7月


―7月4日放送―

「アルバム紹介」 中村正人
「皆さんが私のドリカムと思えるアルバムになったんじゃないかと思います」

「ゲストライブ」
Sexy Zone「元気いっぱいの応援歌で王道の純度100%のアイドルソングになってます」
三代目 J Soul Brothers「今年の夏を代表するサマーアンセムが出来上がりました」
JUJU「夏は子供も大人も関係なくいつまでもはじけていたいなと思って作りました」

  

―7月18日放送―

CDTVアンケート「あなたが一番好きな真夏のラブソング」
2005年以前の1位はSMAP「BANG!BANG!バカンス!」、
2006年以降の1位は三代目 J Soul Brothers「花火」

「ゲストライブ」
HY「自分の名前を呼んでくれる仲間を大切にしたいと思って書いた曲」
SPYAIR「かっこいい曲です」



―7月25日放送―

「LIVE INFORMATION」
SEKAI NO OWARI、JUJU、Flower、[Alexandros]、「Amuse Fes」、キマグレンを紹介

「アルバム紹介」高橋優
「この曲が代表曲といえる一球入魂で作った曲が30曲入ってます」

「ゲストライブ」
SEKAI NO OWARI「テーマは悪役のラブソングで英語詞も聴きどころになってます」
T.M.Revolution「夏の暑い最中にこの曲でさらに熱くなるのもいいんじゃないかと思ってます」



8月

 

―8月1日放送―

「ゲストライブ」
KANA-BOON「これから挑戦する人、頑張る人の背中を押すだけじゃなく元気になれる曲」
flumpool「今年の夏こそ自分を変えてみたい、新しい事に挑戦したい人の背中を押せる曲」



―8月8日放送―

「ゲストライブ」
SKE48「松井玲奈の最後の参加シングル曲でSKE48の未来を感じれる曲になってます」
GENERATIONS「いつもと違ったロックテイストの曲ですが熱いメッセージの入ったGENERATIONSらしい曲」
平井堅「人の美しさや尊さや豊かさは常に胸の中にあるんじゃないかという気持ちを歌った曲」



―8月15日放送―

「ゲストライブ」
ゆず「いろんなところでこの歌が響けばいいなと思ってます」
back number「離れた場所で支えてくれてる人への感謝の歌なので
普段照れくさくて向き合えない人とのきっかけになればいいなと思います」



―8月26日放送―




9月

 

―9月2日放送―




―9月9日放送―




―9月16日放送―




―9月23日放送―




―9月30日放送―




「CDTV・2015」ページへ