10月

 

―10月1日放送―

今回のゲストのSOPHIA松岡充さんのリクエストは、「豪華クルーザーで海を楽しみたい」。
船舶免許を持ってる松岡さんですが、まだ実際に運転をした事はないそうです。
今回は、横浜マリーナから1200万円のクルーザーで出航を。
初めての運転なので安全運転を心がける松岡さん、他のクルーザーにも抜かれていきます。。
みなとみらい、ベイブリッジを越えて、一路観音崎へ。
ここでは、釣りたての魚を食べようと、名人とともに釣りに挑戦する事に。
最初こそ名人がヒットしましたが、あとは松岡さんがどんどん釣り上げていきました。。
釣りたての魚をさばいてもらい食した松岡さん、「美味しい」と海ならではの醍醐味に舌鼓。。
松岡さんの運転するクルーザーは、ここから三崎港へ。
三崎港で船を降りた松岡さんは、名産のマグロづくしを食べる事に。
マグロの頭のかぶと焼きでは、マグロの目の裏の肉を。
「美味しいけど、目の裏から取るのを見たから・・」と感想を。。
その後には、スタジオの従業員の皆さんへお土産を買っていく事に。
スタジオには、松岡さんが選んだ「大トロの生ハム」「大トロの刺身」「マグロの目の煮付け」が。
生ハムと刺身を美味しく食べる皆さんの中、
虻ちゃんが「マグロの目の煮付け」に挑戦、これが「美味しい!」とのことでした。。
マグロづくしを堪能した松岡さん、ここからは1億5000万円のクルーザーでの出航。
松岡さんの免許では運転できないので、運転はまかせて海の旅を楽しみます。。
最後には、ゆうたろうさんが登場して、裕次郎さんの歌を一曲歌ってくれました。
松岡さんの感想では、「新しい世界を知る事で、もっと世界を広がったなと思いました」と。

  

―10月8日放送―

今回は、ホテルスタッフ全員がお台場に集合し、ゲストをおもてなしする事に。
(台風接近中の中、ロケを敢行。。)
今回のゲストは、小池栄子ちゃん、佐藤江梨子ちゃん。
まずは、最初のおもてなしのために一路横浜へ移動。
(車内では、山口さんのオンステージに。。)
横浜へ到着した皆さん、ここでは初体験の「スカッシュ」をやる事に。
飯島オーナー以外は、全員が初体験とのこと。)
プロの方に教えてもらいつつ練習を始めましたが、1番出来そうな成宮くんが空振りの連続。。
しかし、プロとのマンツーマンでの打ち合いでは、
なぜか成宮くんが別人のように打ち合いをしていました。。
ここで、「アリゾナチーム vs 小池・佐藤チーム」での対戦を。
虻ちゃん小池栄子ちゃんが対戦し、勝った方に最高級寿司をプレゼント。
ここでは、小池栄子ちゃんが虻ちゃんを圧倒して、4-1で勝利となりました。。
築地へ移動して、初めてという最高級寿司の数々を食べる事に。
「車海老のおどり食い」「生うにの茶碗蒸し」など、初めて味わう食感に感激の様子。。
(「それ食べてるの見てるだけで、メシ何杯でも食える!」と山口さん。。)
2人も「大満足です」「すごい楽しかった」との感想を。。
ちなみに、収録が終わってからホテルスタッフの皆さんがお寿司を食べ続けてました。。



―10月15日放送―

今回のゲストのCHEMISTRYのリクエストは、「韓国で友人と久しぶりの再会」。
2002年の日韓W杯で結成された「Voices of KOREA/JAPAN」のメンバーにいた、
ナオル・ユンゴンに会うために2人は韓国へ降り立ちます。
まず、2人が向かったのは、開会式で「Let's Get Together Now」を歌った、ソウルスタジアム。
70000人の観衆の中で歌った記憶を思い出しながら、
心残りだったという「ピッチに立てなかったから立ってみたい」という念願も叶いました。。
昼食では、パク・ヨンハさんの回で飯島オーナーと来た高級焼肉店に。
ナオルの地元を訪れた2人、指定されたお店に入るとナオルと2年ぶりの再会を。。
変わらず仲良しの皆さん、喜びを分かち合います。
そして、堂珍くんのリクエストで「サッカーゲームで日韓戦をやりたい」を。
前後半で1点ずつを取ったCHEMISTRYが見事に勝利を。
ラストには、全員で2年ぶりとなる「Let's Get Together Now」をジョイント。
CHEMISTRYからは、「会えて嬉しかった」「日本にナオルが来たら案内したいです」と。
ナオルからは、「今の位置に満足せずに上を目指して、また一緒に歌いたい」と。

