1999年

 

―3月○日放送―

ゴールデンアロー賞
昨年に輝かしい実績を残した皆さんへ贈る賞。各媒体別に受賞された皆さんを紹介していきます。
司会:堺正章中山エミリ

☆新人賞☆
音楽新人賞は、モーニング娘。が受賞。
つんくさんからは、「シャ乱Qがデビューのとき、こういう賞は全然なかったので喜ばしいです」
「駆け抜けた1998年でしたが、1999年も一緒に頑張りましょう」とコメントを。
4月に卒業する福田明日香ちゃんは、
「周りに「まだいるの?」とか言われるんですけど、4月まではいます」と一言が。。

放送新人賞は、深田恭子ちゃんが受賞。
17000人のオーディションで選ばれ、去年の「神様、もう少しだけ」で大ブレイク。
和田アキ子さんのコメントでは、「賞の重さに負けないよう、これからも頑張ってください」
「皆さんも深田恭子のバックに和田アキ子と覚えておいてください」と。。
現役高校生の恭子ちゃん、「テストとドラマが重なると大変なんです」と一言を。。

映画新人賞は、田中麗奈ちゃんが受賞。
「なっちゃん」のCMで人気になり、今回「がんばっていきまっしょい」の演技で見事受賞に。
共演した加賀まりこさんからは、「一生で一度の賞だから良かったわね」
「これは、あなたの周りにいるスタッフの皆さんが支えてくれるおかげだから」とコメントが。
映画に挑戦した感想では、「実際にやると大変でした」と勉強になったそうです。
福岡で現役高校生の麗奈ちゃん、「明後日ぐらいに卒業して、上京してきます」とのこと。。

芸能新人賞は、ユースケ・サンタマリアさんが受賞。
トータス松本さん、ビートたけしさんからのコメントでは、
「なんか、ちょこちょこ動いてて、耳障りなんだけど気になるっていう存在」
「まぁ、これで終わりだろうな」と。。(VTR明けでユースケさんがウソ泣きを。。)
いろんなジャンルに挑戦してる事には、「やらないかと言われ、ハイって言ってるだけ」とのこと。。

☆各賞発表☆
音楽賞は、ラルク・アン・シエルが受賞。
1年でのリリースラッシュで1000万枚のセールスを記録。
「インディーズから音楽は変わってないんですけど、それが認めてもらえて嬉しいです」と。。
今年の活動については、「今年はマイペースにゆっくりやります」とのこと。

演劇賞は、松たか子さんが受賞。

放送賞は、中村玉緒さんが受賞。

芸能賞は、ネプチューンが受賞。

グラフ賞は、優香ちゃんが受賞。

☆最優秀新人賞☆
今年の最優秀新人賞は、深田恭子ちゃん!「これを励みに頑張っていきます」と一言を。

☆グランプリ☆
去年のグランプリ受賞者の北野武さんがプレゼンターに登場。
今年のグランプリは、ラルク・アン・シエル!「身に余る光栄です」と一言を。



―10月9日放送―

鈴木あみ・ユースケのまるごとあみーごスペシャル!
司会:鈴木あみユースケ・サンタマリア

鈴木あみちゃんの初司会番組は、いきなりゴールデンのSP番組!
ユースケさんのサポートの下、なんとか司会業をこなしました。。
あみちゃんは、篠原ともえちゃんとともに海外ロケを敢行。
スペインで闘牛に挑戦したり、スカイダイビングに挑戦したりとドキドキもの。。
さらに、スタジオでは1980年代〜現在までの音楽シーンを振り返るVTRが。
あみちゃん世代には、やっぱり光GENJIWink工藤静香さんが小さい頃のタイムリーの模様。
今回は、その工藤静香さんもスタジオに来てくれて、あみちゃんと共演してくれました。



2000年

 

―1月1日放送―

MUSIC STATION SP 21世紀に残したい曲 TOP100
記念すべき2000年の元日の放送は、いきなりの3時間SP
今回は、視聴者の皆さんの10万票にもなる投票による、
21世紀に残したい曲 BEST100」の発表とアーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」の発表も。

(「21世紀に残したい曲」:100位〜81位の発表)
97位のユニコーンの「Maybe Blue」には、桜井さんが「当時としては、画期的なバンドだった」と。
87位のBOOYの「Marionette」には、
JIROさんが「当時は楽器をやるのが不良って言われてたから、いつも押入れで隠れて弾いてた」と。

SPのトップバッターは、安室奈美恵ちゃん。
安室ちゃんが選んだ「21世紀に残したい曲」は、ジャネット・ジャクソンの「Black Cat」。
当時は、「何で、踊りながら歌う事ができるんだろう」と未知の世界だったそう。

(アーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」)
奥田民生さんが選んだのは、坂本九さんの「上を向いて歩こう」。
「海外にいるときにBGMで流れてきて、なんか日本人として誇りに思った」とのこと。
自身の曲から選んだのは、「さすらい」。「出来たときに1番手応えがあった」そうですよ。

広末涼子ちゃんが選んだのは、Mr.Childrenの「星になれたら」。
「中学生のときに芸能界に憧れてて、そのときに勇気づけてもらった」そうです。

(「21世紀に残したい曲」:80位〜61位の発表)
80位のウルフルズの「ガッツだぜ!!」には、
HISASHIさんが「その年のSUPER LIVEでのパフォーマンスがすごくて、
これはGLAYのライブにも取り入れたいなと思いました」とのこと。
74位のサザンの「Ya Ya」には、桑田さんが「CDジャケットの意味が未だに分からない」と一言。。
(大人が子供に注射をしている絵でしたよね?)
65位のレベッカの「フレンズ」は、安室ちゃんが沖縄のスクール時代にレッスン曲になったそう。
お客さんから「歌って」と言われると「やだ」と一言。。(かなり早い切り返しでしたね。。)

ラルク・アン・シエルが選んだ「21世紀に残したい曲」には、オフコースの「さよなら」が。
hydeさんから「これを聞いてると、なんか恋をしたような気分になれます」と。
小田さんの書く世界観が好きなようで、「詞をパクったりとか・・」と。。(^^;)
自身の曲で選んだのは、「虹」。「ライブで歌ってると泣きそうになる」そうです。

(アーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」)
B'zが選んだのは、ビートルズの「Let It Be」。
2人が初対面のときにセッションした曲で、B'zを始めるきっかけになった曲とのこと。
自身の曲から選んだのは、デビュー曲の「だからその手を離して」でした。

T.M.R.-e西川さんが選んだのは、シカゴの「素直になれなくて」。
「この曲が音楽を音楽として聞き出したきっかけ」とのこと。

松たか子さんが自身の曲から選んだのは、「サクラ フワリ」。
「自分の詞の世界観っていうのを固められた曲」とのこと。

Every Little Thingが自身の曲から選んだのは、「Over and Over」。
「作るのに時間をかけた一曲」「聴くごとに良さが出てくるような曲にしました」とのこと。

藤井フミヤさんが自身の曲から選んだのは、「TRUE LOVE」。
「やっぱり、ヒットして今まで1番お世話になった曲ですね」と。

(「21世紀に残したい曲」:60位〜41位の発表)
55位の久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」には、
SPEEDが「ドラマが大好きで、皆で「瀬名〜!」「南〜!」って盛り上がってた」そう。。
54位のたまの「さよなら人類」には、桜井さんが「元々、あの感じが大嫌いだったんです」と。。
しかし、「後々、詞をよく見てみると、あ〜深いんだな〜って思いなおした」そうですよ。
45位のMisiaの「つつみ込むように・・」では、桑田さんが「甥っ子が顔がそっくりなんです」と。。

CHAGE&ASKAが選んだ「21世紀に残したい曲」では、CHAGEさんがビートルズの「アビー・ロード」を。
「1番好きなアルバムだし、後世にも語り継がれていくと思いますね」と。
ASKAさんは、小坂明子さんの「あなた」を。「当時のスター誕生で歌ってるのを聴いて」とのこと。

(アーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」)
つんくさんが選んだのは、アース・ウインド&ファイアの「セプテンバー」。
「思春期の頃にディスコとかに行ってたんですけど、ディスコにいる皆が一体化される曲」と。
自身の曲から選んだのは、「ズルい女」。「変わったタイトルが世間に受け入れられた」とのこと。

安倍なつみちゃんが選んだのは、Charaさんの「やさしい気持ち」。
「女の子の恋する感じの曲なんですけど、是非男の子にも聴いて欲しいです」とのこと。

(「21世紀に残したい曲」:40位〜31位の発表)
38位のサザンの「真夏の果実」は、桑田さん曰く「すらすら書けましたね」とのこと。
「割と苦労して書いた曲がウケが悪い」そうで、
タモリさんが「マンPとかは?」と聞くと、「あれは、2000年に残したくない曲ですね」と一言。。

SPEEDの選んだ「21世紀に残したい曲」には、TLCの「Waterfalls」。
メンバー全員ファンのようで、「仁絵ちゃんが見つけてきて、皆ハマった」と。
「デビュー前に聴いて、「こうなりたい」って思って、今のSPEEDの音楽性になった」そうです。
自身で選んだのは、「Starting Over」。
「1stライブで「ここから始まります!」って言った、思い出の曲」とのこと。

(アーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」)
19が選んだのは、かぐや姫の「22才の別れ」。
「詞がリアルな感じ」「伊勢さんにどういう境遇のときに作ったのか聞いてみたい」と。

椎名林檎さんが選んだのは、Radioheadの「CREEP」。
「サビ前のガコンってギターの音と照明が光るのが好きで、PVも格好いい」とのこと。

松田聖子さんが選んだのは、カーペンターズの「YESTERDAY ONCE MORE」。
「カレンの歌声が好きで、カレンが亡くなってしまったので21世紀に残したい」とのこと。

