7月

 

―7月6日放送―

今週のゲストは高見沢俊彦、対談の相手に選んだのは仲間由紀恵
「小さい頃の自分が嫌いだった人物像になってる」という高見沢さん、
髪が耳にかかってる、指輪をはめる、などが小さい頃は嫌だったそう。
「撮影をしてる期間は役柄に入り込む」という仲間さん、
「夢を見るときもその役柄として見てしまうから、ホラーの時とかは怖い」と。
2人とも髪のキレイなイメージが強いですが、
「役柄で髪を切ってくれと言われたら?」に、仲間さんは「切ります」と。
プライベートでのショッピングには、
仲間「街に普通に出て買う」、高見沢「ネットで買うから、お店には行かない」。
女優としてのハリウッドへの道には、仲間「機会があれば、面白そうなので是非やってみたい」と。

  

―7月13日放送―

今週は映画「西遊記」特集、対談は香取慎吾×MONKEY MAJIK
昨年の「SMAP×SMAP」での共演以来、今回が3〜4回目の対面になるそう。
主題歌「Around The World」には、「この前、西遊記メンバーでカラオケで歌った」と。
映画を見たMONKEY MAJIKは、「映画ならではの壮大さで、これはいいと思った」と。
慎吾くんは、「ドラマとの違いはそうないけど、ドラマのいいところを残しつつやれた」と。
3ヶ月に及んだ中国ロケには、「撮影だけど、皆で旅行してるような感じだった」と。
共演者へは、深津絵里さんへ「格好いい、キメるところでキメる」、
内村光良さんへ「先輩なのに気を遣ってくれる」、伊藤淳史くんへ「元気、パワーがみなぎってる」。
Maynard・Blaiseが日本へ来た経緯には、
「前に柔術をやってて日本は格好いいって思ってて、いち英語の教師としても興味があった」と。
今でも拠点を仙台においている事には、「日常にあるものを曲におとすのがスタイルだから」と。
映画のパート2には、香取「そういう情報はないけど、僕が1番楽しみにしてます」と。



―7月20日放送―

今週のゲストはKinKi Kids、対談の相手に選んだのは吉田拓郎さん。
「LOVE LOVE あいしてる」で、KinKiのCDデビュー前からの交流。
当時には、KinKi「よく、16歳のガキをみんな相手にしてくれたなって思う」、
吉田の引きこもるところも 光一のたまにキレるところも 自分にもあるから分かる」
「時を重ねるごとに そこが居心地がよくなってきた」。
KinKiの2人の関係性には、「互いに干渉しないし、話しもないけど成り立つ特別な関係」。
「LOVE LOVE あいしてる」以降、KinKiの活動を気にしてはいないという拓郎さん、
2人の異性関係を質問すると、光一「高見沢さんの次をいきます」、
「自分の空間に入って崩されるのがダメなんで、シンプルに1人でいます」。



―7月27日放送―

今週のゲストはCocco、対談の相手に選んだのは香取慎吾くん。
2001年の休業の理由には、「歌が大好きだから、それを商売にしたくなかった」。
復活の理由には、「自分は歌手だって言えるようになった、一生やっていくって決めた」。
SMAPが好きというCocco、1番好きな曲には「BANG!BANG!バカンス!」を。
音楽番組で共演した際、「緊張してたけど、あれを聴いて大爆笑した」と。
SMAP×SMAPにも出てみたいそうで、「何百回も言ってるのに、毎回ダメになる」と。
ラストには、2人の共通の特技・絵を描く事に。
お互いの似顔絵を描き、途中で交換して自分で仕上げるという形で完成させてました。



8月

 

―8月3日放送―

今週は、「未公開総集編」を放送。
12月放送のスキマスイッチ×長澤まさみの未公開トークでは、
「ホッとする瞬間」「ロケ弁に思うこと」「料理について」を。
7月放送の高見沢俊彦×仲間由紀恵の未公開トークでは、
「琉球舞踊が得意」「沖縄の人と踊り」「お酒の失敗談」について。
2月放送のChara×二宮和也の未公開トークでは、
「母親と息子の関係」「親になったら」「父親が俳優」について。
5月放送のレミオロメン×松嶋菜々子の未公開トークでは、
「演じる時の客観性」「今後やってみたい役柄」について。
6月放送のUA×樹木希林の未公開トークでは、
「知り合ったきっかけ」「娘・内田也哉子」「娘と孫のケンカ」について。
3月放送の桜井和寿×阿木燿子の未公開トークでは、
「阿木作品の感想」「歌詞につけるオチ」「しるしの歌詞」について。



―8月10日放送―

今週は、「未公開総集編」を放送。
7月放送のKinKi Kids×吉田拓郎の未公開トークでは、「海外を満喫しない光一」を。
3月放送の平井堅×宮沢りえの未公開トークでは、
「ヒットチャートへの意識」「映画の観客動員数への意識」について。
6月放送のLOVE PSYCHEDELICO×オノ・ヨーコの未公開トークでは、
「洋服も自己表現」について。
4月放送の絢香×コブクロの未公開トークでは、
「音楽との関係」「ファンについて」について。
2月放送の椎名林檎×イチローの未公開トークでは、
「イチローから見た椎名林檎」「デビュー当時の心境」について。
3月放送の伊藤由奈×篠原涼子の未公開トークでは、「恋愛のシチュエーション」について。



