1月

 

―1月8日放送―

今週のゲストはNOKKO、対談の相手は菊地凛子
菊地のNOKKOへの印象は「人魚」が強い「詩的で淡い感じの人の印象」
アカデミー賞授賞式は華やかだった「記憶にないぐらいにその当時が忙しかったから寝てた」
菊地にとって演じる事「向いてるとは思ってないけど、いろんな人の経験が出来るから楽しい」
映画「バベル」「しんどい事もあったけど、そういうのもやらなきゃいけないなと思ってやった」
菊地は海外生活が多い・都会が好き「早く日本に帰りたくなる」
NOKKOは静岡へ移住「だんだん都会の生活から逃れたくなってた」
田舎暮らし「相手も自分を知ってるし、自分も相手を知ってるから安心」

  

―1月15日放送―

今週のゲストはLOVE PSYCHEDELICO、対談の相手は香取慎吾
香取がLOVE PSYCHEDELICOの音楽が好きで互いに親近感を抱いていた
LOVE PSYCHEDELICOはマイペースな音楽活動・香取「忘れかけた頃に新作が来る」
香取は20年ハイペースで活動「やっと、これしかないって言えるようになった」
LOVE PSYCHEDELICOの好きなSMAPの曲は「青いイナズマ」
香取はLOVE PSYCHEDELICOに何度か楽曲提供を求めて断られている
「ちょうどレコーディングが佳境の時で他の人に向いていられなかった」
音楽配信の活性化「目に見えないものだから、どうなっても音楽自体は残る」
音楽の価値「元々は音楽にはお金が発生するものじゃなかったはず」
LOVE PSYCHEDELICOのこだわり「常に緊張はあるけど、それを視聴者に伝えたくはない」



―1月22日放送―

今週のゲストは秦基博、対談の相手は大沢たかお
ドラマ「JIN -仁-」への出演「縁で出会えたからと思えば、すごい楽に考えられた」
俳優にとっての視聴率「責任はあるけど、それに一喜一憂するのは違う」
大沢にとっての天職「アルバイトでも何でも就いたものが天職だと思う」
モデル時代「バブル期の時で何でも良いようにしてもらえたから勘違いしてた」
田島貴男との共演「小学生の時で、聴いた事のない世界観で印象的だった」
大沢にとっての40代「20代30代が比べものにならないほど輝いて見える」
秦にとっての30代「歯痒い気持ちが多かったのを終えて、本腰入れていける感じ」
新曲「人それぞれにある普遍的なもので、喜びや不安が表裏一体にある」



―1月29日放送―

今週のゲストは倖田來未、対談の相手は吉川ひなの
恋愛観・吉川「恋愛してないと仕事しない」、倖田「恋と仕事のバランスを大事にする」
吉川「相手にどんどん刷り込んでいく」、倖田「恋愛中は常に不安になる」
鈴木聖美との共演「何十年も歌い続けてる分、安心感とか滲み出てるものがあった」
恋人に言われてショックだった事・倖田「寝起きが草履の裏」、吉川「スッピンが半紙」
10周年「ずっと歌い続けるために自分の言葉で伝えていきたい」



2月

 

―2月5日放送―

今週はカバー総集編
Superfly・スキップビートをカバー「この曲の持つ大人っぽさに憧れてた」
横山剣・女のみちをカバー「この番組のおかげで共演が実現して嬉しかった」



―2月12日放送―

今週は2009年のFNS歌謡祭の名曲セレクションを放送。



―2月19日放送―

今週のゲストは木村カエラ、対談の相手は安田成美
会いたかった理由「安田さんを見てると気持ちが穏やかになる」
実際に会ってみて「しゃきっとした人と思ってたけどもっと好きになった」
安田は二男一女の母「普通にドライブに行ったり、洋服を買いに行ったり」
夫・木梨憲武の父親ぶり「自由すぎるところがあって子供とちゃんとケンカしてる」
カエラがママになってやりたい事「子供が分かるぐらいまでちゃんと歌っていたい」
カエラがヘアスタイルを変える理由「新曲の詞の主人公に合わせて変えて成りきる」
ファンの期待と自分がやりたい事「自分で突っ走って、それに皆が共感してくれるのが理想」
安田は家族全員の髪を切る「みんな美容院で待たされるのが嫌いな人だから」
自分の直したいところ・安田「ダサいところ」



―2月26日放送―

今週のゲストは清水翔太、対談の相手はIMALU
会いたかった理由は同世代の代表であること。IMALUも清水のファン。
様々な分野で活躍するIMALU「良い環境にいただけで、それからは自分次第だから」
芸能界入りのプレッシャー・IMALU「いろいろ報道されて、一言を言うのも緊張した」
父親・明石家さんまからの言葉「人の2倍は努力しないとあかんねんで」
好きなタイプ・IMALU「かわいらしくて誰にでも優しい人」、清水「自分の価値観を理解してくれる人」
一人暮らしに戸惑う清水「歌以外は何も出来なくて、どうして出来ないんだろうって悩んでる」
清水の曲作り「コードを追っていって、いつでも曲のことを考えてる」
IMALUの作詞方法「中学校から自分の思ったことノートを書いている」
インターネットにハマる清水「最初にYahoo!を見た時に衝撃を受けた」
10年後の自分・IMALU「歌がうまくなってたい」、清水「たくさんの仲間に囲まれてたい」



3月

 

―3月5日放送―

今週は未公開対談総集編歌総集編
水谷豊「一徳さんとは普段も会って宇宙旅行をしてるようなとりとめのない話をする」
仲間由紀恵「Aqua Timezさんは仕事以外でも一緒にいて、とにかく仲がいいのが見れた」
小池徹平「デビューのきっかけのオーディションで歌った「轍」が歌えてよかった」
蒼井優「朝から緊張してたけど、だんだん聞きたい事も聞けて楽しい時間になりました」



―3月12日放送―

今週はLOVE PSYCHEDELICOの総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
2007年4月放送・オノヨーコとの対談「芸術家は力を持ってるって言われたのが残ってる」
2009年FNS歌謡祭「Happy Xmasを歌ってくれって言われて、それは夢があるなって思った」
2010年1月放送・香取慎吾との対談「やんちゃなイメージだったけど大人だなって感じた」
佐野元春との共演「演奏しながらしびれて感動してた」



―3月19日放送―

今週は東方神起の総集編、ナビゲーターは草なぎ剛高島彩アナ。
2009年3月放送で草なぎが対談、その後はプライベートでも親交があり
「僕が韓国語を話すと心を開いてくれるし、向こうが日本語を話すとこっちも開ける」
2009年FNS歌謡祭で徳永英明が共演「男が言うのもなんだけど本当に美しい方々」



―3月26日放送―

今週は来週の300回記念生放送コンサートの事前リハーサルの様子を放送。
4年前の100回記念生放送、2年前の200回記念生放送を振り返ります。

 

「僕らの音楽・2010」ページへ