7月

 

―7月3日放送―

今週のゲストはflumpool、対談の相手は吉高由里子
バンド結成から2年でデビュー・テープを会社に送ったらライブを見に来て決まった
嬉しいんだけど冷静さを保っていたいタイプ「会社の人が帰ってからお茶で乾杯した」
吉高は原宿でスカウト「知らないものに興味があるから入った」
芸能界は未知の領域「知らなくていいこともあるから、それは見なくてもよかった」
家族の反応・吉高「近所の人たちが集まるところにポスター貼ってる」、
山村「感心なかったのに、テレビに出るようになってからは自慢の息子だって」
吉高・ピアノにハマってる「ピアノ弾ける女子って5倍綺麗に見える」
お酒が好き「毎日飲んでる、結構強い」、好きな音楽はSalyuやクラシック
flumpoolの目指す音楽「人に聞いてもらってこその音楽、自己満足じゃない音楽」

  

―7月10日放送―

今週のゲストは小池徹平、対談の相手は蒼井優
高校の同じクラスで隣の席だった「全く話さなかった」
お互いの印象・小池「嫌われてると思ってた」、蒼井「話したら勘違いされると思った」
卒業式で記念写真を撮った「クラスで盛り上がってる勢いでツーショットで撮った」
5年後にCMで共演・小池「こんなに喋る人と思わなかった」
恋愛観・蒼井「自分の生き方をお互い持ってる方がいい」
将来・蒼井「念じてれば必ず叶うと思ってる」、小池「このままのスタンスを続けたい」



―7月17日放送―

今週のゲストはクレイジーケンバンド、対談は横山剣×茂木健一郎
横山が茂木を知ったのは松任谷由実から本を薦められた事
茂木がテレビに出演する理由「子供たちに科学を面白いと思ってもらいたい」
茂木にとっての音楽「音楽は時間と関わるものだから脳の一番の友達」
脳科学を熟知する事・茂木「人生が楽になる。科学と音楽は人間に必要なもの」
横山は子どもの頃から聞いてきた宮史郎と共演「歌の心はコブシだなって改めて思った」



―7月24日放送―

今週は倖田來未の総集編、インタビュアーは川畑健嗣アナ。
2006年6月放送・徳永英明との対談「連絡先を交換して、楽曲提供もしてもらった」
2009年1月放送・夏木マリとの対談「結婚できなそうって言われたのはショックだった」
今後対談してみたい人には、上沼恵美子、Superfly。
2006年6月放送・小林武史との共演「Charaさんの歌声は自分にないものだから憧れる」
「FNS歌謡祭」について・「ここにふさわしいアーティストでないといけないって思う」
2008年放送・郷ひろみとの共演「鳥肌が立つくらいの歌声だった」



―7月31日放送―

今週はゆずの総集編、インタビュアーは草なぎ剛
今年のフジテレビ入社式で歌を披露「新入社員の皆さんの顔を見たら緊張が吹き飛んだ」
2005年6月放送・広末涼子との対談「活躍されてるのを見ると嬉しい」
2008年4月放送・綾瀬はるかとの対談・草なぎ「共演した時、この子は来るなと思った」
2008年放送の「FNS歌謡祭」について
「一緒のテーブルが織田裕二さんと郷ひろみさんで一緒に写メを撮りたかった」
今の環境「若いアーティストと共演すると、13年やってきたんだなって気になる」



8月

 

―8月7日放送―

今週は一青窈の総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
番組の感想「生演奏にこだわってるので、スタッフさんの愛情が伝わる」
コラボレーション「自分の気づいてないところを出してくれるので可能性が広がる」
2008年11月放送・中村あゆみとの共演「バンドで演奏してるのを見て、いいなと思った」
2008年3月放送・柏原芳恵との共演「リハの時、良い匂いのする方だなと思った」
2008年2月放送・斉藤由貴との共演「母からアーティストに切り替わる瞬間に緊張した」
2006年9月放送・コブクロとの共演「自分の歌にしたいぐらいに歌いやすかった」
今後共演してみたい人は、矢島美容室。「歌謡曲テイストがあって子供にも人気がある」



