4月

 

―4月7日放送―

今回から放送枠が移動、金曜日の深夜を彩ります。
ゲストには、「たまたま通りかかった"てい"」の松田聖子さんが登場。
お風呂が大好きで1日5回も入るそうで、お風呂で歌う鼻歌には聖子さんが「岸壁の母」、
マシューが「Chase the Chanceを完璧に歌う」と。。
今回は、マシュー聖子さんにやって欲しい事をおねだりする事に。
「ライブのMCをして欲しい」では、「20th Party」を2人で共演。
聖子から何かを受賞したい」では、聖子さんがプレゼンテーターでマシューが歓喜の受賞を。
ここからは、「いきなりお電話」で聖子さんの大ファンの芸能人へいきなり本人が電話を。
KABA.ちゃんはイタズラ電話と思って疑い、本人と分かるとビックリ。
「私、聖子ちゃんになりたくて、女性アイドル志望なの」には、マシューが「無理だから」と。。
山田花子さんも同様にイタズラ電話と疑い、本人と分かるとビックリ。
聖子ちゃんになりたくてやってきました」には、マシューが「スタイルが違うよね」と。。

ザ・ナレーション」では、フットボールアワー・岩尾さんのてっぺんハゲにスポットを。

マシュー ジャーナル」では、マシューが日本のお花見を紹介。
お重の料理を食べつつ、ラストには「チェリー ブラッサム」を熱唱。

  

―4月14日放送―

南野陽子さんとは、「ザ・ダストテン」を。
南野陽子さんの大切なもの10個の中から1個ずつ消していき、最後に残したいものは何かを検証。
最後まで残った1個は「香水」、「仕事の前にすると、良い気分で仕事に望める」とのこと。
「セリフしりとり」では、即興ドラマ「店員と万引き主婦」を2人で演じ、
交互に言うセリフは全てアドリブ、さらにセリフは全てしりとり形式で繋げないといけません。
ここではかなり横道に反れつつも南野陽子さんが最終的には勝利。

ザ・ナレーション」では、電話のプッシュボタンに必ずある「*」にスポットを。

マシュー ジャーナル」では、マシューが世界で1台の黒い飛行機「スターフライヤー」を紹介。
中の座席も全て黒という機内に、マシューがイカスミのパスタなど「黒い機内食」を提案。。



―4月21日放送―

岩城滉一さんとは、「ザ・ダストテン」を。
岩城滉一さんの大切なもの10個の中から1個ずつ消していき、最後に残したいものは何かを検証。
最後まで残った1個は「バイク」、「辛いときとか、バイクに助けてもらった」とのこと。
マシューと2人でバーチャルツーリングも体験、しかし何故か宇宙・空まで行ってしまう事に。。

ザ・ナレーション」では、東京・恵比寿にある五叉路にスポットを。

マシュー ジャーナル」では、マシューがイナバウアーに挑戦。
オリジナル色も混ぜたという「マシュバウアー」は次回へ持ち越し。



5月

 

―5月5日放送―

ゲストの加藤茶さんをマシューが迎えると、登場したのは何故か加藤あいちゃん。
前回の阿藤快さんに続いてのブッキング間違いに、マシューも「ゴメン!」と謝り。
マイブームは「漫画」というあいちゃん、
しかし問い詰めると「デスノートの1巻しか読んでない」とのこと。。
あいちゃんの家の間取りを紹介、これをマシュー風水(?)でマシューが見ます。
数々のCMを担当してきたあいちゃん、しかしマシューは「SEXYが足りない」と。
ということで、マシューの「SEXY=シーツ」という想像から
シーツにくるまって寝転がってのCM撮影をする事に。
撮影が終わると、あいちゃんからは「もう少し、自分を捨てる事を学んできます」と。。