浜崎あゆみちゃんが自身の曲で選んだのは、「YOU」。
「Mステの初登場で歌った曲」「あの詞は、多分もう書けないと思います」と。

Hysteric Blueが自身の曲で選んだのは、「春〜spring〜」。
「出来たときに涙が出た」とのこと。

TUBEが自身の曲で選んだのは、「十年先のラブストーリー」。
「詞がいい」「是非、受け継がれていってほしい曲」とのこと。

(「21世紀に残したい曲」:30位〜21位の発表)
23位のGLAYの「ずっと2人で・・」は、「実は初めてのタイアップ曲だった」そうで、
TERUのお姉さんの結婚式のために作った曲だったのに当日歌えなかった」とのこと。。
(今になってしまえば、お姉さんはすごい勿体無い事しましたね〜。。)

GLAYの選んだ「21世紀に残したい曲」には、TERUさんがU2の「Sunday Bloody Sunday」を。
「時代背景がよく出てる」とのこと。
JIROさんが選んだレベッカの「HOT SPICE」には、「昔、6畳1間に住んでた頃に練習してた曲」と。
自身の曲で選んだのは、「生きがい」。「すごい大事な一曲」とのこと。

(「21世紀に残したい曲」:20位〜11位の発表)
19位のMr.Childrenの「抱きしめたい」には、
桜井さんが「友人が結婚するときに披露宴で歌ってくれって頼まれて作った」そうで、
「結局、時間がないとかで歌えなかった」そう。。(こちらも勿体ない事しましたね〜。。)
16位のビートルズの「Let It Be」には、TAKUROさんが「大事な事の前には必ず聴いて元気を貰う」そう。

Mr.Childrenの選んだ「21世紀に残したい曲」には、SHAKESの「SHAKE YOUR HIP」を。
「1stアルバムだけ出して解散しちゃったから、まだ良い面しか見てない」そう。
自身で選んだ曲は、「花」。「煮詰まってたとき、二日酔いのまま草野球をしてて思いついた」そうで、
「あんまり考えちゃいけないんだな〜って思いましたね」とのこと。

(アーティストが選ぶ「21世紀に残したい曲」)
福山雅治が選んだのは、ボブ・ディランの「風に吹かれて」。
「自分の出来たばっかりの曲を聴きながら、自分のには魂入ってるかな〜って思わせる」と。
自身で選んだのは、「Good night」。「初めてちゃんと書けたラブソング」とのこと。

globe小室さんが選んだのは、Y.M.O.の「ライディーン」。
「やっぱり、日本の打ち込みサウンドの原点となったグループ」と。
自身で選んだのは、「YOU ARE THE ONE」。
「いろんなアーティストに歌ってもらって、さらにまたカバーもしてもらってる曲」と。

(「21世紀に残したい曲」:10位〜4位の発表)
4位のサザンの「いとしのエリー」には、桑田さんが「これもあんまり時間かけずに書いた」と。。
「やっぱり、時間のかかるのに限って、日の目を見ない」と嘆く桑田さん、
さっきの桜井さんの「二日酔いの次の日の野球中に思いついた」という「花」がヒットしてる事に、
「もう、許せないですよね」と一言でした。。(^^;)

サザンの選んだ「21世紀に残したい曲」、自身で選んだのは「勝手にシンドバッド」。
「ここまで来れたきっかけの曲」「こんなに売れるとは思ってなかった」とコメントを。
曲披露では、セットが素敵でしたね。。

(「21世紀に残したい曲」:3位〜1位の発表)
3位のSMAPの「夜空ノムコウ」は、幅広い世代に受け入れられた名曲!

2位のGLAYの「HOWEVER」には、TAKUROさんが「メンバーに一言言ってやりたい」と誇らしげ。。
TAKUROさんが最初にメンバーに「HOWEVER」を「これは絶対に良い曲だから!」と聴かせたところ、
「イマイチだよね・・」「なんか、ピンとこない・・」という反応だったそうで、
それからTAKUROさんがメンバーに奢ったり、送り迎えをしたりして、説得してのシングルだったそう。。
メンバー曰く、「TAKUROの声で歌ってたからピンとこなかった」とのこと。。(^^;)

1位の宇多田ヒカルちゃんの「First Love」には、ヒカルちゃんからのコメントが。
「1位という事なんですけど・・・貰っていいんでしょうか?」「本当にいいんでしょうか?」と。。
曲については、「1998年の年末から1999年の元旦にレコーディングした」とのこと。
1位おめでとうございます!

3時間の長丁場のSPもいよいよエンディング。皆さん、お疲れ様でした。。

 

2001年

 

―1月1日放送―

アーティスト新年会
司会:
江角マキコ藤井隆

2001年の元旦を飾るに相応しいアーティストの皆さんによる新年会を。
ゲストの皆さんには、新年の抱負を俳句で表現してもらいました。
鈴木あみちゃんは、ディズニーランドからの中継で出演してくれました。。
私の記憶では、
TOKIOリーダーがここで初めてタモリさんのマネを披露したと思います。
多分、「
タモリさん不在」のテレ朝の音楽番組SPという事でEDに登場したと思います。。

 

2002年

 

―1月1日放送―

アーティスト新年会
司会:江角マキコ藤井隆

2002年の元旦を飾るに相応しいアーティストの皆さんによる新年会を。
いろんなアーティストさんからの「お正月に相応しい」質問に答えてくれます。
「2002年のお年玉」では、1990年からの名曲をVTRとともに振り返ります。
モーニング娘。とは、お正月らしいゲームでの対決を開催しました。

昨年は、生放送でのライブをお送りしましたが、今回は収録でのトークを。
今年も司会は江角マキコさんと藤井隆さんの「いいコンビ」の2人が務めてくれます。
今回は、アーティストさんからの質問にゲストの皆さんが答えていってくれます。
OPトークでは、藤井さんが「去年は、どうでしたか?」と聞くと、
安室ちゃんが「・・楽しかったです」、鬼束さんが「普通」、モッチーが「充実してました・・」と、
低めのテンションで返ってくるため、藤井さんが早くも泣きモードに。。(^^;)

最初の質問は、DREAMS COME TRUEの3人から。
「上京」の話では、美和ちゃんが「満員電車に乗れなくて、梅雨の時期に乗ったら倒れた」そう。。
そこで、ドリカムからのテーマは「初」です。

鬼束さんは、「上京してから、最近までいかがわしい系のスカウトに声掛けられてた」そう。。
松浦亜弥ちゃんは、「上京する日の朝に友達が家まで来てくれて、
花*花さんの「さよなら 大好きな人」を「さよなら 大好きな亜弥」に替えて歌ってくれた」と。。
(素敵なエピソードですね〜。。)
DA PUMPは、上京したての頃は共同生活をしてたようです。
しかし、「YUKINARIがボンボンで、親から食べ物を送って来てたから食料には困らなかった」そう。。
同じく、上京したての頃にSUPER MONKEY'Sで共同生活をしてた安室ちゃん、
藤井さんが「ケンカとかは?」と聞くと、安室ちゃんが「女性のは、タチ悪いですよ」と。。
CHEMISTRYの「初」では、「初月給が17万円だった」と。。
普通の企業並みの額は貰ってますが、「もっと、芸能界とかってスゴイと思ってた」とのこと。。
hitomiさんの「初」では、「初恋は、中学のときに先生を好きになった」と。。
ここでは、藤井さんがトータライザーで「恋人との年齢が10歳離れててもいい?」と質問を。
これには、12人中10人がボタンを押しました。
続いて、「恋人との年齢が20歳離れててもいい?」には、2人がボタンを。
探っていった結果、ISSAくんとSHINOBUくんと判明しました。

次の質問は、Mr.Childrenポルノグラフィティの皆さんから。
桜井さんは、「昔、正月番組の収録にニセモノの剣を持っていったら、
帰りに検問にあってしまって、怪しまれて取られた」という話を。。
ポルノの皆さんは、「ここ2〜3年は、お正月も忙しく過ごしてます」とのこと。
そこで、次のテーマは「正月」です。

ここで、道場六三郎先生がスタジオに登場し、オリジナルおせちを持ってきてくれました。。
(前菜が7つ、魚の姿盛り、お雑煮など、色とりどりの豪華な内容のおせち。。)
これには、アーティストの皆さんも「美味しい!」と絶賛でした。。

次の質問は、GLAYの皆さんから。
昨年は、EXPOツアーで33万人を動員したのが印象的でしたね〜。。
江角さんへ、「EXPOにコメントを贈ってもらって、ありがとうございました」と。。
そこで、次のテーマは「コンサート」です。

モッチーは、「スカート全開」と。。
「中に見えてもいいのを履いてたんですけど、お客さんが引いてしまって・・」とのこと。。
いっくんに「どうですか?」と聞くと、「僕は、見たいとは思いませんね〜」と。。
CHEMISTRYも昨年学園祭ライブを行いましたが、露店に2人とも行ったら学生に囲まれたそうで、
川畑くんが「堂珍には女の子が行って、オレには男ばっかが来た」と。。(^^;)

次の質問は、浜崎あゆみちゃんから。
昨年は、ドームツアーも行ったあゆですが、「初日にケガをしてしまった」そう。
そこで、次のテーマは「健康」です。

堂珍くんは、去年入院したそうですが、病院の服を着てたのを着替えたら、
看護婦さんから「洗わないで、取っておきます」と言われたそう。。
KENくんは、お酒を飲みすぎてしまった話を。(安室ちゃんに飲まされたそうです。)

ここで、スタジオにマラソンの高橋尚子選手が登場!
金メダルを持参してくれた高橋選手、藤井さんはちゃっかり金メダルを噛むポーズを。。
高橋選手は、今日のアーティストさんの中で、プライベートで会った人がいるそうです。
「閉店前のそごうで持田さんにぶつかって、嫌な顔をされた」とのこと。。
モッチー、全然覚えてない様子でした。。)
ここで、スタジオに「ランニングマシーン」が登場。
高橋選手のレース中の走る世界記録の速度に挑戦してみる事に。
SHINOBUくんと藤井さんがトライしましたが、見事に玉砕されてました。。

最後の質問は、坂本龍一さんから。
昨年は、「N.M.L.」として地雷撲滅キャンペーンを行った教授、「GLAYTAKUROとN.Y.で語った」そう。
そこで、次のテーマは「友人」です。