CHEMISTRYは、さらにカジノを訪れて楽しむ事に。
「ルーレット」では、2人の予想がことごとく外れていきます。。
「スロット」でも苦しむ2人の横では、スタッフさんが大当たりしてましたとさ。。
結局、2人は自腹も使っての負けっぷりでした。。



―10月22日放送―

今回のゲストの松浦亜弥ちゃんとは、「秋の温泉スペシャル」を。
(進行役では、成宮くんの代わりにモンキッキーが参加)
群馬県の赤城高原牧場では、「ゾーブ」に挑戦しました。
(大きなボールの中に入り、坂の上から下まで転がっていくアトラクション)
先にトライしたモンキッキー虻ちゃんは、かなり怖かった様子。。
次にトライした飯島オーナーは、叫びながら「こんな事やるの久しぶり」と。。
最後に亜弥ちゃんもトライしましたが、「思ってたより大丈夫」とのこと。
うどんが好きという亜弥ちゃんのため、
日本三大うどんの一つ「水沢うどん」を皆で美味しく堪能しました。
一行は伊香保温泉に到着し、夜に伊香保の源泉のところを訪れます。
源泉を皆で飲んでみたところ、かなりキツかったようですね。。(^^;)
そのまま出してしまう伊藤ちゃんもいる中、、「全然平気」と飲む飯島オーナーも。。
そして、その後にはホテルスタッフ一同で混浴をしながらお酌を交わす事に。
(「こういうの久しぶり」と、飯島オーナー
山口さんが「あややは?」と聞くと、虻ちゃんは「向こうで支度してましたよ」と。。
(来週へ続く。。)



―10月29日放送―

先週に引き続き、群馬県伊香保温泉での「秋の温泉スペシャル」を。
伊香保の名物の360段にもおよぶ石段を登った一行は、射的でゲームをする事に。
松浦山口)(飯島モンキッキー)(北陽)の3チームでの対抗戦で敗者には罰ゲームも。
ここでは、北陽が若手の下克上とばかりにダントツでトップに!
残りの2組では、最後に(松浦山口)組が逆転で2位に入りました。
飯島モンキッキー組の罰ゲームは後程。)
この後に一行はホテル「小暮」の宴会広間を貸し切って、秋の味覚づくしのフルコースを。
松茸・鱧・高級牛などの旬の食材に皆さん、至福の一時を送ります。
宴会といえば余興という事で、亜弥ちゃんが今ハマってるというアンガールズがコントを披露。
亜弥ちゃんからは、「面白いってわけじゃないんですけど、2人を見ると笑ってしまう」と。。
ここで、さっきの射的の罰ゲームで(飯島モンキッキー)組に即興で漫才をしてもらう事に。
2人はアンガールズのネタを少しパクりつつのネタを披露し、
山口さんが「アンガールズと同じぐらいウケてるのが可愛そうやわ」と。。
最後に山口さんと亜弥ちゃんで新曲の舞台にもなってる渡良瀬橋を訪れました。
「自分の想像とは少し違ってましたね」という亜弥ちゃん、
感想には「こうやって、皆で一緒に旅行とかはないので楽しめました」と。。

 

11月

 

―11月5日放送―

今週のゲストの假屋崎省吾さんには、「自宅で休日のおもてなしプラン」という事で、
アリゾナのホテルスタッフ一同で假屋崎さんの豪邸を拝見に訪れました。
玄関からいきなりシャンデリアなど、ホテルのエントランスのような高級感に一同興奮ぎみ。。
今回は、假屋崎さんがハマっているという風水で豪邸を占う事に。
玄関については、風水では絶賛と言っていいほどの素晴らしさのようです。
リビングに移動すると、400万円もするという高級ピアノが。
假屋崎さんは、元々ピアニスト志望だったそうです)
しかし、ここでは風水的には良くない箇所が多かったようです。
寝室には、特注で作ったという数百万のキングサイズのベッドが。
その横にあった目覚し時計は、なぜか普通に「でんこちゃん」でした。。