ザ・ナレーション」では、自転車のハンドルカバーにスポットを。

マシュー ジャーナル」では、マシューがイナバウアーに挑戦。
オリジナル色も混ぜたという「マシュバウアー」もこなし、
中島美嘉「雪の華」、渡辺美里「My Revolution」に合わせて披露。

  

―5月12日放送―

アイドルW杯 2006」日本代表選考会を開催、代表入りが期待される榮倉奈々ちゃんが登場。
マシューも「テレビで見たとき、何て清潔感のある子なんやろうって思った」とお褒め。
プロフィールチェックでは、好物の「ベーグル」にマシューも「100点!」と。
特技の「三味線」の披露では、マシューも「即戦力」と。
表情チェックでは「怒った顔」に挑戦、可愛いながらもマシューは厳しく評価。
ポージングチェックではシャッターチャンスに合わせていろいろなポーズを披露。
着こなしPKではOL・大阪のオバちゃんの衣装を着こなし、最終結果も無事「合格!」に。

ザ・ナレーション」では、サインポールにスポットを。

マシュー ジャーナル」では、マシューが万華鏡専門店を紹介。
マシューは新たに(ほんこん・千原靖史・岩尾望・島田珠代)が写る万華鏡を提案。



―5月19日放送―

宮迫博之さん、ワッキーとは、「ベストヒット カラオケ祭り2006」を開催。
ワッキー「何も言えなくて・・・夏」では、3人揃っての大熱唱に。。
ワッキーの「私鉄沿線」では歌唱よりモノマネに重点が置かれ、おかしな感じに。。
ここからは、マシューのおねだりコーナーに。
宮迫さんの奥さんからの手紙が登場、その内容に感動でしたがスタッフが書いたものでした。。
「股関節の音が聞きたい」では、無理やりワッキーの股関節を鳴らそうと強引に攻めます。。
「コールドスプレー vs 国語辞典」では、先の見えない戦いを。。
「ワキササイズ 2006」では、3人でワキササイズを踊りました。

ザ・ナレーション」では、ピンボールにスポットを。



6月

 

―6月2日放送―

スタジオには鈴木亜美を名乗る3人が登場、誰が本物か見極めるためにいろいろと質問を。
「イラスト対決」では、マシューを描く事に。
本物あみーごは可愛く、偽物あみーごはリアルなおっさん・幸の薄い人を。。
「スマイル対決」では、本物あみーごは可愛く、偽物あみーごはニヒルな笑いを。。
観念した偽物あみーごはハリセンボンと告白、「本当は私の方が1コ下です」にはビックリ。。
鈴木亜美ちゃんとの「ザ・ダストテン」を。
あみーごの大切なもの10個の中から1個ずつ消していき、最後に残したいものは何かを検証。
最後まで残った1個は「ファンからのプレゼント」、
「今年の誕生日に皆から貰ったメールをスタッフさんがノートにしてくれた」とのこと。

マシュー ジャーナル」では、8年来の知り合いというチョン・ジヒョンが登場。
マシューからのお土産は「だるま落とし」、チョン・ジヒョンからのお土産は「デイジーの種」。
「会うといつも物々交換をする」という2人、マシューからはさらに「日本の音 100選」を。
(ねぶた祭り)(笑い屋)など、いろんな音の入ったものをプレゼント。

  

―6月9日放送―

高橋克実さんとは、「ザ・ダストテン」を。
高橋克実さんの大切なもの10個の中から1個ずつ消していき、最後に残したいものは何かを検証。
最後まで残った1個は「焼きそば」、「大好きで自分でも作ります」とのこと。
ここからは、「松田優作祭り」を開催。
大ファンという高橋克実さんへ、松田優作さんクイズを5問出題。
しかし、結果はわずか2問に終わり、商品「松田優作BOX」も没収に。。