ここでは、「ゲスト同士で聞きたい事」を質問する事に。
hitomi持田)へは、「和やかなイメージがあるんですけど、緊張しますか?」と。
モッチーからは、「緊張しますよ」と返答。
同じ事務所の2人ですが、「いつ話していいか分からなくて」と、あまり喋った事もないそう。。
(「今度、食事でも」と誘いも。。)続いて、(鬼束SHINOBU)へは、
「ハトを捕まえたって聞いたんですけど、どうやって捕まえたんですか?」と。
SHINOBUくん曰く、「ハトと同じ目線になる事が大事です」とのこと。。

ここからは、モーニング娘。との「お年玉争奪!モー娘。ダービー」を開催。
モー娘。13人を4グループに分け、ゲームに挑戦し、トップを争います。
優勝チームには、「家族全員で行く ハワイ6日間の旅」の賞品が!
Aチーム:飯田・加護・新垣)(Bチーム:保田・後藤・辻・小川
Cチーム:安倍・吉澤・高橋)(Dチーム:矢口・石川・紺野

最初のゲームは、「モー娘。本音カルタ」。
事前に「メンバーで○○な人は誰?」というアンケートをモーニング娘。に取ってあり、
その集計で1番票を集めてると思う人のカルタを取るゲーム。(各チーム1人ずつによる対戦)

第1問目には、各チームから(加護保田吉澤矢口)の4人が登場。
最初のお題は、「1番ケチな人」。
ここでは、(保田吉澤矢口)の3人がよっすぃーの札の取り合いを!
結果、(加護→石川)(保田→安倍)(吉澤→飯田)(矢口→吉澤)の札に決定。
正解は、13人中7人が支持した「吉澤ひとみ」!(矢口ちゃんが正解。)
よっすぃーは、1ヶ月のコンビニ代を3000円で済ませるそうです。
(ごっつあんは、1回のコンビニ代が3000円とのこと。。)
2番目に支持されたのは、3人が支持した「石川梨華」ちゃん。
加護ちゃんは、「「そのガムちょうだい」って言ったら、「何で?」って言われた」そう。。
ちゃんも、「「その本見せて」って言ったら、「何で?」って言われた」そう。。(^^;)

第2問目には、各チームから(飯田後藤高橋紺野)の4人が登場。
お題は、「1番寝相が悪い人」。ここでは、真っ先にかおりんがなっちを取ります。。
結果、(飯田→安倍)(後藤→辻)(高橋→小川)(紺野→加護)の札に決定。
正解は、13人中5人が支持した「安倍なつみ」!(かおりん正解。)

第3問目には、各チームから(加護保田安倍紺野)の4人が登場。
お題は、「1番しっかりしてる人」。
ここでは、加護ちゃんが矢口ちゃんの札にダイブ!ちゃんとなっちがかおりんの札を取り合い。。
結果、(加護→矢口)(保田→飯田)(安倍→安倍)(紺野→保田)の札に決定。
正解は、13人中6人が支持した「矢口真里」!(かおりん、立場なし・・)
(中間結果:Aチーム(20)、Bチーム(0)、Cチーム(0)、Dチーム(10))

続いてのゲームは、「目指せ!イイ女ゲーム」。
(とある恋愛のシチュエーションに合うセリフを答えるゲームで、江角さんが1番良いのを判定します)
最初のお題は、「1番好きな人にどうやって告白する?」。
Aチームの回答は、「あなたとは、運命を感じるの。一緒にいましょう」。
Bチームの回答は、ごっつあんの意見で「あの〜、好きになっちゃいました」。
Cチームの回答は、「あなたを見ると、胸がはじけそうになるの」。
Dチームの回答は、梨華ちゃんの意見で「私のパートナーになって」。
ここでは、江角さんがBチームに20P、Cチームに10Pの評価を。。

次のお題は、「何回目のデートからキスはOK?」。
Aチームは、かおりんの意見で「好きな人なら、今すぐでも」。
Bチームは、「2回目」で、ちゃんの理想で「観覧車で」とのこと。
Cチームは、「好きな人なら、いつでも許す」。
Dチームは、「1回目」。(結構、皆さん積極的な一面が出ましたね。。)
ここでは、江角さんがAチームとCチームに10Pの評価を。。

次のお題は、「彼の行動、どこからが浮気?」。
Aチームは、「正直に言えば許す」「隠されるのが嫌」と。
Bチームは、「隠れて、他の女の人と会ったら」(心の浮気)。
Cチームは、「肌が触れたら」。Dチームは、「気持ちが動いたら」。
ここでは、江角さんがDチームに20P、ABCチームに10Pの評価を。。

最後のお題は、「本当は好きだけど・・・彼と別れるときに言う最後のセリフは?」。
Aチームは、「あなたの幸せを願ってます」。
Bチームは、「大好きだったよ。ありがとう」。
Cチームは、「今までどうもありがとう」。
Dチームは、「いい友達でいよう。バイバイ」。
ここでは、江角さんがCチームに20P、BDチームに10Pの評価を。。
(中間結果:Aチーム(40)、Bチーム(40)、Cチーム(50)、Dチーム(40))

続いてのゲームは、「恐怖のロシアンプリン」。(13個のプリンのうち3個はマスタード入り)
最初にマスタードプリンに当たったチームが0P、次から10P、30Pとなり、
最後まで当たらなかったチームには50Pが入ります。

最初にヒットしてしまったのは、3番目のDチーム石川梨華ちゃん!
次にヒットしてしまったのは、6番目のBチーム小川真琴ちゃん!
その次にヒットしてしまったのは、11番目のCチーム安倍なつみちゃん!
最後まで残ったのは、Aチームでした。。
(中間結果:Aチーム(90)、Bチーム(50)、Cチーム(80)、Dチーム(40))

最後のゲームは、「人間カーリング」。
(台車に乗って、他のメンバーに押してもらって、止まった場所に書いてある得点が貰えます。
行き過ぎてしまうと風船があり割れてしまいます。)
Aチームは得点にまでも届かずに失敗。Dチームは勢いをつけすぎて、風船を割ってしまって失格。
BチームとCチームは、それぞれ50Pずつ獲得しました。

最終結果は、(Aチーム(90)、Bチーム(100)、Cチーム(130)、Dチーム(40))となり、
Cチームの(安倍・吉澤・高橋)が優勝となりました!



―3月10日放送―

ゴールデンアロー賞
昨年に輝かしい実績を残した皆さんへ贈る賞。各媒体別に受賞された皆さんを紹介していきます。
司会:堺正章中山エミリ

☆新人賞☆
音楽新人賞は、CHEMISTRY松浦亜弥w-inds.が受賞。
CHEMISTRYは、VTRコメントでの出演に。
堂珍くんは、「振り返る暇もないぐらいでしたけど、充実した忙しい1年でした」と。
川畑くんは、「初めの頃は電車で移動してたけど、もう今はできませんね」と。
最後は、「これからライブをたくさんしたいので、ライブで会いましょう」とコメントを。
松浦亜弥ちゃんは、デビューからヒットを飛ばし、ドラマや紅白にも出演と大忙し。
会場にいたつんくさんからは、「普段、関西弁は出るの?」と質問が。
亜弥ちゃんからは、「出たり、出なかったりします」と。
w-inds.には、DA PUMPKENくんからコメントが。
「新人賞なんてそう取れるもんじゃないから素晴らしい事です」
「いろんな周りの人達の言う事を耳に入れて、また出して、自分のスタンスを持ちましょう」と。
w-inds.からは、「KENさんは面白いんですけど、振り付けにはマジメ」と。

芸能新人賞は、品川庄司が受賞。
井筒監督からのコメントでは、「今年のたくさんの新人の中から選ばれるのはすごい事ですよ」
品川は、オレより見てるんちゃうかぐらい映画を見てて、それが芸に役立ってると思います」と。
お2人は、役者にも挑戦してみたいそうですが、
さんからは「芸人さんは、基本的に演技が上手ですよ」と一言が。

映画新人賞は、妻夫木聡くんが受賞。
高校生の頃から雑誌に出て人気になり、今回「ウォーターボーイズ」の演技で見事受賞に。
共演した竹中直人さんからは、「是非、また一緒にやりましょう」とコメントが。

演劇新人賞は、山崎裕太くんが受賞。
急遽出演する事になった、舞台「大江戸ロケット」での好演での受賞に。
共演した古田新太さんからは、「1週間って時間しかない中で舞台をこなした」
「多分、これからどんな役が来てもこなせると思います」とコメントが。
優香ちゃんからは、「舞台は内緒で見たんですけど、一体となってて楽しそうでした」とコメントが。
裕太くんからは、「ボクだけじゃなくて、係わった皆で取った賞だと思います」と一言が。

放送新人賞は、国仲涼子ちゃんが受賞。
「ちゅらさん」の脚本を担当した岡田さんからのコメントでは、
「だんだん、撮影していく中で国仲涼子のための役じゃないかってぐらいに同化していった」と。。
ガレッジセールからは、「えりぃ!」と役のままの感じでコメントが。
涼子ちゃんは、「ガレッジセールは、普段もあのままで撮影でも笑いをこらえるのに必死だった」と。。

☆各賞発表☆
映画賞は、映画「GO」の演技で窪塚洋介さんが受賞。
行定監督からは、「最初に悩んでたみたいで、3時間飲みながら話し合って臨んだぐらいなので、
こういう賞を取れたという事に喜んでます」とコメントが。
窪塚さんからは、去年を振り返って「意味のある1年でした」と。
今年やってみたい事では、「本を読んでみたいです」「知らない事が多いんで」と。

演劇賞は、中村勘九郎さんが受賞。
大竹しのぶさんからのコメントでは、
「20年前に共演してから、お互いのテレビや舞台を見に行ったりしてます」と。
勘九郎さんからは、「中々、こういう舞台に呼んでもらえないので嬉しいです」と一言が。

