7月

 

―7月14日放送―

「格好いい吉川晃司が負けている姿が見たい」と、ゲームでマシュー吉川さんが対決。
最初は「剣玉」で対決、マシューがわずか2回目でトップに刺して勝利。
次の「お寿司ロシアンルーレット」でも、吉川さんが大量ワサビ入りを食べてマシューが勝利。
最後の目隠しでお水をコップぎりぎりまで入れる「ウォーターチキンレース」では、
マシューがお水を溢れさせ、何とか汚名返上をしたい吉川さんが勝利となりました。
吉川さんとの「ザ・ダストテン」を。
吉川晃司の大切なもの10個の中から1個ずつ消していき、最後に残したいものは何かを検証。
最後まで残った1個は「金魚」、「今ハマってる」とのこと。

マシュー ジャーナル」では、漫画家・楳図かずお先生のお宅訪問を。
楳図かずお先生ならではのシマシマもの、キャラクターグッズを紹介。
ラストには先生がマシューの似顔絵を描きますが、名前が「マッシュ」になってました。。



8月

 

―8月11日放送―

上戸彩ちゃんの「K(これやって)M(み)T(たい)」事を叶えます。
最初の「縁日遊び」では、りんごあめ・お面・花火大会で楽しみますが、
ちゃんが花火の映像に「このDVD ポニーキャニオンかな?」と宣伝が入ったところで終了に。。
次の「わんこそば」では、2人でわんこそばの早食い対決を。
本気を出した大人気ないマシューが26杯vs9杯の圧勝してしまいますが、
スタッフの要望によってしょうがなく賞品の一輪車はちゃんの元へ。
ここからはドラマのキャラクター「里中ゆいか」へ変わり、マシューに演技を習う事に。
グリーンバックを使い、後ろに映る映像に合わせて演技をしました。



―8月18日放送―

スタジオにはaikoを名乗る3人が登場、誰が本物か見極める事に。
aikoイズム」では、"aikoらしいワード"を使ってしりとりをします。
aikoリズム」では、木魚・ラッパを使ってリズム感を見ていきます。
aikoジャム」では、"aikoらしいポーズ"をしながらイス取りゲームをします。
結果、1番aikoらしかったハリセンボン・近藤さんが本物のaikoと認められ、
aikoスーパーライブ」のステージで「花火」を熱唱。
しかし、この歌声でaikoではない事が発覚し、ついに本物のaikoちゃんを見極める事に成功。
既にEDに差し掛かったところで、ようやくaikoちゃんとトーク。
aikoちゃんの「曲が思いつくとき」では、「ネガティブになったとき」。
(「木曜の夜3時ぐらいは、物音も人影もなくなってやりやすい」そう。)

マシュー ジャーナル」では、富士急ハイランドの絶叫コースター「ええじゃないか」に挑戦。
「マノンを歌いながら乗る」という試練がありましたが、ほとんど歌えない状況に。



9月

 

―9月1日放送―

長澤まさみちゃんには、「セント・マシュー学園 卒業試験」を。
「熱いお茶をフーフーして一言」では、「おいしい♪」で合格。
「ケーキを食べて一言」でも、「おいしい♪」で合格。
「手芝居」の披露では、高度なビーバーを披露して合格。
「メガネが雲っても可愛いか」では、メガネが曇っただけですが可愛いので見事合格。
後半戦の演技力では、あだち充先生の(タッチ・みゆき・陽あたり良好)の名シーンを演じます。
男性役をハリセンボンが演じ、まさみちゃんがヒロイン役を担当。
しかし、演技よりも演技後のマシューの主題歌熱唱の方がメインとなってました。。
卒業試験の結果発表ではまさかの留年が決定、
しかし「もっとマシュー学園にいたいので、これでもいいかな」と前向きな一言を。

毎年恒例の「マシューフェスタ2006」を、「河口湖から生放送っぽく行います」と。。
夏の風物詩「かき氷」では、新味を求めて(ふりかけ・ハバネロ)味に挑戦しますが玉砕。。
「スイカ割り」ではスタッフからのどっきりでスイカから変えられた風船を叩いてしまい、
微妙な空気にマシューは「何これ?」と一言。