マシュー ジャーナル」では、ホームダンスを紹介。
家でも出来るエクササイズ、「リビング編」と「キッチン編」のダンスを紹介しました。



―6月16日放送―

NSC11期生が集合、陣内智則中川家たむらけんじが登場。
NSC11期生の悩みには、「今一ついかない、万年プチブレイク」と。
「お互いの良い所・悪い所」では、
陣内さんへ「朝の情報番組やってるんだから新聞もっと読め」、
さんへ「飲みに行って、トイレ行ってる間に帰ってる」、
礼二さんへ「器用で何でも出来るから、もっと隙を見せないと」。
「このメンバーでやりたい事」では、
礼二「温泉ロケ」、陣内「アドリブコント」、たむら・剛「特になし」。
ということで、今回は皆さんで「温泉をシチュエーションとしたアドリブコント」をやってくれました。

マシュー ジャーナル」では、ホームダンスを紹介。
家でも出来るエクササイズ、「寝室編」のダンスを紹介しました。



―6月23日放送―

新しい堀北真希ちゃんを引き出すため、「マシューがプロデュース。」を開催。
最初の「ポリちゃんのハートCheck」では、心理テストを。
真希ちゃんの深層心理を探り、今1番気になってる単語を引き出します。
最終的に残った単語は「暑い地域にいる虫」、これが今1番気になってる単語という事に。。
次の「ポリちゃんがメガネを外したらCheck」では、
「目が悪いから家ではメガネをしてる」という真希ちゃんが
(ケント・デリカット風)(大人の社交場風)など、いろいろなメガネを付けては外してを。
次の「ポリちゃんに合う音楽Check」では、真希ちゃんに合う音楽をマシューが選択。
最後には全てを含めた「新・堀北真希」のビデオを撮影、
渡辺美里「My Revolution」とともに、メガネを外して「暑い地域にいる虫」と一言。。

マシュー ジャーナル」では、渋谷「よしもと∞ホール」を紹介。
オリエンタルラジオを探しますが生放送があるため、
ハリセンボンのけん玉・ロボットダンスで繋ぎます。
マシューは結局生放送に飛び入り参加、オリエンタルラジオほっしゃん。とトークを。
生放送終了後にはオリエンタルラジオへインフィニットドレスをプレゼント。



―6月30日放送―

新垣結衣ちゃんとは、OPで「ベストヒット カラオケ祭り2006」を。
マシューの山口百恵「赤い衝撃」、新垣結衣ちゃんのSPEED「Body&Soul」をメドレーで。
まずは、新垣結衣ちゃんの「お仕事年表」をフリップで紹介。
2001年に雑誌「ニコラ」のモデルでデビュー。(雑誌初登場のときの写真も紹介)
2005年にドラマ「ドラゴン桜」で女優デビュー。
(プライベートでもギャルに挑戦したそうですが、「3日と続かなかった」そう。)
芸能界で新垣結衣に必要なもの「歌編」はOPで証明済み、
続いての「ダンス編」では沖縄出身の新垣結衣ちゃんがカチャーシーを披露。
マシューの独創性あふれるオリジナルのカチャーシーとの共演も。)
続いての「演技力編」ではセーラー服に着替え、
「女子高生なのに○○」というミックスキャラの役柄を演じ、
スタッフさんが良いと思ったらバラを投げ込むというフィギュアスケート形式の評価を貰う事に。
最初の「女子高生でセーラー服と機関銃」は5本、
次の「女子高生なのに忍者」は10本、次の「女子高生なのにサーファー」は9本、
最後の「女子高生なのにドラキュラ」は15本を獲得。
頑張った新垣結衣ちゃんへプレゼント、
美味しいジェラードとテレビ朝日のドラマプロデューサー3人の名刺を。

マシュー ジャーナル」では、マシューが渋谷「まんだらけ」を紹介。
店内の貴重で珍しい漫画を紹介、マシューの本も半ば無理やりに置いてもらう事に。
店内にあるステージでは、マシューが杏里「Dancing With The Sunshine」を熱唱。。



「BEST HIT TV・2006」ページへ