音楽賞は、プロデューサーとしてヒットを飛ばしたつんくさんが受賞。
モーニング娘。からのコメントでは、ちゃんが「詞が女の子の気持ちが分かっててすごい」、
かおりんが「初めて会ったときは、まだ眉毛が細くて怖かった」、
矢口ちゃんが「最初はLOVEマシーンのフリがダンサブルで格好よかったんですけど、
つんくさんが考えたフリで大ヒットしたのですごいな〜って思いました」と。。
会場にいる松浦亜弥ちゃんからは、
つんくさんは、仕事では厳しいんですけど、普段はプリクラとか貰ってくれて大好きです」と。。

放送賞は、米倉涼子さんが受賞。2000年にドラマデビューで年4クールすべてに出演、
2001年に主役となってから絶好調の米倉さんの現在のドラマ現場に密着。
中尾彬さんからのコメントでは、「オレが思うには、もうちょっと遊んだ方がいいと思う」と。
受賞ステージには、上戸彩ちゃんが応援に駆けつけてくれました。
今日の米倉さんの衣装に「キレイすぎるぐらいキレイです」と絶賛でした。。

芸能賞は、ココリコが受賞。
藤井隆さんからのコメントでは、「同期として嬉しいです」「フレッシュ!」とネタ付きで。。
遠藤さんからは、「全てがいい出会いになってます」と。
「会う前と印象が違った芸能人では、田中さんが「田中邦衛さん」を。
「チャックが開いてたり、すごいチャーミングな方」とのこと。

☆特別三賞☆
話題賞は、小泉孝太郎さんが受賞。
いかりや長介さんのコメントでは、
「この道のプロの人達が決めた賞なんだから誇りを持ってください」と。。
孝太郎さんからは、「周りのスタッフの方に恵まれたと思います」と一言を。

特別賞は、宮崎駿監督が受賞。
「千と千尋の神隠し」の大ヒットの宮崎監督にインタビューを。
「女の子の主人公が多いのはなぜですか?」には、
「情けない部分を出したいので、情けない男だとダメですから」と。
「この喜びを誰に伝えたいですか?」には、「誰にも・・」とのこと。。

グラフ賞は、他の賞と異なり各雑誌社などのカメラマンさんの投票で決まります。
去年の受賞者の釈由美子ちゃんがプレゼンターで登場。
今年のグラフ賞は、井川遥さんが受賞。
「自分のお気に入りの三枚」では、モノクロのが良かったですね。
井川さんの癒されるときは、「仕事が終わった後の打ち上げでの一杯」とのこと。。

☆最優秀新人賞☆
去年の最優秀新人賞の氷川きよしさんがプレゼンターで登場。
今年の最優秀新人賞は、松浦亜弥ちゃん!「これからも頑張っていきます」と一言を。

☆グランプリ☆
去年のグランプリの北野武さんはVTRコメントで出演。
今年のグランプリは、中村勘九郎さん!
「これからも歌舞伎をしていく中で、こういう賞はひとしお嬉しい」と一言を。



―6月30日放送―

2002 FIFA OFFICIAL LIVE
司会:真中瞳雨上がり決死隊武内絵美アナ

この1ヶ月間、世界中を熱狂の渦に巻き込んだ「FIFA WORLD CUP KOREA/JAPAN」。。
残念ながら、日本はベスト16で敗れてしまいましたが、いろんなドラマが生まれてきました。
そして、今日は頂点を決める「ドイツ×ブラジル」の決勝戦が行われます。。
20時の試合開始を前に、18時からの2時間を直前の会場の様子も含めて放送しますSP番組。
先日、東京スタジアムで行われました、「FIFA OFFICIAL LIVE」の様子もお送りします。

宮迫さんは、「これだけのアーティストをブッキングして、司会が僕らなの?」と。。
特別企画の「ドイツ×ブラジル、どちらが勝つか?」のテレゴングも開催。
予想が的中した方の中から抽選で出演してくれたアーティストさんのサイン入りボールをプレゼント。
さらに、アーティストさんが予想した「ドイツ×ブラジル」の予想も。
決勝直前の横浜国際総合競技場前は、各サポーターで賑わっております。。

先日の「FIFA OFFICIAL LIVE」の模様、まずはCHEMISTRYが登場。
「PIECES OF A DREAM」「Point of No Return」をメドレーで。TV用に短く編集されてたのが残念。。
続いて、平井堅さんが登場。「KISS OF LIFE」をピアノのみで披露してくれました。。

B'zには、武内アナがインタビューを敢行。
「W杯は、ご覧になってました?」には、「見てます」「TV付けたら、やってるんで」と。
新曲については、「「ultra soul」と「GOLD」は選手にスポットを当てた曲ですけど、
今回は観客やTVを見てる人達も含めた全体にスポットを当ててる曲」とのこと。
サッカーについては、松本さんが「どっちかといえば、野球派」、
稲葉さんが「小学校のとき、少しだけサッカーしてました」と。(ちなみに、DFだったそうです。)
東京スタジアムでのライブの模様には、スタジオで見ていた司会の皆さんも惚れ惚れでした。。

倉木麻衣ちゃんにも、武内アナがインタビューを。
「この夏にやりたい事」には、「免許を取りたい」と。
(「周りから、「やめとけ」とか「隣に乗りたくない」って言われる」そう。。)
「大学でやってみたい事」には、「学食を食べてみたい」と。
(普段は、自分でおにぎりを作っていってるそうです。)
ちなみに、得意料理は「お味噌汁」とのこと。
「W杯で気になってる人」には、「トルシエ監督」なんだそう。
(「皆をまとめてるのがすごい」とのこと)
「視聴者へのメッセージ」では、「皆が見てくれてると思うと嬉しいです。頑張ります!」と。。
東京スタジアムでのライブでは、4曲を流してくれました。

ゴスペラーズのライブは、今回のW杯をイメージした「エスコート」を。
演出のバルーン風船も良かったですね。。安岡さんのMCも良い感じでした。。
今回のW杯の公式テーマソングを歌う、アナスタシアのライブを。
CLUB CITTAからのライブの映像でした。

T-SQUAREの皆さんのライブは、いぶし銀の格好よさが光る感じ。。
Soweluのライブは、緊張してた様子でしたが、堂々としたステージっぷりでした。。

横浜国際総合競技場にいる、Voices of KOREA/JAPANの皆さんと生中継を。
さっき、決勝直前の競技場内で曲披露をしてきたばかりなんだそうです。
今回のW杯については、Soweluは「いろんな人達と共演できて嬉しい」、
川畑くんが「いい経験になった」、堂珍くんが「日本と韓国の快進撃が嬉しい」とコメントを。
皆さんは、この後の「ドイツ×ブラジル」戦を観戦していくそうです。

「アーティストが予想した・ドイツ×ブラジルの結果」を。
平井堅さんは、「日本×ロシア」戦を観戦していたそうですが、
「周りに、神田うのさんとみのもんたさんがいた」とのこと。。
平井さんの予想は、「1-0でブラジルが勝つ」。
理由は、「あのロナウドの髪型は、自信を持ってないとできない」と、無理やりな考えでした。。

小室哲哉さんは、アルゼンチンのファンのようで、
「アルゼンチンが負けたときの選手の表情が印象的だった」とコメントを。
小室さんの予想は、「1-1(PK:5-4)でブラジルが勝つ」。
理由は、「どっかでカーンがミスして、カーンの涙で終わる」と、カメラ割りまで考え済みでした。。

松浦亜弥ちゃんの予想は、「2-0でブラジルが勝つ」。
理由は、「勘です!」「松浦の勘は、よく当たるんです!」とのこと。。

サッカー好きでお馴染みのゴスペラーズの予想は、「1-1(PK:4-2)でドイツが勝つ」。
理由は、「最後は、キーパーがモノをいうと思う」と。
村上さんからは、「1986年のイギリス大会でドイツのリネガーが
「サッカーは22人でやるスポーツだ。だが、最後はドイツが勝つ」って名言がある」。
酒井さんからは、「カーンは、実は財テク王!」と豆知識も。。

Every Little Thingの予想は、「2-1でブラジルが勝つ」。
いっくんが「延長でブラジルが決めると思います」と。
モッチーは、「雨の中、仙台に応援に行きました」とのこと。。

今回のW杯で日韓の架け橋になってくれた、藤原紀香さん。
紀香さんは、韓国で「韓国×アメリカ」戦を見てきたそうです。
紀香さんの予想は、「延長で2-1でドイツが勝つ」でした。

SOPHIAの予想は、さんが「延長で2-1でドイツの勝ち」。
ウルフルズの予想は、「1-0でドイツの勝ち」。「カーンが守る」との理由でした。
藤井フミヤさんは、「2-1でブラジルの勝ち」と予想しつつ、「カーンは、格好いいよね」と。。
EXILEは、「2-1でブラジルの勝ち」。「どっちにしても、いい試合を」とエールを。

華原朋美ちゃんは、「1-0でブラジルの勝ち」。
「ルールとか分からないんですけど、サッカー大国が勝つと思いました」と。。
KICK THE CAN CREWは、「1-0でドイツの勝ち」。
KREVAさんは、「1986年のときからドイツを応援してます」とのこと。

倉木麻衣ちゃんは、「1-1(PK:2-1)でブラジルの勝ち」。
麻衣ちゃん曰く、「PK戦になりそうな気がする」とのこと。。

宮迫が選ぶ W杯10大ニュース」では、10位に「W杯開催と同時に嫁が子供を連れて、実家に帰る」。。
9位に「帰ってきた嫁を迎えに行って、日本×トルコ戦が見れなかった」。。
8位に「強豪国が次々と予選で敗退」。7位に「観客席に大物芸能人が続々」。
6位に「前回大会の反省を生かせず、今回も各試合で空席が目立つ」。
5位に「ガレッジセールゴリ、ベッカムの髪型を真似した疑惑」。。(ゴリさんが先とのこと)
4位に「にわかサッカーファンが急増」。
3位に「ついに、ブラジル×ドイツが実現」。強豪国の2チームながら、今日が初顔合わせなんだそう。。
2位に「アジアンタイフーン!日韓が大活躍」。。
1位に「W杯中にミポリンが結婚して大ショック!」でした。。
宮迫さん、大のミポリンのファンなんだそうです。。
「日本がトルコに負けたよりショック」とのこと。。(^^;)