―9月8日放送―

映画「バックダンサーズ」の4人が登場、OPでは「ベストヒット カラオケ祭り2006」を。
マシューのアン・ルイス「La Saison」、ソニンのマシュー南「マノン」、
平山あやサエコのPuffy「愛のしるし」、hiroのCocco「強く儚い者たち」をメドレーで。
今回は、映画で培ったはずの4人のチームワークをチェックする事に。
最初はお題に合ったポーズを目隠しでして、4人が同じポーズになるかをチェック。
お題「銅像」では、hiroちゃん、ソニンちゃんの2人だけが「自由の女神」で同じポーズに。
お題「セクシー」では、全員が「だっちゅ〜の」で同じポーズに。
次はジェンガのピースを抜いていき、3分以内に4人で20個抜けるかをチェック。
hiroちゃんを筆頭に全員がテンポよく抜いていき、残り3秒のところで見事にクリア。
ラストは、映画で踊ったフリを全く別の曲でも同じように踊れるかをチェック。
マシューのバックダンサーとしてダンスを披露、
「プレイバック Part2」「北酒場」を見事に踊りきりました。

先週に引き続き、「マシューフェスタ2006」を河口湖から放送。
今週は「富士芸人音楽祭」を開催、(井上マー・チャド・吉村崇)がネタを披露。
毎年ここでこの時期に芸人音楽祭を開いている"てい"でトークも。



―9月15日放送―

時東ぁみちゃん、中川翔子ちゃんを迎え、「ポロリ?告知だらけのアイドル大運動会」を開催。
CDの告知をかけて、2人にいろいろなゲームで対決してもらいます。
最初の「アピール合戦」では、お互いの長所を披露。
時東ぁみちゃんは自慢のメガネコレクションを披露、
目は両目1.5でレンズが入ってないそうで、マシューは「(キャイ〜ン)天野方式ね」と。。
中川翔子ちゃんは自慢の漫画を披露、マシューの4コマ漫画を作ってきてくれました。
勝者は時東ぁみちゃんで、CDの告知をGET。
次の「ブログアップ合戦」ではBEST HIT TVのスタジオで写メを撮影し、
どちらが早く自身のブログにアップできるかを競います。
時東ぁみちゃんは3ショットを撮影、中川翔子ちゃんは時東ぁみちゃんのメガネを撮影。
勝者は圧倒的な速さで中川翔子ちゃん、CDの告知をGET。
最後の「パン食い競争」では、普通のパン食い競争で競います。
勝者は時東ぁみちゃんで、CDの告知をGET。

先週に引き続き、「マシューフェスタ2006」を河口湖から放送。
今週は、日本全国から取り寄せたお肉でバーベキューを開催。
ハリセンボンがお肉にありつこうと登場、一発芸を披露して食べていました。
ラストにはハリセンボンのロボットダンスをバックに、
マシューが沢田研二「時の過ぎゆくままに」を披露。



―9月22日放送―

今週は「現在・過去・未来 名場面見せちゃいますSP」と題し、午後11時代からのSPを放送。
事前にお題を決めておき、それに皆さんで挑戦していきます。

コージィ(今田耕司)とは、「爆笑モノマネ6連発」「マシューが下ネタ連発」「2人で大喧嘩」を。
高橋克典三浦理恵子ハリセンボンとは、「激辛わさび寿司・全員回避」を。
10個のお寿司の中にある5個のわさび寿司を、5人全員回避する予定がほぼ全員がヒット。。
東野幸治キムニールヤング(木村祐一)とは、「アプローチ 3連続成功」を。
ゴルフのアプローチショットに挑戦しますが、全く成功する気配がないので失敗に。。
平野レミ清水ミチコとは、「レミのご飯に大物スターが登場」。
レミさんの作ったご飯を食べに、清水ミチコさんのモノマネによる大物スターが登場しました。

BEST HIT TVは、「10月からより過激になるため、日本で放送許可が下りませんでした」
「日本での放送はお休みする事になりました」という事で放送は今回で休止に。
ここで、10月からの後番組を担当する藤井隆さんが挨拶に訪れ、最後に2人で「マノン」を披露。



「BEST HIT TV・2006」ページへ