1月

 

―1月7日放送―

今週のゲストは伊藤由奈。対談の相手は小池徹平山口智充
FNS歌謡祭で共演・伊藤「ドキドキと楽しいワクワクとがあった」
小池は福山雅治に緊張「ファンみたいに質問してた」
山口は加山雄三と握手「リハの時にしてもらったらグッとされて痛かった」
山口は緊張しない人「本番前に横山剣さんが来てくれてテンション一気にあがった」
先輩との共演・伊藤「フェイクを入れる時にカブったらどうしようっていう心配はある」
伊藤は親しいKと共演「おじいちゃんおばあちゃんになっても思い出せるものになった」
伊藤から小池へキャンドルアロマを誕生日プレゼント
小池の理想のタイプ「相手を大事に思える人」

  

―1月14日放送―

今週は映画「僕と妻の1778の物語」特集。対談は草なぎ剛×稲垣吾郎
いつも2人は楽屋が一緒「なぜかこの2人はパックにされてる」
いろんなジャンルの仕事をこなさないといけない2人は役にのめりこみにくい・
草なぎ「今回に限ってはバラエティの後に撮影に行くと自分が嘘くさく思えた」
稲垣の恋愛観・昔は振り回される事が多くて そんな自分も嫌じゃなかった
「最近は友達みたいな間柄だからこそ長く続くのかなと思った」
草なぎのタイプはスポーツをしている女性「一生懸命な姿がいい」
泣くシーンは難しい・草なぎ「日常で泣こう泣こうとする事なんかないから」
竹内結子との共演・草なぎ「僕の演技を引き出してくれくれたっていうのはある」
僕シリーズの主題歌は全てSMAP
「人を大切にする気持ちが根底にあるからSMAPの曲にもそれがあるのがすごい嬉しい」



―1月21日放送―

今週のゲストはいきものがかり。対談の相手は同じ事務所の藤木直人
デビュー前に藤木のライブを観覧「あの人数を相手にしているのがすごかった」
ことあるごとにスタッフから藤木の話をされてきた「背中を追いかけてきた感じ」
吉岡加入の経緯・ゆずが流行ってて路上ライブに男性デュオが嫌というほどいたから
ブレイクの実感はない「気づいたらいたって言われることが多い」
イメージと違うところ・藤木「運動ができない、片づけができない」、
いきものがかり「仲良しと思われてるけどいい緊張関係にある」
3人での活動「路上からお客さんの前でやってるからこの3人なら届けられると思ってる」



―1月28日放送―

今週のゲストは槇原敬之。対談の相手はCHEMISTRYK
FNS歌謡祭で共演・堂珍「皆でやる事が純粋に楽しく感じられた」
FNS歌謡祭での思い出・川畑「郷ひろみさんに「すごい体しぼったね」って言われた」
FNS歌謡祭では喫煙所が意外な出会い・槇原
「木村拓哉さんの指輪を気に入ったら「今度見てきますよ」って言われた」
槇原の母親は韓流ファン「韓国の曲をかけて「次はこういう曲がいい」って言われる」
Kが「僕が一番欲しかったもの」をカバー「槇原さんの曲はピアノが難しい」
煮詰まったときの対処法・槇原「髪を切る」、K「散歩」



2月

 

―2月4日放送―

今週はYUIの総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
番組について「カバーやコラボレーションで素敵な経験をさせてもらいました」
2005年4月放送・スガシカオとの対談「緊張していてあんまり覚えてないところもある」
徳永英明と「卒業写真」を共演「母親のカーステレオから流れてた景色が浮かんできた」
「M」を歌唱「岸谷五朗さんと共演した後で、母親もよく聴いていたのを思い出した」
歌唱中に顔をしかめる事「自分では気づいてなかった」
スウェーデンの街並を題材にした「Your Heaven」
「好きな音楽があったり、街並もかわいいって聞いてたので行ってみたかった」
今年プライベートで挑戦したい事「富士山に登ってみたい」



