4月

 

―4月3日放送―

今週は草なぎ剛セレクション、インタビュアーは高島彩アナ。
番組のナレーションをする時に必ず放送を見てからするそうで、
「対談であるけれど、一つのドキュメンタリーも入っていると思ってる」
2005年7月放送・Mr.Childrenとの対談「うまく良いところを引き出せた手応えがあった」
2006年3月放送の生放送「これが出来なきゃ芸能界を引退するぐらいの気持ちでやった」

  

―4月10日放送―

今週のゲストは松任谷由実、対談の相手は黒柳徹子
初対面は1981年の「ザ・ベストテン」出演、松任谷「最初は毒のある言葉が恐かった」
松任谷がテレビに出ない理由「ベストテンの時が本当に緊張したから」。
黒柳は「ダンデライオン」が好き「くせのある歩き方、という歌詞に昔の恋を思い出す」
黒柳のたまねぎヘアのこだわり「司会をする時にはあれにするようにしている」
黒柳は最近で人生2回目のカツ丼を「ソースをかけて食べたら、変だって言われた」
最近の楽曲の配信などによる現代の音楽界の変化について
「私はアルバムアーティストなので1枚のCDを通して聞いてもらいたい」



―4月17日放送―

今週はEXILEの総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
2007年12月放送・松坂大輔との対談「世界の松坂なのに親しくしてくれるのは一流」
2008年FNS歌謡祭「どミーハーなんで、たくさんアーティストから見られてるのが快感」
HIROから受け継いだ言葉「絶対負けねぇ」「売れれば売れるほど謙虚に」
新メンバーの加入が決まった時の心境
「この時のために今までのいろんな出会いがあったんだなと思ってグッときた」



―4月24日放送―

今週のゲストはLINDBERG、対談の相手は森高千里
音楽活動に対する子供の反応「父親のギターで歌う母親の姿を見せてあげたかった」
森高は昨年に9年ぶりのステージ「思ったよりも緊張しなかった」
再結成「音を合わせた時に泣きそうになった。幸せって思える」



5月

 

―5月1日放送―

今週のゲストはJUJU、対談の相手は瑛太
瑛太の結婚願望「地元の友達も結婚して子供がいる人もたくさんいるのである」
瑛太の理想の家庭「ご飯とか一斉に食べたい、一緒にいろいろやっていきたい」
恋愛観・瑛太「その時の感情をそのまま出してもいいと思う」、
JUJU「お互い社会人だから時間が合わないけど、それを超越できる関係になりたい」
瑛太の今後の野望「ライブがやりたい」
映画「余命1ヶ月の花嫁」・瑛太の実話を演じるプレッシャー
「千恵さんが伝えたかった事が伝わればと言われて、自分のものを出そうと思えた」
主題歌・JUJU「作れないと話が飛ぶっていう中で、最後の3日で作り上げた」
JUJUの歌い手のポリシー「嘘をつかない、普段思ってない事は歌わない」



―5月8日放送―

今週のゲストは水谷豊、対談の相手は岸部一徳
ドラマ「相棒」でも共演、「一緒にいると落ち着く存在」とのこと。
水谷はザ・タイガースのファンだった「もし女だったら追っかけになってた」
水谷は俳優を辞めたくなる事がある「役柄によって周囲の反響が違うのに戸惑う」
岸部が歌手から俳優へ転身する間「結婚して子供ができた時期なのに時間があった」
歌に感じる事「意識よりも先に行ければいい。全ては意識の先にある」



―5月15日放送―

今週のゲストは阿部真央、対談の相手は土田晃之
土田は阿部の憧れ「この番組に自分が出るなんて思っていなから、何でって聞いた」
阿部は2009年期待の新人「言ってもらえるのは嬉しいけど、特に気にしてない」
歌手を目指すきっかけ「親に歌で褒めてもらえた事」
土田の仕事スタイル「司会も楽しいんだけど、長くやるために今のポジションを取る」
阿部の思う土田家「芯が繋がってる感じがする。それを出来てる家庭は少ない」
2人の共通点はCHARAが好き「母親としてもやってるし、流してるような魅力がいい」
阿部は大分出身「東京はいろいろありすぎて、将来的には帰りたいと思ってる」



―5月22日放送―

今週のゲストは徳永英明、対談の相手は叶美香
姉の叶恭子の深夜のデート時間だけが自由時間「それ以外はほとんど一緒にいる」
姉をマネージメントする理由「私しかできない、他の人にはできないから」
叶姉妹の海外生活「初めてする事は大体私がやってから姉がやる」
徳永は人口おたく「毎年地図帳を見て、増えたり減ったりしてる理由を考える」
徳永は世界進出を考えてる「SUKIYAKIのように世界の誰もが歌える歌に憧れる」



―5月29日放送―

今週のゲストは平井堅、対談の相手は薬師丸ひろ子
薬師丸が尊敬する俳優は高倉健「当時13歳だった子供に握手して頭を下げてくれた」
高倉健の人柄「声を張り上げずに良い緊張感を出して、若い人にも声を掛けていた」
平井が尊敬する美空ひばり「全てにおいて完璧で、大衆においても皆の憧れ」
薬師丸が仕事を辞めようと思った時「「Wの悲劇」の時、役と同じ気持ちになって思った」
薬師丸は歌番組が苦手「イントロが流れた瞬間、最初の歌詞が浮かんでこない」



6月

 

―6月5日放送―

今週のゲストはSuperfly、対談の相手は戸田恵梨香
戸田の台詞の覚え方「読みながら声に出すと、台詞が音になって出て来る」
Superflyは歌詞をよく間違える「歌詞を本番前に書いて覚える」
Superflyは料理好き「外食だと食べすぎちゃうから出来るかぎりやるようにしてる」
戸田のダイエット「炭水化物を毎食摂るんじゃなく、一日の中で調整するようにした」
志帆の歌声「勉強したわけじゃないからキチンと歌えてるか分からない」
戸田の声質はハスキー「遊園地に行っても可愛い声が出せない」
「My Best Of My Life」について「喉を悪くした時の話せない孤独感を書いた」



―6月12日放送―

今週はドラマ「婚カツ」特集、対談は中居正広×佐藤隆太×上田竜也
上田は連ドラ初出演「迷惑かけられないから頑張ってる」
現場の雰囲気「中居は誰よりも気遣い」・中居「こんなに共演者と喋るの初めて」
中居と芝居「あんまり好きではない、自信がない、恥ずかしい」
芝居をしてる自分「素にならないと出来ない、司会の方が自分を作ってる気がする」
佐藤と芝居「自分の腑に落ちないままは出来ない」
上田と芝居「中居くんにアドバイス貰ってから、現場を見ながら学んでる」
婚活・中居の友達では3人結婚者がいる「普通にハイどうぞみたいな流れだったって」
結婚観・相手に求めるもの・上田「全部さらけ出せて、それを受け止めてくれる」、
佐藤「基本的な事が出来てれば」、中居「空気が読める」
ドラマ共演者・上戸彩「垣根なく平等に接してくれる」、橋爪功「言葉に愛の棘がある」



―6月19日放送―

今週は忌野清志郎の総集編、進行は高島彩アナ。
2005年3月出演時の映像を中心に総集編を送りました。



―6月26日放送―

今週は未公開対談総集編歌総集編

 

「僕らの音楽・2009」ページへ