―8月14日放送―

今週は対談総集編未公開楽曲を放送。



―8月21日放送―

今週のゲストはMONGOL800、対談は上江洌清作×池上季実子
出会いは3年前、共通の友人を介して知り合い、プライベートでも親交がある仲。
MONGOL800の歌を聴いて・池上「この人はすごく優しい人だなと思った」
清作の作詞法「印象的な単語は携帯にメモして、溜まったらそこから統一感を探す」
池上が演者として感じる事「衣装とかを着るだけで役に入れる」
趣味・池上「釣り」、清作「ウクレレ」
テレビに出演しないMONGOL800「流されそう。精神的にもたないと思った」



―8月28日放送―

今週はコブクロの総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
番組の感想「緊張感が特別、終わった後のスタッフとの一体感がある」
2005年12月放送・松たか子との対談「僕らのアップアップぶりが半端じゃなかった」
2008年1月放送・布袋寅泰との対談「逆に、同じ道を歩んでたらまだ会ってないと思う」
2008年放送のFNS歌謡祭「あの円卓での先輩との和やかな雰囲気こそが緊張する」
コラボレーション「相手のふところに入れるだけの関係になってスリルを味わえる」



9月

 

―9月4日放送―

今週は映画「BALLAD」とドラマ「任侠ヘルパー」特集、対談は草なぎ剛×黒木メイサ山崎貴
ドラマの現場・黒木「友達に電話する時にも恐くなったりしてる」
彦一の魅力・草なぎ「マナーを重んじるだけが良い人じゃない、格好いい男」
仕事をしてて感じる事・草なぎ「人を支えてるよりも自分が支えられてる」
音楽活動のきっかけ・黒木「自分を表現するための方法として」

原作はクレヨンしちゃん・山崎「映画を観て感動して、ぜひ実写化したいとお願いした」
山崎から見た草なぎ「草食から肉食に変わるのを見れて予想以上だった」
VFXの魅力・山崎「諦めないですむ。無理って言わないですむ」



―9月11日放送―

今週のゲストは倉木麻衣、対談の相手は寺尾聰
デビュー10周年「手探りの中で、やっと倉木麻衣ってものを出せてきた気がする」
ライブへの取り組み方・寺尾「自分が楽しまないと相手も楽しめない」
倉木への印象「真面目だから、あるところで開き直れると面白いと思う」
「ルビーの指環」が出来た経緯「マッチを振っていた時の音がリズムのきっかけ」
歌との向き合い方・寺尾「作ってる時は自分のもの、世に出たら聴く人のもの」
倉木の憧れはマイケル・ジャクソン「体全身が音になってる感じ」
倉木の目指すアーティスト像「若い世代の気持ちを自分のフィルターを通して伝えたい」



―9月18日放送―

今週のゲストはMiChi、対談の相手は小栗旬
小栗が芝居を始めたきっかけ「ファンになった人に会いたかった」
MiChiが音楽を志したきっかけ「マライア・キャリーを見て、ああ歌いたかった」
小栗が舞台に力を入れる理由「しっかり稽古も出来るし、毎日反応が違うし、自分の演技も違う」
小栗が舞台で感動する瞬間「泣いてくれる人を見て、その人の人生に係われた気がした」
MiChiにとってのライブ「歌手をやっててよかったと実感できる場所」
小栗の恋愛「一途でいたいけど仕事に集中しちゃうから恋愛体質ではない」
小栗の恋愛経験「昔は仕事場でも携帯いじったりしたけど、今は仕事を大前提にしてる」
MiChiの伝えたい事「その人の中にあるいいものに気づいてもらいたい」



―9月25日放送―

今週のゲストはオノヨーコ・ショーン レノン、対談の相手は篠原ともえ
バンド活動を36年ぶりに再開、親子で作品を制作「とてもプロフェッショナルで驚いた」
ショーンと父親ジョンの似てる部分「感情が豊かなところ、似てないのは表現の仕方」
父親の存在「長く接する事が出来なかったから、音楽を通して父親を探したい」
「HigaNoboru」に込めた広島へのメッセージ
「こんな美しい世界がめちゃめちゃになった。でも、私たちは生きている」
アーティストとして「いろんな立場に立たされ、クリエイティブがなければ生きていなかった」

 

「僕らの音楽・2009」ページへ