豪邸拝見も一段落したところで皆でホームパーティーをする事に。
假屋崎虻川成宮)の3人がケーキ作りに挑戦、(飯島山口伊藤)の3人が飾りつけを担当。
假屋崎さんが「フルーツケーキ」、虻ちゃんが「テーマパーク風ケーキ」、
成宮くんが「アメリカンケーキ」に挑戦し、それぞれデコレーションを付けていきます。
假屋崎さんは、さすが芸術家だけあってアートに魅せるデコレーションでした。
飾りつけの3人は、豪邸のために「ここに飾りつけしても元の高級感に負けてる」と。。
パーティーでは、皆でケーキを美味しく頬張りながら楽しみました。
假屋崎さんからの感想では、「皆で楽しく過ごせて、本当に楽しめてよかったです!」と。

  

―11月12日放送―

今週のゲストの藤井フミヤさんのリクエストは、「侍になって居合をしたい」。
そこで、今回はなんと日本武道館を借り切って、フミヤさんに存分に楽しんでもらいます。
ステージのない武道館を見るのが初めてのアリゾナご一行、その広さに驚きの様子。。
今回教えていただく先生は、「新撰組」で山口さんに剣を教えた方なんだそう。
「立ち振る舞い」「抜刀・納刀」「居合」と教わっていきましたが、
フミヤさんは飲み込みも早く、センスの良さを見せてくれました。
息抜きには、北陽の2人と時代劇の設定で居合に挑戦。
最後には、真剣を使っての俵斬りに挑戦。真剣な眼差しと気合で見事に斬りおとしました。

浅草の焼鳥店へ移動して、焼鳥を食べて、お酒を飲みながらのトークを。
居合に興味を持ったきっかけには、「元々、侍が好きでしたね」と。
中1の子供がいる父親の面も持ってますが、アリゾナ一行も「見えない」と感心。。
飯島オーナーの「髪型って気にしますか?」には、
「チェッカーズの頃は気にしてたけど、今は気にしない」とのこと。
ここで、虻ちゃんが「日本のみなさん、こんにちわ。チェッカーズです」と、
チェッカーズのキャッチフレーズを言うと、
「よく覚えてるね」「とりあえず抱いておこう」と、フミヤさんが抱擁を。。
(「この衣装、買い取ります!」と、虻ちゃん。。)
感想には、フミヤさんも「満足しました」と一言。。



―11月19日放送―

今週のゲストの原口あきまささんは29歳の誕生日とのことで、その誕生日を皆で祝う事に。
飯島原口)(北陽)(山口KABA.ちゃん)に分かれてのボウリング大会を行い、
1フレームごとの勝者は高級食材が食べれる事に。
まず、1フレーム目では、飯島オーナーが7ピンの後、原口さんがスペアを獲得。
「プロから教わった事がある」と、マイグローブを持参した虻ちゃんは3ピンで、
続く伊藤ちゃんも5ピンで今回は脱落に。。
しかし、最後にKABA.ちゃんがストライクを出し、勝者は山口KABA.ちゃんペアに!
1フレーム目の勝者には、下関直送のふぐ刺しが振舞われました。
(「オレ、何もしてないのに」と山口さん。。)
2フレーム目では、原口さんが7ピンの後、飯島オーナーが0ピンに。
「プロから教わった技を見せます」と意気込んだ虻ちゃんはガーターに終わり、
志願のもう一投でも7ピンで「プレッシャーに負けました」と。。
山口さんは6ピン、KABA.ちゃんは3ピンを倒し、勝者は山口KABA.ちゃんペアに!
2フレーム目の勝者には、仙台直送の牛タンが振舞われました。
3フレーム目では、飯島オーナーが8ピンの後、原口さんが1ピンに。
虻ちゃんはガーターとなりますが、続く伊藤ちゃんが9ピンで並びます。
KABA.ちゃんが3ピン、山口さんが4ピンで、今回は(飯島原口)(北陽)チームが勝利。
3フレーム目の勝者には、銀座のお店より「かにしゃぶ」が振舞われました。
4フレーム目では、飯島オーナーが5ピンの後、原口さんは0ピン。
虻ちゃんは7ピンと、最後までプロ直伝の技を発揮する事はできず、続く伊藤ちゃんも1ピンに。。
山口さんが8ピンの後、最後にKABA.ちゃんがスペアを出し、勝者は山口KABA.ちゃんペアに!
4フレーム目の勝者には、1本で15000円という松茸が振舞われました。
自分の企画なのに「かにしゃぶ」しか食べれなかった原口さん、
「ボクの誕生日なんですけど」と言うと、皆に「おめでとう」と軽く交わされてました。。
最後には、「昔から飯島さんのファン」という原口さんのため、
「1投でストライクを出したら飯島さんからチュー」をかけたところ、
原口さんの投げた一投はサイドへ転がっていき、飯島オーナーからのご褒美はおあずけに。。