司会の3人の「ドイツ×ブラジル」の結果予想では、
真中さんが「1-0でドイツが勝つ」、宮迫さんが「2-1でドイツが勝つ」、
蛍原さんが「1-1(PK:2-1)でブラジル」が勝つ」と、倉木麻衣ちゃんのマネを。。
視聴者からのテレゴングでは、17万のドイツに対し、21万のブラジルがやや優勢でした。。

結果、「ドイツ×ブラジル」はロナウド選手の2ゴールで2-0でブラジルの優勝!
計16組の皆さんの予想の中で、松浦亜弥ちゃんの予想が正解でした!
松浦の勘は、よく当たるんです!」というのは、ダテじゃなかったです。。(^^)



2003年

 

―1月1日放送―

想い出の曲 すべて見せます BEST SONG 2003
司会:藤井隆
元旦の夜の恒例となりました、家族で楽しめる音楽SP番組。
「みんなが愛したヒットソング 1990〜2002」や「名曲復活!80年代ベストヒット」
「女優・男優 ベストソング」といった企画も盛りだくさんでした。。

最初のゲストには、「アイドル界のハリー・ポッター」こと松浦亜弥ちゃんが登場。
赤の晴れ着で登場の亜弥ちゃん、いつもと違う感じで良いですね。。
藤井さんには、「タ」「カ」「シ」のクッキーを作ってきてくれました。。(メッセージ付き)
亜弥ちゃんの「運命を変えた一曲」には、光GENJIの「パラダイス銀河」が。
「MUSIC STATIONで歌ってるのを見て、こういう風になりたいって思った」そうですよ。
「結婚」については、「25歳ぐらいに子供がいて欲しい」と。
「料理」については、「あんまり、してません」とのこと。。
ここで、特製羽子板での藤井さんとのラリーをする事に。
(3分の間に10回続くごとに、豪華なおせちが1段ずつ食べれます)
ここでは、ギリギリで10回に成功し、なんとか食べれる事になりました。。
亜弥ちゃんからは、羽子板にサインを入れて視聴者プレゼントに。。
曲披露では、セットや照明がとってもキレイでしたね〜。。

お次のゲストは、浜崎あゆみちゃんが登場。
藤井さんもあゆのファッションやネイルに注目してましたが、
あゆ自身は「特に、お手入れとかはしてないです」とのこと。。
あゆからは、「ayupan フィギュア」を視聴者プレゼントに持って来てくれました。
藤井さんもフィギュアを出してますが、「頭が重たくて、立たなかったそう」とのこと。。
そして、あゆの「2003年カレンダー」も披露。なんと、衣装で1トンになったそう!
今回は、藤井さんがあゆの自宅の話を中心に聞き出してくれました。。
お風呂にはこだわって、大きくしたようですが、「お湯を抜くのに時間がかかる」欠点もあるそう。。
靴が大好きなあゆ、「クローゼットや食料庫にも閉まってる」と言うと、藤井さんが「食料庫?」と。。
どうやら、あゆの家には「食料庫」と呼ばれる部屋もあるんだそう。。
しかし、あゆは「そこに住み始めてから、半年ぐらいして部屋に気付いた」そうです。。
2002年の年間シングル1位に輝いたあゆ、「聞く人がいて、初めて成り立つ事」とコメントを。
新作で英詞に挑戦してる事には、「アジアに行く事が多くなって、影響を受けた」とのこと。
ここからは、「あゆのもしも2003年」を。
「もしも、藤井隆と付き合ったら?」には、「藤井さんの部屋に行く」と。
(「藤井さんは声が大きいから、外に行かない方がいいと思って」とのこと)
「好きな食べ物」には、「焼肉」を。(「サンチュのみで食べる」そうです。。)
「もし、生まれ変わったら?」には、「浜崎あゆみになります」と!
曲披露では、照明がとっても良かったです。。

続いてのゲストは、CHEMISTRYの登場。
お2人へのおもてなしでは、「お酒」が堂珍くんへシャンパン、川畑くんにウーロンハイを。
「食べ物」が堂珍くんにカマンベールチーズ、川畑くんに赤ウインナーとナゲットを用意。。
「初めて買ったCD」の質問には、堂珍くんが「STAND BY ME」と。
お2人とは、「2003 CHEMISTRY 剣玉グランプリ」を開催。
技が一発で決まったら、2人のネーム入りのジャンパーをプレゼントします。
ここでは、堂珍くんがグダグダに失敗、川畑くんが成功でした。。
CHEMISTRYからは、サイン入りの剣玉を視聴者プレゼントに。
曲披露では、照明がとってもキレイでした。。

みんなが愛したヒットソング 1990〜2002
1996年の華原朋美ちゃんの「I'm Proud」には、
「すごく良い曲だったので、歌うのに苦労しました」とコメントが。
1997年のSPEEDの「WHITE LOVE」には、
hiroちゃんが「レコーディングのとき、スタッフさんに「本当に良い曲だから頑張ってね」って言われて、
よく分からないんだけど自分なりに大人の恋愛を思い浮かべて歌ってました」とコメントが。
1999年の「だんご3兄弟」には、
森あゆみさんが「子供だけじゃなく、大人の方からも支持してもらえました」とコメントが。
2002年の平井堅さんの「大きな古時計」には、
「「動かない〜」っていうのを子供達がマネするのを聞きますが、嬉しく思ってます」とコメントが。

名曲復活!80年代・90年代ベストヒット
チェッカーズの「涙のリクエスト」には、鶴久政治さんからコメントが。
「当時の衣装には抵抗があって、特に高杢さんは泣いてた」とのことです。。
Puffyの「これが私の生きる道」には、亜美ちゃんが「フリが未だに覚えられません」と。。
猿岩石の「白い雲のように」には、
藤井兄弟さんが作ってくれたけど、まさか売れると思わなかった」とコメントが。
くずの「生きてることってすばらしい」には、「当時は、あまりに忙しくて、死ぬかと思った」と。。

女優・男優 ベストソング
今では貴重な女優さんや男優さんのアーティスト活動を。



―3月○日放送―

ゴールデンアロー賞
昨年に輝かしい実績を残した皆さんへ贈る賞。
各媒体別に受賞された皆さんを紹介していきます。
司会:堺正章中山エミリ

☆新人賞☆
音楽新人賞は、中島美嘉ソニンRAG FAIRが受賞。
美嘉ちゃんは、いつものテンションでいると、堺さんに「何か不幸な事があったんですか?」と。。
ソニンちゃんの衣装には、さんが「ちょっと、中年男性にはショッキングな衣装」と。。
RAG FAIRは、おっくんがボイパを披露。「近くで見ても、全然分からない」とエミリちゃん。。

放送新人賞は、上戸彩ちゃんが受賞。
学園ドラマのヒロインとなったちゃん、「難しい役が多いんですけど、現場は楽しいです」と。
「共演してみたい人は?」には、「・・・誰かと」とのこと。。

映画新人賞は、中村獅童さんが受賞。かなり格好いい感じの衣装でしたね。
去年は、いろんな事に挑戦しましたが、「映画や舞台にも足を踏み入れて、いい刺激を受けた」と。

演劇新人賞は、井川遥さんが受賞。着物での登場でした。
「自分の中で大切な時間が過ごせました」「時が経って、またこういう賞を貰うと嬉しい」と。。

芸能新人賞は、三瓶くんが受賞。
「街を歩いても大変でしょう?」には、「よくつねられます」と。。

☆各賞発表☆
映画賞は、映画「Dolls」の演技で菅野美穂ちゃんが受賞。
西島秀俊さんからのコメントでは、
「何ヶ月も朝一から紐に繋がれてました」「また共演しましょう」と。。
美穂ちゃんへの質問では、「今したい事?」に「甥っ子と遊びたい」、
「長期のオフがあったら?」には「インドのガンジス川で泳ぎたい」とのこと。

演劇賞は、松本幸四郎さんが受賞。
松たか子さんからのコメントでは、
「普段の家にいるときはパワーを補充してもらって、仕事に行って欲しいなと思ってます」と。
家では子供から「お父さん」か「幸四郎さん」と呼ばれてるそうですよ。

音楽賞は、平井堅さんが受賞。平井さんは、コメントでの出演でした。
「コンプレックスの固まりの人間なので、中々自分を好きになれませんね」
「大きな古時計を皆さんに聴いてもらえて、
子供の頃の自分の思い出を皆さんと共有できたのが嬉しく思います」と。。

放送賞は、菊川怜さんが受賞。佐藤藍子ちゃんがステージに応援に駆けつけてくれました。
菊川さんへの質問では、「1番幸せな事」に「ケーキが焼きあがったとき」、
「好きなタイプ」には「太陽みたいな人」と。。

芸能賞は、中川家が受賞。
島田紳介さんからのコメントでは、「去年は素晴らしい活躍でしたね。
これからも兄弟仲良く頑張っていってください」と応援が。。

☆特別三賞☆
話題賞は、ボブ・サップが受賞。インタビューでは、ボブ・サップの噂を検証。
まず、「何でも食べる」では、食べた事がないという納豆を用意。
試食してみたところ、「オイシクない!」とアウト。。
次の「勝てない動物がいる」には、サーベルキャットが登場。
ペットでも飼ってるそうで、「大好き!」とご満悦でした。。

話題賞は、小池栄子ちゃんが受賞。
「充実した一年」でしたという栄子ちゃん、「何をしてるのが楽しいですか?」には、
「グラビアもバラエティもドラマも好きなんで、仕事が楽しいですね」とのこと。

グラフ賞は、他の賞と異なり各雑誌社などのカメラマンさんの投票で決まります。
去年の受賞者の井川遥さんがプレゼンターで登場。
今年のグラフ賞は、吉岡美穂ちゃんが受賞。ここでは、カメラさんも寄りめで録ってました。。

