4月

 

―4月1日放送―

今週は「春ソングセレクション」と題して、春の名曲の総集編を放送。

  

―4月8日放送―

今週のゲストは松任谷由実。対談の相手はおすぎ
松任谷の質素なライフスタイル「皆が想像するようなセレブライフに行くつもりはない」
幸せを感じる瞬間・松任谷「犬とたわむれる」、おすぎ「一人の自由な時間」
他人と暮らすわずらわしさ・松任谷「一人の時と二人の時、好きな方を選べばいい」、
おすぎ「いつも外で人といっぱい会ってるから」
夫の魅力・松任谷「お互い協力して一緒にやってこれた気がする」
理想の余生の過ごし方・おすぎ「70歳でピーコと別府の鉄輪温泉地にバーを開く」、
松任谷「75歳ぐらいまで欲張って、だんだんそれまでにシフトしていく」
映画から得られるもの・おすぎ「映画を自分で演じて、たくさんの力をもらっていく」
年齢を重ねる素晴らしさ・おすぎ「見えなかったものが見えてくる」



―4月15日放送―

今週のゲストは堂本剛。対談の相手は宮根誠司
ジャニーズにおいて一線を画す剛「ジャニーズにいるからって考えになりたくない」
10代は他人の都合に合わせてきた「自分の人生を犠牲にしてた」
転機はパニック障害「ファンの人の声に助けてもらえたから、
もう一度生きたいって気持ちとファンの人のためにピントを絞って自分らしくなれた」
オンとオフの区別ができる「もう一人の自分が客観的にいるような感じ」
順位や数字の曖昧さ「自分が頑張ったから1位になれるってわけでもない」
今の日本に感じる事「フォーマットにハメすぎてて、個人化されてない」
新曲は日本に捧げるラブソング「今いちど日本人の心を修正しておかないといけない」



―4月22日放送―

今週のゲストは徳永英明。対談の相手は貴乃花光司
平成13年のケガをおしての優勝「立ち止まれないから勝った負けたは別にして行こうと」
貴乃花の現役時代「相撲しか興味なかったから良い顔しようとかはなかった」
父親と同じ道を選んだ理由「父親が負ける姿が嫌で、それは相撲でなくてもよかった」
息子の育て方「岐路に立たされた時は行きたくない方を選べって言ってます」
徳永の人生観「若い時に辛い事にぶつかって、晩年に自分に結びつける」
「僕のそばに」を書いた時は徳永が一番辛い頃だった
「一つ夢が叶って、モチベーションが低くなってしまった時に自分自身の弱さを書いた」
貴乃花が相撲協会理事になって思う事「育成のために相撲好きな子供達の声に傾けたい」
現在の相撲界「苦難に立ち向かってく姿を見せればファンの方は見ててくれると思う」



―4月29日放送―

今週は先日放送された特別番組「上を向いて歩こう」のリクエストスペシャル



5月

 

―5月6日放送―

今週のゲストは木村充揮。対談の相手は久本雅美山口智充
木村自身が好きな曲はパチンコ「自分がやらんようになったら歌わなくなった」
放送が規制されたおそうじオバチャン「差別やから言うたらアカンって言われたけど
「言うたらアカン」って言うことが差別なんちゃうかって思った」
木村の歌声「タバコと酒で消毒してるから大丈夫ちゃうか」
今後やりたいこと・木村「気ままに好きに遊ぶ」、久本「生涯現役でいたい」



―5月13日放送―

今週のゲストは福原美穂。対談の相手は樹木希林
歌手を目指した理由「母親に歌ったら喜んでくれたのと妹を守ってあげたい気持ち」
女優を目指した理由「父親にお前は男と幸せになれないから手に職を持てって言われて」
女優歴50年の原動力「美形の女優さん達とのスタッフの接し方の違いへの怒り」
母親としての樹木「夫婦関係のおかしな環境で育たせない事だけは考えてた」
福原の母親「仕事をしてたから家事をしてる印象があまりない」
樹木の生き方「我慢なく言いたい事を言ってきたから壁があったり悩む事がなかった」
女優業「天職じゃないと思ってきたけどさすがに体も弱ってきたからそういうことにする」



―5月20日放送―

今週のゲストは今井美樹。対談の相手は草なぎ剛
子育ての心掛け「家を離れる時間が多いので、子供には素直な感情を出させるようにする」
父親 布袋寅泰の存在「自慢だけど怖い、絶対的な存在」
今井が好きなSMAPの曲はshake「皆が楽しく踊ってる姿がいい」
草なぎが好きな今井の曲はRuby「女性がああいうふうに歌ってるのは格好いい」
草なぎがハマってるものは自転車「TSUTAYAとか行く時に使ってる」
今井は子供をママチャリに乗せて走るのが夢だった「しばらく乗ってないからもうダメ」