―11月26日放送―

今週のゲストのゴスペラーズとは、東京湾の屋形船で夜景の中をクルージング
最初の「ハゼ釣り対決」では、アリゾナチームとゴスペラーズで対決を。
初めに飯島オーナーが2匹を釣り上げで好調の中、
後半に北山さんがHIT、最後に釣り初体験の安岡さんがHITで2-2の同点に。
釣ったハゼはそのまま天ぷらにしてもらって美味しく食べました。
次の「芸者遊びをしてみたい」では、舞妓さんが皆さんをおもてなし。
豪華鍋争奪の粋な遊び対決では、ゴスペラーズがアリゾナチームを倒し、
豪華お頭付きのお鍋を食べていました。(アリゾナチームは湯豆腐を)
北山さんがツアーには欠かせないという「マッサージ」では、
先生が登場して北山さんと村上さんにマッサージをしてくれました。
(なぜか、村上さんが女性のような叫び声に。。)
続けて、北山さんが先生に習ってアリゾナメンバーにマッサージを。
飯島オーナーは色気のあるリアクション、
山口さんには先生が追いかけてまでのマッサージをしてました。。
ラストは打ち上げ花火を上げる予定でしたが、強風のため今回は中止に。。
皆さんからの感想では、「至れり尽くせりでツアーの疲れもとれました」と。



12月

 

―12月3日放送―

槇原敬之さんは、前回出演時のときに約束した通りにアリゾナ一行をライブにご招待。
今回は、槇原さんのツアーの最終日となる沖縄をアリゾナ一行が訪れます。
まず、ライブ会場へと行く前に槇原さんをおもてなしするための準備を。
飯島オーナー山口さんは、楽屋へ届ける楽屋花を手作りで作る事に。
沖縄らしい花をチョイスしてフラワーアレンジメントに挑戦。
店員さんの助けも借りつつ、「世界に一つだけのフラワーチャンプル」と題した楽屋花を完成。
その後には、打ち上げで使うコップととっくりを作るために琉球ガラスで手作りに挑戦。
慣れない作業でコップも歪んでいましたが、「手作りっぽい」と自分達で納得。。
一方、成宮くんと北陽は沖縄のおすすめ物件を紹介するために2件を訪問。
途中で寄り道もしつつ、素晴らしい物件に喜んでいました。。

飯島オーナー山口さんは、一足早く槇原さんのライブ会場へ到着。
槇原さんとの対面を果たし、楽屋花を手渡します。
沖縄を最終日に選んだ事には、「前回のロケで沖縄の素晴らしさを知って是非にと思って」と。
さらに、「これが終わったら石垣島に遊びに行きます」「もう、アリゾナのせい」と。。
早速、成宮くんと北陽が回った沖縄のおすすめ物件を槇原さんへ見せると、
海を一望出来る景色や爽やかな部屋の感じや安めの価格に槇原さんも喜びを。
槇原さんは、「ツアーで全国に行ってるんで、
それぞれの良いところが分かって、欲を言えば各地に家が欲しい」とのこと。
ここで、槇原さんから「よかったら、今日ステージで一緒に歌いませんか?」とお誘いが。。
なんと、飯島オーナー山口さんが槇原さんのライブに参加する事に。。(次週へ続く)

  

―12月10日放送―

前回に続いて、槇原敬之さんの沖縄ライブを。
今回は、槇原さんへの差し入れとして北陽が沖縄の名物を探してきてくれました。
北陽の2人も仕上げを手伝った「のぎまんじゅう」、
お菓子の製作過程が見れるというお菓子工場のお菓子、
みかん狩りで採った沖縄みかんやシークヮーサーなどに槇原さんも満足。。
さらに、打ち上げ用に超秘蔵古酒の泡盛を槇原さんへ。
(非売品で「値は付けられない」という一品)

そして、飯島オーナー山口さんが槇原さんのライブに参加するため練習を。
「どんなときも。」を一生懸命に練習する山口さんを横目に
飯島オーナーはお菓子を食べたり、ステージ用の衣装に着替えたり。。
槇原さんが本番のステージへ2人を上げると、
山口さんがリードヴォーカル&ギターでの「どんなときも。」を披露。
お客さんも一緒に盛り上がってくれました。。
歌い終えた後には槇原さんから、
「この沖縄を好きになるきっかけを与えてくれたアリゾナの2人と一緒に歌えて感謝します」と。。