☆40周年記念特別表彰☆
ゴールデングラフ賞は、優香ちゃんが受賞。
「お気に入りの一枚」では、デビュー前の写真を。
デビューするときに芸名を一般公募した優香ちゃん、
そのときに撮った写真で「初心を忘れないように」と一言を。

ゴールデンスター賞の女性部門は、松田聖子さんが受賞。
これまでのヒット曲の数々をVTRで振り返りました。
聖子さん自身の好きな曲では、「「赤いスイートピー」とか「あなたに逢いたくて」」とのこと。
男性部門は、ビートたけしさんが受賞。
これまでのたけしさんの生い立ちをVTRで振り返りました。
たけしさんからは、「これまで事故ひとつなく、誰にも迷惑かけずにきました・・」と・・・。。
会場にいた菅野美穂ちゃんとは、「Dolls」で一緒に仕事をしましたが、
たけしさんからは、「女優さんはちゃんと演技をするんだけど、
オレは演技はしなくていいって言うタイプだから、それで少し苦しめちゃったかな」と。。
美穂ちゃんからは、「これからの演技に「Dolls」は役に立つと思います」と。。

☆最優秀新人賞☆
今年の最優秀新人賞は、上戸彩ちゃん!
「誰にこの喜びを伝えたいですか?」には、
「お母さんといつも支えてくれるファンの皆とスタッフさんに」と。。

☆グランプリ☆
今年のグランプリは、松本幸四郎さん!
「ラ・マンチャを1000回と続けて来れたのを皆さんに感謝しています」と一言を。



―10月10日放送―

生放送は止まらない!
主演:田中直樹(ココリコ)

(ドラマの内容)
田中さん演じる役の方が生放送の音楽番組「ミュージック スタジアム」に配属される事に。
生放送を軽く見ていた田中さんはミスを連発してしまい、先輩の伊藤英明さんに怒られてばかり。
忙しい日々に追われて、恋人役の国仲涼子ちゃんともすれ違いに。。
そんな中で中島美嘉ちゃん演じる、心を閉ざしてしまっているアーティストさんと出会い、
美嘉ちゃんは一生懸命な田中さんに心を開いていきます。
しかし、2人で会っているところをスクープされてしまい大問題に。。
そんな中で迎えた生放送の本番、序盤はまだミスしてしまう展開でしたが、
後半には盛り返して田中さんの活躍もあって生放送は無事成功に。
すれ違いだった国仲涼子ちゃんとも仲直りしてハッピーエンドとなりました。。

生放送の音楽番組という事で、アーティストさんも前面協力してくれました。
「ミュージック スタジアム」のセットは、Mステの縮小版のような感じ。
中島美嘉ちゃんは、ドラマの重要なキーポイントとして全体的に出演してくれました。
他にも、浜崎あゆみちゃん、Gacktさんが役者に近い感じで多めに出演してくれました。
他の出演アーティストの皆さんも1シーンずつぐらいでしたがドラマを彩ってくれました。
上戸彩ちゃんは、クレヨンしんちゃんと一緒に「うえっと うえっと」をやってくれました。。
ちなみに、ココリコ遠藤さんも少し出て、田中さんと共演してました。。



―11月23日放送―

内村プロデュース
人気バラエティ番組の「内村プロデュース」のご一行がMステに出演をするべく、
「歌手の人達と仲良くなって、Mステに出よう」といろんなアーティストさんと企画を。

まず、最初に向かったのは、本番を終えたばかりのポルノグラフィティの楽屋。
内村さんが「Mステに出演したいんで、ポルノと仲良くなろうかなと思って」と言うと、
ハルイチさんが「プロデューサーさんと仲良くなった方がいいんじゃないですか?」と尤もな意見。。
ここでは、皆さんが「アポロ」の替え歌を披露してゴキゲンを伺う事に。
結果は、モグラをフューチャーした三村さんがポルノに大ウケ!
アキヒトさんに「曲とかってどんな感じなんですか?」と一向が聞かれると、
内村さんが「あっ!」「曲作ってないや!」と痛恨の誤算。。(^^;)

次に一向が向かったのは、同じく本番を終えたばかりのモーニング娘。の皆さん。
(21時過ぎなので、大人チームのみの出演でした)
モーニング娘。には、「ぴったし内P」でお題に沿っての面白回答を。
まずは、モー娘。の写真を出して「このグループの名前は?」を。
ここでは、大竹さんの「7、8人プラス5、6人」が正解に。。
次は、「なっちタモリさんへの第一印象は?」を。
ここでは、三村さんの「ボーリングのピンかと思った」が正解に。。
次は、「かおりんがMステ初出演で1番感動した事は?」を。
ここでは、大竹さんの「なーんか、くさかった」が正解に。。
(実際は、「あのOPの階段のところで、これまでいろんな歌手の人達が歩いたところだ〜」と。)
次は、「Mステに出演するたびに苦手だなと思う事は?」を。
ここでは、大竹さんの「友情とかそういう甘酸っぱい感じ」が正解に。。
(実際は、よっすぃーが「他のアーティストさんが歌ってるときに、
足元のモニターを見ようか、カメラの方をちゃんと見た方がいいのかって事」とのこと。)
結局、ここでは3Pを取った大竹さんが優勝!
ここで、また矢口ちゃんに「何の歌を歌うんですか?」と聞かれ、
「あっ!」「曲がないんですよ」とポルノのときと同じ展開に。。
モー娘。から「ノープランなんですね」と言われると、
急に内村さんが「それ、いい!」「グループ名、ノープランに決定!」とグループ名があっさり決定。。

次に一向が向かったところには、島谷ひとみさんが。
島谷さんとは「彼氏王」を行い、面白ボケを競う事に。
フランス料理店で島谷さんの誕生日を祝うというシチュエーション。
ここでは、面白さの冴えた上島竜兵さんが優勝!
初めて参加した内村さんは、見事に玉砕となりました。。

次は、スタジオでリハをしていたウルフルズの皆さんのところへ。
ここでは、「絶対音感対決」を開催。ある音を鳴らし、それが何の音かドレミで当てます。
ケイスケさんが勝利、サンコンさんが負けと五分でしたが、
最後にトータスさんが当ててウルフルズの勝利に。。
最後に「曲とかってどういうのなんですか?」と聞かれると、
また「あっ!」と同じリアクションに。。
しかし、12月18日にアルバムデビューが無事決定しました。



―12月18日放送―

PA PA PA PA Puffy 限定復刻版
Puffyは湯河原で二人旅を行い、名所などを回っていきます。
「PA PA PA PA Puffy杯争奪!ボウリング対決」では、PuffyMAXDA PUMPが対決を。
接戦の末、(DA PUMP:95、Puffy:90、MAX:83)でDA PUMPが優勝。
「高級グルメオークション」のPART1には、山田花子ちゃん、ロバートが登場。
(由美、亜美、山田花子・ロバート)の3組で競いましたが、
由美ちゃんが2品、亜美ちゃんが3品、山田花子・ロバートが1品とPuffyの鋭さが冴えました。
PART2には、ソニンちゃん、ドランクドラゴンが登場。
(由美、亜美、ソニン、ドランクドラゴン)の4組で競いましたが、
由美ちゃん、亜美ちゃん、ソニンちゃんが2品ずつ食べ、ドランクドラゴンは1品も食べれず。。



2004年

 

―1月1日放送―

A HAPPY MUSIC YEAR 想い出の曲 すべて見せます! 2004
司会:藤井隆
元旦の夜の恒例となりました、家族で楽しめる音楽SP番組。
「20年間 ベスト200」や「80年代ベストセレクション」のVTRも。

最初のゲストには、「アイドル界のツートップ」こと後藤真希ちゃん、松浦亜弥ちゃんが登場。
この2人でTV出演は初めてのようですね。
「本番前に楽屋で何かやったりしませんでした?」に
「楽屋は別だったんですけど」と言うと、藤井さんが「ほらね!」と。。
2人の「運命を変えた一曲」を紹介。
真希ちゃんの「恋のバカンス」は、「家にカラオケの機会があって、よくお母さんが歌ってた」と。
「Go!Go!Heaven」は、「hiroちゃんが1コ上で、歌って踊ってるのが凄かった」と。。
他にも、安室奈美恵ちゃんの「I HAVE NEVER SEEN」もありました。
亜弥ちゃんの光GENJIの「パラダイス銀河」は、
「2〜3歳のときにTVで楽しそうに踊ってるお兄ちゃんたちを見て、こうなりたいって思った」そう。。
「100回のKISS」は、初めて人前で歌った曲で緊張したのを覚えてるそうです。。
真希ちゃんも初ステージについては、「真っ白ですね」と。)
藤井さんが「2人でカラオケ行くとしたら?」と聞くと、
真希ちゃんは「私、1人で行っても亜弥ちゃんの曲歌いますよ」と。。
そこで、「Yeah!めっちゃホリデイ」を2人でフリ付きで歌ってくれました。。

2003年重大ニュース」では、亜弥ちゃんが「写真集の発売」と。
(「1日1回は見てます」「好きなショットは、アップのショットです」と亜弥ちゃんらしい回答が。。)
真希ちゃんは、「姪っ子ができた」と。
真希ちゃんと亜弥ちゃんの小学生のときの写真も出ましたが、かわいいですね。。
2人の結婚観の話では、真希ちゃんは「したいけど、私に付いてこれる人はいないからムリです」と。。
亜弥ちゃんには、藤井さんから「あややはマシンと化して、ファンのために走りそう」と。。
2004年の抱負」では、真希ちゃんが「いろんなハードルを越えていく」と。
亜弥ちゃんは、「ニュースの絶えない女」と。(亜弥ちゃんのマジミスに藤井さんビックリ。。)