―5月27日放送―

今週のゲストは真心ブラザーズ+奥田民生。対談の相手はPUFFY
2人組で良かった事・PUFFY「寂しくない」
2人組で不便な事・真心「それぞれのファンで派閥ができる」
YO-KINGはお金に細かい・桜井「皆で呑みに行くと自分に払わせようとする」
ユニコーンは手島がお金に細かい・奥田「そのおかげでギャラが上がったりするから良い」
亜美がPUFFYのリーダーに就任「リーダーって言われたかった」
近年多忙の奥田・PUFFYからの楽曲提供依頼はマネージャー間で来るから断れない
「そこに遊びませんかって電話が来たから、お前らのせいで遊べないんじゃって思った」
ライブMCが苦手なPUFFY「一発でドカンとさせるネタが欲しい」
真心のライブMC「ネタがなくなったら桜井をイジる」



6月

 

―6月3日放送―

今週のゲストは谷村新司。対談の相手は天海祐希
谷村が天海を初めて見たのは宝塚「舞台上にいる人達の中でパッと釘付けになった」
谷村が天海に作った劇中曲「天海さんが歌うならってことで作った」
宝塚の打ち上げでも劇・天海「手を抜かない事が本番の舞台にも繋がるって教わったんで」
天海が退団を決めた時「次の事にトライするなら30歳までにって決めてた」
「怠け者なんで、もうこの期間しかないって決めることで全力で出来た」
退団後のビジョン「お芝居はやりたかったけど、明確に女優とは思ってなかった」
裏方の空気感のある天海「裏方の人達がいるから自分達がいるって常に思ってる」
天海は恋愛の噂がない「素敵な方はたくさんいるけど恋愛に繋がるわけではない」
男性から声をかけられない天海「どんどん来ていただいていいんですよ」



―6月10日放送―

今週のゲストは平井堅。対談の相手は小泉今日子
平井の学生時代の憧れが小泉「この番組で会いたい人の切り札だった」
小泉のアイドル時代の楽曲「曲調が明るくなってきてから楽しくなってきた」
小泉の人生観「いっぱい頑張って、いっぱい仕事して、いっぱい収入を得たい」
小泉の老後プラン「孤独死は避けたいからマンションを一戸ぐらい買いたい」
平井の将来設計「結婚はしてみたいのとイカしたオヤジになってみたい」
小泉の結婚生活「私が古典的な母親像を求めてたから仕事してるとままならなかった」
平井の理想の女性「アーティスティックな人で自分にない感受性を持ってる人」
誕生日は一人で過ごす小泉「誕生日は休みにしてもらって、生まれた事に感謝する日にしてる」
誕生日は祝ってほしい平井「需要はないけど大掛かりなサプライズパーティを開いてほしい」
温厚なイメージの小泉「あれこれ分析しちゃうから怒りにまで達しない」



―6月17日放送―

今週のゲストは秦基博。対談の相手は田中麗奈
結婚願望の変化・田中「前は想像できなかったけど、いいなぁって憧れるようになった」
一人行動が好きな田中「行列にも並ぶし、カウンターが好きなんですよね」
秦の気分転換は車の中で大声で歌う「人前で歌うのとはまた全然違う」
田中の直したいところはどんくさいところ「財布をずっと探してたら冷蔵庫にあった」
秦の直したいところは真面目なところ「歌手は破天荒さがあった方がいいと思うんで」
活躍してる同世代に感じる事・田中「その人達を応援する事が自分へのエールにもなってる気がする」
アルバイト経験・田中は定食屋「まかないばっかり食べてた印象」
夢・田中「女優になりたい夢が叶ったから、今夢が欲しい」、
秦「50歳や60歳になってもミュージシャンでいたい」
秦の趣味は子供っぽい「パスポートもないんで海外旅行に行ってみたい」



―6月24日放送―

今週のゲストはSuperfly。対談の相手は天海祐希
「Alright」がドラマ「BOSS」テーマ・天海「タイトルバックの撮影で皆で格好いいねって」
「Wildflower」がドラマ「GOLD」主題歌・天海「自分の心情にプラスあの曲で深みを手に入れられた」
「Rollin' Days」がドラマ「BOSS」主題歌・志帆「事件が解決して皆が呑みに行く時にかけるって聞いて作った」
天海と「BOSS」大澤絵里子の違い「私はあんなに頭はキレない」
演技に対する親族の反応「「全然お前と違う」「お前は世の中を騙してるな」って」
志帆の故郷「緑しかなくて田んぼがたくさんあります」
天海は東京の田舎者「知らないところには行かなくて、同じところしか行かない」
志帆の好きな東京「古い街並みを大切にしてる」

 

「僕らの音楽・2011」ページへ