―8月17日放送―

今週は、「リクエストスペシャル」を放送。
これまで番組に出演した180組の中から、
コラボレーションを中心とした楽曲の数々を総集編として放送しました。
平井堅さんと共演した松下奈緒Salyuと共演したILMARIからのコメントVTRも。



―8月24日放送―

今週のゲストは桑田佳祐、対談の相手に選んだのは岸谷五朗さん。
交流のきっかけは、舞台「さくらのうた」。
岸谷さんの舞台に、桑田さんは「生まれて初めて舞台を見て泣いた」と。
その後も、岸谷さんが桑田さんの楽曲を使用した舞台を上演するなど公私ともに交流を。
桑田さんの大ファンである岸谷さん、
「ここにはこの歌詞しかないっていうはめ方をする」と絶賛。
桑田さんも「影響を受けた歌謡曲を出して、それが今受け入れられるっていうのがいい」と。
新曲「風の詩を聴かせて」は、映画「Life」主題歌。
岸谷さんは、「死っていう離れられないテーマに一つの希望をくれた」と感想を。
桑田さんは母親を亡くした際に葬式で笑っている方を見た経験から、
「そういうのもいいんだなって思って、残される人間が少しでもそうなれればいい」と。



―8月31日放送―

今週のゲストは元ちとせ、対談の相手に選んだのはユースケ・サンタマリア
事務所の先輩達からユースケさんの評判を聞き、対談相手に選んだとのこと。
2歳の子の母親になる元ちとせさん、「人との接し方が緩やかになった」と。
「ユースケ・サンタマリア」という芸名は以前のバンド結成時に命名されたものですが、
バンド解散時にドラマ「踊る!大捜査線」によって名前をそのまま継続したんだそう。
元ちとせさんもデビュー時に「ちとせダイヤモンド」という芸名の候補があったそうで、
皆がいいねって言ってたところを山崎まさよしさんがアカンと反対したんだそう。
ユースケさんの歌手活動について「まず出しても売れない」という前提を置きつつ、
「ライブとか人前で盛り上がる、あの高揚が好きで曲作りは元々イヤだった」と。
最後には、元ちとせさんのステージにユースケさんが参加する約束も。



9月

 

―9月7日放送―

今週は映画「HERO」特集、対談は木村拓哉×松たか子
ドラマ「ロングバケーション」での共演から11年来の付き合い、その後も定期的に共演。
木村くんから見たさんの印象には、
「余計な部分のいらない関係、メンバーにもあるくらいなのに」。
6年ぶりのキャスト勢ぞろいの現場に、木村「再会したら自然に元の関係に戻った」。
今回は父・松本幸四郎さんと共演、「最初は驚いたけど、現場では思いっきりぶつかった」。
3人で食事にも行ったそうで、木村「彼女のお父さんと食事してるみたいだった」。



―9月14日放送―

今週のゲストは馬場俊英、対談の相手は佐々木恭子アナ
1996年2月に28歳でデビューするも、4年後にレコード会社との契約を打ち切られる事に。
「核になる部分が不安になって、自分って何なんだろうって思ったりした」と。
そこから明日の見えない日が続きながらも夢を諦めずに音楽を続けます。
そして、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で再デビュー。
「最後まで諦めずに頑張れば何かがある」と。
コブクロの2人もこの曲をライブでカバー、
「コブクロの力がほとんどとしても、自分の曲でこんな盛り上がりがあるのに感動した」。
今後の目標には、「来てくれた人達が満足してくれるようなコンサートをやりたい」と。



―9月21日放送―

今週のゲストは東京事変、対談は椎名林檎×高田純次
林檎さんの憧れの人が高田さんで、以前にCDに葉書を添えて高田さんに送った事が経緯が。
これには、高田さんが「絶対にウソモノからだよって言われた」と。
高田さんは林檎さんに笑わないイメージがあったそうで、「笑顔が人なつっこいですね」と。
高田さんの「今の時代が求めてる」には、林檎さんが「この状態が続けばいいなと思う」と。
現在、「テキトー男」という枕詞が付いてる高田さん、
「どうせなら、40歳ぐらいの時に付けて欲しかった」と。



―9月28日放送―

今週のゲストはYUI、対談の相手に選んだのは竹内結子さん。
ドラマ「不機嫌なジーン」の主題歌と主演女優でタッグを組んでからの交流。
初対面はドラマの打ち上げ、竹内さんの誕生日が近かったのでバースデーソングを歌唱。
竹内「歌い出すと、目をばっちり合わせて歌ってくれた」、
YUI「TVと同じ印象、細くて綺麗な人だなと」という印象を持ったとのこと。
趣味には、竹内「防災用品収集」、YUI「ライブハウスに行く事」。
女優業には、「いつも周りが刺激をくれる、そこに着いてけないと終わりかなって思う」。
ライブには、「大勢とじゃなく、1対1がいくつもそこにある感じ」。
ラストには竹内さんが自宅に招待する約束を、YUI「ギター持って行きます」と。

 

「僕らの音楽・2007」ページへ