっていたようです。。

    

―3月19日放送―

☆1位☆
SMAP/「世界に一つだけの花」(コメント付)○
木村くんは「その人達の歌にしてほしい」、吾郎ちゃんは「みんなの反応がすごく良い」と。
中居くんが「曲が良すぎて、歌ってて恥ずかしい」と言うと、
木村くんが「オレらが歌っちゃダメなんだよ」「Kiroroが歌うべきなんだよ」と。。
中森明菜/「ミ・アモーレ」(コメント付)○
明菜さんの小さい頃のあだ名は、「菜っ葉」だったそう。
この曲は、この年のレコード大賞の受賞曲ですね。

☆2位☆
I WiSH/「明日への扉」○
この曲のPVでは、aiさんがいろんな人から頬にキスしてもらうシーンがありますが、
aiさんは15時間立ちっぱなしで100人からキスしてもらったそうです。
チェッカーズ/「あの娘とスキャンダル」(コメント付)○
鶴久政治さんからのコメント。
この曲の衣装がスカートだったので、「歌番組にメンバー全員ノーパンで出た」そう!
「隣りに松田聖子ちゃん、中森明菜ちゃんがいたりして、かなり興奮した」そうです。。(^^;)

☆今週の20位→11位☆
11位の倖田來未さんの新曲は、「元気で明るい曲」「アルバムにも入ってるので、聴いてください」と。
スタジオゲストのV6の新曲は、「大人な感じのバラード」とのこと。

☆3位☆
RUI/「月のしずく」(コメント付)○
よくお酒を飲むそうで、「ワインだと1、2本」飲むようです。
「1人でよくビールを晩酌してます」とのこと。
近藤真彦/「ヨイショッ!」○
当時20歳。男性ファンによる「全日本近藤真彦大連合」が結成されると、
同姓からの支持も厚かったそうですね。

☆4位☆
BUMP OF CHICKEN/「sailing day」○
千葉の佐倉市出身の男性4人組。映画「ワンピース」の主題歌にもなってます。
菊池桃子/「卒業」○
当時は、握手会に1万5千人が集まる人気だった菊池桃子さんですが、
学校の授業は全部受けて掃除もしてから仕事に行っていたそうです。

☆5位☆
松浦亜弥/「ね〜え?」(コメント付)○
「大好きな彼におねだりをする感じ」との一曲。
亜弥ちゃん自身のおねだりでは、「最近、パパに「醤油送って」っておねだりしました」とのこと。。
THE ALFEE/「シンデレラは眠れない」(コメント付)○
桜井さんの「メリーアン」、高見沢さんの「恋人たちのペイブメント」ときて、
満を持しての坂崎さんのリードヴォーカルの一曲。

☆6位☆
倉木麻衣/「Time after time〜花舞う街で〜」○
映画「名探偵コナン」の主題歌になってますね。来月には、本人出演のCMの曲もリリース予定。
C-C-B/「Romantic止まらない」(コメント付)○
渡辺さん、さん、関口さんからのコメント。当時の髪を染めたときの周りの反応は、
「家のお店の手伝いをしてたけど、「店に出るな」って言われた」「バイトが出来なくなった」そう。。

☆7位☆
光永亮太/「Always」(コメント付)○
芸能界に入るために、「第2の裕次郎オーディション」や「マツモトキヨシ」の
オーディションなども受けたようです。「歌う場所が欲しかった」そう。
斎藤由貴/「卒業」○
当時、高校3年生だった斎藤由貴さん、
「高校の卒業式の後のHRのときに、先生や同級生が歌ってくれた」そうですよ。

☆8位☆
安室奈美恵/「shine more」(コメント付)○
久々のダンスナーバーですが、ミニスカートの衣装もカワイイですね。
「周りからミニスカートはけって言われて」とのこと。。
安全地帯/「熱視線」(コメント付)○
デビュー前に3年間北海道で修行していたそうですが、
現在はその場所でデビュー前に在籍していた元メンバーの方がレストランを経営しているそうです。
「何年か経ったとき、メンバーが集まれる場所があるといいなって思って」とのこと。
メンバーの方もレストランに時々来るそうです。

☆昭和60年の20位→11位☆
当時の流行には、「スーパーマリオ」「阪神優勝」などが。。

☆9位☆
Every Little Thing/「Grip!」(コメント付)○
「テンションを上げていこう」と書いた曲のようで、いっくんも「力が湧きます」とのこと。。
岩崎宏美/「タッチ」(コメント付)○
岩崎さんの声がタッチの「南ちゃん」に似ているため、よく「南ちゃん」と言われたそうですよ。
スタジオゲストの岡田くんは、「この曲を聴くと、走りたくなる」そうです。。

☆10位☆
FLOW/「贈る言葉」(コメント付)○
PVにも出演してる大森巡査からのコメント。
FLOWのメンバーから「写真を撮ってください」と頼まれたそう。
尾崎豊/「卒業」○
尾崎さんの学生時代の先輩には、高橋克典さんがいるそう。
尾崎さんが曲を作ると、いつも克典さんに聴いてもらっていたそうです。

 

「daiziten・2003」ページへ