―2月11日放送―

今週は「ラブソングセレクション」と題して、昨年のFNS歌謡祭の名曲集を放送。



―2月18日放送―

今週のゲストはゆず。対談の相手はアントニオ猪木
猪木の逸話・日本にタバスコを広めた、ライオンを飼っていた、マサイ族と闘った
猪木の忘れられない試合はモハメドアリ戦「世界に名前を広められた」
猪木にとってのエンターテイメント「いかに人を驚かせるか」
闘魂注入のエピソード「アメリカでお願いされて、周りは知らないから驚いてた」
猪木の心休まる時間はパラオのイノキアイランド
ゆずはアフリカ環境保護活動に参加「現地に行ってみないと分からない事がたくさんあった」
猪木は発展途上国のエネルギー問題に取り組む「自分がやりたいからやってる事」



―2月25日放送―

今週のゲストは西野カナ。対談の相手はPerfume
初対面の思い出・西野「トイレで3人並んで歯磨きしてた」
現役女子大生の4人・あ〜ちゃん「同じ立場で頑張ってる姿を見てました」
地元への思い・のっち「広島の方言の強い言葉を聞きたくなる」
上京して8年のPerfume・かしゆか「地元の方言を聞いて、自分の方言が薄れてるのを感じた」
上京して驚いた事・西野「おでんに味噌がない」、あ〜ちゃん「統一料金のバスがある」
紅白で共演・西野「自分でも分かるぐらい緊張してた」、かしゆか「袖で4人で話したのを覚えてる」
ソロの活動「ライブ前に一人で緊張してる時はグループがうらやましい」
グループの活動「インタビューで同じ質問に答える時に3人分答えるのがつらい」
西野の歌詞に特徴的なフレーズの繰り返し「一つ一つに意味があってそれぞれを感じてほしい」
大学生活でやり残した事・Perfume「サークル活動、合コン」
ライブ前にやる事・西野「MCを考えて緑茶を飲む」、Perfume「音楽を聴いて精神統一」



3月

 

―3月4日放送―

今週のゲストはCHEMISTRY。対談の相手は舘ひろし
CHEMISTRYはドラマ「あぶない刑事」世代「舘さんの拳銃の構え方の真似をしてた」
柴田恭兵との共演・舘「自分と違うタイプだから最初は嫌だったけど能力に尊敬した」
30代・舘「セリフを覚えずに現場に行くいい加減なやつ」
舘は渡哲也に芝居がうまいと叱られた「その役の人生まるごと演じろってこと」
舘が考えるエンターテイメント
「人は完璧なものより何かに向かってる不安定さを見てるからそこでいい」
CHEMISTRYのハーモニー「練習はなく自分で音を探してハモれるようになった」
石原軍団の掟は食べ物は残すな「最初はおいしいけど、だんだん無理になってくる」
CHEMISTRYの今後の10年「ソロでも活動して、それをCHEMISTRYで返していきたい」
グループは自由が縛られる・舘「でも、それがないと作るものもつまらなくなる」



―3月18日放送―

今週のゲストはmiwa。対談の相手は南明奈
第一印象・南「目力がすごい」
成人式・miwa「芸能人だって写真をバシャバシャ撮られた」、南「元彼と電話して緊張した」
学生時代はモテなかった南「人見知りだから全然話せなかった」
好きな人へのアプローチ・南「告白してもらえるように遠回しにしていく」
好きな人の前での態度・miwa「その人の前では甘えたい」、南「超ニャンニャン」
バラエティ番組で心掛けてる事「無理して喋ろうとはしない」
グラビアに対する心境「それを通して知ってもらえたから一番のホームって思える」
結婚願望・南「23、24でしたい」
理想の結婚生活・南「旦那さんが帰ってきた時に迎えてあげたい」
miwaの父親は槇原敬之ファン「共演した時に伝えて、サインをしてもらった」
南の母親はLINDBERGファン「共演した時に伝えて、会ってもらった」
miwaの目指すアーティスト像「同じように親子で愛してもらえるようになりたい」
二十歳での初体験・南「オール」、miwa「制服の子を見ると懐かしく思う」



―3月25日放送―

今週はチャットモンチーの総集編、インタビュアーは加藤綾子アナ。
番組について「立ち位置が普段と変わるから新鮮」
2009年2月放送・蒼井優との対談「お互いに頑張ってる感じがした」
蒼井優が「龍馬伝」に出演したのは高橋が坂本龍馬と福山雅治のファンだと伝えてたから
蒼井優と「バスロマンス」を共演「盛り上がったとかじゃなく空気感まで伝わった演奏」
真心ブラザーズと「拝啓、ジョン・レノン」を共演「緊張で普段使わない筋肉まで使った」

 

「僕らの音楽・2011」ページへ