平井堅さんは、これまでの歴史を振り返る「平井堅のライフ イズ ビューティフル」を。
まず、「アイドル熱狂時代」では、初めて買ったCDがピンク・レディーだったそう。
中森明菜さん、松田聖子さんにハマったときには、部屋にポスターを8枚貼っていたそう。。
「口づけとかしました?」の質問には、「まあ、ぶっちゃけ」と。。
次の「サザン青春時代」では、桑田さんの家にデモテープを置いてきた話も。。
「桑田さんに聞いたら、覚えてたけどテープは聴いてなかったみたいです」とのこと。。
次の「オーディション時代」では、高校生のときに初めてカラオケで人前で歌った平井さん、
オーディションにも無事合格を果たします。。(そのVTRの映像も。。)
デビューになると、1stシングルはドラマ主題歌で少しだけヒットに。。
同時期に岡本真夜さんの「TOMORROW」が同じくドラマ主題歌のデビュー曲で大ヒットとなり、
平井さんは「正直、羨ましかった」とのこと。。
8thシングル「楽園」でブレイクした平井さんですが、
「これが売れなかったら、もう契約はしないって言われてた」そうですよ。。
2004年の抱負」では、「左息継ぎ」を。(左で息継ぎができないそうです。。)

柴咲コウちゃんの好きな緑茶割りのお酒&麺づくしのおせちを用意!
まず、2003年の活動を振り返ります。
休みもなく、眠るヒマもない活動だったコウちゃん、
「セリフは現場でスッと入れます」と言うと、藤井さんが「一緒だ〜!」「女優なんだよね〜!」と。。
藤井さんは「1日に仕事が2コないと嫌」なんだそうで、
「なんか、生活できるか不安になる」と言うと、コウちゃんも「一緒!」と賛同。。

次は、「柴咲コウの素顔リサーチ」と題し、
六本木ヒルズに来ていた人達にコウちゃんのイメージを聞きました。
まず、「柴咲コウの休日の過ごし方」。
六本木ヒルズで聞いたイメージでは、アウトドア系の意見が多くなってました。
実際は、「インドアで夕方まで寝てます」とのこと。。
1番多かった「買物」の意見には、「休日は行かないです」と。。
2番目に多かった「ジム」の意見には、「行ったけど、1月もしないで面倒臭くて辞めました」と。。
次は、「柴咲コウの性格」。
実際は、ネガティブで被害妄想の強い性格のようです。
次は、男性に聞いた「柴咲コウに何をしてほしい?」。
1番多かった「デート」では、コウちゃんは「街が好きじゃないんで、山に行きたい」と。
ちなみに、好きなタイプには「大らかな人」と。。

2004年の抱負」では、「まったり 穏やか まんぷくぷくぷく」と。
コウちゃん曰く、「行き急いでも、しょうがないし」とのこと。。

20年間シングル ベスト200
12位のglobeKEIKOさんは、「8年前となると小室さんとも長いんだな〜って思います」
「あの頃の気持ちっていうのは忘れないんだろ〜な〜」と。。
17位の篠原涼子さんは、「子供ウケがよかったのが嬉しかったです」
「また、こういう曲を出せたらいいなと思ってます」と。
46位の浜崎あゆみちゃんは、「去年はたくさんライブをやったんですけど、
今年も春までツアーをやって皆に会いに行こうと思ってま〜す」と。。
122位のPuffyは、「今でも「アジアの純情」とか間違えられます」と。。
166位の奥田民生さんは、「去年はあんまり仕事してないように見られてましたが、
今年はこうやって元旦からTVに出て張り切った感じで行こうと思ってます」と。
167位の華原朋美ちゃんは、「セットが豪華で勢いよく踊ってたら息切れしました」と。。



―3月○日放送―

ゴールデンアロー賞
昨年に輝かしい実績を残した皆さんへ贈る賞。各媒体別に受賞された皆さんを紹介していきます。
司会:
堺正章優香

☆新人賞☆

音楽新人賞
は、女子十二楽坊が受賞。皆さんからは、VTRコメントでの出演に。
皆さんからは、「大変光栄に思います」「支えてくれる皆さんのおかげです」と。。

放送新人賞は、石原さとみちゃんが受賞。
トークでは、「てるてる家族」の話に。
クランクアップの日に号泣したそうで、「終わると思うと悲しかった」と。。
上戸彩ちゃんも「クランクアップの日は、終わる喜びと悲しみがあります」とのこと。

映画新人賞は、「あずみ」の演技で上戸彩ちゃんが受賞。
トークでは、「エースをねらえ」の話に。
毎日鍛えてるそうですが、ずっとテニスをしてるので「筋肉がムキムキになるのがイヤ」とのこと。
「今年は、ミニを履きたいと思ってたんですよ」と言ってましたが、
この日の
ちゃんの衣装も黒のミニのかわいい感じでしたね。。
ステージでは、実際にラケットの素振りもしてくれました。

演劇新人賞は、「星の王子様」の演技で宮崎あおいちゃんが受賞。
トークでは、メキシコ好きという話に。
去年仕事で初めて行ったそうですが、「楽しかったんで、今年中には行きたい」とのこと。
その旅行に向けて、「メキシコ貯金」をしてるそうです。
黒の衣装がかわいかったです。。

芸能新人賞は、はなわさんが受賞。
「佐賀県」の大ヒットで火がついた
はなわさん。現在は、47都道府県の歌を歌う計画を実行中。
本業のお笑いでもベース漫談や松井選手のマネで注目されてますね。

☆各賞発表☆
映画賞
は、映画「ラストサムライ」の演技で渡辺謙さんが受賞。
37年ぶりに日本人としてアカデミー賞の助演男優賞を受賞。
インタビューでは、「大変だったシーン」にクライマックスの戦いのシーンを。
あの戦いのシーンだけで6週間かけて録ったそうです。。
共演したトム・クルーズには、「素晴らしいアクターで、ある種戦友ですね」
「スキルもあるし、ハートもある」とコメントを。

演劇賞は、つかこうへい作品に同時2本主演をこなした広末涼子ちゃんが受賞。
インタビューでは、
涼子ちゃんから「自分の表情を後で見てたら、すごい怖かった」
「終わったから言えるんですけど、すごい頑張ったんで賞を貰えて嬉しい」
「皆に支えられてできた作品で、こんな賞まで頂けて本当にありがとうございました」とコメントが。。

音楽賞は、氷川きよしさんが受賞。
中村玉緒さんのコメントでは、「これからもええ歌を聴かせてください」と。
氷川さんとは、初めて買ったCDの話に。
氷川さんの初めて買ったCDは、たまの「さよなら人類」。
「中学2年のときに修学旅行で皆で歌った」そうですよ。
受賞者の皆さんの「初めて買ったCD」も聞く事に。
石原さとみちゃんは、GLAYの「pure soul」。(皆、1998年のCDなのでビックリ。。)
はなわさんは、工藤静香さんの「抱いてくれたらいいのに」。
仲間由紀恵さんも、工藤静香さんで「blue velvet」でした。
(これも1997年なんで、GLAYのと少ししか変わりませんね。。)
優香ちゃんは、とんねるずの「がじゃいも」でした。

放送賞は、仲間由紀恵さんが受賞。
「トリック」で共演している
阿部寛さんからのコメントでは、
「奈緒子(
仲間)のツッコミが毎回鋭くなるので、上田(阿部)も思いっきりできます」
「また、トリック4があったら一緒にいいモノを作りましょう」と。
トークでは、プライベートの話に。
休日とかは「ドライブで海に行ったり、家にいたりします」とのこと。
「沖縄出身なんで、たまに海が恋しくなる」そうですよ。

芸能賞は、さまぁ〜ずが受賞。
優香ちゃんは番組で共演してますが、
「本番が終わった後に一緒にごはんとかに行くのは、
さまぁ〜ずさんだけ」とのこと。
「なんか、オーラがないから」と
優香ちゃんが言うと、「取ったのが芸能賞なんですけど」と。。

☆特別三賞☆
話題賞
は、綾小路きみまろさんが受賞。
いつもネタのためにメモとペンを持ち歩いてるそうで、
「煮詰まったら、前に書いたメモを読み返してる」そうです。

特別賞は、宮藤官九郎さんが受賞。
哀川翔さんからのコメントでは、「彼の脚本はチャーミング」
「普段面白くないから、なんでか聞いたら「今面白い事言ったらもったいない」って言ってね」
「それが彼のプロ精神なんじゃないかなって思った」と。
去年は、1年でドラマ2本と舞台2本を担当する忙しさだったそうですが、
「パソコンで台本書いてたら、故障して半分ぐらい消えた事があった」そう。。

グラフ賞は、他の賞と異なり各雑誌社などのカメラマンさんの投票で決まります。
去年の受賞者の
吉岡美穂ちゃんがプレゼンターで登場。
今年のグラフ賞は、
井上和香ちゃんが受賞。
「自分のお気に入りの三枚」では、初めてのグラビアのときの写真が良かったですね。
和香ちゃんからは、「1年がむしゃらに走ってきたので、認めてもらえた感じ」と。。

☆最優秀新人賞☆
今年の最優秀新人賞は、
石原さとみちゃん!開口一番が「どうしよう・・」と一言を。
「ここに立ってるだけでも嬉しいのに、賞まで貰えて嬉しい」と。。

☆グランプリ☆
今年のグランプリは、
氷川きよしさん!
「応援してくれる一人一人の方にありがとうって言いたいです」と一言を。



―12月29日放送―

オセロムジカ
司会:オセロ
オセロがゲスト3組を迎えて、おもてなしする1時間の特別番組。

今年にライブで共演もした、持田香織ちゃん、YUKIちゃんが登場。
お2人を迎えて、「心理テスト」を行う事に。
本番前に予めYUKIちゃんからお題のメールがモッチーオセロに出されており、
その返信メールを基に心理テストの結果発表を。
この心理テストで分かるのは、「あなたがメールの送り主をどう思ってるか?」。
ここでは、モッチーの返信の結果が「どうでもいい人」となってしまい、
モッチーYUKIちゃんへいつもより速めのトーンで弁解していました。。
ここで、松嶋さんが「この心理テスト、どうしてもやりたい人がいる」と提案を。
その相手はGLAYのTAKUROさんで「向こうが本当は私をどう思ってるか知りたい」とのこと。。
しかし、番組のEDで返信メールを見ると、結果は「どうでもいい人」でした。。
続いての心理テストでは、「恋愛したときのタイプ」。
ここでは、モッチーが「恋愛ひきこもりタイプ」、YUKIちゃんが「恋愛直球タイプ」と。
スタジオには、YUKIちゃんが好きという劇団ひとりさんも登場してネタを披露。
YUKIちゃんは、「顔がタイプ」なんだそうですよ。
曲披露では、モッチーYUKIちゃんの共演で「風をあつめて」を。