―12月17日放送―

今週のゲストのglobeには、まず「ヒットメドレー」のVTRを。
伊藤ちゃんは、よくカラオケでglobeを歌っていたそうですね。
2年前に結婚された小室さんとKEIKOさんには、「いつ頃から恋心が芽生えてたんですか?」と。
KEIKOさんは「初めっからタイプでした」、
小室さんは「そう思ったときに初めて会ったときみたいな感じに戻ったから初めの頃からかも」と。
(「それって最初から両思いだったんじゃ?」と言われると「気付いたらそうでした」と。)
「普段は小室さんを何て呼んでるんですか?」では、恥ずかしながら「ぐっちゃん」と一言。
(理由は2人だけの秘密だそうです。)

今回のglobeへのプランは、「KEIKOさんの地元の大分へglobe3人で初の里帰り」を。
大分への移動中には良い感じの小室さんとKEIKOさんに
マークが「結婚してから冷たくなったんですよ」と一言。。
KEIKOさんの実家のふぐ料理店「山田屋」では、KEIKOさんの両親が3人をおもてなし。
3人で初めて実家を訪れた事には、皆さんも「あり得ないよね」と。。
3人で乾杯をしてふぐ料理を食べましたが、魚嫌いの小室さんもKEIKOさんのおかげでふぐを克服。
他にも「ふぐ」「大トロ」「キャビア」と高級食材は食べれるようになったそうです。。
そして、小室さんが企画した地元のサッカーチームの大分トリニータでのストリートライブを。
試合を観戦に来ていたサポーターの前で初の手作りのストリートライブを敢行、
「Anytime smokin' cigarette」「FACES PLACES」などを披露していました。
EDでは、3人の日常を映しているというDVDの話を。
本当に24時間カメラが付きっきりでプライベートを撮影しているそうで、
「普通のアーティストならここは止めてっていうところをどんどん使っていきます」とのこと。
小室さんの自宅、KEIKOさんの両親、マークさんの娘さんなどが映ってるそうです)



―12月24日放送―

今週のゲストの上戸彩ちゃんには、「小さい頃の夢が3つ叶うとしたら?」の質問を。
1つ目は「アリンコになりたい」で「小さくなっていろんなものを見てみたい」そう。
しかし、「これ、雑誌で言ったらイタい子みたいに思われた」そう。。
2つ目は「ナイスバディになりたい」で「お腹がへこまないんです」とのこと。
山口さんが「痩せてるやん」と言うと、隣の成宮くんが「そうでもないんですよ」と一言。。
成宮くんとはドラマで共演した経験がありますね。)
3つ目は「保育士になりたい」で「これはまだ諦めてないです」と。
「16歳まで団地に住んでて、近所や親戚の子とよく遊んでた」そうです。
ちゃん自身の小さい頃の写真では、かわいい水着姿の写真が。
続けて出た伊藤ちゃんの子供の頃のパンパンの写真と
虻ちゃんの「全然笑わなかった」という子供の頃の写真には「楽屋での顔や」と山口さんが。。
今回は、ちゃんに「一日保育士を体験」するプランを用意。
北陽とともに都内の保育センターを訪れたちゃん、「なついてくれるか心配」と一言。
その心配もいらず、子供たちはちゃんとさっそく遊んでいました。。
ちゃんは、紙芝居・踊り・折り紙で楽しんだり、給食を食べさせたりと奮闘。
おむつ換えでは親戚の子に普段もしてるのか、習っていないのに手慣れた様子でした。
最後のお別れの歌では、ちゃんも「バイバイのときは泣きそうになりました」と。
大変さを学びながらも憧れの保育士を楽しんだちゃん、
「本当はもっとやんちゃしたかったんですけど、
言葉使いとか悪くしたらそれを覚えちゃうから気をつけました」と。
この日のロケでほぼちゃんの奮闘を近くで見ているだけだった北陽
山口さんから「北陽は何しに行ったの?」と一言が。。

アリゾナの放送は今年はこれで最後となります、お疲れ様でした!
来年もゲストを楽しませてくれる素敵なプランの数々を期待しています。

 

「アリゾナ・2004」ページへ