7月

 

―7月4日放送―

今週のゲストはTUBE、対談の相手に選んだのは田中眞紀子
TUBEの大ファンという田中眞紀子さんとの初対面はコンサート、
お互いの印象には、田中「天性の惹きつける能力を持ってる」、
前田「とっても可愛くてチャーミング」。
田中眞紀子さんのTUBEを聴くきっかけは、「長男が聴いてて、だんだん惹かれてった」。
TUBEは23年目、新しい物を作り続ける努力には前田「向上心、なあなあにならない事」。
田中眞紀子さんの趣味は料理・園芸、「趣味も豊かにする方が毎日が面白い」。
前田さんの憧れは田中角栄さん、「早くに父を亡くしてたから、あの強気さが好き」。
大切にしてる事には、田中「人を好きな事、政治家は人を好きでなければなれない」。
音楽については、前田「音楽を通して、人に足りないものを何か伝えられればいい」。

  

―7月11日放送―

今週のゲストは青山テルマ、対談の相手に選んだのは押切もえ
押切もえさんはDJ KAORIのCDで青山テルマを知ったようで、
その後にHEY!HEY!HEY!で共演し、さらに後に名古屋駅で偶然の再会をしたんだそう。
音楽が仕事に結びつかず、高校卒業で諦めようとしてたという青山テルマ、
当時足りなかったのは表現力、「洋楽を聴いてきたから」と。
押切もえさんは冬場には必ず太るような子だったようで、
モデルとしてはもちろんダメで克服、ここまで続けてこれたのは「楽しかったから」と。
最近のテルマー現象に本人は「テレビで見て笑った」そうで、
街でテルマーを見かけると「テルマーですか?」と聞きたくなるんだそう。
好みのタイプには、押切「誠実な人」、青山「自分の持ってないものを持ってる人」。
押切もえさんの結婚願望では、「30歳までと思ってるけど、31〜32になると思う」と。



―7月18日放送―

今週のゲストは福耳、対談は杏子×山崎まさよし×スガシカオ。
福耳の存在には、山崎「法事とかそういう感じ」、スガ「緩い課外授業」。
自分の役割には、山崎「かませ犬、ムードメーカー」、スガ「書記、議長はなれない」。
スガシカオについて、山崎「一人っ子のミュージシャン」、杏子「付き合いが悪い」。
杏子について、山崎「ずっと喋ってる、乙女」。
山崎まさよしについて、杏子「新幹線でもずっと外見てる、構ってもらいたい」。
後輩との交流には、杏子「面倒見てもらいたい、(山崎・スガまでが)許容範囲」。



―7月25日放送―

今週のゲストは徳永英明、対談の相手に選んだのはプリンセス天功
テレビ番組で惹かれて以来、ブログを小まめにチェックしているんだそう。
イリュージョンの発想の源には、「引田天功になってから夢の中に出てくるようになった」。
天功さんは幼少期に「18歳までは生きられない」と言われたそうで、
原因不明の病気などを乗り越えた今は運命的なものを信じるようになったとのこと。
徳永さんも「お前は歌手になる」という声を聞いた事があるそうで、
それからは歌手へと繋がっていく日々に運命を感じていたそう。



8月

 

―8月1日放送―

今週のゲストはレミオロメン、対談の相手に選んだのは品川庄司
テレビ番組で品川さんが「粉雪」を歌ってるところを見た事があり、気になったそう。
レミオロメンのインディーズ時代の話では、下北沢で日帰りのライブ活動をし、
スタジオを借りるお金もなくて空き家だった神社の母屋で楽曲制作をしていたそう。
品川庄司のデビュー当時の話では、ロンドンブーツ1号2号がすぐにスターになった頃で
自分達もすぐに売れないとまずいと思っていたんだそう。
長い付き合いの中、メンバーで1番変化したのは神宮寺さん。
将来の事には、神宮寺「長く続ける、続けているから見える事がある」、
前田「世界に通用するようになりたい」、藤巻「自分の音楽を続けていきたい」。



―8月8日放送―

今週は「未公開楽曲総集編」を放送。

My little lover×秋川雅史「千の風になって」
絢香×上原ひろみ「I believe」
秦基博「鱗」
阿部芙蓉美「trip -うちへかえろ-」
スガシカオ「喝采」
pe'zmoku「ギャロップ」



―8月22日放送―

今週は番組開始から4年以上の中から「リクエストスペシャル」を放送。

Superflyは番組でKUWATA BAND「スキップ・ビート」をカバー。
「意外な選曲だった、などファンの方から細かいところまで反応がありました」



―8月29日放送―

今週は番組開始から4年以上の中から「リクエストスペシャル」を放送。



9月

 

―9月5日放送―

今週のゲストはMONKEY MAJIK、対談の相手に選んだのはYOU
YOUさんを知ったきっかけは「ごっつええ感じ」のビデオで
「何でこんなキレイな人がこんな事まで」と思ったんだそう。
YOUさんはバンドとしても活動していましたが、
音楽には「ビジネスとしてやるのが嫌になった、売れる物を求められるのが」。
「ごっつええ感じ」は毎コントが1回限りの収録だったそうで、
「ピンと空気が張ってて、収録日は殺されると思って行ってた」。
ダウンタウンについては、
「お爺ちゃんになったけど、後にも先にもあんな怖い人には会えない」。
日本には、MONKEY MAJIK「ザ・ジャパンってところに住んでて、とても良かった」。
メンバーの絆には、「ほぼ毎日一緒にいる、好きなアーティストがそうだから憧れ」。



―9月12日放送―

今週はスガシカオさんの総集編、インタビュアーは高島彩アナ。
2006年9月放送の石田ゆり子さんとの対談に、
「デレデレしてると顔に出るから、顔に出ないようにしていた」。
2005年4月放送のYUIとの対談に、
「デビューしたての頃でピリピリしてて、声も小さくて何言ってるか分かんなかった」。



―9月19日放送―

今週はMr.Childrenの総集編、インタビュアーは中村仁美アナ。
2005年7月放送の草なぎ剛くんとの対談に、
「すごい真面目で、話に一生懸命で丁寧な方だなと思った」。
2007年3月放送の阿木燿子さんとの対談に、
「敬意を全身で評して、失礼にならないように気をつけた」。
2005年8月放送のスガシカオさんとの対談に、
「普段は「あの曲は最悪」とか「あのバンドが良い」とか言ってます」。



―9月26日放送―

今週のゲストはBEGIN、対談の相手に選んだのは明石家さんま
27時間テレビのEDテーマ曲「笑顔のまんま」を担当した縁。
当初は徹夜のさんまさんを和ますために歌いに行ったところ、
テーマソングを依頼されてその場でOKをしてしまったため寝ずに制作する事に。
裏事情としては、「時間がとにかくギリギリだった」「作れたのは奇跡です」と。
頑張ってくれたBEGINに何でも願い事を叶えてあげたいと思っていたさんまさん、
BEGINが年一回無料で開催してるイベント「うたの日カーニバル」への出演を約束。

 

「僕らの音楽・2008」ページへ