ゴスペラーズがスタジオに登場。
まだブレイクする前にオセロとラジオで共演した事があるそうですが、
そのときはゴスペラーズがアカペラを披露しても中島さんは素っ気無い感じだったそう。。
ゴスペラーズとも「心理テスト」を行う事に。
一枚の紙を適当に切ってくださいというものでしたが、
これで分かるのは「あなたが恋人に求めるもの」。
村上さんは、「ロマンチスト」。(当たってるようです。)
安岡さんと北山さんは、結果から変態扱いとなってしまい、
「これ、事務所が止めてもいいと思うんですけど」と一言。。
ここで、中島さんのお願いで「ひとり」をアカペラで共演する事に。
中島さんをヴォーカルにして、松嶋さんとゴスペラーズがコーラスを担当。
その場での合わせ方でしたが、実際にやってみると良い感じに共演を成功。。



2005年



―10月9日放送―

全部歌えるカラオケ祭!日本の名曲ベスト100
司会:藤井隆米倉涼子新庄剛志山口智光

元旦に毎年恒例となった藤井隆さん司会の音楽番組ですが、
今年はカラオケボックス生誕20年を記念しまして、
カラオケで歌われた曲 ベスト100」の発表を行う事に。
さらに、司会には米倉涼子さん、新庄剛志さん、山口智光さんも加わって、
よりグレードアップしての3時間の放送となりました。。

今回は、男性陣は袴、女性の米倉さんは着物での登場。
司会を務める事になった新庄さんは、「1番悪いスタートですよね」と言い、
藤井さんに「さっき、番宣でまかしとけって言ってたじゃないですか!」と言われてしまいます。。
新庄さんの音頭での乾杯で番組スタート!

今回のゲストの大塚愛ちゃん、EXILE安良城紅ちゃんが登場。
鉄人・坂井宏行シェフが作った、豪華カラオケ定番メニューを食べながらのトークを。
カラオケの話では、EXILEは「ウチは、自然と脱ぎだします」と。。
これには、米倉さんが「女性はそれ出来ないから、見てて羨ましいなって思います」と。。
大塚愛ちゃんの「ウチのライブの打ち上げでは、スタッフは全員脱がされて、
最後はパンツのゴムだけになってます」には、藤井さんが「もう一人のEXILEです!」と。。
新庄さんは、「後輩に裸でコンビニに買物行かせたりしますね」「皆、内股で行きますよ」と。。
「自分が新人のときはやらされたんですか?」には、「そういう場には行きませんでしたね」と。。

米倉さんが「私、藤井さんとカラオケ一緒だった事ありますよ」と言うと、
藤井さんは「えっ?」と覚えていない様子。
米倉さんが「藤井さんは隅の方に座ってて、「ナンダカンダ」のイントロが流れると、
「いいよ〜」って遠慮しながらフリ付きで歌ってくれました」と続けると、
藤井さんは「ごめん、それボクの記憶から抹消されてます」と一言。。
新庄さんから「カラオケって本人が歌うと点数低いんですよね?」との質問には、
SHUNさんが「オレは、90点以上は出した事ないですね」、
藤井さんは「ウチの先輩ですごい歌のうまい人がいて、
安室ちゃんの「Chase the Chance」をRapのとこまで完璧に歌いきったら、
点数が70点台で怒ってマイクをガンって置いていきました」と。。(^^;)

「カラオケでは何を歌いますか?」の質問では、
米倉さんが「私は超プリプリ世代なんで、プリプリいいですね」と。
「ラブソングとか歌われたら嬉しいですか?」には、「嬉しいですよ!」と強調。。
新庄さんは、「調子のいい年には尾崎の「FORGET-ME-NOT」を歌いますね」
「調子に乗りすぎちゃいけないんで、あれ歌ってしんみりとします」とのこと。
尾崎豊ファンの新庄さん、トリビュートに参加してるSHUNとの話では、
「あれ、球場への往復で聴いてますよ」と話してくれました。
山口さんは演歌大好きとのことで、「まだカラオケに100円入れて歌う頃にお店で歌ってたら、
奥の方のその筋の方が「あの兄ちゃんにボトルあげて」って貰いました」とのこと。
ここで、山口さんがスタジオのカラオケマシンで北島三郎さんの歌を披露してくれました。

「アニメソング特集」では、皆さんの好きなアニメの話に。
大塚愛ちゃんは、「タッチは好きですね」とのこと。
新庄さんは、「タイガーマスクは毎週見ながら人形と格闘してて、
人形のパンチがお腹に当たったときにお腹が痛くなって、
母親に言ったら「我慢しなさい」って言われて2日我慢してて、
さすがに限界で父親に病院に連れてってもらったら盲腸でそのまま手術でした」と。。
安良城紅ちゃんの「キューティーハニーは歌いますね」との一言から、
スタジオのカラオケマシンでちゃんが「キューティーハニー」を歌ってくれました。

ここで、新庄さんがラフな格好に、米倉さんがドレスへ衣装チェンジ。
「普段、街に出たりしますか?」の質問には、
新庄さんが「調子悪いときは発散したくて、試合後に食事やカラオケに行きます」とのこと。
「野球選手って歌上手ですよね?」には、「1日中声出してますからね」と。
米倉さんは「下手なんですよ」とのこで、
ちゃんが「1番簡単なのは寝転べば自動的に腹式になりますよ」とアドバイスをすると、
山口さんが「中々、カラオケ歌ってるときに寝転ばないですよね」とツッコミが。。
ここからは、山口さんのモノマネでのカラオケショーで皆さんが爆笑の渦に。。
これには、新庄さんが「1日でいいから替わりたい」、ちゃんが「一緒に暮らしたい」と。。
続けて、新庄さんの「Runner(爆風スランプ)」、EXILEの「Peace!(SMAP)」も披露されました。

ランクインしたアーティストの皆さんからのコメントでは、
西城秀樹さんが「YOUNG MAN」で
「なりきって衣装とか揃えちゃう人もいるんですけど、ボクはそういうバカなの好きですね」。
木の実ナナさんが「居酒屋」で
「この曲は女性が格好よく見えるので、格好よく着飾って歌ってください」。
浜崎あゆみちゃんが「SEASONS」で
「2004年は長いツアーをやって皆さんに喜んでもらえたので、
今年も30本ぐらい回るので楽しみにしててください」。
鈴木雅之さんが「ロンリー・チャップリン」で
「ポイントは歌の主人公になりきるのと自分の恋愛とオーバーラップさせて歌う事かな」。
Every Little Thingが「Time goes by」で
「サビのキーが高いのがあって歌いづらいんですけど、頑張るか割くか選んでください」。。
華原朋美ちゃんが「I'm proud」で
「お腹から声を出さないといけないので、食事を取ってから歌ってください」と。

CM前のタイトルコールには、
安室奈美恵globeアグネス・チャンYUKI森山直太朗奥田民生が登場。。

 

2006年

 

―3月31日放送―

TOKYO BEAT
司会:リリー・フランキー眞鍋かをり

MC2人とゲストとのトーク&新曲披露。
アーティストの抱える悩みにリリー・フランキーが応えます。



―10月6日放送―

TOKYO BEAT
司会:リリー・フランキー安めぐみ
ゲスト:槇原敬之CHEMISTRY絢香DEPAPEPE戸田康平

MC2人とゲストとのトーク&新曲披露。
アーティストの抱える悩みにリリー・フランキーが応えます。

(槇原敬之)(CHEMISTRY)
槇原敬之のキーワードトーク「音楽がないと生きていけない」「犬がいないと生きていけない」
CHEMISTRYのキーワードトーク「堂珍はゲーマーである」「川畑は食わず嫌いである」
リリー・フランキーの悩み「最近 幸せな感じがしない」

(絢香)
絢香の悩み「今19歳で大人と子供の境にいるから、どっちであった方がいいのか」
リリー・フランキーの返答「大人というのは子供が作り上げた産物」
「10代の時に想像してた大人になってる人はいないからそのままでいればいい」

(戸田康平)
戸田康平の悩み「恋愛してる時に素直に自分を出せなくて失敗する」
リリー・フランキーの返答「年を追うごとに人はどんどんわがままになっていくもの」
安めぐみの返答「女性は男性からの束縛は嬉しい、だからもっと言っていいと思う」

(DEPAPEPE)
DEPAPEPE・徳岡さんの悩み「東京に馴染めない」
リリー・フランキーの返答「何か一つでも行き着けのお店とかを見つけると変わる」



2007年

 

―3月30日放送―

TOKYO BEAT
司会:リリー・フランキー安めぐみ

MC2人とゲストとのトーク&新曲披露。
アーティストの人生の浮き沈みを書いた折れ線グラフをもとにトークを。

(mihimaru GT)
トーク「男女ユニットについて」「デビューしたものの・・・」「解散の危機」
(柴咲コウ)
トーク「理想の女性像」「ゆるぎない自分になりたい」「夢診断」「結婚について
(BONNIE PINK)
トーク「ボニー改造計画」「アイデアに行き詰ったときの対処法」
(Spontiana)
トーク「第一印象を良くしたい」「女の子の喜ばせ方」
(SunMin)
トーク「初めて覚えた日本語」「同世代の友達が欲しい」
(玉置成実)
トーク「体を鍛えるのが好き」「年上からの相談ばかり受ける」



2008年

 

2009年

 

2010年

  

NHK日本テレビTBSフジテレビテレビ東京