1月

 

―1月4日放送―

今週は名曲・共演の総集編を放送

  

―1月11日放送―

今週は名曲・共演の総集編を放送



―1月18日放送―

今週は名曲・共演の総集編を放送



―1月25日放送―

今週のゲストは雅-MIYAVI-。対談相手は玉置浩二
「FNS歌謡祭」で「愛なんだ」をV6と共演・雅「全然違うジャンルの人達でできたのが良かった」
ディナーショーでファンからおひねりが来る・玉置「貰うのもなんだし貰わないのもなんだし」
歌にいやらしさは必要・玉置「気品や色気がないといけない」
ライブはセックスと同じ・雅「世界中抱いてやるって気持ちでやってる」



2月

 

―2月1日放送―

今週のゲストは吉川晃司。対談相手は大河ドラマで共演中の小泉孝太郎
吉川の西郷隆盛への役作り「資料を見てどういう喜怒哀楽を持ってたのかを見ていく」
小泉が演じる徳川慶喜は初めて自分の境遇が活かせる役
「役者になってから総理大臣の息子って言われるのが嫌だったけど今回は納得しやすい」
吉川は今日でデビュー29年「若い時は体力の有り方と経験の無さの関係がもどかしかった」
小泉の若い時「境遇で無茶できなかったけどそれを吐きだせるのが役者だと思ってた」
良い年齢の取り方は皺に出る「隠しても人間の根幹の部分は隠せない」



―2月8日放送―

今週のゲストは三代目 J Soul Brothers。対談相手はイベントで共演したさだまさし
さだの曲に踊りをつける「新しく一つの曲を作るイメージでやった」
さだはソロ通算4000回公演「お客さんが来てくれるから成りたつ事」
さだの作詩方法「何かに刺激を受けた時にそれをまずタイトルにする事が一番大変」
作詩のためにメモはつけない「忘れるような言葉は人に歌わなくてもいいような事」
神様と繋ぐ言語は音楽・さだ「そう思うようになってから歌うという事を考えるようになった」



―2月15日放送―

今週は「LOVE SONG 総集編」を放送。



―2月22日放送―

今週のゲストはT.M.Revolution。対談相手はきゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーは世界ツアー中「日本語の曲だし英語も喋れないし不安がいっぱい」
西川が武道館ライブで「つけまつける」を完全コピー
「反響がありすぎてそれ以外の西川貴教のライブの部分の印象がなくなって困った」
きゃりーはクレヨンしんちゃんに本人役で声優「全巻持ってたから嬉しかった」
西川はガンダムで声優「スケジュールの関係で2〜3話で死ぬ事になった」
きゃりーの普段着はパジャマ姿「出る5分前まで寝て、そのまま仕事に行く」
これからのT.M.Revolution「今回やったコラボが楽しかったからそういうのもやりたい」



3月

 

―3月1日放送―

今週のゲストは倖田來未。対談相手は北斗晶
北斗が正規軍からヒールに変わった理由「自分の性格からしてヒールだと思ったけど
会社からお前は正規って言われたから自分の意見が言えるようになってから変わった」
倖田が外見で不利だった時期「avexはかわいい歌姫ばかりだったから
お前みたいなブサイクは誰も憧れないからってテレビに出してもらえなかった」
育児と仕事の両立・北斗「第一関門は寝てる子供を置いて夜の仕事に行く時、
第二関門は「ママ行かないで」って言われた時、第三関門は子供が成長してしまう母親の寂しさ」
引退も考えた倖田「旦那が「倖田來未にしか出来ない事があるから」って言ってくれた」、
北斗「悩んでるうちは続けた方がいい。本当に辞める時は糸のようにスパッと切れる」
カバーアルバムを出した理由「昔の歌謡曲ならいつでもパッと思い浮かべられるのが
最近の新曲だと難しいとかでそれが出来ないから10年、20年語られる名作を作りたい」
夫婦一緒の仕事をする事・北斗「2人で同じ夢に向かって歩くっていうのが究極」
今後の目標「子供に良いお母さんって自慢したくなるような、
旦那さんに良い妻であり女であるような、アーティストとしても地に足をつけていきたい」



―3月8日放送―

今週のゲストはE-Girls。対談相手は小泉今日子
E-Girlsの印象「体育会系のピュアなエネルギーを感じてかわいい」
EXILEからのアドバイス「いつもその時に必要なアドバイスをくれるのですごいなと思う」
小泉流の恋愛アドバイス「自分の世界が変わるぐらいボロボロになるまで恋をする」
アイドル時代も恋をしていた小泉「会社も一人暮らしも恋愛も自分の責任でって言ってくれたから
逆にその人達を裏切らないように節度をわきまえてやろうと思えた」
20代にやっておくべき事「自分に起こってる事を一つ一つ答えを出していく」



―3月15日放送―

今週のゲストはももいろクローバーZ。対談相手はmiwa
去年のイベントでお互いの曲を共演・miwa「2012年生きててよかったぐらい楽しかった」
生演奏で曲披露「何もごまかせないし、歌のレベルが分かっちゃうからもっと頑張らないと」
個性的な自己紹介はメンバーそれぞれの特徴を書き出して作られたもの
目標は国立競技場ライブ「今年で改修されて次は5年後とか言われてるから難しい」



―3月22日放送―

今週のゲストは番組の音楽監督の武部聡志。対談相手は高見沢俊彦
印象深い演奏曲は自身の世に出るきっかけになった斉藤由貴「卒業」
アレンジは歌詞を見て決める「歌詞の世界観は壊さないようにしてる」
番組の音楽コンセプトは生演奏「音楽業界に影響を与えられるようにまだ頑張りたい」
印象深い演奏曲はデビュー前から制作に携わっていた久保田利伸「Missing」
THE ALFEEはバンド結成40周年・高見沢「音楽も大事だけど人間性が豊かな方がいい」
武部の恩人はムッシュかまやつ「アマチュアの時に同じスタジオにいて声を掛けてくれた」
番組の良さ「僕らより先輩から僕らより後輩まで日本のポップスが継がれていくのがいい」
高見沢が現役を続ける理由「作った曲を懐メロにさせないために歌い続けてる」
武部が現役を続ける理由「自分が死んだ後も何百年も歌い継がれるような曲を作りたい」



―3月29日放送―

今週は9年間のベストセレクションを放送

 

「僕らの音楽・2013」ページへ